東京 マグニチュード 8.0 1 話。 東京マグニチュード8.0総集編(アニメ)放送日はいつ?無料動画で見逃し配信!

■東京マグニチュード8.0 第10話「おねえちゃん、あのね」はコチラ: 東京マグニチュード8.0 動画集

東京 マグニチュード 8.0 1 話

2020-06-29• 2020-06-29• 2020-06-29• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-26• 2020-06-26• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23.

次の

東京マグニチュード8.0

東京 マグニチュード 8.0 1 話

>悠貴君が死んだのは地震何日目になるんですか?また死因になったのは何日目くらいですか? 彼らは劇中で何度か睡眠を取ってるので、第一話からカウントすれば目安はつくかと思います。 以下を参考に。 悠貴が死んだのは第7話のラストで倒れた時です。 この時が「生きている悠貴」と「未来」が会話した最後になります。 死因になったのは第4話後半で東京タワーが倒壊したときの地震で瓦が悠貴の頭を直撃した時です。 医学的見地からすれば、本来あの時点以降は頭を動かしては(歩かせては)いけなかったのです。 状況が状況だけにやむを得なかったのですが、それ以降も第7話までずっと歩いています。 第8話で(遺体との)対面シーンに登場する死亡診断書を録画を止めてよく見ると「外傷性脳出血による呼吸不全」と記載されています。 後頭部直撃以降徐々に出血し脳内が圧迫されることで、1日~数日してその症状があらわれます。 第10話での描写からすると、第7話のラストで倒れたときに、既に心肺停止状態(呼吸も微弱~停止)だったのではと思われます。 頭の事故は本当に怖い。 私たちも四肢は傷ついても、頭と胴体腹部(内臓)だけは被災避難時にも保護しなくてはいけません。 車両の追突事故でも、真っ先に脳波の検査するのはそのためです。 頭への衝撃の結果は「後で来る」のが怖い。 なお、第4話で悠貴の後頭部を直撃したのは、東京タワーの残骸ではなく、タワー倒壊時の衝撃でどこかの民家から吹き飛ばされてきた瓦でした。 数キロある瓦の破片が弾丸のように後頭部に直撃したのです。 大人だって無事じゃ済みません。 第7話の前半、悠貴は症状が悪化し具合が悪くなって頭もすごく熱くなってました。 そして第7話後半のラストで、悠貴は未来の手を握ろうとして空をつかみとうとう地面に倒れます。 8話で病院に運ばれて、そのまま亡くなったわけです。 以降は、未来の見ていた悠貴の魂です。 監督・橘正紀へのインタビューで「(悠貴の死因は)クラッシュ症候群ではなく、東京タワーの瓦礫が致命傷だった」と明言してます。 未来は後日その事実を知って後悔したのではないでしょうか。 あのシーンでは悠貴が未来を押してかばったかのような演出に見えました。 下のインタビューでも言及されてますが、地震災害では二次災害(地震による被害でなく、それによって破壊された環境によって害される被害)を避けるため、「安全な場所からできるだけ移動しない方がいい・救助がくるまで家を目指さない方がいい」そうです。 ただそれではストーリーが進まないので、ああいった内容になったとか。 悠貴も死なず、姉弟二人、無事に帰るエンディングも企画にはあったそうです。 橘 液状化現象は神戸のポートアイランドでも大規模な範囲で起きていました。 地面が1mくらいがくんと下に下がったそうです。 映像については過去に新潟空港で発生したものが残っていたので、それを参考にしました。 クラッシュ症候群に関しては、四川で瓦礫の下から救助された直後に亡くなった男性のインパクトが強かったので、物語にきちんと入れようと思っていたんです。 残念ながらあの次回予告(9話ラストの10話予告)のところだけになってしまいましたけれども。 下敷きになっていたからではなく、東京タワーの瓦礫が致命傷です。 ~~~ 最終回には号泣しました。 これまで当たり前にあると信じていた世界の崩壊。 失ってはならない大切なものの突然の喪失。 逆説的ではありますが悠貴の死によって 「忘れられない」「記憶に残る」作品になったと思います。 老若男女、日本人みんなに見てほしい作品ですね。

次の

東京マグニチュード8.0 1話

東京 マグニチュード 8.0 1 話

アニメ「東京マグニチュード8. 作品的星評価: 絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。 あくまでも、鑑賞時点の感想ですので、再視聴時は評価が違う可能性があります。 アニメ「東京マグニチュード8. 0」 レビュー(あらすじ) 夏休みに入ったばかりのお台場。 中学1年生の未来は、 弟の悠貴に付き合わされロボット展を見に来ていた。 はしゃぐ弟を横目に、 反抗期真っ盛りの未来は退屈そうにケータイをいじっている。 「毎日毎日ヤなことばっかり…。 いっそのこと、こんな世界、壊れちゃえばいいのに」そう思った瞬間、突然地面が激しく揺れた。 東京を襲った、マグニチュード8. 0の海溝型大地震。 一瞬にしてすべてが変わった東京。 未来は悠貴の手をひき、 お台場で出会ったバイク便ライダー・真理の力を借りながら世田谷にある自宅へ向かう。 より アニメ「東京マグニチュード8. 0」 作品データ 原作 :オリジナル 監督 :橘正紀 放送期間 :2009. 0」公式サイト アニメ「東京マグニチュード8. 0」 感想 ひねくれた主人公に嫌悪感 中一の主人公は何をやるにも否定的で、 文句ばっかり言ってる女の子・・・、 あの年代特有の反抗期という設定も分からなくもないけど ちょっとひどい感じ、そこに至る説明もないので 最初っからそんな性格の子供と思うと ちょっと嫌な感じ・・。 主人公の心が開かれていく そんな嫌な性格の主人公の女の子の心が 災害が起こった被災地で人の心に触れて、 家族の大切さを感じられるようになってくる というのがこの作品のテーマなので、 首都地震がどうとかその対処法がというのではなく、 全てが家族の大切さを再認識するための布石的な 物語です。 アニメ「東京マグニチュード8. 0」 感想 まとめ 東京直下型地震が起こったという設定なので リアルなパニックやカオス、人間の汚さが観れるのかなぁと 期待していましたが、内容はそっちではなく 家族愛の再確認というところだったのかな。 ストーリーはリアリティーが乏しい描写の地震とかは関係なく、 性格の悪いおねぇちゃんが、 人のやさしさに触れながら心を入れ替えていく的なものだし 最終的には かわいらしい弟が、どうなっちゃうの?という部分だけで 泣かせに来る感じ。 確かに泣けてくるのだけど、 じゃぁ地震はなんだったのと感じます。 全体的ストーリーはダメなんだけど 泣けちゃった自分に疑問符が付くような アニメでしたねぇ。 ただ、 小学生くらいの子供たちに地震とはどういったもので、 家族と離れ離れになるということをイメージするくらいには 良いかもしれない。 中学年くらいまでの授業で見せるくらいが丁度よい。 Amazonプライムビデオはコストパフォーマンス最強! 2020. 02現在 アニメ「東京マグニチュード8. 、U-NEXTなど、 映画やビデオを大画面TVで観ることができます。 SilkやFirefoxより Youtube、Facebook、Twitterなどのウェブサイトも見れます。 ウチでは、子供たちがタブレットやスマホでYoutubeを観てると目が悪くなりそうなので、 TVで見せています。 詳しくは、商品ページへ:.

次の