朝日新聞 マスク 通販。 「100回洗っても効果」あるマスク販売 光触媒を活用 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「アベノマスク」批判の急先鋒・朝日新聞が「布マスク高額販売」の支離滅裂

朝日新聞 マスク 通販

もくじ• 安倍総理の記者会見で朝日新聞のマスク販売が話題 どのような経緯で朝日新聞のマスク販売が話題になったのか、 以下が安倍総理と朝日新聞のニュースです。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、 政府が17日に配布を始めた布マスクは「アベノマスク」と皮肉られ、 「サイズが小さい」などの不評が多い。 朝日新聞で布マスク2枚3,300円と 高級なものを販売してたんですね! 需要があるとはいえ、 この値段はなかなか手が出しずらい… 続いて安倍首相はこのように述べてます。 首相は布マスク配布について 「マスクが手に入らずに困っている方々がたくさんいるという認識のもと、配布することにした。 洗えば何回も使え、マスク需要の抑制にもつながっていく」と説明。 引用: 私もドラッグストアなどの買い物ついでにマスクを確認していますが、 感染拡大後は一度もマスクをみたことがありません。 本当に入荷されてるのか疑うレベルに空っぽ状態ですね汗 しかし、何百億もの税金まで使って 布マスクを配布するのは優先順位としては疑問です。 もっと別の使い方してほしかったとは思いますが、 配布されたのならありがたく使うことにします。 スポンサードリンク 朝日新聞の高級マスクが販売中止? 朝日新聞は現在高級マスクの販売を停止、 「朝日新聞SHOP」の閉鎖をして受注停止をしてました。 【公式サイト】 出典: 新型コロナウイルス感染拡大で政府が緊急事態宣言を出しました。 これに伴い、朝日新聞SHOPは、物流に支障が出る恐れがあることから、お客様からの受注を、期間未定で停止いたします。 すでにご注文いただいているお客様に限り、発送作業を継続いたします。 順次発送いたしますが、発送委託業者の体制が整うまで、お届けに時間をいただきます。 受注の再開に向けて鋭意努めてまいります。 大変なご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承下さいますようお願い申し上げます。 お問い合わせは、当サイトのサポート窓口shop-support asahi. comへメールでご連絡ください。 このタイミングのサイト閉鎖となると、 記者会見の反響が凄かったんでしょうか。 SNSでも大層な盛り上がりを見せてますね。 昨日の総理大臣の記者会見で朝日新聞が嫌な感じの質問してたけどうまいこと反撃してたようなので草生えました w とりあえず朝日新聞が 2枚3300円マスク売ってて、 総理に記者会見で論破されて、 販売を自主見合わせした話最高なので後世に語り継ぎたい 朝日新聞のマスクについてはこちら。 スポンサードリンク 3,300円の2枚組高級マスクは大津毛織株式会社が製造! 噂の3,300円の2枚組高級マスクは 大津毛織株式会社が作ったものでした。 出典: 【会社概要】 会社名:大津毛織株式会社 創立:大正6年 業種:繊維 事業内容:紡毛糸・毛織物・合繊編織物・衣料品・毛布の製造販売 資本金:9,950万円 従業員:92名 かなり大きい会社ですね! 大津毛織は創業103年を迎えていて、 朝日新聞ショップの情報ともあってます。 2019年12月には繊研新聞の 「ジャパン・ベスト・ニット・セレクション」にも掲載。 繊維ニュースにも度々取り上げられるなど 大津毛織独自の技術が高く評価されてます! これだけ技術が高いと評判の会社のマスクなら 3,300円の価値は十分あると言えますね。 こちら公式サイトです。

次の

【無料記事】朝日新聞「布マスクは無意味」→自社通販で布マスクを販売|吉田圭志(いいパチンコLLP代表)|note

朝日新聞 マスク 通販

《御社のネットでも、布マスクを3300円で販売しておられたということを承知しています。 そのような需要が十分にあるなかで、我々も2枚の配布をさせていただいたということでございます》 4月17日の記者会見で、466億円が投じられる「全世帯への布マスク2枚の配布」についての質問に対し、「待ってました」とばかりに皮肉を込めて言い放った首相。 普段は毛布やタオルケット、敷きパッドなどの寝具を主に扱っている。 新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄になっている今、市と商工会が立ち上げたのが『泉大津マスクプロジェクト』なのです。 市内の繊維に関わる7つの企業がそれぞれ、独自のマスクを開発、製造しているのです。 大津毛織さんもその一つということです」(地方局ディレクター 3月20日付の朝日新聞大阪版では、《マスク生産 繊維のまち結束》として同プロジェクトを掲載している。 通販サイトに採用したのもうなづけよう。 見方は様々ですし、それは消費者様それそれが感じるところだと思います」(大津毛織担当者) それでも製品自体に対しては、 「クオリティ的にマスク相応のレベルに達している。 そう自負しています。 通常、日本で流通しているガーゼはほぼ、中国から輸入した生地から作られています。 弊社の場合は、日本で生産したガーゼのみを使用し、毛羽立ちにくい特別な加工も施しています。 ガーゼを長年取り扱ってきた経験上、ガーゼというのは柔らかいものの、毛羽立つという部分で懸念されがちです。 が、その毛羽立ちを抑える加工を施し、またガーゼ素材は耐久性が劣っているという印象を解消する技術も取り入れています」(前出・担当者) 同社では、マスク以外の製品にも、素材には日本製のガーゼや綿を使用し、製造を行っている。 「みなさんがどう考えられるかわかりませんが(笑)、私たちはこういう形でこだわって作ってはいます」(前出・担当者) 通販ショップの商品紹介では、4層構造ながらも息苦しさも少なく、口紅の付着もしにくいという大津毛織製マスク。 何よりも、洗濯が可能で150回も繰り返して使用できるというのだ。 「自社試験ではクリアしましたが公的機関による試験ではなく、数値を出している最中です。 すでに弊社の社員数名が、毎日洗って繰り返し使用しての検証も行っています」(前出・担当者) 例えば、1枚1650円のマスクを150回使ったとしたら、1回あたりの価格は11円の計算になる。 「マスク1枚の相場が70円〜90円とも言われていますから経済的と言えるでしょう。 清潔が第一であるはずのマスクに、次々と黄ばみなどの変色、髪の毛や虫の混入が報告されているのです。 実はアベノマスクは、メーカーこそ国内でも製造はアジア地域で行われているものもある、という話もあります。 特に全世帯への配布に合わせて急ピッチで作られたのでしょうし、不良品が混じったとしてもおかしくはないと思います。 発言は軽率だったのでは?」(全国紙記者) 現在もマスク製造が続けられて 『朝日新聞SHOP』は閉鎖された現在も、大津毛織はマスクを製造し続けている。 というのも、 「実は朝日新聞さんの通販サイトは、受注が多過ぎて閉めさせていただくことにしたのです。 4月アタマごろの時点で受注が目一杯になってしまい、今はその受注分を納品するために昼夜問わず、土日も稼働して作っているという状況です。 次の受注については、納品分が終わり次第考えたいと思っていますが、まだまだ製造が終わりません。 外部サイト.

次の

安倍首相が皮肉った朝日新聞の3300円マスク 製造元の本音

朝日新聞 マスク 通販

世間では依然、マスクやトイレットペーパーが品薄となっている。 そうした弱みにつけ込み、転売を目論んだり高値で売りつけたりと、悪巧みは後を絶たない。 さらに、そんな風潮に警鐘を鳴らすべき大メディアまで。 〈洗ってくり返し使える、マスク品薄下の救世主〉 先頃、そんな謳い文句で売り出されたガーゼマスクがあった。 販売元は朝日新聞社が運営する通販サービス「朝日新聞SHOP」で、価格はなんと2枚3300円(税込)。 サイトには「鋭意製造中。 4月中旬に入荷予定」とも記されていた。 この商品は、創業100年を超すメーカーが製造。 セールスポイントとして、 〈ガーゼは医療用などより20%ほど密度を高くしたことで耐久性があり〉 〈150回ほどの洗濯にも耐え、経済的〉 などが挙げられていた。 コロナウイルス取材にあたる全国紙社会部記者が言う。 あわせて読みたい関連本•

次の