こちらこそ ビジネス。 「こちらこそ」の正しいビジネスシーンで使い方の使い方と例文集

「ありがとう」だけじゃない!ビジネスの場で使える「感謝の言葉」

こちらこそ ビジネス

「こちらこそ」の意味と漢字 「こちらこそ」の意味は「相手の言うことは、むしろ自分から相手に言うべきこと」 「こちら」は「話し手自身、または話し手の側」を意味しています。 「こちら」は代名詞です。 「こそ」は「一つの事柄を特に強調して示すこと」を意味しています。 「こそ」は、他の強調を表す「ぞ」「なむ」という言葉よりも、度合いが強い係助詞です。 「こちらこそ」は普通の言葉に言い換えると「こっちこそ」になります。 「こちらこそ」には 「相手の言うことは、むしろ自分から相手に言うべきことだ」という謙遜したニュアンスが含まれます。 「こちらこそ」の漢字は「此方こそ」 「こちらこそ」は 「此方こそ」と書くことができます。 「此」は音読みだと「シ」、訓読みだと「これ」「この」「ここ」「かく」と読みます。 「方」は音読みだと「ホウ」、訓読みだと「かた」と読みます。 「此方」は「こちら」だけでなく、「こなた」「こち」「こっち」「こんた」と読むこともできます。 ただ「此方こそ」と漢字で表記することは少ないので、 「こちらこそ」とひらがなで表記するのが無難です。 「こちらこそ」の使い方 「こちらこそ」は相手からお詫びや感謝されたときに自分も同じことを伝える場合に使う 「こちらこそ」は、相手からお詫びや感謝をされたときに、自分も相手に同じことを伝えようとする場合に使います。 「こちらこそ」という言葉を付けることにより、相手よりも自分の気持ちの方が大きいことを表現できます。 例えば、相手に「この度はご協力いただきありがとうございました」と感謝されたときに、「こちらこそ、お忙しい中お越しいただき、誠にありがとうございます」などと使うことができます。 そのため、「こちらこそ」に続く言葉でしっかりと敬意を払うように気をつけましょう。 「こちらこそ」だけで返すのは失礼にあたります。 「こちらこそお会いできて光栄です」 「こちらこそすぐに気付かずに申し訳ございませんでした」 などと使うようにしましょう。 ビジネスメールや就活でも使える「こちらこそ」の例文 感謝・お礼をするときは「こちらこそありがとうございます」など 「こちらこそ、ありがとうございます」は、相手から感謝を受けた場合に使います。 相手の感謝を受け入れ、自分も感謝していることを伝える場合に用います。 「こちらこそありがとうございます」は、相手に何か感謝されたときに、私も感謝していますよということを伝えるために使います。 例えば、上司に「今日は遅くまで手伝ってくれてありがとう」と言われた場合は、「こちらこそ、ありがとうございました」と言うことができます。 単に「ありがとうございます」と言うよりも「こちらこそ、ありがとうございます」と言った方が、丁寧な印象を与えられます。 主な言い回し ・こちらこそありがとうございます ・こちらこそ感謝しております ・こちらこそ感謝申し上げます ・こちらこそお心遣いに感謝しております ・こちらこそお心遣いいただきありがとうございます 例文 ・(相手)「本日は貴重なご意見をいただき勉強になりました。 大変感謝しております」 (自分)「いいえ、とんでもございません。 こちらこそ、お忙しい中、弊社までご足労いただきありがとうございます」 ・(相手)「今回のプロジェクト実行に関してご助力いただいたことに、心より感謝申し上げます」 (自分)「こちらこそ、今回のプロジェクトに携わったことで、貴重な経験をすることができました。 誠にありがとうございました」 謝罪・お詫びをするときは「こちらこそ申し訳ございません」など 「こちらこそ、申し訳ございません」は、相手から謝罪を受けた場合に使います。 「こちらこそ、ごめんなさい」といったように「こちらこそ」を付けて謝る場合は、たとえ自分が謝る必要がなくても使える表現です。 例えば、相手の荷物が自分にあたってしまい、相手から「ごめんなさい」と言われたときに自分が悪いことをしていなくても「こちらこそ、ごめんなさい」と言ってしまうことがありますよね。 「こちらこそ」は基本的に「相手の意見と同じ」際に使う表現ですが、どちらも悪い場合だけではなく、どちらかが悪くない場合であっても、相手が謝ったことに対して「こちらこそ、申し訳ない」と言うことができます。 主な言い回し ・こちらこそ申し訳ありませんでした ・こちらこそ申し訳ございませんでした ・こちらこそ失礼いたしました ・こちらこそすみませんでした ・こちらこそごめんなさい ・こちらこそ面目次第もございません ・こちらこそ失礼をお許しください 例文 ・(相手)「新しい資料をお持ちしました、確認不足で不備に気付かずに大変申し訳ございません」 (自分)「こちらこそ、すぐに気付かずに申し訳ございません」 ・(相手)「この度は私の不注意によってご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした」 (自分)「いえいえ、とんでもございません。 こちらこそ、ご多忙中にも関わらず、ご無理をお願いしてしまい申し訳ありませんでした」 挨拶で使われる「こちらこそよろしくお願いします」 「こちらこそ、よろしくお願いします」は、相手の挨拶に対しての返しとして使われます。 相手に「明日はよろしくお願いします」と言われた場合に、「こちらこそよろしくお願いします」と返すことができます。 例えば、ビジネスメールにおいて相手から「よろしくお願いします」ときた場合は、自分の思いや感謝を書いた後に「こちらこそよろしくお願いします」と記載することによって、相手に自分の気持ちが強いことが伝わります。 また「よろしくお願いします」と言われたときに、「こちらこそです」と返すのは明らかにおかしいので使用しないように注意しましょう。 主な言い回し ・こちらこそよろしくお願いします ・こちらこそよろしくお願いいたします ・こちらこそよろしくお願い申し上げます ・こちらこそいつもお世話になっております ・こちらこそはじめまして ・こちらこそお会いできて光栄です ・こちらこそお会いできて嬉しいです ・こちらこそ本年もよろしくお願いします ・こちらこそご挨拶が遅れまして 例文 ・(相手)「明日のイベントの手伝い引き受けてくれてありがとう。 明日は忙しくなるけどよろしくね」 (自分)「いいえ、イベントに携わることができて光栄に思います。 こちらこそよろしくお願いします」 ・(相手)「明日の午後2時に御社に伺います。 急遽決まったことですが、よろしくお願いいたします」 (自分)「お忙しい中お時間いただきありがとうございます。 こちらこそよろしくお願いいたします」 「こちらこそ」の使用上の注意点 - より丁寧に表現するには? 「こちらこそ」以降の文章は省略せずに使う 「こちらこそ〜」という表現は一般的によく使われますが、人によっては失礼だと思う人がいます。 例えば「こちらこそありがとうございます」と伝えたい場合は、先に相手が感謝を述べた上に、自分がそれにのっかる形になるので、感謝の内容を省略して表現していることになります。 お礼やお詫びをされた場合は一度否定してから「こちらこそ」を使う 相手は本来、謝る必要も感謝する必要もないけれど、一種の社交辞令としてお礼や謝罪を述べている場合があります。 それを自分が相手のお詫びや感謝だと当然のことのように受け取ってしまうと、相手に不快感を与えてしまいます。 ですので「こちらこそ」と言う前に、 「とんでもないです」「とんでもございません」を付けます。 「とんでもないです」は謙遜を表すときに使う表現です。 例えば「いいえ、とんでもないです。 こちらこそ誠にありがとうございます」といったように、相手のお詫びや感謝を一度、否定しておいてから、「こちらこそ」と続けることで、丁寧な表現になります。 例えば「むしろ」は、「この時計は女性をターゲットに作られたが、実際は、むしろ男性に人気があるようだ」といったように使います。 ・(相手)「今日はありがとうございました」 (自分)「いえいえ、とんでもないです。 例えば、相手に「ありがとうございます」とお礼を言われた場合に、「お礼をするべきなのは私の方です」と返すことができます。 こう返すことによって相手に、自分の方が感謝する気持ちが大きいということを伝えることができます。 ・(相手)「この間はご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした」 (自分)「いいえ、とんでもないです。 お忙しい中ご無理をお願いしてご迷惑をおかけしたのは、私です。 本当に申し訳ございませんでした」 ・(相手)「今日は遅くまで手伝ってくれてありがとう」 (自分)「いえいえ、間近で課長の仕事を拝見できて、私にとってとてもいい勉強になりました。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

「初めまして」の英語|6つの基本フレーズと使い方を習得!

こちらこそ ビジネス

「こちらこそ」の意味と漢字 「こちらこそ」の意味は「相手の言うことは、むしろ自分から相手に言うべきこと」 「こちら」は「話し手自身、または話し手の側」を意味しています。 「こちら」は代名詞です。 「こそ」は「一つの事柄を特に強調して示すこと」を意味しています。 「こそ」は、他の強調を表す「ぞ」「なむ」という言葉よりも、度合いが強い係助詞です。 「こちらこそ」は普通の言葉に言い換えると「こっちこそ」になります。 「こちらこそ」には 「相手の言うことは、むしろ自分から相手に言うべきことだ」という謙遜したニュアンスが含まれます。 「こちらこそ」の漢字は「此方こそ」 「こちらこそ」は 「此方こそ」と書くことができます。 「此」は音読みだと「シ」、訓読みだと「これ」「この」「ここ」「かく」と読みます。 「方」は音読みだと「ホウ」、訓読みだと「かた」と読みます。 「此方」は「こちら」だけでなく、「こなた」「こち」「こっち」「こんた」と読むこともできます。 ただ「此方こそ」と漢字で表記することは少ないので、 「こちらこそ」とひらがなで表記するのが無難です。 「こちらこそ」の使い方 「こちらこそ」は相手からお詫びや感謝されたときに自分も同じことを伝える場合に使う 「こちらこそ」は、相手からお詫びや感謝をされたときに、自分も相手に同じことを伝えようとする場合に使います。 「こちらこそ」という言葉を付けることにより、相手よりも自分の気持ちの方が大きいことを表現できます。 例えば、相手に「この度はご協力いただきありがとうございました」と感謝されたときに、「こちらこそ、お忙しい中お越しいただき、誠にありがとうございます」などと使うことができます。 そのため、「こちらこそ」に続く言葉でしっかりと敬意を払うように気をつけましょう。 「こちらこそ」だけで返すのは失礼にあたります。 「こちらこそお会いできて光栄です」 「こちらこそすぐに気付かずに申し訳ございませんでした」 などと使うようにしましょう。 ビジネスメールや就活でも使える「こちらこそ」の例文 感謝・お礼をするときは「こちらこそありがとうございます」など 「こちらこそ、ありがとうございます」は、相手から感謝を受けた場合に使います。 相手の感謝を受け入れ、自分も感謝していることを伝える場合に用います。 「こちらこそありがとうございます」は、相手に何か感謝されたときに、私も感謝していますよということを伝えるために使います。 例えば、上司に「今日は遅くまで手伝ってくれてありがとう」と言われた場合は、「こちらこそ、ありがとうございました」と言うことができます。 単に「ありがとうございます」と言うよりも「こちらこそ、ありがとうございます」と言った方が、丁寧な印象を与えられます。 主な言い回し ・こちらこそありがとうございます ・こちらこそ感謝しております ・こちらこそ感謝申し上げます ・こちらこそお心遣いに感謝しております ・こちらこそお心遣いいただきありがとうございます 例文 ・(相手)「本日は貴重なご意見をいただき勉強になりました。 大変感謝しております」 (自分)「いいえ、とんでもございません。 こちらこそ、お忙しい中、弊社までご足労いただきありがとうございます」 ・(相手)「今回のプロジェクト実行に関してご助力いただいたことに、心より感謝申し上げます」 (自分)「こちらこそ、今回のプロジェクトに携わったことで、貴重な経験をすることができました。 誠にありがとうございました」 謝罪・お詫びをするときは「こちらこそ申し訳ございません」など 「こちらこそ、申し訳ございません」は、相手から謝罪を受けた場合に使います。 「こちらこそ、ごめんなさい」といったように「こちらこそ」を付けて謝る場合は、たとえ自分が謝る必要がなくても使える表現です。 例えば、相手の荷物が自分にあたってしまい、相手から「ごめんなさい」と言われたときに自分が悪いことをしていなくても「こちらこそ、ごめんなさい」と言ってしまうことがありますよね。 「こちらこそ」は基本的に「相手の意見と同じ」際に使う表現ですが、どちらも悪い場合だけではなく、どちらかが悪くない場合であっても、相手が謝ったことに対して「こちらこそ、申し訳ない」と言うことができます。 主な言い回し ・こちらこそ申し訳ありませんでした ・こちらこそ申し訳ございませんでした ・こちらこそ失礼いたしました ・こちらこそすみませんでした ・こちらこそごめんなさい ・こちらこそ面目次第もございません ・こちらこそ失礼をお許しください 例文 ・(相手)「新しい資料をお持ちしました、確認不足で不備に気付かずに大変申し訳ございません」 (自分)「こちらこそ、すぐに気付かずに申し訳ございません」 ・(相手)「この度は私の不注意によってご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした」 (自分)「いえいえ、とんでもございません。 こちらこそ、ご多忙中にも関わらず、ご無理をお願いしてしまい申し訳ありませんでした」 挨拶で使われる「こちらこそよろしくお願いします」 「こちらこそ、よろしくお願いします」は、相手の挨拶に対しての返しとして使われます。 相手に「明日はよろしくお願いします」と言われた場合に、「こちらこそよろしくお願いします」と返すことができます。 例えば、ビジネスメールにおいて相手から「よろしくお願いします」ときた場合は、自分の思いや感謝を書いた後に「こちらこそよろしくお願いします」と記載することによって、相手に自分の気持ちが強いことが伝わります。 また「よろしくお願いします」と言われたときに、「こちらこそです」と返すのは明らかにおかしいので使用しないように注意しましょう。 主な言い回し ・こちらこそよろしくお願いします ・こちらこそよろしくお願いいたします ・こちらこそよろしくお願い申し上げます ・こちらこそいつもお世話になっております ・こちらこそはじめまして ・こちらこそお会いできて光栄です ・こちらこそお会いできて嬉しいです ・こちらこそ本年もよろしくお願いします ・こちらこそご挨拶が遅れまして 例文 ・(相手)「明日のイベントの手伝い引き受けてくれてありがとう。 明日は忙しくなるけどよろしくね」 (自分)「いいえ、イベントに携わることができて光栄に思います。 こちらこそよろしくお願いします」 ・(相手)「明日の午後2時に御社に伺います。 急遽決まったことですが、よろしくお願いいたします」 (自分)「お忙しい中お時間いただきありがとうございます。 こちらこそよろしくお願いいたします」 「こちらこそ」の使用上の注意点 - より丁寧に表現するには? 「こちらこそ」以降の文章は省略せずに使う 「こちらこそ〜」という表現は一般的によく使われますが、人によっては失礼だと思う人がいます。 例えば「こちらこそありがとうございます」と伝えたい場合は、先に相手が感謝を述べた上に、自分がそれにのっかる形になるので、感謝の内容を省略して表現していることになります。 お礼やお詫びをされた場合は一度否定してから「こちらこそ」を使う 相手は本来、謝る必要も感謝する必要もないけれど、一種の社交辞令としてお礼や謝罪を述べている場合があります。 それを自分が相手のお詫びや感謝だと当然のことのように受け取ってしまうと、相手に不快感を与えてしまいます。 ですので「こちらこそ」と言う前に、 「とんでもないです」「とんでもございません」を付けます。 「とんでもないです」は謙遜を表すときに使う表現です。 例えば「いいえ、とんでもないです。 こちらこそ誠にありがとうございます」といったように、相手のお詫びや感謝を一度、否定しておいてから、「こちらこそ」と続けることで、丁寧な表現になります。 例えば「むしろ」は、「この時計は女性をターゲットに作られたが、実際は、むしろ男性に人気があるようだ」といったように使います。 ・(相手)「今日はありがとうございました」 (自分)「いえいえ、とんでもないです。 例えば、相手に「ありがとうございます」とお礼を言われた場合に、「お礼をするべきなのは私の方です」と返すことができます。 こう返すことによって相手に、自分の方が感謝する気持ちが大きいということを伝えることができます。 ・(相手)「この間はご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした」 (自分)「いいえ、とんでもないです。 お忙しい中ご無理をお願いしてご迷惑をおかけしたのは、私です。 本当に申し訳ございませんでした」 ・(相手)「今日は遅くまで手伝ってくれてありがとう」 (自分)「いえいえ、間近で課長の仕事を拝見できて、私にとってとてもいい勉強になりました。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

「こちらこそ」の敬語の使い方(謙譲語/尊敬語)

こちらこそ ビジネス

「こちらこそ」は、日常会話でもよく使われる表現ですよね。 それだけに、ビジネスの場面で使ってもいい言葉なのか不安に思う方もいるのではないでしょうか? 今回はこの「こちらこそ」という言葉の使い方について、ビジネスシーンでの正しい使い方を例文と共に紹介します。 「こちらこそ」は、相手の気持ちに同調するときに使う表現 「こちらこそ」は、 相手が伝えてくれた内容に対して、自分も同じ気持ちだと伝える際に使う表現です。 また、 「相手が伝えてくれたことは、むしろ自分が言うべきことだ」というニュアンスが含まれることもあります。 同じ意味で「こちらの方こそ」という表現が使われることもありますが、これは日本語として誤りなので注意しましょう。 「こちらこそ」の類似表現 「こちらこそ」と同じ意味を持つ表現には、「むしろ」「~なのは…です」などがあります。 これらの表現を用いて、「こちらこそ、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした」という文を書き換えると、次のようになります。 しかし、ビジネスの場面で相手に不快感を与えないためにはいくつかの注意点があります。 ビジネスシーンで「こちらこそ」を使う際の注意点 目上の相手に使う際には、前後の言葉を省略せずに使う 例えば、相手から「ありがとうございました」といわれた際に「こちらこそありがとうございました」と返すと、場合によっては相手に不快感を与えてしまう可能性があります。 それは、 何についての「ありがとうございました」なのかが省略されてしまっているからです。 ただ「こちらこそありがとうございました」と返すだけでは、相手が示してくれた感謝の内容に乗った形となり、失礼だと思われかねません。 つまり、 ビジネスシーンでは何について「こちらこそ」と気持ちを表しているのかを省略しないことが必要なのです。 お礼を言う場合であれば、「こちらこそ、お時間をいただきましてありがとうございました」のように、何について感謝しているのかを示しましょう。 お礼やお詫びをされた際には、一度否定の言葉を挟む 相手からお礼やお詫びの言葉を受け取った際に、そのまま「こちらこそ…」と会話を続けてしまうと、 感謝や謝罪を当然のことのように受け取ったとみられ、不快感を与えてしまうかもしれません。 お礼やお詫びをされた際には 「とんでもないです」「とんでもないことでございます」といった否定の言葉を挟んで、相手を立てるようにすると、より丁寧な対応になります。 こちらこそ、貴重な経験をすることができました。

次の