2020 年 運勢 四柱 推命。 【無料占い】四柱推命で占う「2020年の運勢」

高精度四柱推命WEBツール

2020 年 運勢 四柱 推命

2020年は、 いろんな 不安に襲われたり これからどうしようと 悩んだりする そんな人が多いかもしれません。 世界的な状況も状況ですしね。 でも、それもある意味 運勢の流れのような意味があって これからはじめること、まさに ピンチはチャンス そんなトキなのかもしれません。 あなたは、 どう生きますか? これから何をしますか? そんなことを考える時間。 続けること、変えることを 決めて、これからに進んでいきましょう。 自分の真ん中にどっしりとはえる木のような信念をもって。 最近、色を意識してみるように つかうようになっているように思います。 まぁ、わかりやすいしね色ってのは。 あとは、イメージしやすい、活用しやすい。 今の色が、水色が出ていれば そのまま、水をよく飲むとか、水のある場所にいくとか。 水は知性の色。 勉強するとかね。 水の様に、流れる様に抗わずに物事を進めるほうがいいとか。 そういう単純なこと。 2020年の色は、、、 水色とうすい茶色っぽい感じですね。 ながれ移ろいゆく水の時代。 そして、自分の場所のような おちつく家のような場所をつくっていく そういう場所をつくりながら流れて移動していく時代。 川が大地をけずり創るように 同じ場所にとどまるというよりは 流れながら創られていく感じ。 なにもないようで なにもできていないようで 振り返るとたしかにそこにできているということ。 だから、あまり今この瞬間の結果 みたいなものにこだわらなくてもいいのかもしれません。 いまは。 いまやっていることや いまやりたいとおもっていること そういうことを流れるようにやっていくこと。 流れるというのは大事なキーワード。 留まらないこと、止まらないこと。 うまくいっていないように思えても 進んでいくことで状況は変わっていきます。 そんな2020年。 と、これからって感じ。 2020年下期の運勢 混沌からはじまっていく。 そんな時間になりそうです。 あなたは、何をはじめますか? あなたは、何をはじめてますか? これまでとこれから 繋がっているようで別な世界。 いま変わる必要がある。 と感じている人も多いかもしれません。 そのかわるということはどういうことでしょうか? それを、分かった人から先へ進めそうです。 これから、何かが大きく変わる というよりも、それすらも これまでの流れのひとつ そういう流れがあったように思います。 それを感じる人は感じて変化してきたのかも。 だから、いま、ただただ進めている人。 いま、すごく不安の中にいる人。 様々かもしれません。 いまは、少し考える時間。 5月から6月7月と考えながら動きながら いろんなことをクリアーにしていきましょう。 年末にかけていろんな準備が整って うごける人は、年末年始前後から動きだせるかも。 6月壬午 7月癸未 8月甲申 9月乙酉 10月丙戌 11月丁亥 12月戊子 1月己丑 2月庚寅 あなたがあなたの輝きを想いだす 2020年下期の大きなテーマはこれです。 わたしという存在の輝きを あなたがあなたで想いだすこと。 そして、それを輝かせるために 必要なことをやること。 そうすれば、望んだ方へ、その先へ。 不安な時、先が見えない時ほど 自分自身のことを見失いがちになります。 そして、そうじゃないってことをやりがち。 どこか心ではわかっていても どこか違うことをやってしまう心ここにあらず。 こんなときほど 自分のこころをしっかりと持つこと。 自分のこれだってことを想いだすこと忘れないこと。 これからの開運アクション ゼロを意識すること。 そして、考えることをやめてはじめること。 2020年は年明けから 考えさせられることが多い人も 多かったかもしれません。 時代も世界も変わっていくときです。 これまでのやり方が通用することも通用しないことも。 これまでと同じことも全く変わることもあるかもしれません。 その中で、自分はどうしていくかということ。 自分自身の、役割ややりたいことや好きなことや嫌いなこと。 そんなことをまるっと含めてやっていくこと。 振り返り(AWAKE) これは、ときおり必要。 いまは、特に変わり目なので これからに進む前にこれまでを振り返ること。 これまでのことを振り返り これからへのヒントをみつける。 めざめること。 あたらしいこと(CHALLENGE) 振り返る中や、最近感じていること。 これまでとこれからが変わっていくこと。 多くの人は、それを感じているかもしれません。 だからこそ、いまは、すこしあらたな挑戦をすること。 どんなことをはじめますか? あなたにできるあらたなチャレンジ。 あなたが、あらたに挑戦することはどんなこと? 続ける keep going と、振り返り新し挑戦をみつけ、それをやる。 そうそう、やるんですが、結局は、 これまでとこれからが変わるとはいえ続くこと。 あなたが、続けることを続けることです。 あたらしくなる、変わっていく。 でも、それでも変わらないことや あなたがあなたであるということを 繋いでいくこと、続けていくこと。 そんなことはどんなことですか? それを、見つけて それを、わかって それを、続けていくこと。 あなたが続けることはどんなこと? 気づいたことを、続けること。 あたらしい挑戦を、続けること。 つづけることを、続けること。 ココロから湧き出るような情熱をもって。 この半年で、変わる人は大きく変わっていきます。 特に、今までうまくいかないことが続いていたと思う人は いまが、本当にチャンス。 2020年下半期を乗り越えるために大事なこと 楽しむこと! 状況が状況なので そうも言ってられない人もいるかもしれません。 それでも、この状況をどう乗り越えていくか楽しむこと。 ピンチはチャンスと楽しみながら 先に進めますか? そうも思えない人は いったん、よく休んでください。 いまを、生き抜くことをまずは大事に。 命を大事に。 今大事なことは 楽しむこと と 命を大事に おわりに これからどうなってくのか? それは、これからどうしていくのか? という話で、 僕たちに、変えられること変えられないこと その両方がもちろん当たり前のようにあります。 ただ、何を変えることができて 何を変えることができないのか? ということを僕たちはあまりに知らないのかもしれません。 時に、自分たちのことを過小評価して 時に、自分たちのことを過大評価する。 2020年のいま これまでとこれから そんなことを考えるときに もっと、シンプルに 当たり前のことを当たり前に できるようにやっていく それだけでいいのかもしれません。 僕たちは、かしこいおバカさんです。 かしこいようでおばかさんなんです。 かしこいか、おばかか。 そんなことはちいさなこと。 あんまり関係ないです。 結局は、何をするか何を繋げるか 今年は、ゼロの年。 ゼロだからこそ、何を繋げるか これからをどうしていくか 新鮮な気持ちでつくるとき。

次の

無料占い鑑定所

2020 年 運勢 四柱 推命

四柱推命 しちゅうすいめい とは? その発祥と現在の地位 有名な占いの一つで、そのルーツは中国にあります。 本場中国では呼び方が異なっており、 「子平」や「八字(パーツー)」という呼び方が一般的です。 また、「陰陽五行説」と呼ばれる考え方が元になっています。 「統計学に基づいた」と説明する文献がありますが、 実は前述した思想が起源のようです。 陰陽五行説 思想 についての詳細はwikipediaにありました。 陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)とは、中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた思想のこと。 陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)、陰陽五行論(いんようごぎょうろん)ともいう。 陰陽思想と五行思想との組み合わせによって、より複雑な事象の説明がなされるようになった。 出典: 江戸時代に日本にやってきた四柱推命。 その的中率の高さから「占いの王様」と呼ばれています。 今では日本国内にも様々な流派が存在し、 占いにおける解釈も流派によって異なります。 当サイトで提供する無料ツールでは 本場中国の解釈に近い考え方を採用しています。 何を使って占うの? 生年月日と出生時刻を使って占います。 この情報を使って、まず「命式」と呼ばれる表を作ります。 作成した命式から、占う人についての様々な事柄を鑑定していきます。 命式を作成する際には厳密なルールがあり、生まれた日が1日違うだけでも鑑定結果が全然違ったりします。 「年」、「月」、「日」、「時」の4つの要素が この占いの柱となっていることから、「四柱推命」という 名前になりました。 この4つの要素は必須であり、一つでも欠けてしまうと正確な鑑定ができません。 出生時刻を用いずに基本的な性質を見ることもできますが、出生時刻が揃っている場合の精度には及びません。 なにがわかるの? 基本的な性質(性格) 生まれ持った性質がわかります。 「人の意見に流されやすい性格」なのか、はたまた「芯が強く自分の考えを貫きとおす人」であるかなどです。 また、あなたが何を大事にしているかなどもわかります。 例えば、「学術的なものよりも芸術的なものを好む傾向がある」などです。 占った人の特性を高い精度で知ることができることから、本場中国 や台湾 では適職を見極める際の重要な判断材料の一つとするようです。 生年月日+時刻のうち、「日」の部分をベースとして導出された天干から性格を鑑定する方法があります。 当サイトのツールでもこの方法を採用しています。 ちなみに、性格鑑定で「日」の部分を利用するのは、命式のうちこの部分は「本人がどうであるかを見ることができるから」になります。 年の部分だったら「祖父や父との関係がどうであるか」を見ることができます。 天干の種類は大きく分けて「木」「火」「土」「金」「水」の5種類で、さらにこれが陽と陰に分けることができ10種類となります。 「木の陽の人」「火の陰の人」のような分類になりますが、これは具体的に言うと、木の陽であれば大木や大樹。 すくすくとまっすぐに伸び、力強く向上心に溢れる性質です。 逆に木の陰は草花。 大樹のようなたくましさや力強さはないですが、優しい温和な雰囲気を持っています。 柔軟で適応能力もあります。 他の「火」なども、陽の火は太陽のようなパワーを持った火、陰の火は灯火をイメージするような柔らかい火です。 このように、それぞれの異なる性質から、その人の性格を導きだしています。 運勢(の流れ) 10年ごと、1年ごと、月ごとなど、大きさの違う運勢の流れがわかります。 大きな単位の運勢であるほど重要であり、信頼性が高いものとするのが基本的な考え方です。 細かい鑑定方法の解説は、あまりにも長くなるので割愛しますが、ここでは少しどのような鑑定方法を採用しているか雰囲気だけでもお伝えできればと思います。 まず10年ごとの運勢を見る指標が「大運(だいうん)」で、運勢の流れを見る上で一番重要視すべきものとなります。 この大運を決めるときにまず知る必要があるのは、自分が「順行(じゅんこう)」であるのか、「逆行(ぎゃっこう)」であるかです。 これは命式の年干と性別の組み合わせで決まります。 順行と逆行では、運勢の鑑定方法が真逆になる部分があるので、鑑定結果に大きく影響します。 生年月日が1日違うだけで順行、逆行が異なることも普通にあります。 私はこのあたりのロジックの明快さが大好きです。 順行であるか逆行であるのかが定まったら、自分の生まれた日と時刻から大運を導きだします。 このとき、順行の人は順行用の表、逆行の人は逆行用の表を使います。 鑑定結果にもある「通変星(つうへんせい)」をここで同時に導きだし、運勢鑑定に利用します。 通変星には天干の通変星と地支の通変星とで二種類あり、地支のパワーのほうが強いです。 通変星がわかれば、あらかじめ作成した命式の吉凶の神 用神・忌神などのことです と照らし合わせ、運勢がわかります。 当サイトの鑑定ツールもこの辺のパワーバランスを考慮した上で鑑定し、運勢は100点満点で評価、星の数でわかりやすく見られるようにしました。 相性 前述の通り、基本的な性格を導き出せるので、これを利用した相性もわかります。 「この二人は芯が強く硬い性質を持つ人同士なのでぶつかりやすく相性としてはイマイチ」 だけど「この人とであれば柔軟な性質を持っているので相性が良い」という具合です。 日干を利用して鑑定する方法があり、当サイトのツールでもこの方法を採用しています。 具体例を出すと、例えば日干が「甲」の人と日干が「丁」の人は相性が良いです。 「甲」は木の性質、薪ですね。 「丁」は火の性質です。 薪は火をより大きな炎にすることができ、生かすことができます。 この性質から、甲の人が丁の人を支える関係の時に最もうまくいきますね。 ただし、丁の人が甲の人の支えを当たり前だと思ってしまうと、甲の人の負担になりすぎたり、丁の人のわがままがすぎたりしてうまくいかないので、甲の人は丁の人と一緒に過ごせることを常に感謝すると良いでしょう。 ・・・のような感じです。 御察しの通り、水の性質を持った人と火の性質を持った人は相性が良くないです。 当サイトのツールでも赤信号の相性判定となります。 その他 当サイトへのリンク 当サイトはリンクフリーです。 あなた様のサイトからご自由にリンクしていただいて結構です。 リンク時のご連絡も必要ございません。 あなたのサイトにも四柱推命WEBツールを設置できます 簡易版ではございますが、どなた様のサイトでも設置いただける四柱推命占いツールを紹介しております。 同時に占う人数を選択 同時に占う人数を選択し、「人数変更」のボタンを押してください。 入力できる人数が変更された状態で画面が再表示されます。 占う人数が一人であれば操作は不要です。 下にスクロールして情報の入力にお進みください。 最大11人の各個人の性質と相性を同時に占うことができます。 人 生年月日、産まれた時刻、出身地を入力 占いで必要な情報を入力します。 ニックネームは誰の占い結果であるかを確認するために使いますが、変更しなくてもご利用可能です。 出生時刻がはっきりしない方は、占い方を「出生時刻は利用しない ざっくり 」を選択してください。 出生時刻を利用した占いに比べ、鑑定できる項目は少なくなります。 情報の入力が終わりましたら、「鑑定 無料 」ボタンを押してください。 画面が再表示され、ここよりも下の部分に占い結果が表示されます。 不具合等ございましたら、お手数ですがメニューの「お問い合わせ」よりご連絡いただけますと助かります ニックネーム 最大6文字 : 占い方: 生年月日: 年 月 日 時刻: 時 分 性別: 出身地: ————————————————— 入力を保存する お使いのスマホやPCに30日間保存し、次回の入力を省略できます。

次の

2020年の運勢を四柱推命でみてみよう!

2020 年 運勢 四柱 推命

2020年の四柱推命占い VOL. 1 全体運 2019年は、元号が平成から令和へと変わる大きな時代の動きがありました。 迎える令和2年は、世相的にどんな気運の中にあるのでしょうか。 おなじみ四柱推命鑑定士の月見草さんに、まずは2020年の総合運を伺いました。 それを踏まえた上で、ご自身の星である一白水星から九紫火星の全体運をお届けします。 さらに、次回からは金運、社交運、旅行運、健康運を順にご紹介。 運勢の流れや吉縁のある月、ラッキーカラーや開運アイテムなど、それぞれの項目に合わせ開運ポイントも占っていただきました。 ご参考にしていただきながら、幸せ溢れる一年をお過ごしください。 2020年は「庚子七赤金星」の年 2020年の星周りは、「庚子 かのえね 七赤金星」にあります。 庚は金属の陽性の星で、正義やルール規制との関係が強く、「行動力、打たれ強い、苦労」にもつながることを意味します。 日本のみならず、世界的に自然環境や政治経済の動きが激しく吉凶半々な運気。 季節にかかわらず風や水の災害、地震など予想外の出来事が起こりやすいため、災害への備えを整えて置くことが大切です。 2020年に幸運を招くアイテムや行動は? 生まれ星や年齢を問わず、七赤金星の年には運気の低迷を自覚した際に、「時計、貴金属のアクセサリー、音の鳴るアイテム、傘、眼鏡」がラッキーアイテムに。 さらに、「整理整頓、手芸、花や樹木に触れる、読書、体を温める、ヨガ、水泳、星や雲などの天体観測」が幸運を招く行動となります。 日常生活に無理なく取り入れながら、開運ライフを送ってください。 気持ちが揺れることで行動が制限されがちですが、消極的になりすぎず現状維持を心がけて過ごすと吉。 大切なのは「自分がやるべきことを優先する」こと。 最優先の事柄以外は他の人に任せても良いほどです。 家族の健康問題や不動産関係は、年の吉方位の専門家が頼りの綱。 吉運月:6月~9月 新しい人脈に支えられる時期。 冠婚葬祭の星もあり 注意月:4月~5月 人間関係や仕事面で悩みが出現、冷静な対応がポイント 吉方位:北、南東 体力と気力が安定する方位。 新規ごとや転居にもお勧め.

次の