大宮 駅 東口 再 開発。 さいたま市 大宮駅周辺で急速に進む巨大再開発―首都圏広域地方計画・スーパーメガリージョンを追い風にして―

大宮 の再開発マップ・再開発情報 2019年版

大宮 駅 東口 再 開発

JR大宮駅西口周辺で、がさいたま市内最大級のホテルを建設するなど再開発計画が進み始めている。 外国人観光客増加などでホテル需要が増加しているほか、マンションや商業施設などの計画も動き始めた。 西口は駅前に百貨店などがある一方、小規模建物の密集地域も残っており再整備が課題になっている。 東京建物は駅から徒歩5分ほどの場所に14階建ての「カンデオホテルズ大宮(仮称)」の建設を進めている。 敷地は約2250平方メートルで、延べ床面積は約1万平方メートル。 19年夏に完成する予定だ。 「新幹線など多くの鉄道路線が乗り入れる地域特性を生かして、観光やビジネス、イベント開催時の利用など幅広い需要を見込んでいる」(同社)という。 全国約20カ所でホテルを運営するカンデオ・ホスピタリティ・マネジメント(東京・港)が運営を担う。 カンデオホテルズはビジネスホテルとシティホテルの中間を狙っており、朝食付きの1泊で1室1万~1万5000円程度の価格設定になる見込み。 ビジネスホテルより部屋が広く、最上階には露天風呂やサウナなどを完備した「スカイスパ」を設ける。 カンデオホテルズ大宮の客室数は市内最大級の321室で、さいたま市は「不足している宿泊機能の強化につながる」(商工観光部)と期待する。 駅前のそごう大宮店近くでは、川村建設(さいたま市)の関連会社が19年にもホテル「エクセルイン大宮」の建設を始める予定。 12階建てで延べ床面積は約4000平方メートルになる見通しだ。 オフィスビルなどの複合施設「大宮ソニックシティ」の北側では、や三井不動産レジデンシャルなどが参画する再開発組合の大型施設建設計画が進む。 約1万3000平方メートルの土地に商業施設と約600戸のマンションから成る14階建てと地下1階、地上28階建てのビルを建設する。 19年度中に着工する予定で22年までの完成を目指す。 この隣接地(約9700平方メートル)でも商業施設やオフィスや約260戸のマンションなどが入る建物の計画が決まっている。 19年度に地権者などが参画する再開発組合を設立し、21年度に着工する予定だ。 こうした再開発によって居住人口増加や道路の拡幅・整備が進むことから、さいたま市は西口の活性化につながると見ている。

次の

さいたま新都心の資産価値はまだまだ上がる。大宮駅GCS構想とは?私情をたっぷり込めて説明

大宮 駅 東口 再 開発

新大宮区役所の完成イメージ図。 工事現場の防音壁に掲載 大宮区役所の移転理由 いまの大宮区役所は大宮駅東口から中央通りを真っすぐ進んだ徒歩数分の場所にあります。 昭和41年(1966年)に竣工されてから50年近く経過し、建物や設備が老朽化してしまい耐震基準やバリアフリー対応が旧世代のままとなってしまっています。 区役所は地震などの 災害時には情報収集などの防災拠点して機能を果たす必要があることから、建て替えが決まりました。 さいたま市から概要版資料のPDFが下記のリンクにあります。 大宮駅からのアクセス 新大宮区役所は 大宮駅からは1. 1㎞で徒歩約12分と微妙な距離。 歩けないことは無いけど、ちょっと遠くに感じる距離ですね。 バスの運行も検討はしているが、2017年4月の時点では未定の状態のようです。 バスがダメとなると車やタクシーとなりますが、周囲の道路は決して広くありません。 向かいに建つ市民会館おおみやでは様々なイベントが催されますが、そんな日は周囲に結構な渋滞が発生しています。 氷川参道から西側に1本ずれた通りでは道路の拡張工事()が予定されていますが、完成予定日も分からない状況です。 駐車場はタワーパーキングがありますがこちらは公用車や職員用です。 来場者用の駐車場は自走式で地下に100台弱分用意しているようです。 現区役所の駐車台数が120台とのことなので、少なくなってしまいます。 駐輪場は屋根付き。 ラック式かどうかは2017年4月時点では未定のようです。 台数は50台くらいかでしょうか? 全体的にアクセスは悪くなっており、バスの運行などが今後の課題かと思われます。 新大宮区役所はいつ移転するの? 平成31年(2019年)5月7日オープン予定とのこと。 ゴールデンウィーク明けの火曜日です。 私は有給とって見学に行ってみようかなと考えています。 駅徒歩3分の好立地に加え、最寄り駅が東日本交通の要「大宮駅」という好条件が揃うマンションです。 3-A,D地区にもマンション・オフィス・商業施設の複合ビルが建設予定 上記3-B地区と同区画にある3-A、D地区にも高さ100mのビルが建設されます。 このビルには260戸のマンション、オフィス、店舗が入る予定です。 まだまだ詳細は分からないのですが、東口は大宮GCS構想や大宮区役所移転といった商業や公共関連の再開発が多いのに対し、西口側はマンションの建設が活発ですね。 大宮駅東口の顔となるか。 大門町2丁目中地区再開発 平成33年竣工予定 大宮駅東口中央通り徒歩3分ほど 地上18階建 商業・業務・公共公益施設• 9~18階 オフィス・業務• 1~3階 商業・店舗• 地下 駐車場 この大門町の再開発事業ビルの立地はでは「シンボル都市軸」に位置する場所です。 大宮という街のシンボルとなるべく風格を備えた街並みにするとのことなので、当然こちらのビルにも風格が必要となります。 どのような店舗が入るのかは公表されておりませんが、それなりのブランドを持つとなりそうです。 大宮鐘塚C地区第一種市街地再開発 武蔵野銀行本店建て替え 西口の武蔵野銀行本店が建て替えとなります。 築50年ほど経過し、建物の老朽化が進み建て替えとのこと。 工事期間中は鉄道博物館駅前に移転して営業を続けます。 武蔵野銀行を使っていない人にとってはどうでも良く感じてしまいますが、銀行の堅牢でドッシリとした建築デザインは街の景観によい影響を与えてくれそうです。 氷川参道は車が通行禁止になる? 氷川参道横の緑道。 さいたま市が取得済みの土地はガードレールで区画されている 氷川参道と中山道の間にある「氷川緑道西通」が拡張されます。 現状の問題点として旧中山道を中心とした大宮駅東口の渋滞があります。 こちらを緩和するために平行して走る 氷川縁道西通りを拡張する予定となっています。 他にも下記のような施策が検討されています。 電線地中化(災害対策および都市景観の向上)• 氷川参道の歩行者専用道路化(渋滞の緩和) どちらも実現すれば、これまでの大宮の「ごちゃごちゃしている」というイメージから脱することのできるものであり、是非実現していただきたいところ。 2019年4月25日より氷川参道の区間が歩行者専用化されます(2018年4月8日追記).

次の

さいたま市最大級ホテル 大宮駅西口で再開発進む :日本経済新聞

大宮 駅 東口 再 開発

大宮駅グランドセントラルステーション(GCS)化構想の開発4地区のうち、けん引役となる中地区の「大宮駅前大門一丁目中地区市街地再開発準備組合」(さいたま市大宮区、町田宏遠理事長)は、同地区の事業協力者として大成建設を内定した。 8月の総会で正式に決定する。 3年後の都市計画決定を目指す。 コンサルタントとしてアール・アイ・エーが参画している。 大宮駅GCS化構想は、駅周辺街区のまちづくり、交通基盤整備、駅機能の高度化を三位一体で進める。 このうち、中地区の対象区域は大門1の約1. 1ha。 さいたま市が2019年11月にまとめた「(仮称)GCSプラン(案)たたき台」で、駅改良計画素案は中央連絡通路と新東西通路の間を「公共的空間など検討エリア」とすること、構想実現案は「中地区を中心に交通広場を配置する案」を深度化することを盛り込んでいる。 7月1日に開く第10回推進会議では、「(仮称)GCSプラン(案)」などについて審議する予定だ。 この他の3地区は、北地区(宮町1の約0. 7ha)で大宮駅東口北地区市街地再開発準備組合(齋藤巌理事長)が発足しており、南地区(大門町1の約1. 5ha)は大宮駅東口駅前南地区まちづくり推進協議会(沖田定男会長)、西地区(宮町1、大門町1の約1. 2ha)は大宮駅東口西地区まちづくり推進協議会(栗原俊明会長)が検討を進めている。

次の