ハルビン 氷 祭り。 ハルピン旅行の注意点│ハルピン観光案内│ハルピン旅行ガイド│アラチャイナ(AraChina)

ハルビン、札幌、ケベック……世界三大雪祭りがスゴい!

ハルビン 氷 祭り

中国のハルビン雪祭りは日本の札幌雪祭り、カナダのケベック雪祭り、ノルウェーのオスロ雪祭りと並んで、世界四大氷雪祭と呼ばれています。 1985年1月5日に始まって以来、世界的なイベントになりました。 ここで美しい氷や雪で作った彫刻やお城があり、夜になると、イルミネーションに飾られて、人々の心を引きつけております。 開催式典:2019年1月5日• 開園時間:2018年12月25日~2019年2月5日• 観光案内 -雪の彫刻 太陽島はハルビン市松花江の北側にあり、毎年の12月から翌年の1月にかけて、太陽島観光スポットは国際雪彫刻芸術博覧会のメイン会場となります。 冬の太陽島は雪化粧をした世界となり、雪で作られた人物像や動物像、西洋建築などの作品は生き生きとして、世界各地の観光客の注目を浴びています。 氷雪の世界ー氷の彫刻 太陽島の雪彫刻を見た後、もし時間あれば、太陽島西にあるハルビン氷雪大世界へお越し下さい。 氷雪大世界は1999年に始まり、10数年に渡って成功裏に行い、かけがえのないネームカードとなりました。 ここでは、世界にも知られている建築、クラシックな漫画キャラクターがあるほか、ユーロッパ風情あふれる舞踊、氷上サーカス、室外氷雪ショーなども楽しめます。 そのほか、氷雪城に登り、中国で最も長い氷の滑り台を体験したり、森林小型列車、氷上自転車、雪地カート車、雪地オートバイに乗ったり、スキーをやったりするなど、多くのことを無料で体験できます。 そして、スタッフによって演じられる漫画キャラクターのパレードや王子様とお姫様の氷雪結婚披露宴も楽しめます。 夜になると、灯が色とりどりに灯り、まるで氷雪でできた童話の世界のようです。 上着:ヒートテックの肌着、セーター、アウトドアジャケット、アウトドアダウン• 下着:ヒートテックタイツ、防水防寒ズボン• 靴:滑らない防寒用ブーか毛糸のスカート• そのほか:毛糸の帽子、毛糸の手袋、マフラー、ホッカイロ、イヤーマフラー 注意事項 1:氷雪の会場に長くいると寒いので、厚手の防寒服を着るほか、お湯を入れたポットをご持参ください。 寒くてたまらない時は、部屋に入ってください。 2:厚着のほか、厚い手袋(スキー用の手袋)と耳をカバーする帽子もご持参ください。 そして、靴は必ず底がすべり止めが着いたものです。 3:ハルビンのバスは夜の6、7時に最終便となるので、その時間をよくご確認ください。 遅れるとタクシーはなかなか拾えません。 観光スポット周りの白タクを利用しないでください。 とんでもないお金を取られますから。 4:観光スポット入った後、入場券を捨てないでください。 各種の体験や乗り物に参加する時はまた必要ですから。 そのほか、スキーなどは保証金が必要です。

次の

『ハンパ無い!極寒のハルビン1★太陽島雪祭り(太陽島雪博会)』哈爾濱(中国)の旅行記・ブログ by 熱帯魚さん【フォートラベル】

ハルビン 氷 祭り

中国のハルビン雪祭りは日本の札幌雪祭り、カナダのケベック雪祭り、ノルウェーのオスロ雪祭りと並んで、世界四大氷雪祭と呼ばれています。 1985年1月5日に始まって以来、世界的なイベントになりました。 ここで美しい氷や雪で作った彫刻やお城があり、夜になると、イルミネーションに飾られて、人々の心を引きつけております。 開催式典:2019年1月5日• 開園時間:2018年12月25日~2019年2月5日• 観光案内 -雪の彫刻 太陽島はハルビン市松花江の北側にあり、毎年の12月から翌年の1月にかけて、太陽島観光スポットは国際雪彫刻芸術博覧会のメイン会場となります。 冬の太陽島は雪化粧をした世界となり、雪で作られた人物像や動物像、西洋建築などの作品は生き生きとして、世界各地の観光客の注目を浴びています。 氷雪の世界ー氷の彫刻 太陽島の雪彫刻を見た後、もし時間あれば、太陽島西にあるハルビン氷雪大世界へお越し下さい。 氷雪大世界は1999年に始まり、10数年に渡って成功裏に行い、かけがえのないネームカードとなりました。 ここでは、世界にも知られている建築、クラシックな漫画キャラクターがあるほか、ユーロッパ風情あふれる舞踊、氷上サーカス、室外氷雪ショーなども楽しめます。 そのほか、氷雪城に登り、中国で最も長い氷の滑り台を体験したり、森林小型列車、氷上自転車、雪地カート車、雪地オートバイに乗ったり、スキーをやったりするなど、多くのことを無料で体験できます。 そして、スタッフによって演じられる漫画キャラクターのパレードや王子様とお姫様の氷雪結婚披露宴も楽しめます。 夜になると、灯が色とりどりに灯り、まるで氷雪でできた童話の世界のようです。 上着:ヒートテックの肌着、セーター、アウトドアジャケット、アウトドアダウン• 下着:ヒートテックタイツ、防水防寒ズボン• 靴:滑らない防寒用ブーか毛糸のスカート• そのほか:毛糸の帽子、毛糸の手袋、マフラー、ホッカイロ、イヤーマフラー 注意事項 1:氷雪の会場に長くいると寒いので、厚手の防寒服を着るほか、お湯を入れたポットをご持参ください。 寒くてたまらない時は、部屋に入ってください。 2:厚着のほか、厚い手袋(スキー用の手袋)と耳をカバーする帽子もご持参ください。 そして、靴は必ず底がすべり止めが着いたものです。 3:ハルビンのバスは夜の6、7時に最終便となるので、その時間をよくご確認ください。 遅れるとタクシーはなかなか拾えません。 観光スポット周りの白タクを利用しないでください。 とんでもないお金を取られますから。 4:観光スポット入った後、入場券を捨てないでください。 各種の体験や乗り物に参加する時はまた必要ですから。 そのほか、スキーなどは保証金が必要です。

次の

巨大な彫刻や氷の壁:ハルビン恒例の氷雪祭

ハルビン 氷 祭り

こんにちは、ハルです。 先日、ハルビン旅行へ行きました。 今回はハルビン旅行のお目当て、 氷雪祭りについてです。 氷雪祭り(冰雪大世界) アクセス 市内から会場まではバスで行きました。 聖ソフィア大聖堂のある通りから 47番バスに乗って、30分ほどで到着です。 1乗車1元(北京のバスは1乗車2元です。 やっぱり北京より物価が安いんですね。 ) 帰りはタクシーで帰りました。 45元。 入場料 一般300元、学生200元です。 ちょっと高いけどしょうがない。 学生の方は顔写真付きの学生証を忘れずに。 日本のものでも大丈夫です。 (私の中国の大学の学生カードは写真がありませんが、パスポートも見せて名前が同じであることを確認できたのでオッケーでした。 ) チケットは事前にネットで買うこともできますが、早く行けばすぐに買えます。 4時には暗くなるので、混雑を避けるため3時過ぎに市内を出発すると良いと思います。 (夜行く場合) 圧巻!!! 足がない私。 おお~ このタワー、登れるんです。 上から見た景色 中国らしいものも。 北京の天壇かな? 故宮? こちらは国際氷彫刻大会の作品が展示してあるエリアです。 残念ながら日本人の作品はありませんでしたが。 2月になると溶けてきてしまうので、1月がおすすめです。 アトラクションもいろいろありました。 スライダー、スケート、ソリなど。 6D映画と書いてありました。 寒い中並びたくないので入っていません。 レリゴー~ ペンギンもいます。 (中に入るのは有料) ケンタッキー。 敷地内にいくつか食べる場所がありますが、とんでもなく高い! 持参するか、早めに帰って食べることをおすすめします。 寒いので入って注文せず休んでいました。 死んじゃうもん(発熱した)。 ・まつ毛が涙で凍る たぶん長いこと目を閉じると開かなくなります。 帽子からはみ出た前髪も凍ります。 ・口呼吸推奨 鼻から思いっきり息を吸うのは危なそう。 ・息が煙みたい 北京でも息は白いですが、煙みたいにモクモクです。 自動車もモクモク。 濡れたタオル振ってみたかった~忘れた~ 寒さ対策 着れるもの全部着ました(笑) おかげで1泊なのに大荷物ですが、生き抜くためです。 真顔 上 ・ヒートテック ・裏起毛ヒートテック ・長袖Tシャツ ・薄めのタートルネック ・ニット ・タートルネックセーター ・コート 登山用みたいなやつ ・裾が長いダウン 11月に中国で購入。 ハルビン行くことを見越して中にたくさん着られる袖が太いものを買いました 下 ・裏起毛タイツ ・ズボン ・あったかいズボン 足 ・タイツの上から靴下 ・足の裏に貼るカイロ ・ 靴下もう一枚 ・ブーツ(滑ってかなり危ないので、滑り難いブーツがいいです。 ) その他 ・手袋2重 ・マフラー ・帽子 ・帽子の上から耳あて ・マスク 濡れてきたら交換 ・ポケットにカイロ という感じです。 外に出る時以外 ゲストハウス、移動の列車内 は暖かいので着替えが面倒ですが仕方がないですね。 普通のサイズのリュック1つで行くつもりが、結局バックパックいっぱいの荷物になりました。 カメラ・スマホ 寒すぎて電池がすぐなくなると聞いていたのですが、意外と大丈夫でした。 でもカイロを用意するなど対策するに越したことはないと思います。 スマホにタオルを巻いている人もいました。 寒すぎて長時間は手袋を外せないので、スマホカメラはおすすめしません。 ) ミラーレス一眼を持って行ったので綺麗に撮れましたし、手袋をしたままシャッターが切れるので良かったです。 ただ寒いところから温かい部屋に入ると、温度差でカメラにも水滴がつくので要注意です。 まとめ とってもとっても寒いですが、氷雪祭りは行く価値ありです! ハルビンは冬の観光客が一番多いというのも頷けます。 寒さ対策をしっかりして行ってくださいね! 私は旅行中にひいた風邪が治らず、帰ってから3日間ほどベッドの上です…🤒🤧😷 chunhua1223.

次の