くる りん ぱ アレンジ ロング。 【まとめ】簡単セルフのロングヘアくるりんぱヘアアレンジ集

くるりんぱロングアレンジ術!すっきり無造作ヘアも簡単!

くる りん ぱ アレンジ ロング

きれいに毛束を入れ込むコツから、こなれ見えのポイントとなる引き出し方まで一度マスターすれば毎日のまとめ髪の幅が広がります。 髪には、全体にソフトワックスをなじませておく。 髪全体を下めの位置できつめにひとつ結びに。 結び目上の真ん中あたりに指を入れて広げ、穴をつくります。 左手の指を内側から入れて穴をキープしながら右手で毛束を持ち、外から内へ向かって穴に通します。 このとき、左手で毛束を迎えにいくと通しやすくなります。 毛束を通したら、毛先をぐっとひっぱり形を安定させます。 ねじりができた部分の表面をつまんで少しずつ引き出し、ゆるさを演出しましょう。 つくるときにはあえて毛のはみ出しや飛び出しを気にしすぎず、ラフさを生かす気持ちでつくるとうまくいきます。 髪全体をひとつにまとめ、つむじあたりの高めの位置で折りたたみ、しっかり根元を結んでおきます。 その際、毛先部分は残しておきましょう。 残しておいた毛先は、結んだ根元にぐるっと巻き付けながら根元のゴムに挟んでいきます。 一気に挟めない場合は、少しずつでもOK。 全体の立体感を調整する大切な役割です。 システマティックにやるクセをつければ、〝こなれ感〟がマスターできます。 表面を等間隔に引き出すことがバランスをよくするポイント。 髪を指でかき上げたときにできる凹凸感をイメージし、毛流れを再現するように引き出すとうまくいきます。 引き出す量は指先でひとつまみだけでOK。 それを1. 5cmほどの間隔でつくり、サイドからもう一方のサイドへ引き出していく。 全体がゆるまないように結び目を逆の手で押さえながら行うと安心です。 表面を全体的に引き出しほどよいゆるさをつくったら、毛束にも同様のゆるさを。 結んだ毛束を少しずつ分け取って、ひと束を裂くようにしてボリュームをもたせます。 仕上げに指先にワックスをつけて、引き出した部分をなぞってアウトラインを整えます。 最後にヘアスプレーを全体にふりかけてしっかりとキープさせましょう。 ふたつのくるりんぱが編み込みをしたような複雑な毛流れを生み華やかな雰囲気に。 耳上、耳下でくるりんぱをふたつつくる。 1個目の毛束も一緒にして2個目のくるりんぱをつくり、最後の毛束はねじりながら根元に入れピンで留めます。 顔周りに毛を残しておき、表面はラフに引き出してこなれ感を演出しましょう。 ハーフアップで結ぶだけでなく、まとめた部分をおだんごにすれば、うなじはカバーしつつ涼しさも確保できます。 首元に少し毛を残し、耳下から上の髪をまとめる。 基本どおりのおだんごをし、毛束は一部だけゴムに挟み首元に残した毛となじませる。 32mmの太めのアイロンで髪全体をゆるく巻いておきます。 分け目は7対3のサイドパートに。 くっきり分けてしまうと地肌が見えて地味に見えてしまいます。 分け目はジグザグに取って地肌をカモフラージュ。 左サイド、右サイド、それぞれの髪を顔周りに沿って少しずつねじりピンで留めます。 3でねじった毛束を後ろの低い位置でひとつにまとめてピンで留めます。 バランスを見ながら最後に髪を引き出してニュアンスをプラス。 前髪を少量ずつ4束に分け、それぞれトップの髪を合わせて縦長に取ります。 そうすることでねじりが浮かずにトップと一体化! 2. 4つの毛束を前髪を巻き込みつつ同じ方向にキュッときつめにねじり上げ、ピン留めします。 両サイドの髪をひと束残し全体を緩く結びましょう。 ねじりの束からねじりをくずさないよう1〜2か所ずつ髪を引き出し、ニュアンスをつけます。 短い前髪が飛び出たらワックスでなじませて。 センターで分けた前髪を、片方ずつ毛先までねじります。 そのままサイドの髪と合わせて、巻き込むようにねじり続けます。 3本程ピンを使い左右から挿してねじりをしっかり固定します。 全体をひとつにまとめ、結び目にスカーフを巻いて完成! ラフさを生かす簡単まとめ髪で大人のこなれ見えを演出します。 テクニックをマスターして、今らしいヘアスタイルに。 初出:しごとなでしこ.

次の

【まとめ】簡単セルフのロングヘアくるりんぱヘアアレンジ集

くる りん ぱ アレンジ ロング

【目次】 ・ ・ ・ ・ 人気のくるりんぱ基本アレンジ 【1】基本のくるりんぱ もはや、まとめ髪の基本テクニックのひとつになったくるりんぱ。 毛束を結び目の上につくった穴に通すというシンプルなプロセスで、まとめた髪に毛流れやメリハリが生まれるというメリットから、多くの人が日常使いをしています。 毛束をきれいに入れ込むコツから、こなれ見えのポイントとなる引き出し方まで、一度マスターすれば毎日のまとめ髪の幅が広がります。 【STEP1】下めに結び中央に穴をつくる 髪には、全体にソフトワックスをなじませておく。 全体を下めの位置でひとつにきつめに結び、結び目上の真ん中あたりに指を入れて広げ、穴をつくる。 このとき、左手で毛束を捉えにいくと通しやすい。 【STEP3】毛先をひっぱりねじり部分を引き出す 毛束を通したら、毛先をぐっとひっぱり形を安定させる。 ねじりができた部分の表面をつまんで少しずつ引き出し、ゆるさを演出する。 【BACK STYLE】 毛先をひっぱりすぎると髪がつぶれてしまうので要注意。 鏡でチェックしつつ、くるりんぱならではの美しい立体感を演出してみて! 【2】基本のハーフアップくるりんぱ 今やアレンジの定番となったくるりんぱを、ハーフアップに取り入れて顔周りをすっきりとさせてみて。 フェミニンだけどきちんと見えるシルエットなので、オフィスでも大活躍すること間違いなし! 【STEP1】耳ラインでハーフアップにする 顔周りに少しおくれ毛を残し、耳より上の髪を後ろでひとつにまとめて結ぶ。 このあと結び目をゆるめるので、最初からゆるく結ぶと乱れてしまうので注意を! 【STEP2】くるりんぱをつくる 結び目を軽くゆるめて上に穴を開け、ハーフアップの毛束を表側から入れて通す。 通した毛束は下に引っ張り出せば、くるりんぱの基本が完成。 【STEP3】結び目を締める 結んだ毛束を左右に裂くように引っ張ると、結び目がキュッと締まる。 その後、結び目を押さえながら表面の髪を部分的につまみ出して、立体感をプラスすれば完成! くるりんぱの応用アレンジ 【1】サイドくるりん だれからも好感をもたれるフェミニンなサイド結びを、くるりんぱに! 中央でつくるより優しげなムードに。 【STEP1】斜め下でくるりんぱ 顔周りにおくれ毛を少しだけ残し、手 ぐしで髪を斜め下の位置で結ぶ。 結び目の上に穴を開け、毛束を表側から入れ込んで下へ引っ張りくるりんぱ。 【STEP2】表面をほぐす 後頭部や、くるりんぱにした部分の髪を、指でつまんで少しずつ引き出してくずす。 その際、逆の手で結び目を押 さえておくとゆるむことなくできる。 【2】ダブルくるりん ハチ上とハチ下に分けてくるりんぱをしているから短い毛もしっかりキャッチ。 ボブレングスでも簡単にTRYできる! 【STEP1】ハチ上をくるりんぱ ハチ上の髪を手ぐしでざっくりと後ろで集め、結ぶ。 結び目を少しゆるめて上部に穴を開け、毛束を表側から入れて下に引き出してくるりんぱにする。 【STEP2】全体もくるりんぱ 結び目を片手で押さえながら、トップやくるりんぱ部分の髪表面をくずす。 次に全体の髪を下位置で結んでくるりんぱ。 ハチ上と同様に表面をくずしたら完成! 【3】逆りんぱ 毛束が噴水のようになってボリュームアップ! ちょっとリッチで女らしい雰囲気を楽しみたいときに。 【STEP1】後頭部に逆毛をつくる 毛束のボリューム感とバランスがとれるように、後頭部にもふくらみをつける。 ハチ上の髪を持ち上げ、コームを使って内側に逆毛をつくっておく。 【STEP2】毛束を下から通す 逆毛のふくらみを守りながら全体の髪をひとつに結び、結び目の上に穴を開ける。 毛束を下 内側 から通し、表面から引き出したら、表面の髪をくずして。 【4】ドーナッツくるりん どの部分がくるりんぱでできているのか、パッと見ではわからない独特なフォルムがゆるっとして大人かわいい!アクセなしでも充分な華やかさと、 手が込んで見える上級者感で、ちょっと差がつきます! 【STEP1】毛先を3分の1だけくるりんぱ 耳を隠しながら手ぐしでざっくりと髪を集め、下の位置でひとつ結びに。 結び目の上に穴を開けて、結んだ毛束の3分の1の量の髪を表側から入れ込む。 【STEP2】お団子状にする 入れ込んだ毛束を下に引っ張って、くるりんぱしたのがこちら。 やや変わった形になって、このままでもこなれてていい感じだけど、ここからさらにひと手間加えます! 【STEP3】くるりんぱ部分を広げる 結び目の上にあるくるりんぱ部分の髪の重なりを、手で広げながらボリュー ムを出していく。 さらに表面の髪や毛束もほどよくくずして、抜け感をプラス。 毛束広げてドーナッツ風にしたら完成! 【5】襟足プチくるりん 小さいくるりんぱを3つつなげて、アップ風に。 髪が落ちてきて困るシーンにも最適です! 【STEP1】片サイドをくるりんぱ 前髪を横分けにし、分け目側の髪は耳にかける。 耳の後ろの毛束をゴムで結び、プチくるりんぱをつくる。 さらにその少し下を結び、同様にくるりんぱをする。 【STEP2】襟足をピンで留める 生えぎわに沿うようにくるりんぱを3つつくったら、全体の髪を逆サイド に集めて襟足の真ん中あたりでピン留め。 ほら!こうすると髪が落ちてこない! 【5】くるりんギブソン くるりんぱを同じ位置で3回くり返すだけでクラシカルな雰囲気に! お呼ばれにも使えそうな予感がします。 【STEP1】2連続くるりんぱ 手ぐしで髪を後ろに集め、低い位置でひとつに結ぶ。 結び目の上に穴を開けて毛束を通し、くるりんぱに。 さらに、 同じ位置でもう1回くるりんぱする。 【STEP2】3回目は毛束を入れ込む 3回目のくるりんぱの際、毛束を下に引き抜かず入れ込むだけにする。 髪を下から手で支えてしっかりピン で留め、結び目の上にコームを飾る。 セミロング・ロングのおすすめヘアアレンジ 【1】サイドルーズポニー だれもがあたりまえにやっているひとつ結び。 表面をつまんで引き出したり、毛先をくしゅっとしたり…といったワザに加えて、低め位置で仕上げるとこなれたムードが漂います。 耳が半分隠れるくらいの顔周りのあしらいもポイント。 全体的に力が抜けたようなリラックス感を目ざして。 【STEP1】下めの位置でひとつに束ねる 今っぽさを演出するカギは結び位置。 結んだ毛束が首の後ろに沿うくらい低くまとめる。 後で引き出 すので、少しきつめに結ぶとよい。 【STEP2】耳周りを引き出す 耳が半分隠れるように、サイドの髪を引き出す。 同時にトップや後頭部の表面も数か所つまんでデコボコになるように軽くひっぱる。 【2】ロープ編み結び 片サイドにロープ編みをしのばせるだけで、シンプルなひとつ結びが小粋にイメチェン! 周りとかぶらない、だけどお手軽な秀逸アレンジ。 【STEP1】ロープ編みをする フロントを横分けにしてから分け目と逆サイドの髪を少しだけ取る。 次に2束に分けてねじり合わせてロープ編みに。 首元あたりまで編み終えたら、クリップで仮留めする。 【STEP2】ひとつに結ぶ ロープ編みも一緒にして、後ろの髪をひとつにまとめる。 結ぶ位置は、あごと耳上のつけ根を結んだ延長線上あたりと、やや高めに。 仮留めを取って毛束をほぐす。 【3】ウエッティポニー 流行のウエット系の中でも、ジェルで濡れたような質感に仕立てたルーズなポニーテールが女っぽい。 だらしなく見せないポイントは、多めに出したおくれ毛を細い束にまとめること。 大人の色っぽニュアンスがのぞく。 【STEP1】顔周りを中心におくれ毛をつくる あらかじめ、こめかみ、もみあげ、耳の後ろなどに少しだけおくれ毛を残してから、ひとつに結ぶ。 束感を出すときに使うスタイリング剤を、ワックスでなくジェルにすると濡れたような束感に仕上がる。 指先にほんの少し取り、おくれ毛をつまむようにしながらなじませていく。 【STEP2】毛先にばさっとした質感をつくる 結んだ毛束も、濡れ感やボリュームを加えるとバランスよく仕上がる。 ジェルのついた指先で、毛先に向かって上から下へしごくようにしてなじませて。 つまむ毛束の量をまちまちにして、あえて無造作な束感をつくるようにするとおしゃれ。 【4】セレブ感漂うフワくしゅシニヨン ほどよくルーズでこなれて見える、フワくしゅなシニヨンヘア。 後ろ姿と横顔をきれいに見せるまとめ髪、実はひとつ結びできる長さがあれば、テクニックなしでもササッと簡単にできちゃうんです! リラクシーな場面にもマッチする、この無造作なフワくしゅ感が魅力! 【STEP1】毛先を残してひとつ結びに 髪を手ぐしで低い位置にざっくりと集めて、根元近くで毛束を折り、そのままゴムで結ぶ。 サイドの髪で耳を半分くらい隠しておくのが、無造作感を出す秘訣。 その後、折った毛束の毛先側を結び目に巻き付けていく。 【STEP2】巻きつけた毛先をアメピンで留める 巻きつけた毛先を、結び目の上でアメピンで固定。 何本か使って留めておくと、長時間乱れにくい。 その後、結び目を押さえながら表面の髪を引き出して ワックスをなじませ、毛束感を出していく。 長さが足りない人、髪が多い、かたいなどまとまりにくい場合は、ベースの髪をヘアアイロンで巻いてカールをつけておくこと、ヘアワックスなどのスタイリング剤を揉み込んでおくことで、扱いやすさが格段にUP。 【STEP1】襟足をねじる 前髪を横分けにして分け目側の髪を、襟足に沿って少しずつとってねじっていく。 分け目と反対側の耳下ぐらいまでねじったらクリップで仮留めに。 【STEP1】前髪を横分けに 前髪を8:2くらいの横分けに。 いつもとは逆側で分けると、前髪がふんわりする。 分け目は指でざっくりとランダムにつくり、しっかりクセづけ。 【STEP2】斜め下で結ぶ 分け目と逆側の耳を髪で隠しながら全体の髪を集め、分け目と逆側の下位置でひとつに結ぶ。 表面の髪を引き出してくずし、後頭部にコームをオン。 背中にディテールのあるトップスを、さりげなく引き立てるポニーテールは、スカーフの主役感に負けないように、結び位置を高くし、ボリュームを出すのがこなれポイント。 【POINT】耳を半分隠すことで、ヌケ感アップ! スカーフは耳にかかる程度にぐるりと巻き、いつもよりやや高めの位置でひとつ結びに。 ひとつ結びにしてから、毛束に指を入れ、上下に動かし、逆毛を立ててボリュームを。 縦長のスカーフなら、頭に巻きやすく、サマになりやすい。 ふたつのくるりんぱで三つ編み風に仕上げたら、流線型のコームで、さらに大人なアクセントを。 【POINT】立体感を出すため、くるりんぱをふたつ うなじ付近でひとつ、少し間をあけて、下の位置にもうひとつ、くるりんぱをつくる。 つくったくるりんぱの毛流れの表面を引き出し、立体感を出し、左耳の後ろに、コームを挿したら完成! 今回使用したアクセサリーは、シルバーとゴールドのバイカラーモチーフ。 あらゆるアレンジに今っぽさをプラスしてくれるので、ひとつは持っておきたい。 飾りがある分、毛先は全部しまいきらず、程よく散らして、遊びをもたせて。 【POINT】毛先を散らして、リラックス度をアップ 前髪は8:2に分けておき、低めのおだんごのベースをつくり、上向きに毛先を出す。 毛先の半分をゴムに挟み、残り半分をバランスよく散らす。 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【ギブソンタックやり方】コツをつかめば簡単♪ロングは三つ編みアレンジも

くる りん ぱ アレンジ ロング

不器用さんでも簡単にできる髪形アレンジをまとめました。 よりこなれたシャレ見えスタイルにするために、軽く巻いた状態からスタートして。 \How to/ 【STEP1】 ・ざっくりとしたおだんごを作る。 ハチ上の髪を頭の高い位置に集めて、ハーフアップを作る。 ・あえて手ぐしでざっくりと束ねていくのがポイント! ・ゴムで結ぶとき毛束は引き抜かず、おだんご状に。 【STEP2】 ・最後に、ちょっと残しておいた毛先を結び目に巻きつけてピンでしっかりと固定。 ・その名も「サイドツイストのハーフアップ風」 ・見た目はとってもかわいくて華やかなのに、プロセスは簡単なので、不器用さんにもおすすめ! \Before/ ゆる巻きのヘアからスタート。 \How to/ 【STEP1】 ・サイドの髪をアップする。 トップの仕上がりを綺麗に見せるために、分け目をジグザグに。 ・ハチ上部分の髪をツイスト編みする。 くるくるツイストし終えたら、後ろをクリップで仮留めする。 ・次に、顔周りの毛束を残したまま、サイド部分の髪をツイスト編みして、同じく後ろに持っていく。 【STEP2】 ・先ほど作った2束を合わせて、ピン留めする。 崩れにくくするために、ピンは毛束に対して上から挿すのがコツ! ・ねじった毛先と地毛を少しすくって、髪がしっかりと固定するように、ピンを頭に対して横向きに挿し込む。 ・ピンを横向きに挿し込むと、このように髪に隠れてピンが見えない! 【STEP3】 ・逆サイドも同様にピンで固定したら、トップの髪を指でつまみ出してほぐす。 ・最後に、ピンとコームをツイスト編みの上に飾る。 【STEP2】 ・前髪の根元を立ち上げつつ、横分けになるようにドライヤーで乾かす。 ・髪は、熱が冷めるときにクセづくのでしばらくそのままにしておくのがポイント。 【STEP3】 ・ジェルをワンプッシュ。 量はだいたい5円玉くらい。 ・出したジェルを、手によーく広げる。 【STEP4】 ・前髪をかき上げるイメージでつけていく。 【STEP5】 ・毛先は、つかみながら外ハネにするイメージで。 【4】リーゼント風ショートボブアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・子だけの集まりには、ハンサムとキュートがひとつになったヘアアレンジを! ・リーゼント風に大きくポンパドールを作って、毛先を外ハネにして可愛く遊んでみよう。 \SIDE & BACK/ \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・髪をアイロンで巻く。 ・耳上は平巻き、耳下はハーフカールで。 【STEP2】 ・髪全体に、固まらないソフトジェルもみ込む。 【STEP3】 ・前髪~トップの髪をとって、大きくねじってポンパドールを作り、ピンで留める。 【STEP4】 ・両サイドの髪を後ろに流し、アメピン数本でランダムに固定して完成。 ・深くつけすぎるとクールな印象に、逆に浅くつけると幼い印象に見えてしまうので、ほどよい位置につけましょう。 ・ヘアバンドは、耳を半分隠してつけるのがポイント! 【STEP2】 ・おくれ毛を出します。 ・おでこの毛束を引き出してから、耳前の毛束も引き出します。 【STEP3】 ・おでこ部分の毛束はリバース(後ろ向き)巻きに。 ・中間がクセづくように、毛先は逃がすようなイメージで。 反対側も同じように巻いていきます。 ・耳前の毛束もおでこ部分と同じように、リバース(外向き)巻きに。 反対側も同様に巻きます。 【STEP4】 ・ヘアバンの後ろにもニュアンスが付いていた方がいいので、トップの毛束を持ち上げて、根元が立つように外向きに巻いていきます。 逆側も同様です。 ・トップ後ろ部分(つむじ周り)の髪も同様に巻いていきます。 【STEP5】 ・量はだいたい一円玉くらい。 ワックスを取ったら、手によく伸ばします。 ・一度、手で全体のカールをほぐしていきます。 ・毛先のカールをほぐすようにしながら、ワックスを髪全体になじませていきます。 【STEP6】 ・トップは髪の内側からつけるのがポイント。 \How to/ 【STEP1】 ・片サイド(前髪を分ける方がおすすめ)の髪をねじる。 ・耳にかけてピンで留めていきます。 【STEP2】 ・ピンで留めたら、毛先は軽くほぐします。 【STEP3】 ・逆側はアシンメトリーになるようにふんわりさせたいので、表面の部分の髪をとって適当に巻いていきます。 巻き終わったら、毛束をほぐします。 簡単ヘアアレンジ方法|ミディアム編 【1】カジュアルなミディアムおきゃんハーフアップ \ヘアスタイルのポイント/ ・カジュアルコーデにピッタリな「ラッフィーハーフアップアレンジ」 ・上品なイメージのハーフアップも、少しのアレンジを加えるだけで、ラフな上にこなれたヘアに仕上げることができる! ・デニムやロゴTなどのカジュアルなアイテムに合わせれば、ぐっと華やかに見せてくれること間違いなし! \How to/ 【STEP1】 ・手ぐしでハーフアップをつくる。 髪をゆる巻きした状態から、一円玉量くらいのジェルを揉み込む。 ・今っぽくセミウェットな質感を残すのがポイント。 【STEP2】 ・頭の上でおだんごを作る。 まとめた毛束を、頭の高い位置で輪結ぶ。 ・輪っかの部分を指でほぐし、ボリュームを出す。 【STEP3】 ・仕上げに金ピンを挿す。 ・片側の耳上あたりに金ピンを飾れば完成! できあがり! \使用アイテム/ ・ジェルは、ツヤ感をプラスしてくれるだけでなく、トリートメントとスタイリングを同時に叶えてくれる優秀なスタイリング剤「ジョンマスターオーガニック シャインオン」。 ・ハーフアップで使用したのは太めのゴム。 ゼブラ柄がアクセントになり、よりこなれたスタイルに仕上がります。 ・金ピンでアクセントを加えるのも忘れずに。 【2】超簡単ミディアムアレンジ「ノットヘア」 不器用さんでもできる、イージースタイリングを指南してくれたのが、P-cottスタイリストの菊池かずみさん。 その誌面内容をもとに、実際にヘアアレンジをお試し!今回はミディアムヘアバージョン。 \ヘアスタイルのポイント/ ・シニョン、くるりんぱ……はよくするけれど、なんだかマンネリ? ・髪で結び目を作る「ノットヘア」なら、同じまとめ髪でもトレンド感が急上昇! \How to/ 【STEP1】 ・全体をゆるく巻いたあと、カールをキープできるスプレーを全体にかるくかけ、ソフトワックスを軽く塗布。 ・左右のこめかみからおくれ毛を出し、残りの髪をざっくり左右にわける(分け目がまっすぐにならないように)。 【STEP2】 ・左右にわけた毛束を、内側に向かってねじる(左の毛束は時計回りに、右の毛束は反時計回りに)。 ・左右の毛束を襟足の根元部分でひと結び!長さがある人は、さらにもうひと結びして、毛先をゴムで結ぶ。 【3】ミディアムヘアの簡単こなれアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・忙しい日は、シニョンですっきりアップに。 ・ミディアムだからこその後れ毛も生かして。 \SIDE & BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・全体にムースを軽くもみ込んで、アレンジしやすい土台を作っておく。 ・そのまま手ぐしで、ざっくりと後ろでひとまとめに。 【STEP2】 ・顔周りの毛を少し残し、目の横(耳の少し上)の高さでゴムで結ぶ。 ・そのとき、毛先は抜き取らず、お団子状に。 【STEP3】 ・毛先の半分を取り、結び目のゴムに巻きつけて、ピンで留める。 ・あえて半分毛束を残すのがポイント! ・お団子を片手で押さえながら、もう片方の手でトップを少しずつつまみ出し、ふわっとした丸みを出す。 \ヘアスタイルのポイント/ ・気分は海外セレブ?「かき上げサイドすっきりヘア」。 ・きっちり分け目をとらず、前髪をかき上げることで大人っぽい雰囲気に! \SIDE & BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・寄せたい側と逆の目の位置あたりから、手ぐしでざっくり髪を寄せます。 【STEP2】 ・髪を持ってきた側と逆側の髪をねじってピンで留めます。 ・留める位置は、耳の上よりやや後ろめ。 留めた下に、飾りピンなどをつけても。 【STEP3】 ・トップ部分の表面を、コームを使ってふんわりと逆毛を立てます。 ・仕上げに、スプレーで吹きかけて根元の立ち上がりをキープ! 【4】革紐を使えば断然おしゃれなまとめ髪 \ヘアスタイルのポイント/ ・革紐を使ったひとつ結びアレンジ。 ・巻かないストレートタッチは、楽だけどシンプルすぎ…。 \動画でやり方をCHECK/ \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・髪にワックスをなじませる。 ・1円玉量のミディアムワックスを手に広げ、前髪を横分けにしながらなじませていきます。 【STEP2】 ・ひとつ結びにする。 ・全体の髪を低い位置でひとつ結びにしたら、表面の髪を部分的につまみ出して立体感を作ります。 【STEP3】 ・革紐2本を重ねて、結び目のゴムの上から巻きつけます。 ・ゴムが隠れるくらい巻きつけてから、結び目の上位置で二重結びにします。 このとき、結び終えた先端は長めにたらすとこなれ感がアップ。 \使用アイテム/ ・革紐2本とワックス(ビューティーエクスペリエンス ロレッタ メイクアップワックス 4. 0)、太めのゴムを使用。 ・普通の革紐でも可愛いですが、スエード調のものを選ぶと、より季節感のあるヘアアレンジが完成するのでオススメです。 【5】エレガントなポンパアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・革紐をカチューシャに見立てることでさりげなくトレンド感をアップさせることができる。 \動画はこちらからチェック/ \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・フロントの髪をわけとって、後ろ向きにひとねじりしてピンで留める。 ・トップはあまりふくらませすぎないようにすると、後で革紐が結びやすくなる。 こんな感じ。 【STEP2】 ・カチューシャをする位置に革紐を巻きつけて、片側の耳の後ろに結ぶ。 \使用アイテム/ ・金ピンと革紐の2つ。 ノットヘアとは、毛束どうしを結んで作るヘアアレンジのこと。 \How to/ 【STEP1】 ・両サイドの髪を残したまま、後ろの髪をひとつ結びに。 ・ゴムは太めのものでしっかりと結ぶのがポイント! 【STEP2】 ・両サイドの髪どうしを結んで、ノットヘアを作ります。 ・ここでは結び目が目立たないよう、細めのゴムを使用。 【STEP4】 ・表面の髪を部分的につまみ出して、こなれ感を出していきます。 ・これですべて終了! \BACK/ 簡単ヘアアレンジ方法|ロング編 【1】3分でできるロングヘアのおだんごアレンジ 暑い日でも涼しく過ごせる、お手軽おだんごアレンジ! \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 【STEP1】 ・髪を手ぐしで後頭部の真ん中に集め、ポニーテールを作る。 ・結んだ毛束を三つ編みにして、またゴムで結ぶ。 前髪のこの隙間感、夏っぽい! ・ゆるさとかバランスとかをあまり気にしなくていいので、アレンジ初心者さんでも作りやすい。 花冠のような形になって一気に華やかに。 ・三つ編みを絶妙なバランスに崩すのが少し難しいので、不器用さんは何度か練習が必要かも? \How to/ 【STEP1】 ・トップを6:4で分け、全体をしっかり外巻きにしておく。 ・そして両サイド、表面からひと束を取り三つ編みをする。 【STEP2】 ・毛先まで編んだら、左右から均等にちょっとずつ引き出す。 ・ハート形になるよう意識してやるのが上手くいくコツ! 【STEP3】 ・左右の三つ編みをハート形にしたら、後頭部でクロスさせて、ピンで固定。 ・実は、後でゴムで結ぶので、このピンは仮留めです。 【STEP4】 ・両三つ編みのすぐ下の毛をひと束ずつ取る。 ・頭にピタッと沿わせながら後ろにもっていきます。 【STEP5】 ・4の毛束と三つ編みを合わせて、3の仮留めしていたピンを外し、ゴムで結びます。 ・ゴムの上から、ゴム下の下ろしている毛をひと束取ってゴムに巻きつけます。 ゴムに巻き付けた毛束の毛先を、ピンで固定して完成! \BACK/ 【4】ロングヘアの簡単こなれアレンジ \SIDE&BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・コームもしくは指で、前髪からトップをセンター部分で、細かめのジグザグにわけます。 【STEP2】 ・真ん中で半分にわけた前髪を少量2束をとり、交差させます。 【STEP3】 ・そのまま耳の上くらいまで、外巻きにねじります。 耳の上までねじったら、ねじった最後の部分を指で押さえたまま、全体的に少しずつ引っ張り出し、立体感を出します。 ・ねじり終わりを、アメピンで留めます(耳上あたりで)。 【STEP4】 ・反対側も同様にしたあと、軽めのワックスを適量手に取りなじませ、軽くもみ込みます。 ・くしゃっと持ち上げ、空気感を出しましょう。 【5】ロングの結婚式・パーティーヘアアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・結婚式や二次会など、ちょっとしたパーティの時に自分でできちゃうロングヘアのパーティアレンジ。 ・急なお誘いや、会社帰りにトイレでパパッとアレンジできちゃう! \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 【STEP1】 ・髪を後ろでざっくり左右に分けて、トップから編み込みに。 毛先は三つ編みにしていく。 ・編み終わりは、コームで逆毛を立てる。 反対側も同じように編み込みむ。 【STEP2】 ・つくった三つ編みを後ろでクロス。 クロスした下の三つ編みを持ち上げて、先端を折り返す。 ・折り返した毛束を隠すようにピン留めし、固定し、逆の毛束も同じように繰り返す。 【STEP3】 ・すべてピンで留め終えたら、地毛をはさんで固定するイメージで、三角クリップを留める。 ・できるだけサイドめに留めるとおしゃれなバランスに。 簡単ヘアアレンジ方法|ポニーテール編 【1】スポーティーな高めポニーテール ジムやランなど、体を動かすときにやりたいハイポニーアレンジ! \動画でやり方をチェック/ \How to/ 【STEP1】 ・こなれ感を出すため、巻いておくのがおすすめ。 全部の髪を、後頭部の高い位置でまとめて結ぶ。 ・高い位置に髪を集めたいときは、少し上を向くとまとめやすく、顔を戻したときに襟足の髪がたるんとせずに仕上がる。 【STEP2】 ・前髪が落ちてくる場合、小束ずつ取って後ろ向きにねじり、ピンで留める。 これを3か所くらい作る。 ・顔周りも襟足もすっきり! 激しく運動しても髪が乱れず、汗をかいても思いきり拭けるのがうれしい! 【2】スカーフならポニーテールもひと味違う \ヘアスタイルのポイント/ ・普段のポニーテールも、スカーフを使ったアレンジ技を覚えれば、こなれたヘアスタイルに。 ・ただゴムで結ぶよりも、ぐっと見た目のオシャレ度がアップ! \動画でやり方をチェック/ \How to/ 【STEP1】 ・ベースは巻かずにストレートのままでOK。 ・髪がまとまりにくい人は、ミディアムワックスやトリートメントミルクでしなやかさをプラス。 【STEP2】 ・ゴールデンポイント(あごと耳のつけ根を結んだ延長線上、後頭部の真ん中くらい)あたりで、ひとつ結びに。 【STEP3】 ・結んだ毛束の一部を結び目に巻きつけて、ピンで留める。 ・これでゴムを隠すことができる。 【STEP4】 ・前髪はミディアムワックスをつけながら横分けにして、タイトに押さえる。 ・気合いを入れたい日におすすめなきっちり感! 【4】ローポニーテールもWくるりんぱで華やか \ヘアスタイルのポイント/ ・簡単にできる上に、見た目のクオリティーも高い、進化した「くるりんぱ」アレンジ。 ・くるりんぱを崩すテクニックを加えるだけで、簡単にこなれ感のあるヘアスタイルをつくることが! \動画でやり方をCHECK/ \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・顔周りは、リバース(後ろ向き)に巻いていく。 さらにフォワード(前向き)、リバースと交互にして後ろまで巻く。 ・逆サイドも同様に。 顔周りはリバース、その後ろはフォワード…と交互にして後ろまで巻いていく。 ・少量のミディアムワックスを手に広げ、カールをほぐすように馴染まる。 ・内側にもしっかりと、空気を入れるようなイメージ。 【STEP2】 ・顔周りの毛束は残したまま、耳ラインより上の髪を手ぐしで集めてゆるく結ぶ。 ・結び目の上に穴を開けて、そこに表側から毛束を通す。 ・毛束を通したら、キュッと締めるのがポイント。 【STEP3】 ・毛流がそろった表面の髪を、指で少しずつ丁寧に引き出しながら、凹凸を出していく。 ・耳の上の表面の髪も引き出しす。 バランスを見ながら少しずつ丁寧に。 ・耳の上部が隠れるように耳周りの髪も引き出していく。 サイドはこんな感じ。 ・2つの「くるりんぱ」でひと手間かければ、シンプルなニットも新鮮な印象に。 \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・後ろ髪を左右にわけ、低い位置でゆるめにそれぞれゴムで結ぶ。 ・それぞれの毛束を「くるりんぱ」する。 【STEP2】 ・左右ともくるりんぱをしたら、2つの毛束をひとつにまとめる。 ・1で結ぶ際は細いゴムがベター。 【STEP3】 ・2つの毛束をひとつにまとめるときは、ぜひヘアアクセを。 ・くるりんぱしたゴムも隠れて、おしゃれに仕上がる。 簡単ヘアアレンジ方法|編み込み編 【1】寝坊した朝の時短編み込み結びアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・寝グセがついていても目立たずカバーできる、編み込みひとつ結びアレンジです。 \How to/ 【STEP1】 ・トップの髪を1回だけ三つ編みして、その下の地毛を取って編み込みます。 ・顔周りの髪は残しておくのがポイント。 【STEP2】 ・次は逆サイドの地毛を取って編み込みます。 【STEP3】 ・これをくり返し、襟足まで編み込みます。 【STEP4】 ・毛束を持ったまま、トップ~後頭部の髪をつまみ出します。 飾りゴムで結んで、できあがり! 【2】3分でできる簡単編み込みアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・くるりんぱに飽きたら、ぜひチャレンジしてもらいたいヘアアレンジ。 ・トップの髪を3束とって三つ編みするように一度重ねます。 【STEP2】 ・地の髪の毛を少しとり、近くにある毛束に入れ込みながら編みます。 ・このプロセスを繰り返します。 【STEP3】 ・襟足まできたら、編み込みはおしまい。 毛先は三つ編みにします。 ・編み終わったら、毛先をゴムで束ねてできあがり! 【STEP4】 ・編み込みの終わりを手で押さえ、髪をところどころ引き出します。 ・このテクニックひとつで、いかにも「結んだ」感が薄れ、ぐっとこなれ感がアップ。 【STEP5】 ・ゴムでまとめた毛先には毛束の一部を上から巻きつけてピン留めします。 ・こうすることで、ゴムが自然に隠れます。 【STEP6】 ・耳の前でわざと残した髪は、アイロンでかる~くリバース(後ろ向き)巻きにします。 ・三つ編みでもいいけど、編み込みだと地毛と一体化するのでフォルムがきれい。 ・こなれ感を出すために、根元からなみなみ巻きしておくのもポイントです。 【STEP2】 ・三つ編みした毛束をシニヨンにしているので、ちょっと手が込んでいるみたいにデコラティブ。 ・顔周りのゆるっとしたおくれ毛に、かわいらしさが漂います。 【4】リラックスねじり編み込みアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・センター分けにした前髪を、2本の束でねじっていく簡単なアレンジ。 ・前髪をすっきり上げて清潔感あるアレンジは、会社の上司もウケも良さそうですよね。 \SIDE & BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・髪全体をランダムに巻く。 ・スタイリング剤 トリートメントクリーム を全体にもみ込みます。 【STEP2】 ・前髪をセンターで分ける。 ・前髪の一束をとり、軽くねじります。 【STEP3】 ・2でとった束の下からもう一束をとる。 ・2本をねじり合わせます。 【STEP4】 ・顔周りの髪を、耳上あたりまで、少しとってはねじり合わせ…をやって、耳の後ろでピンを使って毛束を固定します。 ・サイドも同様に仕上げます。 【5】簡単だけど崩れないボリューム編み込み \ヘアスタイルのポイント/ ・いつものハーフアップも、トップにボリュームを出せば、ぐっと華やかさもアップ。 ・ハードなスタイリング剤を使っているので、絶妙なルーズ感をキープできます。 \SIDE & BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・全体をランダムに巻く。 ・リボンを頭に巻きます。 【STEP2】 ・ハードワックスを髪にもみ込んで、ボリュームのあるハーフアップを作り、ピンで留めます。 ・トップにボリュームが出にくい人は、ハードスプレーをつけてから逆毛を立てるとうまくボリュームが出ます。 【STEP3】 ・ハーフアップの下から、かなりざっくりと編み込みます。 ・毛束はサイドどちらかに寄せながら編み、ゴムで結びます。 ・最後に、毛先の髪を少量とって、ゴムが見えないように毛束を巻いてピンで固定。 それをくるりんぱ。 全部の髪をひとつに結ぶ。 結んだ毛束の一部を、結び目のゴムの上から巻きつけてピンで留める。 髪を巻きつけた結び目の上にバレッタを飾って完成! 【3】失敗しない簡単大人のくるりんぱアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・セミロングヘアにも使える、「Wくるりんぱ」でつくるハーフアップ。 ・いつものハーフアップに変化球がほしいときにぜひ! \How to/ 【STEP1】 ・まずは、ハチとハチの間の頭頂部の毛を取ります。 ・取る量は少なめに。 【STEP2】 ・トップが潰れないよう髪をところどころ引き出す。 ・ゴムで結んで「くるりんぱ」する。 【STEP3】 ・両サイドの毛を耳上から斜め上へ少なめに取り、最初の毛束と一緒に結び、再び「くるりんぱ」。 ・最初の毛束と一緒に「くるりんぱ」が難しい場合は、最初の毛束と一緒に結ばず、ふたつめのとった髪のみで「くるりんぱ」するとやりやすい(写真参照)。 【4】女子会にぴったり!くるりんぱハーフアップ \週末の女子会ランチにぴったり/ ・手抜きファッションやヘアメークにキビシイのが女友達とのランチに、いかにも「頑張ってアレンジしました!」は今っぽくない。 ・そんなときは、くるりんぱとねじりハーフアップの合わせ技がぴったり。 ・毛束はゴムで結ぶとねじりがほどけちゃうので、ピンで留めるのが鉄則! ・くるりんぱだけでもいいけど、+アルファするだけで、ぐっと雰囲気変わり、これなら女友達からも合格点でるはず! \使用アイテム/ ・今回はプレート型のコームを飾りましたが、バレッタやピンでもOK。 ・アレンジの形がフェミニンなので、シンプルなタイプがちょうどいいかも。 【5】くるりんぱをもっとおしゃれに!簡単アレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・顔周りと首元に細い毛束を残すことで、女性らしいやさしい印象に。 後れ毛は、太めのアイロンでゆるく巻くと、よりこなれた雰囲気に! ・難しそうですが、くるりんぱの通し方を変えただけの簡単ヘアアレンジ。 低めの位置で髪をまとめ、首元をすっきり上げることで、女性らしさがぐっと出る。 ・カジュアルに見られがちな「くるりんぱ」ですが、ヘアアクセサリーがなくても、これならお呼ばれヘアとしても使える! \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・髪全体をアイロンで巻いてく。 ・トップがつぶれないようにハーフアップをつくり、ゴムで結んだ毛束でくるりんぱ。 【STEP2】 ・髪をゴムでひとまとめにする。 ・上半分のくるりんぱは細めのゴム、下でまとめる際は、太めのゴムで結んだほうがしっかりまとまる! 【STEP3】 ・下の毛束も、くるりんぱ。 ただし、毛束の通し方は、【STEP1】とちょっと違うので注意を。 ・【STEP1】の毛束は、結び目を支点にして「上(髪の表面)から下」へ通すのに対し、こちらの毛束は、結び目を支点に「下(髪の内側)から上」に向かって通す。 ・通した後の毛先は、ポニーテールのようになるのがポイント。 【STEP4】 ・下りている毛束を左右半分にわける。 ・毛先が見えないようにピンで留めて完成! 【クローズアップ】 ・左右半分にわけて、片方ずつピンで留めていく。 ・ねじりながら、おだんごをつくる要領で毛先を隠すようにまとめていく。 ・襟足あたりで一度ざっくり留めてから、髪が落ちてこないように、ところどころ留めていくのが上手にいくコツ! \SIDE & BACK/ 【6】バンダナを使ったくるりんぱで夏のアレンジヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・カジュアル大人スタイル。 スカーフをプラスすることで、涼やかに! ・華やかさも加わるのでお出かけにもおすすめ! \How to/ 両サイドを少し、バックの毛を上下2つに分ける。 バックの上の髪と残りの毛束を、それぞれくるりんぱ。 下の毛束を内巻きに巻き付けて、結び目あたりでピンで留める。 サイドの毛は前髪を残して、それぞれねじりながら下の結び目に巻きつけてピンで留める。 バレッタを結び目につけるとピンが目立たなくてgood。 スカーフを下から通して写真のように2回結んで、全体のバランスを見ながら顔周りの毛と後れ毛を出してコテで巻いたら完成! 簡単ヘアアレンジ方法|サイド編 【1】サイドに寄せたWくるりんぱで簡単こなれアレンジ \SIDE & BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・スプレーを髪全体に吹きかけ、手でもみ込んでおく。 ・こめかみ部分から上の毛をざっくり手ぐしでわけ、片側に寄せてゴムで結びます。 結んだ毛束を、まずはくるりんぱ。 【STEP2】 ・毛先を片手で押さえ、もう片方の手でくるりんぱした部分を少しずつつまみ、ふわっ感を出す。 ・軽くつまむようにし、崩しすぎないように注意を。 【STEP3】 ・毛束を片手で押さえたまま、トップの毛も少量ずつつまみ出す。 【STEP4】 ・結んだ毛束の下部分から細くひと束を取り、結び目のゴムを隠すように巻きつける。 ・後ろの位置で、小さいアメピンで留める。 【STEP5】 ・髪の毛全体をくるりんぱしたほうに寄せ、ひとつに結ぶ。 ・下でまとめた髪も、くるりんぱ! 【STEP6】 ・くるりんぱした部分を指で少量ずつつまみ出し、ニュアンスをプラス。 ・上段と同じく、結び目のゴムを隠すために、毛束を巻きつけてピンで留める。 【2】サイド片寄せがセクシーな超簡単アレンジ 不器用さんでもできる、イージースタイリングを指南してくれたのが、P-cottスタイリストの菊池かずみさん。 その誌面内容をもとに、実際にヘアアレンジをお試し!今回はセミディヘアバージョン。 \ヘアスタイルのポイント/ ・女っぽさが増す片寄せヘアは、顔周りの巻き、おくれ毛&バレッタで。 ・イベントシーズンにも映える華やかなヘアに早変わり! \How to/ 【STEP1】 ・顔周りをリバース巻き、その他はミックス巻きにしておく。 ・軽めのワックスを中間をメインにもみ込み、あまったものを毛先になじませて毛先をキープ。 【STEP2】 ・顔周りのおくれ毛の束感には、固まらないタイプの整髪料を。 長めの毛束は耳にかけて調整。 ・残りの髪はねじりながらサイドに寄せ、ピンで固定。 それを隠すようにバレッタをつける。 ・ダブルにすればヘアアレンジ上級者に見せることができちゃう! ・サイドでまとめてリボンで仕上げれば、とっても上品な雰囲気に。 アシンメトリーのバランスで、小顔効果も! \How to/ 【STEP1】 ・頭のいちばん出っ張っているハチより上の髪を、やや右サイドでゆるく結ぶ。 【STEP2】 ・下半分の髪も、やや右に寄せた下位置でゆるめに結び、1と同様に結び目の上の隙間から毛束をくるんと通す。 ・ヘアアレンジ下手なひとでも簡単にできちゃうねじりのテクはおすすめ! \How to/ 【STEP1】 ・トップを7:3にざっくり分けて、全体を軽く外巻きにします。 ・その後、片サイドにすべて髪を寄せます。 【STEP2】 ・サイド表面の毛束を、すくうように取ります。 【STEP3】 ・取った毛束をふたつに分ける。 ・それぞれを、内側に向かって毛先までくるくるねじります。 【STEP4】 ・3でねじった2本の束を、さらにねじり編んで、1本にします。 ・毛先はピンで仮留めを。 【STEP5】 ・4でねじった束以外の下ろしている毛を、ねじったサイドの耳下でひとつにまとめ、ゴムで結びます。 ・後ろがたるむとカッコ悪いので注意! 【STEP6】 ・ねじり合わせた毛束の仮留めピンを外す。 ・5で結んだゴムの上に巻きつけ、ピンで固定して完成。 ・耳より下の位置で束ね、もみ上げの髪を少し耳に被るようにまとめるのがポイント。 サイドはこんな感じ。 \その3 ポニーテールをくるくるまとめたおだんご/ ・先ほどのポニーテールから、毛先をくるくるねじりながらまとめたおだんごスタイル。 ・ピンでとめたあと、もう一度おだんごした部分をほぐすのがポイント! ・指で少しずつ毛束をつまみ出すと、自然な仕上がりになるのでオススメ。 ・ポニーテールから、ものの30秒ほどで完成した簡単おだんごヘアアレンジ。 バックスタイルはこんな感じ。 ・ところどころ髪がこぼれ落ちる感じも、またおしゃれ(落ちてくる髪が気になる人は、ピンで留めても)。 前髪も後ろに流すようにスタイリングしておく。 ・トップの髪を手ぐしで取る。 【STEP2】 ・1で取った髪をハーフアップの要領で1回ねじってピンで留める。 【STEP3】 ・左右から髪を少しずつ取りながら、髪全体を編み込みしてゴムで結ぶ。 ・毛先は左右どちからに寄せる。 \ベースの髪は胸下のロング/ 2018. 22 作成.

次の