袴垂、保昌にあふこと 品詞分解。 宇治拾遺物語~袴垂、保昌に会ふこと~①

宇治拾遺物語~袴垂、保昌に会ふこと~①

袴垂、保昌にあふこと 品詞分解

一〇 (二八) 袴垂保昌に逢ふ事 現代語訳• 昔、袴垂という、たいそうな盗賊の首領がいた• 十月頃、衣が欲しくなったので、衣を少し手に入れようとめぼしい所々を物色していると、夜中時分、人々がすっかり寝静まった頃、朧月夜の下を、衣をたくさん着込んだ男が、指貫の股立ちをつかみ、絹の狩衣のようなものを着て、ただひとり、笛を吹き、行き過ぎるでもなく、おもむろに歩いているので• ああ、これこそ、おれに衣をくれようと出てきた人だな• と思い、走りかかり• 衣を剥ごう• と思ったが、なんだか妙に恐ろしく思えたため、寄り添って、二、三町ほど行ったものの、誰かがつけて来ていると感づく気配もない• いよいよ笛を吹きながら行くので• 試してみよう• と思い、高い足音を立てて駆け寄ったが、笛を吹きながら振り向いたときの様子は襲いかかれそうにもなかったので、走り退いた• このように、何度もあれこれしてみるが、少しも騒ぐ気配がない• 稀有な人だ• と思いつつ、十町余りついて行った• だがやってみるか• と思い、刀を抜き、走りかかった時、今度は、笛を吹き止め、立ち止まって振り返り• おまえは、何者だ• と訊いたとき、気力が失せ、我をも失い、立っていられなくなった• 何者だ• と訊いたときは• 今度は逃げてももう逃がすまい• という気配が感じられたので• 追いはぎに候• と言うと• 何者だ• と訊くので• またの名を、袴垂と人は呼ぶ• と答えると• そういう者がいると聞いてはいる• 危なっかしい変わり者め• と言って• 一緒に、ついて来い• とだけ言いかけ、また同じように笛を吹いて行った• この人の様子から、今は逃げても、決して逃がすまい• と感じられたので、鬼に魂を奪われたように、ついて行くと、屋敷に着いた• ここはどこだ• と思えば、摂津の前司・藤原保昌という人の屋敷であった• 家の中に呼び入れられ、厚手の綿入れを一着与えられ• 衣が欲しくなったときは、ここへ来て申せ• 気心も知れぬ者に捕まるなど、おまえ、しくじるでないぞ• と言われたときは、言葉にならず、気味が悪く、おそろしかった• 凄い雰囲気の人であった• と、捕らえられて後に語った• 公開日 平成二十四年二月十六日 更新日 平成二十四年二月十六日.

次の

日本古典文学摘集 宇治拾遺物語 巻第二ノ一〇 袴垂保昌に逢ふ事 現代語訳

袴垂、保昌にあふこと 品詞分解

一〇 (二八) 袴垂保昌に逢ふ事 現代語訳• 昔、袴垂という、たいそうな盗賊の首領がいた• 十月頃、衣が欲しくなったので、衣を少し手に入れようとめぼしい所々を物色していると、夜中時分、人々がすっかり寝静まった頃、朧月夜の下を、衣をたくさん着込んだ男が、指貫の股立ちをつかみ、絹の狩衣のようなものを着て、ただひとり、笛を吹き、行き過ぎるでもなく、おもむろに歩いているので• ああ、これこそ、おれに衣をくれようと出てきた人だな• と思い、走りかかり• 衣を剥ごう• と思ったが、なんだか妙に恐ろしく思えたため、寄り添って、二、三町ほど行ったものの、誰かがつけて来ていると感づく気配もない• いよいよ笛を吹きながら行くので• 試してみよう• と思い、高い足音を立てて駆け寄ったが、笛を吹きながら振り向いたときの様子は襲いかかれそうにもなかったので、走り退いた• このように、何度もあれこれしてみるが、少しも騒ぐ気配がない• 稀有な人だ• と思いつつ、十町余りついて行った• だがやってみるか• と思い、刀を抜き、走りかかった時、今度は、笛を吹き止め、立ち止まって振り返り• おまえは、何者だ• と訊いたとき、気力が失せ、我をも失い、立っていられなくなった• 何者だ• と訊いたときは• 今度は逃げてももう逃がすまい• という気配が感じられたので• 追いはぎに候• と言うと• 何者だ• と訊くので• またの名を、袴垂と人は呼ぶ• と答えると• そういう者がいると聞いてはいる• 危なっかしい変わり者め• と言って• 一緒に、ついて来い• とだけ言いかけ、また同じように笛を吹いて行った• この人の様子から、今は逃げても、決して逃がすまい• と感じられたので、鬼に魂を奪われたように、ついて行くと、屋敷に着いた• ここはどこだ• と思えば、摂津の前司・藤原保昌という人の屋敷であった• 家の中に呼び入れられ、厚手の綿入れを一着与えられ• 衣が欲しくなったときは、ここへ来て申せ• 気心も知れぬ者に捕まるなど、おまえ、しくじるでないぞ• と言われたときは、言葉にならず、気味が悪く、おそろしかった• 凄い雰囲気の人であった• と、捕らえられて後に語った• 公開日 平成二十四年二月十六日 更新日 平成二十四年二月十六日.

次の

「袴垂」に関するQ&A

袴垂、保昌にあふこと 品詞分解

いみじき=シク活用の形容詞「いみじ」の連体形、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても。 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 昔、袴垂といって並はずれた盗賊の 頭 かしら がいた。 十月 ばかりに衣の用 なり けれ ば、衣少し まうけ んとて、 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 まうけ=カ行下二段動詞「設く・儲く(まうく)」の未然形、準備をする、用意をする。 得をする、思いがけない利益を得る。 ん=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 十月頃に、着物が必要であったので、着物を少し手に入れようと思って、 さる べき所々うかがひありき けるに、夜中 ばかりに、人みな静まり果ててのち、月の 朧 おぼろ なるに、 さる=連体詞、あるいはラ変動詞「然り(さり)」の連体形、そうだ、そうである。 適切である、ふさわしい、しかるべきだ。 べき=当然の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 たった一人で、笛を吹いて、急いで行くこともなく、ゆっくり歩いて行くので、 「 あはれ、これ こそ、我に衣 得 させ んとて、出で たる人 な めり。 」と思ひて、 あはれ=感動詞、ああ、あれ こそ=強調の係助詞 得(え)=ア行下二段動詞「得(う)」の未然形。 ア行下二段活用の動詞は「得(う)」・「心得(こころう)」・「所得(ところう)」の3つしかないと思ってよいので、大学受験に向けて覚えておくとよい。 させ=使役の助動詞「さす」の未然形、接続は未然形。 「す・さす・しむ」には、「使役と尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ていない場合は必ず「使役」の意味である。 ん=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 視覚的なこと(見たこと)を根拠にする推定の助動詞である。 「ああ、この人こそ、自分に着物を得させようとして、出てきた人であるようだ。 」と思って、 走りかかりて衣を 剥 は が んと思ふに、 あやしく物のおそろしく おぼえ けれ ば、添ひて二、三町 ばかり行け ども、 ん=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 あやしく=シク活用の形容詞「怪し・奇し/賤し(あやし)」の連用形、不思議だ、変だ。 /身分が低い、卑しい。 見苦しい、みすぼらしい おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ/覚ゆ(おぼゆ)」の連用形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 走りかかって着物をはぎ取ろうと思うが、不思議になんとなく恐ろしく感じられたので、あとについて二三町ほど行くが、 我に人 こそつき たれと思ひ たる けしきなし。 こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。 係り結び。 たれ=存続の助動詞「たり」の已然形、接続は連用形。 係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。 係り結び。 たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 気色(けしき)=名詞、様子、状態。 ありさま、態度、そぶり。 自分に人がついてきていると思っている様子もない。 ん=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 ますます笛を吹いて行くので、試してみようと思って、足音を高くして走り寄ったところ、 笛を吹きながら見返り たる けしき、取りかかる べくも おぼえ ざり けれ ば、走り退き ぬ。 たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 気色(けしき)=名詞、様子、状態。 ありさま、態度、そぶり。 べく=可能の助動詞「べし」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。 おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ/覚ゆ(おぼゆ)」の未然形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形 笛を吹きながら振り返った様子は、襲いかかることができそうにも思えなかったので、走り退いてしまった。 続きはこちら -.

次の