デッド ゾーン デッキ。 【レッドゾーン】

【CSダイアリーblog】新環境対応 赤黒デッドゾーン解説【デュエルマスターズ】

デッド ゾーン デッキ

最近 ボーンおどり2枚でCS入賞したのあったんですが、あれはあれで受け強そうだなと思いました。 受け特化するなら減らしても良い時代だということは学んだんですが初動に安定感求めるなら8枚ほしいですね。 因みにチェンジザダンテ相手に最速で投げる場合はデッドゾーン+ブラックアウトor除去呪文(魔朗orデーモンハンド)抱えてるとき限定にしないとバイケン+ミラダンテxiiで報復食らいます。 気を付けて打ちましょう。 要はポクチンちんのパワーが3000なんで焼きながら他1体焼けるんですね。 墓地回収がヤバイ。 入れるなら体感3枚以上ほしいカードです。 相手ターン中にドルマゲドンの封印剥がせるのはかなり美味しい。 これ800円って本当に信じられない。 不用意に手札から切らないようにしよう。 閣下で回収できます。 いうことないです。 特にいうことはありません。 レッドゾーンX1 ジョーカーズやジョッキーなどのコマンド無し種族デッキに突き刺さります。 感覚としては赤マナ補充とデッドゾーン5枚目。 追記:デッキ使用者えーじさんはカードショップHEROという店の経営者さんです。 申し込みできます。 この機会に是非。

次の

CSダイアリーblog 赤黒デッドゾーン【デュエルマスターズ】

デッド ゾーン デッキ

「メタビート」というデッキタイプはいつの時代も存在してきた。 古くは 「黒緑墓地進化速攻」。 最近のメタビートといえば 「赤白レッドゾーン」だろうか。 環境デッキへの回答として存在意義を見出すメタビートは、環境があれば存在するデッキ。 故にいつだって存在するのだ。 そんなメタビートだが最近は息を潜めているように感じる。 ご存知環境トップデッキ 「ドッカンデイヤー」は並のメタなら簡単に踏み越えて自分の動きを通してしまう。 驚くべき柔軟性というか、驚くべきGRの強さというか。 溢れる愚痴は数知れず。 しかし、だ。 踏み越えられにくいメタを多用する「メタビート」が作れるならばどうだろうか。 環境で使われる除去札に広く対応出来るような構築が出来るとするならば、メタビートは環境トップを脅かすことが出来るのか。 そう自分に問いかけ、現環境で通用するメタビートを考えてみた。 所謂「白緑デッドゾーン」。 《リツイーギョ #桜 #満開》や《正義の煌き オーリリア》は強力なメタ能力を持ちながら、高水準のパワーを持ち、メタクリーチャーの除去に使われる《絶望と反魂と滅殺の決断》や《九番目の旧王》で除去されづらい。 《リツイーギョ #桜 #満開》は、元のパワーが3000で自分のターンならば《九番目の旧王》の全体パワーマイナスで除去されてしまうが、それを助けるのがこのデッキのメインの攻め札 《超次元パワード・ホール》だ。 これで《リツイーギョ #桜 #満開》のパワーが4000となるため、《九番目の旧王》の全体パワーマイナス圏外となるわけだ。 《超次元パワード・ホール》はまさにこのGR環境に突き刺さるメタカードというわけだ。 アタックは《S級不死 デッドゾーン》や《SSS級天災 デッドダムド》を中心に殴るため、同時に除去も行える。 恐ろしいくらい手札消費が激しいので、強さを引き出すには、然るべきタイミングで手札を吐き出す判断力が大事なデッキだ。 さて今回もオリジナルデッキ販売コーナーにこのデッキを置いておくとする。 そこそこ値段のするカードもいくつか入っているのでお買い得ではないだろうか。 得体のしれないデッキだが、使って見る価値はあると思うぞ? さて今回はここまで。 ばーい。 byレッドゾーンが勝てるならデッドゾーンも勝てるだろという思いでこのデッキを作ったスタッフ アサイシ.

次の

【デュエマ】現環境対応メタビート!白緑デッドゾーン!【デッキ紹介】 / デュエマ仙台店の店舗ブログ

デッド ゾーン デッキ

はじめに 【アナカラーデッドダムド】。 もしくは単に【デッドダムド】とも呼びます。 2019年夏、メインカードの収録されたクロニクルデッキ発売からあっという間に勢力を広げ、数多くの大会で結果を出した極めて強力なデッキです。 全盛期には大会に出れば当たらないことはまずなく、ある週の上位入賞の約半分をこのデッキタイプが占めるなど、一大勢力を築いていました。 現在では殿堂入りや相性の悪いデッキの増加によりその数を減らしましたが、その圧倒的な除去性能と粘り強さ、カスタマイズ性は今でも屈指のものです。 一時代を築いたこのデッキを理解することは、現在のデュエルマスターズを知る上で必ず役に立ちます。 詳しく説明していくので、ぜひお読みください。 【デッドダムド】とは そもそも【デッドダムド】とはどのようなデッキなのでしょうか? 基礎的なことではありますが、押さえておきましょう。 このデッキは、コントロール色の強い水、自然、闇の3文明で構築されます(この組み合わせをアナカラーと呼びます)。 マナゾーンから現れマッハファイターを持つ 《虹速 ザ・ヴェルデ》とあらゆる除去を使い分ける 《SSS級天災 デッドダムド》の組み合わせは、デュエルマスターズの長い歴史でもトップレベルの盤面制圧力を持ちます。 スピードアタッカーなどに対しては、相手の動きを強烈に縛る 《無修羅デジルムカデ》や、 《テック団の波壊Go! 》などのトリガーで対応します。 こうして得たリードを保ったまま、 《禁断機関 VV-8》等のさらなるフィニッシャーで逆転を封じ、一気に相手を倒してしまうデッキです。 基盤となるカードはあるものの、環境に応じたチューニングがしやすく、構築の自由度が高いのも魅力です。 極論 《天災 デドダム》 《虹速 ザ・ヴェルデ》 《SSS級天災 デッドダムド》さえ入っていれば殆どの動きが成立するため、ハンデス型・ランデス型など様々なカードを採用したタイプが存在します。 今回紹介するのはそのひとつ、チェンジザ型です。 アナカラーデッドダムドの回し方 1. リソースを確保する 序盤にマナを増やすのは、デュエルマスターズの基本中の基本。 このデッキには3種12枚のマナ加速カードが入っており、かなり安定してブーストができます。 次のアクションにつなげるためにも、しっかりマナを伸ばしましょう。 中でも特にプレイしたいのが《天災デドダム》です。 このクリーチャーに封印を3つ付ける。 (カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。 コマンドがバトルゾーンに出た時、その持ち主はそれと同じ文明を持つ自身のカードから封印を1つ、墓地に置く。 クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する) 出典: 《SSS級天災デッドダムド》のどこからでも侵略できる能力により、《禁断機関VV-8》を出したそのターンに禁断起動することも珍しくありません。 ただしこの場合、 《禁断機関 VV-8》は封印が解けても召喚酔いしてしまうので、基本的にはターンをまたいで効果を発動させることが多いです。 目安としては、相手のシールドをすべて割り切れるだけの戦力があるなら多少無理にでも解放させてよいかな、という感じです。 かつてとは違い 《Dの牢閣 メメント守神宮》を採用しているデッキは少ないので、2ターンあればほぼ確実にダイレクトアタックまで決めることができます。 殿堂入りカードで1枚しか積めないため、使い所を間違えないようにしましょう! *覚えておこう!再構成 《SSS級天災 デッドダムド》は、別のコマンドの上にのせることでバトルゾーン内で移動します。 退化デッキなどでおなじみですが、進化クリーチャーの1番上のカードがはがれた際、その下に複数枚のクリーチャーがあれば、どれを残すか選択できます。 例えば、 《勝利のリュウセイ・カイザー》と 《SSS級天災 デッドダムド》3枚を進化元とした 《SSS級天災 デッドダムド》の1番上のカードが他に移ると、再構成が発生します。 この時、場に残すカードの選択に応じて0、1、2、3枚のうち好きな枚数の 《SSS級天災 デッドダムド》を墓地に送ることができます。 このテクニックを知っていると 《禁断機関 VV-8》の封印解除がぐっと楽になるので、ぜひ覚えておいてください。 今回のサンプルレシピでは対応力を重視してフィニッシャーをこの1枚に絞っていますが、追加の別のフィニッシャーを採用するケースもよくあります。 【デッドダムド】デッキの強化方法 【デッドダムド】と相性の良いカード ここでは今回採用したもの、していないもの問わず、【デッドダムド】デッキと相性の良いカードを紹介します。 前述のようにカスタマイズ性が高く多種多様なタイプの存在するデッキですので、それらのタイプの核となるカードも紹介していきます。 ランデスに寄せる際に採用されるのが 《マナ・クライシス》です。 侵略によってマナを使わずに攻め手を用意できるこのデッキにおいては、より直接的な相手の減速を狙ってのランデス戦略が噛み合います。 《レアリティ・レジスタンス》 はマナゾーンとバトルゾーンのSR・VRをまとめてバウンスできる強力なカードですが、こちらにも効果が及んでしまいます。 採用の際はデッキ構築段階でこれらの高レアを減量しましょう。 幸いメインパーツは「レアリティなし」なので安心です。 そうしたら、GR召喚する。 そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。 このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000 する。 そうしたら、闇のカードを1枚、自分の墓地から手札に戻す。 そうしたら、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。 フシギバース [dn14](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、 [dn14]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。 ただし、コストは [dn02]より少なくならない) 新たに獲得したフィニッシャー候補が 《大樹王 ギガンディダノス》です。 強力なだけあり単独ではとても重いクリーチャーですが、 《天災 デドダム》で墓地に落としておけばフシギバースで 《SSS級天災 デッドダムド》からわずか6マナで召喚することが可能です。 一度出てしまいさえすればその制圧力は凶悪の一言で、相手の手札を全てマナに送り逆転の目を摘んだ上で、ほとんどすべてのクリーチャーの攻撃を封じます。 あとは悠々と次のターンに残りのシールドを殴りきれば、よほどのことがない限り勝ててしまうでしょう。 フシギバースに使った 《SSS級天災 デッドダムド》はマナに行くので、侵略に再利用できるのも噛み合っています。 《SSS級天災 デッドダムド》以外にも、《龍装艦 チェンジザ》や 《超次元リバイヴ・ホール》から出てきたサイキック・クリーチャーなど、現実的なマナで召喚できるフシギバース元は他にも存在するため、フィニッシュ手段に悩んだら候補に上がるでしょう。 その際はこのカードを墓地に送る手段を忘れずに! 環境に応じて使い分けたいカード 【デッドダムド】が苦手とするデッキとして、【ドッカンデイヤーループ】【ロマノフワンショット】等の「コンボ開始までクリーチャーを展開しない、あるいはクリーチャーを出したターンに勝ってしまうコンボデッキ」があります。 こういった相手には除去の強い【デッドダムド】の強みを活かすことができず、そのままコンボを決められがちです。 それを防ぐのが《奇天烈シャッフ》です。 6を宣言すれば 【ドッカンデイヤーループ】 の展開の要の《"魔神轟怒"万軍投》が、3を宣言すれば【ロマノフワンショット】のキーパーツの 《蝕王の晩餐》が唱えられなくなります。 止めているうちにこちらの手を進めてしまいましょう。 「コマンド」なので時には《SSS級侵略 デッドダムド》に侵略することも可能です。 同じような効果の《「本日のラッキーナンバー!」》はさらに強力ですが、殿堂入りカードのため1枚しか積むことが出来ません。 コスト指定による封殺は他のデッキにも有効です。 相手が困る数字が何かよく考えて使いましょう。 【デッドダムド】の弱点は、キルターンの遅さです。 本来なら除去による盤面制圧力の高さでそれをごまかしているものの、 【ドッカンデイヤーループ】【青魔導具】をはじめとする盤面に依存しない高速コンボや、【シータバーンメア】等の1ターンで過剰な打点を形成するデッキにはそれが通用しません。 このふたつのデッキの流行が、【デッドダムド】が衰退した大きな原因です。 また、動き出しの遅いデッキであることから 《無修羅デジルムカデ》等の準備が整う前に攻めてくる極端な速攻にはトリガー頼みになるという一面もあります。 侵略ギミックを使うことから攻撃する必要があるのも密かな弱点で、 《卍 デ・スザーク 卍》 《無修羅デジルムカデ》によるタップインや 《全能ゼンノー》による出たターンの攻撃の禁止効果のもとでは動きが鈍ってしまいます。 総じて「まともにデュエマを行うデッキには強いが、極端な事を行うデッキに弱い」といった印象です。 【デッドダムド】側も対策カードによってこれらの弱点を克服しようとしますが、全てを対処することは現実的には不可能です。 強みを押し付けられるデッキを使えば、自然と 【デッドダムド】 対策になるといえるでしょう。 まとめ 以上が【デッドダムド】デッキの解説となります。 かつてデュエルマスターズを支配していただけあり、今でも生半可なデッキをあっさり切り捨てる実力を持つのがこのデッキタイプです。 しかし一口に【デッドダムド】といっても、その構築は様々です。 メタカードを無理なく積むことができ、戦略すら千差万別である中で勝ち残ったリストからはそのプレイヤーが何に重きを置いて構築したのかが読み取れます。 あふれかえる入賞リストからその想いを想像するのも面白いものです。 あなたもぜひ、自分だけの【デッドダムド】を作ってみてください!!.

次の