学資 比較。 学資保険ランキング2020【令和最新版】~おすすめ10社の返戻率を保険のプロFPが比較

学資保険(低解約払戻金型保険)返戻率比較ランキング

学資 比較

学資保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年】 学資保険とはいっても色んな会社から出ているので比較が難しいと思っていませんか? ここでは2019年に入るなら おすすめしたい学資保険の人気ランキングを10選紹介していきます。 名称 期待返戻率 102. 6-106. 3つのプランから自分の家庭に合ったものを選ぶことができるので、無理なく続けられます。 相談された方に抽選で 豪華賞品がプレゼントされるキャンペーンも期間限定で実施中ですよ。 6-106. 義務教育で支払いが完了するので、費用がかさむ大学シーズンに向けてしっかりと貯蓄できます。 もしものときの補償内容も充実しているため、 払い込みが難しくなった場合でも免除制度などが適用されるケースがあります。 これは保険料払込免除特則を付けた場合で、そうでない場合には祖父母による契約も検討することができます。 学資年金の受け取り開始時期を17歳、18歳のどちらかから選択でき、支払い開始を17歳にした場合には大学入学前に学資金を受け取ることができるメリットがあります。 返戻率は低いですが、学費にあてるからと割り切るなら検討しても良いかもしれません。 6-106. どちらにもメリット・デメリットがありますので、よく検討してから購入しましょう。 どの保険が自分に向いているのか、ポイントを紹介していきますので御覧ください。 3つのプランは貯蓄型で安定した保険なので、初めての旗にもおすすめです。 満期まで保険料を積み立てることができれば、利子がついて戻ってきますが、途中解約は損をするので「安いから」だけでなく保障内容もしっかり確認しましょう。 1位のが一番安く、5位のは祝い金あり型・なし型で保険料にも差があるのでおすすめです。 4位のは2020年3月27日までキャンペーンで「アンパンマンはらまき」が貰えます。 3位のはサンリオの「ハローキティ」グッズが毎月先着1000名限定でもらえます。 2019年7月24日までですが、5位のではポケットモンスターグッズと目白押しです。 保険料の二重支払い問題により現在新規での受付を終了しております。 また、貯金が苦手でも自然に貯蓄できるのも将来の不安がありません。 デメリットとしては保険料が高い、早いタイミングで解約すると元本割れになってしまうこともあるので満期がいつなのか・損はしないようによく考えましょう。 保障型の場合には、親に万一のことがあった場合、保険料の払込みが免除・満期学資金やお祝い金を受け取れるのが一般的です。 商品によっては、子供の死亡保障や医療保障があります。 デメリットは、保険料の合計額よりも、満期学資金・祝い金の合計額は低くなることです。 全期前納は、保険期間に必要となる保険料を全額まとめて前払で「預ける」方法です。 全期前納すると保険料が全体的に安くなるメリットはありますが、金額が金額ですので家計と相談して収めましょう。 返戻率の高い学資保険を選らんで、途中解約さえしなければ、元本よりも多くのお金を受け取れます。 安定して高い返戻率の学資保険をチョイスし将来のために貯蓄したほうが良いです。 口コミ・評判ともにトップクラスの学資保険です。 学資保険のまとめ 学資保険の特徴として、自然に貯蓄を続けることができるというものがあります。 子供の将来を考えると、月々決まった金額を貯蓄できるのは大きなメリットです。 返戻率の高い学資保険なら、途中解約しなければ確実に元金よりも十分な金額を受け取るができますので、保障とのバランスを考えて選んでください。

次の

学資保険比較・検討サイト

学資 比較

ここでは返戻率の高い学資保険を3社選んで比較してみます。 1% 105. 2% 105. 1% ここに挙げた学資保険は、医療保障部分をなくすことで、貯蓄性のほうをぐっと高めたものです。 いずれも返戻率は105%~110%超で、かなりの貯蓄性の高さ。 いわゆる貯蓄型の学資保険と呼ばれています。 ただ、給付のされ方は、各保険によってそれぞれの特徴があるので、どのようにお金を受け取りたいかによって適したものを選んでください。 では、返戻率のランキング順に各社の特徴を比較してみたいと思います。 おすすめ度1位のは、 3歳・6歳・12歳・15歳・18歳・20歳にお祝い金として少しずつを受け取れるプランが選べます。 また同社には、 兄弟姉妹が同じ保険に入れば保険料が割安になる兄弟割引があり、2人以上の子どもがいる家庭にはメリットがあります。 保険期間の満期時は22歳しか選べませんが、これは 一定の範囲内であれば繰り上げが可能です。 ただしその場合、満期保険金が変わることになります。 学資金で最も入用になる大学入学時に備え、決して損をすることのないよう、お客様センターや担当営業などにしっかり相談してから行う必要があります。 2位のは、17歳・18歳時に大学資金を給付するスタンダードなパターン。 子どもが10歳時までに払い込みを済ませてしまうプランもあり、月々の保険料は高くなるものの、以降は支払いから解放されることを思えば検討してみる価値のあるプランです。 学資保険を早めに払い終え、そのあとは自身の個人年金保険を始めるといったこともできます。 3位のは17歳・18歳のほか、 20歳・22歳時の満期も選択でき、在学中に入用な資金(たとえば留学費用など)や、新社会人になるときに一人暮らしを始めるお金などに使うということも可能です。 また、同社の強みとして挙げられるのが、 ライフプランナーと呼ばれる営業社員の存在です。 商品知識に長けた社員が加入検討者のもとに出向き、個々の将来設計に合わせて最適なプランを提案してくれます。 「わが家にぴったりのプランが分からない」という人には嬉しいサービスですが、同社は 「まずは資料請求後に直接面談」という一般的な加入ステップを踏みません。 資料請求するには必ず事前にライフプランナーと面談しなければならず、いろんな保険を気軽に比較したい人や、忙しくて思うように時間が取りにくい人には少し敷居が高く感じるかもしれません。 このように、一口に学資保険と言っても、それぞれの特色があるのがわかると思います。 もっといろいろなしてみたい人は、目標をきちんと定めたうえで、さまざまな商品を見比べてみることをオススメします。 前へ: 次へ:.

次の

【最新版】学資保険のJA「こども共済」のメリット・デメリットを他社と比較で解説!|わたしの節約

学資 比較

子どもの高校や大学入学等に 必要な教育資金の準備を目的とし、積み立てと同様に毎月の保険料を支払い続けることで計画的に教育資金を作れる保険です。 また、保険期間が満期を迎えた場合には、満期保険金を受け取ることができ、商品によっては、子どもの幼稚園入園や小学校入学などの節目の時期に、 お祝い金としてまとまった給付金を受け取ることもできます。 さらに、契約期間内に 契約者に万一のことがあった場合は、以後の保険料の支払いが免除されたり、子どもが 病気やケガをした際に給付金が支給されたりするものもあります。 税制面では、支払った保険料は所得控除が適用される点や、お祝い金・満期保険金は一時所得として特別控除(50万円)が受けられる点などのメリットがあります。 子どもの 病気やケガに保険金給付• 契約者の 万一の場合には 保険料の支払いが免除 学資保険を選ぶ際は、貯蓄性を重視する場合は返戻率を指標に、保険の役割を重視する場合は保障内容を中心に確認するなど、目的に合わせて検討しましょう。 保障重視型 メリット• 一般的に、親に万一のことがあった場合、それ以降の保険料の払い込みが免除になり、満期学資金やお祝い金を受け取れる• 親に万一のことがあった場合に、育英年金や死亡保険金を受け取れる商品もある• 子どもの死亡保障や医療保障がある商品もある デメリット• 返戻率だけを捉えた場合、満期お祝い金を複数回に分けて受け取る場合は、1回で受け取るより返戻率が低くなる可能性がある• 一般的に、子どもの医療特約などを付加した場合は、支払った保険料の合計額よりも、満期学資金・お祝い金の合計額は低くなる NTTコム リサーチが行った「学資保険に関する調査結果」によると、学資保険を選ぶ際には返戻率を重視しているという方が約90%(下図を参照)となっております。 学資保険を選ぶ際は、まず返戻率を確認し、保障内容などを目的に合わせて検討しましょう。 子どもが大学へ進学するとき 子どもが結婚するとき 子どもが50歳時点で解約した場合 子どもの年齢 18歳 30歳 50歳 父親の年齢 48歳 60歳 80歳 払込保険料 約1,998,000円 解約返戻金 約 2,130,000円 約 2,374,000円 約 2,754,000円 返戻率 約106. 6% 約118. 8% 約137. 8% 子どもが50歳の時点まで継続し、父親の年齢が80歳となると、平均寿命に近いといえます。 終身保険なので解約しなければ、いずれは遺族が300万円の死亡保障を受け取ることが可能です。 低解約返戻金型終身保険は、お子さまが中学受験をする際にあわせて資金を準備したい、高校入学時に備えたいなどの希望に、比較的自由に対応できます。 また、もし教育資金として利用しない場合でも、解約返戻金をご自身の老後資金として活用することも可能です。 もちろん死亡保障の役割が本来の保険の役割ですので、亡くなった場合のリスクを保障することも可能です。 ただし、デメリットとしては保険料の払い込みが終了する前に解約をした場合、一般的な終身保険に比べて返戻率が低くなってしまいますので、無理のないプランを設定することが重要となります。 返戻率• 保険金(祝金)を受け取るタイミング• 契約者にもしものことがあった時の保障の内容• 出生前加入が可能か• 保険会社• その他 学資保険を選ぶ際のポイントとして一番多かったのは、返戻率でした。 払い込んだ保険料の総額に対してどれだけ多くの保険金を受け取れるか、という点を重視される方が多いようです。 学資保険を契約し、保険会社に支払った保険料は「生命保険料控除」の対象になります。 ただし、保険期間が5年未満の場合や、保険金の受取人が、保険料を支払った本人か配偶者か親族以外の場合は控除対象となりません。 また、生命保険料控除の控除額には上限がありますので、すでに学資保険以外の生命保険料について上限額まで控除を受けている場合は、学資保険で支払っている保険料分の控除は受けられません。 「貯蓄性」「万一への対応」「維持管理のしやすさ」を兼ね備え、効率よく教育資金の準備ができるのが、学資保険の特長です。 一方注意点としては、急な出費などのイレギュラーな事態への対応が難しい点、保険会社が経営破たんするリスクがある点などが考えられます。 できる場合がありますが、以下の点に注意が必要です。 ・保険会社によって契約できる年齢の上限が違う。 ・親(父母)の同意や「お孫さまとの同居」や「お孫さまを扶養していることの証明」が必要な場合がある。 ・高齢者の場合、告知(健康状態の質問)の面で厳しいことが予想される。 ・「保険料払込免除特則なし」のプランがない場合がある。 離婚した場合でも、契約者が保険会社に解約または名義変更を申し出ない限り、学資保険の契約はこれまでどおり継続されます。 ただし、例えば、これまでは夫が契約者として保険料を負担し、受取人にもなっていたが、離婚後は妻が保険料を負担することになった場合、何も手続きをしないままだと、祝い金や満期金(満期保険金)を妻が受け取ることができなかったり、受け取る際に、贈与税を負担しなければならない場合も発生しますので、必要な手続きをしっかりとるようにしてください。 貯蓄をしていても、学資保険の必要性がなくなるわけではありません。 預貯金は急な出費にも対応できるメリットがありますが、長期間一定額を積み立てていくのであれば、一般的に学資保険のほうが効率的です。 また預貯金だけでお子さまの教育費に対応しようとした場合、契約者が万一死亡されたりするとそれ以降の貯蓄ができなくなる可能性がありますが、多くの学資保険には、「保険料払込免除特則」による万一のときの保障が備わっています。 それぞれに特徴がありますので、併用していくことをおすすめします。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• 当社子会社である再保険会社Advance Create Reinsurance Incorporatedと広告代理店 株式会社保険市場との間で再保険取引または広告取引のある保険会社の商品• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

次の