それでも 歩む は 寄せ て くる。 それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラックス)

それでも歩は寄せてくる

それでも 歩む は 寄せ て くる

夜中にうっかりこの本を買ってしまい、大変な目にあいました。 寝入るまでの時間つぶしのつもりでしたが、何度も見返して朝になってしまいました。 先輩の駒の持ち方いいなあとか、不意をつかれてビックリしている顔がいいなあとか、一々考えさせられて迷惑しました。 可愛いさが渋滞しています。 また、掛け合いのテンポがあまりに心地よく、青春時代を思い出すなどして精神的にもつらいです。 明日は大切な会議があるのに、どうしてくれるんですか。 よくよく考えてみれば、「高木さん」シリーズにも、電車の中でニヤニヤさせられる等の被害を受けています。 本書の著者には、すみやかに次巻に取り組んでいただき、反省の意を示していただきたいと思います。 部員二人だけの将棋部、生真面目な一年男子と先輩である二年女子のほのぼの将棋ラブコメ。 先輩の八乙女うるしにいつか将棋で勝ったら告白しようと決めている田中歩、だがその実力差は 未だ遠く。 そんな彼の気持ちを薄々知っているうるしは彼に普通に告白させようと絡むのだが…。 1話が6ページのショートストーリー、14話。 登場人物はほぼ二人だけ、テンポよく繰り広げ られる恋の駆け引きは、しかしいつも歩の真面目ぶりに仕掛けたうるし側が予想外のカウンター 食らうような展開。 「からかい下手な八乙女さん」のドギマギぶりを愛でる作品。 各話の最後にはちゃんと棋譜も付く(たまに将棋対戦がない回もあり)など、将棋要素も結構 本格的。 部員を増やして正式な「部」にしたいうるしとそれでは二人きりではなくなってしまうので 内心面白くない歩、という葛藤もあり、迫る歩と捌くうるし、二人の距離がどうなっていくのか 次巻も楽しみです。 『くノ一ツバキ』の方は星1つ減らしちゃったからこちらはおまけ気味の星5で(笑)。 毎回おなじようなシチュエーションの繰り返しなのでマンネリに陥りそうなところを微妙にアプローチを変えながら退屈させずに読ませる辺りはこういうの描かせるとやっぱり上手いですね。 ひとつの話のページ数が少ないので軽いノリでさくさくと読めるところも良い。 雑誌で一回だけ読んだ時は余り良い印象なかったけどこうして読んだら普通に面白い。 結局は高木さんと同じような漫画だと言うのは容易いですがべつに面白いからいいんじゃないでしょうか。 後輩の歩君が先輩の事を好きなのかどうかぼかさずに第1話でさっさと心象を書いて好きなんだとばらしてしまうところがいかにもこの作者だなあという感じ笑。 最初から両思いであとは告白するだけ、の状態だから長く続けるような漫画じゃないとは思いますので読者がマンネリと感じる前にスッキリ終わらせて欲しいですね。 難点は内容の割に値段が高い事かな。 普通のマガジンコミックスで出して価格も抑えめになってれば良かった。

次の

からかい上手の高木さんの作者さん、まさかのマガジンで新連載www【それでも歩は寄せてくる】

それでも 歩む は 寄せ て くる

夜中にうっかりこの本を買ってしまい、大変な目にあいました。 寝入るまでの時間つぶしのつもりでしたが、何度も見返して朝になってしまいました。 先輩の駒の持ち方いいなあとか、不意をつかれてビックリしている顔がいいなあとか、一々考えさせられて迷惑しました。 可愛いさが渋滞しています。 また、掛け合いのテンポがあまりに心地よく、青春時代を思い出すなどして精神的にもつらいです。 明日は大切な会議があるのに、どうしてくれるんですか。 よくよく考えてみれば、「高木さん」シリーズにも、電車の中でニヤニヤさせられる等の被害を受けています。 本書の著者には、すみやかに次巻に取り組んでいただき、反省の意を示していただきたいと思います。 部員二人だけの将棋部、生真面目な一年男子と先輩である二年女子のほのぼの将棋ラブコメ。 先輩の八乙女うるしにいつか将棋で勝ったら告白しようと決めている田中歩、だがその実力差は 未だ遠く。 そんな彼の気持ちを薄々知っているうるしは彼に普通に告白させようと絡むのだが…。 1話が6ページのショートストーリー、14話。 登場人物はほぼ二人だけ、テンポよく繰り広げ られる恋の駆け引きは、しかしいつも歩の真面目ぶりに仕掛けたうるし側が予想外のカウンター 食らうような展開。 「からかい下手な八乙女さん」のドギマギぶりを愛でる作品。 各話の最後にはちゃんと棋譜も付く(たまに将棋対戦がない回もあり)など、将棋要素も結構 本格的。 部員を増やして正式な「部」にしたいうるしとそれでは二人きりではなくなってしまうので 内心面白くない歩、という葛藤もあり、迫る歩と捌くうるし、二人の距離がどうなっていくのか 次巻も楽しみです。 『くノ一ツバキ』の方は星1つ減らしちゃったからこちらはおまけ気味の星5で(笑)。 毎回おなじようなシチュエーションの繰り返しなのでマンネリに陥りそうなところを微妙にアプローチを変えながら退屈させずに読ませる辺りはこういうの描かせるとやっぱり上手いですね。 ひとつの話のページ数が少ないので軽いノリでさくさくと読めるところも良い。 雑誌で一回だけ読んだ時は余り良い印象なかったけどこうして読んだら普通に面白い。 結局は高木さんと同じような漫画だと言うのは容易いですがべつに面白いからいいんじゃないでしょうか。 後輩の歩君が先輩の事を好きなのかどうかぼかさずに第1話でさっさと心象を書いて好きなんだとばらしてしまうところがいかにもこの作者だなあという感じ笑。 最初から両思いであとは告白するだけ、の状態だから長く続けるような漫画じゃないとは思いますので読者がマンネリと感じる前にスッキリ終わらせて欲しいですね。 難点は内容の割に値段が高い事かな。 普通のマガジンコミックスで出して価格も抑えめになってれば良かった。

次の

それでも歩は寄せてくる

それでも 歩む は 寄せ て くる

前の巻でも書いた気がするが高木さんは飽きてしまったのである。 これはそっちのレビューで大なり小なりマンネリという意見が見られるので必ずしも自分だけという訳ではないだろう。 マンネリになる理由ははっきりしていて、1巻の時点で高木さんが西片のことが好きだと読者にばらすからである。 「高木さんは自分が好きでからかっているのか、ただ単にからかっているのか」を曖昧にしたほうが話が引っ張れる筈だ。 ギャルゲーで言うと、プレイ開始時で既に女子の好感度がマックスになっており、最初に告白すれば即クリアになるという段階なのだ。 その状況から告白までを牛歩的に引っ張っているのである。 マンネリのリスクは最初からあったのである。 おまけに元高木さんのせいで、クリア前からエンディングまで観させられ済みなのである。 この漫画は、同様に歩がうるしのことを好きだと連載開始直後に速攻で読者にばらすので、相変わらずだなあ、と少し苦笑したものである。 しかし本作は今の所マンネリにはならなそうである。 高木さんの西片は告白どころか、未だに高木さんをからかってやるぞ等と言っているので、恋が本格化しそうな予感もないが、本作は勝てば告白する、という設定なので、2人の恋に向けた距離感が近い為、より相手を恋愛対象として意識しているというイチャラブ感が強めであるのでそれが楽しい。 あとはまあ、感情を顔に出しまくるうるしの方が高木さんより可愛いし、無表情のくせに不器用な歩のほうが西片より好感が持てるという、個人的な趣味でこっちの2人のほうが好きだなあ、と思うからなのだが。 それと「元高木さん」はやっぱり失敗だと思う。 2人の将来がニートもどきの夫婦なのかあ…って感じだし、娘が成長するとクラスメイトの男子から逆にからかわれるようになるというのも、作品世界が作り物っぽくていまいち。 コンテンツとして横に広げたのが失敗だったのではないか。 作者の想定より売れすぎたせいかもしれないが。 勇気がなくてクリスマスにデートに誘えない歩がそれがとっくに過ぎた初詣にてそれを告げると、もう過ぎてると文句を言いつつ、じゃあ今年のクリスマスを明けとく…ここまでくるともう付き合っているのではないか。 これが描かれるのが何時になるのかわからないが、本作でも相変わらず牛歩的に両想いの2人の関係を描き続ける作者の変わらないスタンスはある意味で潔い。 世間がどう言おうが自分はこういうのが好きなんだという作者のパッションが、登場人物に生命を吹き込んでいるようである。 本作にもいずれは飽きてしまうのかも知れないが、現状そうなりそうな気配は無い。 まあ兎に角可愛い。 今のところはずっと2人のやり取りを眺めていたい気分だ。 当分は楽しませてくれるだろうし、高木さんのように横に広げなくてもいいから、願わくばその前に2人の恋が成就してほしいものである。 ひとつだけ言うと、図書委員の2人は居なくてもいいような気がするな。 作者の「おだいばこ」という素晴らしいものを見ていて思ったのだが、何々な女の子、という「お題」をこの作者なら全部連載漫画に広げられそうな気がしたのだ。 この2人も、その気になれば彼らだけで連載できるだろう。 だから、この漫画は、うるしと歩、あとはこの2人を応援するマキだけでも良いんじゃないかなと思うのだけど。 2学期の終業式の日、お正月、バレンタインデーがあり、冬の話ですが、途中で初冬の話に戻ったりして、時系列では並んでいません。 初詣や恋人イベント多数です。 うるしも歩も、もう互いへの好意自体を隠すことはないので、恋愛初期のドキドキ感は過ぎましたが、照れ臭かったり、自分の意図が間違って伝わって相手に変に思われないよう過度に緊張するといった「モジモジ感」「切羽詰まった感」がmaxです。 微笑ましさとじれったさを素晴らしく楽しめます。 うるし先輩の自慢げな顔、やさぐれた顔、憤った顔、驚いた顔、照れた顔、困った顔、不意を突かれた顔、呆れた顔、詰まった顔、うれしさが飛び出してくる顔、満足げな顔、平静を装う顔、明るい笑顔、後悔する顔、じらす顔、誘う顔、笑いをこらえる顔、・・・。 心を隠せない素直なうるしの百面相の可愛らしさがこのシリーズの中心。 特にこの第4巻はお見事。 でも、ニコニコしているうるしが多いな。 これが読者を安心させ、和ませてくれる基盤ですね。 もちろん、平静な顔して実は心の中は右往左往している歩も面白いです。 タケルと桜子のラブラブなバレンタインデーも読んでいて息するのを忘れるぐらい強烈可愛い。 それにしてもお好み焼きが食べたい。 理由は第53局を見てください。 おまけまんがはうるしと歩のバレンタインデー別バージョン。 これも良い! ピュアなラブラブがハイレベルで維持されるのを見ていられるので、読んでいる側の心もずっと温かいままです。 年末からクリスマスを飛び越えて初詣、そしてVDに試験勉強…そんな日常行事を絡めながら 今回も描かれる、うるしと歩の恋の指し合い。 相変わらず二人の不慣れなつきあいぶり、先輩と してリードしようとしながら自爆赤面「んぁ」するうるしが可愛らしくて読んでいる方も身悶えし そうです(笑)。 歩がうるしの手を握ったり肩を揉んだりするちょっとした触れ合いでもドキドキ物。 マキやタケル&桜子の脇役も良いアシストになっています。 その一方で将棋のことになると本気になるうるしを描くことで将棋マンガとしての側面もきっちり 保っており、今回は特にうるしの将棋の師匠は祖父、という彼女の一面が見られたのも面白い。 いつか過去話でロリうるしが出てくるかもしれません、今でも小さいですけど(笑)。 次巻も大いに期待。 ついに六枚落ちでは歩に勝てなくなったうるし。 でも四枚落ちならまだまだいける、ということは 二人の棋力差は段級でまだ8ぐらい離れているのか。 この巻までは、歩の入部後の冬までの1年弱ということで、時間軸を変にいじることなく通常の時間概念で進行していると思います。 次巻でストーリー通りに時間が進行して次の学年に進むのかが気になるところですね。 同じ作風で連載している「高木さん」の方は、時間軸を滅茶苦茶にすることで不思議な世界観を演出しているのかと思いきや、単に無期限長期連載のための策という疑いが強いので、こちらの作品がどうなるのかは注目です。 「高木さん」の方は、7巻で「次回で最終回にするしかない」的な終わり方をして、8巻はまるまるエンディングかと期待させておきながら、8巻に入ると、時間をすっ飛ばして何事もなかったことにして連載続行しています。 それに対してこちらの作品は、将棋の内容も少しづつディープにしながらちゃんと前進しているように、ここまでは感じられます。 将棋が好きな人でなくても単にドラマとして楽しめるラインは守っているし、次巻で世界観が崩壊しなければ、エンディングまで、あるべき形で、あるべき連載期間で進行できると思います。 本当に「次巻次第」です。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. filter A ;a. length! a return! type? target. parentElement:a. target;if! hasAttributes! attributes return! 1;Object. keys c. attributes[a]? attributes[a]. value:""; c[a] "". a return! extractStringValue a. nodeName "". extractStringValue a. type "". extractStringValue a. href "". extractStringValue a. id "". split " " ; if -1! indexOf "http" -1! indexOf a return! count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. violations",h ;ue. count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. addEventListener "mousedown",w,! 0 ,b. addEventListener "beforeunload",l,! 0 ,b. addEventListener "visibilitychange",l,! 0 ,b. addEventListener "pagehide",l,! 0 ;b. 0,attributes:! 0,characterData:! 0,subtree:! errorHandlers e. errorHandlers. getElementsByTagName "html" [0]. substr 0,b. split String. max b. slice d,b. length-1 ;a. length? length? errorHandlers a. errorHandlers. com? count "WeblabTriggerThresholdReached",1 ,b. error "Number of max call reached. 2E3.

次の