引っ越し アルバイト。 引っ越し屋バイトは稼げる?オススメ引っ越し業者まとめてみた

「引っ越しバイト」の仕事内容と評判は?時給、時間、体験談あり

引っ越し アルバイト

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。 アルバイトといっても、その職種は様々ですよね。 だからこそ、どんなバイトをしようかと迷うこともあると思いますが バイトを選ぶ基準のひとつに『時給』があります。 同じ時間働くのであれば少しでも高い時給で働きたいと思うからこそ、高い時給のアルバイトを探します。 引っ越しバイトも高い時給のアルバイトのひとつで、特に短期間でたくさん稼ぎたいという人が応募することが多いです。 実際、引っ越しバイトの時給はどれくらいでしょうか? また時給が高い会社や1日どれくらい働けるかについてもご紹介します。 [ad ] 引っ越しバイトの平均的な時給は? 引っ越しバイトといっても、大手から中小の引っ越し会社まで様々ありすべてが同じ時給ではありません。 求人サイトに掲載されている様々な引っ越し会社の時給を平均すると、 900~1500円になります。 平均の額にかなり差がありますが、この差が出てくるポイントがいくつかあります。 まずは、 勤務地域による違いです。 東京との最低賃金と、地方の最低賃金が違うようにそれぞれの地域には最低賃金と言われる、働くうえで最低限保障されている時給があります。 その最低賃金の額によって、同じ引っ越し会社だとしても時給がかわることがあるのです。 例えば、東京だと時給が1000円~1500円ほどに設定されています。 これは東京の最低賃金が907円(平成27年10月発効)であることにあります。 一方、地方の中でも本州最北端の青森県では引っ越しバイトの時給も800~900円ぐらいであることがほとんどです。 これは、青森県の最低賃金が695円(平成27年10月発効)であるからなのです。 つまり、その地域の最低賃金によって同じ引っ越し会社だとしても時給に差が出てきてしまうことがあるのです。 また、同じ地域だとしても時給に違いが出てくることがあります。 それが、 アルバイトに応募する時期です。 引越しには繁忙期と閑散期があります。 引越しをする人が集中する3~4月は繁忙期となるため、必然的に働く人手が必要になってくるわけです。 ですが、 人を集めたくても普通の時給ではなかなか人が集まらないので時給を高くすることで人を集めるようにしているわけなのです。 そのため、繁忙期の3~4月前の引っ越しバイトの募集は時給が高くなることが多いですよ。 また、条件として日払いでお給料を支払うという条件のところもありますよ。 引っ越しバイトでより高い時給で働きたい、という場合には3~4月に集中して働くのがおすすめですよ。 時給の高いバイトが出来る引っ越し会社は? 勤務地域やバイトに応募する時期によって、引っ越しバイトの時給がかわるということはさきほどご紹介しました。 多少変動があったとしても、引っ越し会社の中でも特に引っ越しバイトの時給が高い会社はあるのでしょうか? 今回は大手の引越し業者を比較してみました。 大手の中でも、 アリさんマークの引越社とクロネコヤマト引越センターは時給が他の業者よりも高いです。 他の大手は、1000~1200円ぐらいの時給が平均でしたが アリさんマークの引越社とクロネコヤマト引越センターに関しては1200~1400円と時給が他よりも高いです。 もちろん、先述の通り勤務地や応募する時期によって時給は前後しますがその2社が他の大手の引越し業者の中では時給が高いですよ。 中小引越し業者になると、場合によっては大手よりも時給が高い場合があります。 ですが、必ずしもそれがいいわけではなく 大手よりも過酷な状況下で働かなければいけないことも多く、荷物を破損した場合の保障などを自腹でしなければいけないということもあるようです。 そういう点では、やはり大手の引越し業者の方が働く上では安心できると思いますよ。 地域密着型の引っ越し業者の内、大阪の業者について次の記事でご紹介しています。 大阪でお仕事を考えている場合にはチェックしてみてくださいね。 [ad ] 引っ越しバイトの労働時間は?残業で時給はかわる? 引っ越しバイトの時給とともに知りたいのが、1日どれくらいの時間働くのかということ。 もちろん、その会社によって時間はかわりますが基本は 1日8時間労働というのが基本です。 引っ越しバイトは1日作業をすることがほとんどなので、時給ではなく日給での給料の提示をしているところもありますが基本的には1日の労働時間は8時間となります。 ただし、これは基本であり 8時間でないこともしばしばあるのが引っ越しバイトです。 引越しの特に忙しい時期には、1日引越しを2回することがほとんど。 朝荷物をトラックへ載せて新居へ荷運びをし、そのあともう一度同じ作業をします。 8時間内に終われば終わりますが、 残業になることが多いのも引っ越しバイトの特徴ともいえます。 実際、引っ越しバイトの体験談などでは10~12時間労働になることもあったというものもありました。 時給の場合は、8時間など既定の時間をこえた時には時給が数パーセントアップしてもらえるというところもあります。 日給の場合も、既定の時間をこえての残業があった場合には別途残業代が支給されますよ。 ただし 、残業のお給料に関しては会社によるところもあるようです。 大手の引越し業者であれば、労働賃金に対してしっかりしているので残業代がしっかりでます。 でも、中小引越し業者などの場合には残業も日給に含まれてしまうようなブラックな企業もあるようですよ。 引っ越しバイトが決まった時には、あらかじめ残業代に関してしっかりと採用担当者に聞いて明確にしておくことも大切ですよ。 [ad ].

次の

引っ越しの梱包作業の仕事をもうやりたくない理由SK(32歳女性)【人材派遣登録KING】

引っ越し アルバイト

サカイでアルバイトを考えてる皆さん、ぶっちゃけここの口コミは本当半分嘘半分位です。 作業着代が高い 確かに基本作業着は購入ですし、決して安い物ではありません。 しかしそれを高いと言うのも可笑しな話です。 ぶっちゃけ引越しでバイトする人の理由の大半は給料が良くて、日払いがあるからだと思ってます。 作業着の購入位で文句を言うのなら、賃金の安い制服支給のバイトをしてれば良いと思います 2,社員や先輩に暴言、罵倒された これは働く支社によって様々な人がいるのでなんとも言えません 3,煙草の件 サカイでは2月から全車禁煙になりました いまだに守ってない人もいますが、自動喫煙防止法の関係上これから煙草に関してはかなり厳しくなると思います 最後に ここまで長々書いてきましたが、お客様から見たらベテランも新人も関係無く引越しのプロとして見られます その事を頭に入れて、これからも皆さん頑張って下さい 友達と一緒に梱包スタッフのバイトに応募しました。 当初は面接日が同じでしたが前日になって突然、電話で相手側の都合で片方の面接日をずらして欲しい言われました。 その件に関しては仕方がないことだと思い特に不満がある訳ではなかったのですが、後日お互いの面接の話をしていた時に内容に差があり、不安に感じました。 2人とも面接受付シートのようなもの書くところまでは同じなのですが、私の場合はこの後にビデオ視聴、勤務期間についてや持ち物の確認。 シフトは自己申告で自由のはずが指定されました。 一方友達は、ビデオ視聴がなく勤務期間や持ち物について話されたあと、電話番号の登録をその場で行い、LINEのグループに招待され、このグループから自分の都合に合わせてシフトを入れるという説明があったそうです。 さらに後から一緒に応募した友達から教えて貰ったのですが、私は面接の際出勤可能時間を聞かれ8:00までには行けますと言ったのにも関わらず出勤時間を7:30にされていました。 この連絡は私の入っていないLINEグループに送られており、名前も間違われていました。 この事から全ての支店で言えることではありませんが、管理体制が悪いと感じています。 シフトに関しては募集の内容と異なり非常に遺憾です。 初バイトで選んでしまったことをとても後悔しています。 1ヶ月短期バイトしましたがまず一言。 自分の働いた支社では若い社員は年上のバイトに対してタメ口、それだけならまだいいが、仕事は最初から出来て当然的な扱い。 ラッシング 荷物を帯でトラックに固定する作業 などに使われる帯の緩め方を聞いてもため息の後どいて、と言われやり方は教えてもらえず、その他の初作業についても終始そんな感じ。 そのくせ話きいてんの?的な言い方とかされまくり、仕事中のイライラを投げつけてくる始末。 マジでキレそうになりました。 内心お前ら偉そうに指図してくんな、こんなだれでもできる内容教えてさえもらえりゃ誰でもできる、バイトだけの方がいい雰囲気で効率よくこなせるわって思って仕事してましたww 年配の社員さんは事務所勤務の管理職の人以外いません、まあ理由は人間関係と仕事のキツさからでしょう。 仕事についてはやはり部活や趣味で相当筋力と持久力を鍛えてる方でないと足でまとい扱いされるでしょう。 冷蔵庫、洗濯機1人で持って当たり前、その前後に1つ20kgはあるダンボール2箱ずつを15セット計30箱くらいを持って、さらにはタンスやら椅子などの家具を持ち2〜5階の階段をひたすら往復出来なきゃため息つかれる。 しかもそれを1日に5家庭分とかこなさなきゃならずそのツラさはやってみなければ分からないと思いますw疲れたような、重そうな仕草しただけで、そこ置いとけと吐き捨てられるw自分も中、高校野球経験者ですがマジでキツいと感じました。 古い団地や宿舎は5階建てだろうとエレベーターはなく全て手作業で大量の荷物を上げなければならず、自分の場合3階までの階段でさえあんなに辛く長いものに感じるとは想像すらしなかったですねw でもやっぱり仕事内容よりもゴミ社員との人間関係のが苦痛で仕方なかったです。 高校卒業してすぐ福岡の支社さんに雇ってもらい1年とちょっとお世話になっています。 たまたまここの口コミサイトを見て面白かったので書いてみようと思いました。 まず「1日で辞めた人」と「長続きする人」が完全に二極化していて興味深いです。 「1日で辞める人」に共通するのが、罵倒された、というのが多い気がします。 要点を言うと罵倒はされます。 必ずと言っていいほどされると思います。 それは社員も聖人君子ではないし、職業柄どうしてもキツい現場に出会って疲労が重なりイライラしてしまうこともあるから仕方ないなとは思います。 人間はどうしてもイライラしてしまうと口調がきつくなるもんだとも思います。 ただサカイでバイトしよう!と決めたら初日の態度でほぼ全てが決まると個人的に思ってます。 初出勤の日なんて何も出来ないで当然です。 でも礼節をわきまえて社員から指示されたことを全力でやっていればちゃんと認めてくれる会社です。 ちょっと具体例をあげます。 お客様のお荷物を運んでいる時は走れとは言いませんが、それ以外の時は走ってテキパキ行動した方がいいです。 私も毎週末、学校が休みの日しか出勤していませんが大学新卒の人位の給料は貰えます。 土地勘も付きますし、ひたすらトラックに乗ってるので車両運行上の安全意識もそれなりに鍛えられると思います。 向上心たっぷりの人や負けん気が強いひとは本当におすすめのバイトです。 五階階段の現場終わった後に飲むコーラはクソ美味いです。 個人差がありますが。 大変楽な現場もありますが鬼のように条件の悪い現場もあります。 「あの現場はほんとにきつかったね~」なんて先輩とする話も楽しいです。 制服が高すぎる。 ありえない。 なんて言わないでください。 1ヶ月も来ればお客様から頂いた御祝儀で相殺できます。 面接のハードルはかなり低く、「明日から来れる?」なんて言われるラフな感じなのですが、それも一日で辞める人が多い原因なのかもしれませんね、、、 中高時代、かなり強豪の運動部に在籍していたなどという人はこの仕事、ビンゴかも知れません。 あのきついけどその中にありえん達成感が潜む感覚に似てると思います。 煙草の副流煙も無理な人は絶対来ない方がいいです 最悪過ぎた。 1、社員の態度が悪すぎる。 初日の朝礼から暴力の話をしていた。 仕事は教えない。 常に命令口調。 初日から一挙手一投足に文句を言われる。 2、制服が高い。 ペラペラな作業着3枚とズボン1枚とベルトで日給が飛ぶ。 3、働かせてもらってるんだからといって朝早く出てきて掃除をするように言われた。 時給は発生しない。 4、初日に仕事の感想文を書かされた。 その時間も時給は発生しない。 5、これは完全に主観だが、書いた感想文を提出した幹部らしき人が怖かった。 私は身内に関西人が多いが、あんな威圧的な関西弁は聞いたことがない。 大阪の会社だから普通なのかな? 以上の理由で退職した。 このような会社が存在しているんだという社会勉強にはなったが、これからアルバイトを探している方にはお勧めしない。 体力的にはついていけると思うが、人間関係や精神的な面で無理を感じる場面が多くなると思われる。 タイトルからすると警察沙汰みたいですが、個人的にやばいな、と思ったので書きます。 大学新1年の短期契約 まず、給料に関してです。 私のところでは、日給9000円〜という感じだったんですけど、実際に振り込まれていたのは7830円くらい。 7時半出勤で定時が16時半ですから、9時間働いていますよね。 そこから休憩1時間引いても8時間あるはずです。 しかし、実際は7時間分しか働いたことになっていませんでした。 これが私が個人的にやばいと思ったことです。 人間関係は慣れてくると楽しくなってきます。 最初は確かに厳しかったりいろいろありますが、これまた当たり外れあるかと。。。 どうやら社員の人たちは経験じゃなくて、「仕事ができるかどうか」で判断しているようです。 積極的に行動していれば、少しは認めてくれます。 タバコが嫌いな人はまじでやめといてください。 私はそれで死にかけました。 笑 面接の時に、出勤初日を決めます。 後は、前々日くらいに電話をすれば調整してくれるらしいです。 書類に書いてあったそうです。 ドライバーは当日にならないと分かりませんでした。 場所にもよりますが、階段のみの家は辛かったです。 荷詰めが完成してない家とか。 驚きだったのは、女性だけでも家電を運べること。 大抵理不尽な事で怒られます。 理由なんて小さい事です。 気にする方は向いてないかな。 気になっていて制服代を払っても良いと思う方はやってみて損はないかと。 ただ、生傷や痣は出来ます。 数ヶ月前くらいからバイトしてます。 確かに稼ぎは良いですがそれ以上に精神的負担と肉体的負担が尋常じゃないです。 まず、 ・人間性を疑うような糞みたいなドライバーが多い。 ひたすら命令口調で指示してくる。 何かと文句をつけるetc・・あげたらキリがないです。 前にはちょっと荷物を落としてしまって壊れてしまってはないのですが帰れといわれ途中で帰らされたこともあります。 後、ペアになる助手も老害みたいなジジィに当たることもあり、その人と一日仕事をするとなると気が狂うレベル ・辛い日と楽な日が分かれていて辛い日だと雪や雨の降る中、傘もささずに作業したり4階から1階まで荷物を持ちひたすら階段を上り下りしたり。 男で体力に自信がある人などでも相当キツイとおもう。 前には入りたての女の子が階段の上り下りが辛いのか踊り場で泣き出すということもあった。 ・少なからず女性もいるが1個前に書いたとおり男でも辛いので女性となると地獄だと思う。 女性となると少なからず配慮しなければならずあまりに重いものなどは持たせられなかったりして言い方悪いが役に立たないことのほうが多い。 1チーム3人の中で1人が戦力にならないとなると迷惑かかるし。 男性率が多いなかで女性が入ると色眼鏡で見られることも多い。 他にも言いたいことが山ほどあるが書くのも疲れるのでこのくらいにしておく。 とにかく女性と力無い人はやめたほうがいい。 サカイ引越センターでバイトをしてまだ5回ですが、その日一緒にやる人や、その日の荷物の量など、楽な日は楽ですし、きつい日はきついです。 (怖い人と一緒になったらその日1日は地獄確定です。 ) 基本的に現場リーダーの人が家の中に荷物を搬入したり、搬出したりして、何年も勤めているバイトの人がトラックから荷物を下ろしたり、詰め込んだりして、まだ日の浅い私のようなバイトが荷物を運びます。 エレベーター付きのマンションなどは台車に乗せた荷物を運ぶだけなので楽ですが、エレベーターのない団地などはとてもきついです。 家具が多かったり、本が入った段ボールはとても重くて腰を痛めます。 私は初出勤の後、筋肉痛で3日間動けませんでした。 給料は日給11000円(7時15分〜16時15分)で残業代が分単位でしっかり出ます。 20時近くまで働くと17000円くらいになりました。 基本的に16時15分に終わることはないと思います。 はやく終わったら近くの現場に応援に行ったりするので、、、でも残業代が結構大きくて稼げるんです。 (事前に伝えれば定時で帰してくれるらしいです) 最後に、きつい日はきついですが、楽な日は楽です。 その日によります。

次の

アート引越センター アルバイト・パート求人サイト

引っ越し アルバイト

当時20代後半ではあったものの、自宅で腹筋、背筋、腕立て伏せなどのトレーニングも欠かさなかった私としては、引っ越しのアルバイトなど楽勝だとたかをくくっていました。 自宅からバイクで20分ほどのところにある引越センターの求人を、コンビニのアルバイトニュースで見つけて応募したのは3月の終わり。 まさか、それが引っ越し繁忙期真っただ中の地獄のアルバイトになるとは知らずに・・・。 このページでは、サイト管理人がはじめて引っ越しのアルバイトをしたときの実体験をご紹介します。 面接もなくいきなり現場へ 引越センターにアルバイト応募の電話をかけると、『明日から来れるよね?』という簡素なやりとりで即採用されました。 動きやすい運動靴と、持っていれば軍手、作業着は貸与するから普段着で来てくれればと言われ、電話の翌日が初出勤となりました。 『これに着替えて』と出されたのがボロボロの青いツナギ。 洗濯はされているので綺麗なのですが、新人にもかかわらず使い古されたツナギから『ベテランに見える』効果がある模様。 私より少し年下だろうか、その日行動を共にする作業リーダーを紹介され、女性作業員二人と現場に向かうことになりました。 エレベーターがあるはずの現場 その日の現場は私の自宅からもほど近い新築マンション6階への、地方からの引っ越し。 6階以上の建物にはエレベーター設置が義務付けられているので、営業所の所長もほかの作業員もエレベーターがある現場だと思っていました。 なので、重い家具類の設置に男性作業員2名、台車を使って荷物を運ぶのに女性作業員2名という人員構成はいたって無理のない作業になるはずです。 私が初出勤なので、『時間をかけていいから1日かけて終わらせてこい』という配車であったようです。 しかし、その現場には1階部分がなく、実際には5階建てでエレベーターはありませんでした。 作業リーダーがすぐさま営業所に連絡するも、繁忙期であるためすぐには応援も来ないことがわかりました。 荷物の量は10トントラック満載 現場である横浜の新築マンションのわきに停まっていたのは、満載した荷物に幌をかけた九州ナンバーの大型10トントラック。 地方から引越し荷物を積んでくるトラックには、傭車といって荷物を運ぶだけという契約が多く、引越し作業は行わないのが一般的です。 つまり、10トントラック満載の荷物は男性2名、女性2名の計4名の作業員で階段を使って5階まで運ぶことになります。 案の定、九州からやってきた大型トラックの運転手は『次の仕事がある』と、荷物をすべてマンションの下に降ろして帰ってしまいました。 普通ならエレベーターがあっても、4トンクラスの引っ越しで3名~4名の作業員が必要ですから、明らかに作業員の数が足りません。 しかも、当時の私はまったくの素人ですから、ほとんど使い物にならなかったでしょう。 地獄の引っ越し作業 たいていの現場には近くにジュースの自動販売機があったりするものですが、その現場には販売機もコンビニも近くには見当たらず、なんと新築のためか階段下の水道も使えなかったのです。 人生でこの時ほど『水が飲みたい』と思ったことはありません。 朝一番から作業を始めて、何回かは休憩をした記憶がありますが、夜の8時前後にすべての荷物を運び終えるまで一度も水分補給ができませんでした。 当然、食事をとることもできず、運んでも運んでも一向に減らない荷物と格闘しました。 何度も途中で逃げ出そうと思ったぐらいです。 唇は脱水症状でガサガサに、目はうつろに、立っているのがやっとだったことを覚えています。 最後のひとつが運べない 4人の作業員で1日がかりで臨んだ引越しも、あとひとつの荷物を運べば終わるというところにようやくたどり着きました。 最後の荷物というのがエアコンの室外機。 このエアコンの室外機が実は曲者だって知ってますか? エアコンの室外機には重さが40キロを超えるようなものもあり、重心が偏っているため一人で運ぶのに苦労することが多いのです。 しかし、この日の作業リーダー、ひとりで5階まで運んで来いというのです。 『これを運べば終わる』という安堵感からか、逆に体中の力が抜けてしまい、階段を一段上っては休み、階段を一段上っては休みという程度でしか動けなくなってしまいました。 最後には見かねた作業リーダーが代わりに運んでくれましたが、ゴール直前のマラソン選手の気持ちがよくわかりました。 気持ちはあっても疲労で体が動かなくなってしまうんですね。 引っ越しも悪くない アルバイト初日にこんなつらい思いをすれば、普通はやめてしまうかもしれません。 翌日起きた時に、手の指が硬直して開くことができないほどでした。 しかし、「今日の引越しは特別だ。 」という営業所の所長や他の作業員の言葉に翻弄されながら、気が付くと新人を教育する側になっていました。 引越しというのは仲間との共同作業です。 『みんなでひとつのことをやり遂げる』という充実感がたまらなく気持ちのいいものです。 体力的、精神的にとてもきつい仕事ですが、とてもやりがいのある仕事です。 体力を持て余している若い方にぜひ挑戦していただきたいと願っています。 以上、『はじめての引っ越しアルバイト|現場は大型トラック満載の階段5階』を最後までお読みいただきありがとうございました。 このページが役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!.

次の