佐賀 サンライズ パーク。 新水泳場来月着工へ サンライズパーク 国際基準公認目指す : ニュース : 佐賀 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

SAGAサンライズパーク

佐賀 サンライズ パーク

佐賀県議会の11月定例会が28日開会し、県は74億9565万円の一般会計補正予算案など議案26件、報告1件を提出した。 SAGAサンライズパーク(旧県総合運動場一帯)の中核施設となるアリーナ新築工事の入札が不落になったことを受け、継続費で65億円を増額補正する。 山口祥義知事は「整備に遅れが出るが、透明性、公平性を確保しながらできるだけ早期に再入札を行い、適正工期を確保して安全第一に工事を進める」と述べた。 知事はアリーナ工事の不落の要因について「民間の大型開発や大規模災害の復旧工事で、鉄骨の需給バランスが崩れ、設計時から入札時までの期間に建設市況が大きく変化し、資材が高騰した」と説明した。 設計や積算を見直し、アリーナ建設費は60億円増額の197億円から257億円に膨らんだ。 施工中の周辺施設でも建設費の上振れを想定し、5億円増額する。 2023年秋の国民スポーツ大会、全国障害者スポーツ大会の開催に向け「しっかり取り組む」と強調した。 8月末の記録的豪雨の対応では57億2200万円を計上した。 農業機械の復旧を対象にした農林水産省の補助事業で、県内の農家は補助率が3割だったが、東日本に広域的な被害が出た台風19号では補助率が5割だったことに関し、山口知事は「災害支援は災害の規模ではなく、被災者一人一人に目を向けるべき」と述べ、国の姿勢に疑問を呈した。 一般会計から3億4500万円を持ち出し、補助率5割を維持する。 会期は12月18日までの21日間。 一般質問は12月4日から3日間で、県議15人が登壇する。 【新幹線長崎ルート】 新鳥栖-武雄温泉間は在来線を利用することが前提で整備が進められてきた。 将来の在り方についてさまざまな可能性を議論することは閉ざしていない。 これまでスーパー特急、フリーゲージトレイン、リレー方式には合意しており、異論はないが、合意のないフル規格やミニ新幹線は県の将来に大きな影響が生じるため、五つの方式を対象とした協議であれば、ゼロベースからしっかり時間を掛けて議論すべきだ。 【オスプレイ配備計画】 防衛省からの要請を受ける形で、県有明海漁協15支所ごとの説明会が開催され、12支所で終わった。 26日には本所で徳永重昭組合長と話し、残る3支所でも説明会が開かれるよう環境を整えてほしいと要請した。 組合長からは支所の意向次第だが、タイミングを見てということになるのではないかとの話があった。 事業主体の防衛省による説明会が全支所で開催され、漁協内での議論が進むよう、引き続き調整していく。 【玄海原発への対応】 原子力規制委員会は今月20日、3号機の使用済み核燃料貯蔵プールの保管容量を増やす「リラッキング」を許可した。 九電から県に対し、安全協定に基づく事前了解願が提出されており、審査結果を確認し、県として判断していく。 九電は重大事故発生時の指揮所となる「緊急時対策棟」の完成時期を今年12月から2023年9月に延期する届けを規制委に提出した。 九電に着実な整備を求めていく。 全ての関係者に気の緩みが生じることがないよう万全を期していく。 【県産米の不作】 県の礎である農業にとって辛抱の年となった。 塩害や害虫被害で作況指数63と記録的な不作となった。 ブランド米「さがびより」も例年は透明感のある1等米がほとんどを占めるが、今年は2、3等米が大幅に増えている。 1等米だけを透明なパッケージで販売してきたが、ブランドを守る強い気持ちでその基準は維持し、急きょ2、3等米用のパッケージを作成した。 味は遜色なく、県民にも「佐賀米を食べて応援しよう」と呼び掛けている。

次の

SAGAサンライズパーク

佐賀 サンライズ パーク

佐賀県が計画している「SAGAサンライズパークアリーナ新築工事」の安全祈願祭が5日、佐賀市内の建設地で開かれた。 設計は梓設計・石橋建築事務所・三原建築設計事務所JV、施工は戸田建設・松尾建設・中野建設・上滝建設JVが担当する。 2022年10月の完成を目指す。 神事では、刈初(かりそめ)の儀を佐賀県の山口祥義知事、鍬入(くわいれ)の儀を梓設計の前田隆常務取締役執行役員九州支社長が行い、戸田建設の宮崎博之代表取締役専務執行役員建築本部長が水永透作業所長の支える杭を力強く打ち込み、工事中の安全と無事竣工を祈願した。 神事の後、あいさつに立った山口知事は「施設整備により、志の風が吹き、来訪する一人ひとりに幸せが訪れる場所にしたい」、宮崎建築本部長は「県民が待ち望む施設の施工を担当することに身が引き締まる思い。 関係者で使命感、責任感を共有し総力を結集して工事を進める」と意気込みを語った。 SAGAサンライズパークは、佐賀市の総合運動場・総合体育館エリアを一体的に整備するもので、アリーナはその主要施設となる。 規模はS造4階建て延べ約2万9800㎡。 約8400席のメインと約450席のサブとで構成し、メインはプロスポーツのほかコンサートなどの多目的利用を想定する。 総工事費は約257億円。 CM業務は山下PMC、電気設備工事は日本電設工業・佐電工・有明電設JV、機械設備工事は高砂熱学工業・栄城設備工業・松尾工業JVが担当する。 建設地は佐賀市日の出2-44-1ほか。 水永作業所長の話「県民を始め全国の方が不自由なく利用できる施設を目指し、関係者と調整し安全で質の高い施設整備を進めたい」.

次の

SAGAアリーナ

佐賀 サンライズ パーク

落選された方にはご連絡を差し上げませんので、ご了承ください。 キャンセル待ちの順番は、6月25日(木)16:00に当施設責任者により抽選を 行います。 キャンセル等が出た場合は、当選順でご連絡を差し上げます。 日頃から、当施設が運営いたします「enjoyスポーツ教室」を受講頂きありがとう ございます。 前年度(第3クール)分につきましては、既に準備が整っておりますので、お時間が ある際に、SAGAサンライズパーク・管理事務所へご来場頂きますようよろしくお願い いたします。 お返しの際は、押印が必要となりますので、印鑑をご持参ください。 日頃から、当施設が運営いたします「enjoyスポーツ教室」を受講頂きありがとう ございます。 先日、全国都道府県に向けて「緊急事態宣言」が出されました。 受講者の皆さまには、郵送で休講のご案内を送らせて頂きます。 なお、休講になりました分につきましては、返金対応とさせて頂きます。 返金開始時期は、5月以降になりますことをご了承ください。 受講者の皆さまには、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力を頂きます ようよろしくお願いいたします。 日頃から、当施設をご利用頂きありがとうございます。 先日、全国都道府県に向けて「緊急事態宣言」が出されました。 また、閉場期間中は、駐車場の利用もできません。 従来であれば、 6月分の申請は5月1日から受付開始となりますが、今回 は 県内は5月8日(金)9:00から、県外および国体強化は5月20日(水)から 行います。 ただし、「緊急事態宣言」が継続された場合は、変更になる可能性がござい ますので、ご了承ください。 利用者の皆さまには、大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解とご協力を お願いいたします。 落選された方にはご連絡は差し上げませんので、ご了承ください。 キャンセル待ちの順番は、3月26日(木)16:00に当施設責任者により抽選を 行います。 キャンセル等が出た場合は、当選順でご連絡を差し上げます。 赤文字は振替日です。 【一般対象】 〇 テニス(A・B) 3月16日、30日 〇 リズムダンス 3月17日、 24日、 31日 〇 エンジョイスポーツクラブ 3月17日、31日 〇 ラージボール卓球 3月 19日、26日 【ジュニア対象】 〇 幼児体操 3月16日 〇 体操(月) 3月16日 〇 新体操(幼・小学生) 3月 17日、 24日 〇 サッカー 3月18日、25日 〇 陸上 3月 19日、26日 〇 ハンドボール 3月18日、 25日 〇 男子バレーボール 3月17日 〇 体操(金) なし 〇 トランポリン 3月 27日 以上です。 振替ができなかった教室等の返金につきましては、先に郵送させて頂きました「休講 のご案内」のとおりです ご不明な点などございましたら、SAGAサンライズパーク(0952-30-5311)までご連絡 ください 日頃から、当施設が運営いたします「enjoyスポーツ教室」を受講頂きありがとう ございます。 先月からの新型コロナウィルス感染者急増および感染対策に伴い、全国の公立 小学校・中学校・高校・特別支援学校を3月2日から春休みまで休校と政府の見解 が示されました。 また、佐賀県では3月3日~15日まで臨時休校とし、3月16日以降は状況次第と する見解が示されております。 それを受け、当施設では 3月2日~15日までの全てのenjoyスポーツ教室を休講 とすることとし、3月16日以降につきましては状況を鑑みて判断することといたします。 返金・振替等につきましては、受講者に送付いたします「休講のご案内」をご覧くだ さい。 受講者の皆さまには、ご迷惑をおかけいたしますが、感染予防の観点から休講いた しますことをご理解頂きますようよろしくお願いいたします。 日頃から、当施設をご利用頂きありがとうございます。 このところ、新型コロナウィルスによる感染が急増し、様々なイベント等が 自粛されてきております。 また、昨日には3月2日から全国の公立小学校・中学校・高校および特別 支援学校を春休みまで休校とする政府見解が示されました。 かねてから、3月以降の大会や諸行事の取り扱いについて、佐賀県とも協議 してまいりました。 その結果、当施設の諸行事(大規模大会は検討中)につきましては、下記の 手続きをとって頂ければ、キャンセルを受け入れし、利用料金も頂かないと 結論が出ましたので、お知らせをいたします。 なお、キャンセルの連絡を入れたが下記の手続きを取らない個人・団体また 無届で利用しなかった個人・団体につきましては、利用料を頂きますので、 ご注意ください。 (3) 既に申請書を提出している団体および年間行事で大会を入れており かつ未申請である団体ともに上記の手続きを取らない場合は、利用 料が発生します。 ご不明な点などございましたら、SAGAサンライズパーク(0952-30-5311)まで ご連絡ください。 よろしくお願いいたします。

次の