耳垢 ベタベタ。 大人になってから耳垢の質が変わった原因は?

カナル型イヤホンを使うとベタベタになりませんか?それってワキガと関係あるかも。耳ベタベタの解消法

耳垢 ベタベタ

耳垢が湿っているのは2パターンあり!意外な原因で耳垢が湿っている? 耳が湿っている場合の掃除のコツをお伝えする前に、まずは 耳垢が湿っているといっても2パターンあります。 茶色い湿った耳垢• 白い湿った耳垢 茶色い湿った耳垢 まず茶色い湿った耳垢です。 色としては他にも黄色ぽいモノなどもあり、ベタベタして味噌のような形状のモノを指します。 これがよく言われる湿っていたり、濡れている状態を指す耳垢です。 色々な言われ方をされていて、 アメ耳、 ネコ耳、 油耳、 やち耳と言われます。 白い湿った耳垢 次にもう一つは白い耳垢です。 乾いた耳垢を湿らせた感じのもですが、似たようなもので鼻や顔の毛穴から、にょろっとでる油の角栓のイメージです。 NAVERまとめでは揚げパンタイプという記載がありました(揚げパンたべられないですね汗)。 私の場合は、乾いているパサパサの乾性の耳垢も取れますし、今紹介したような2種類の湿った耳垢になることもあるのでかなりハイブリッドなのかもしれません笑。 意外な原因で耳垢が湿っている? ちなみによく耳垢が湿るのは遺伝だとかワキガ(アポクリン汗腺)など言われますが、それ以外にも 普段から頻繁に耳栓やイヤホンなどをする人も比較的耳垢が湿りがちのようです。 特に耳の穴は構造上蒸れやすい場所なので、本当は乾いている耳垢の人でも蒸れていて湿った耳垢になりやすくなります。 耳垢が湿っている人向けの掃除のコツとは? でやっと本題の耳垢が湿っている人向けの掃除のコツなのですが、私がやっている方法の紹介です。 耳かきでまずは産毛の耳垢をとる• 最後に綿棒で耳の側面の耳垢をとる 1. 実は 耳の中にある産毛についている耳垢は結構多いです。 ちなみに耳かきは金属やゴム製のものなどありますが、先端が細ければどちらでも構いませんが、 先端の形状は細く・らせん状やギザギザになっている耳かきを選ぶといいでしょう。 また金属だと形状は違いますがミミダスが有名ですね。 特にらせん状になっている箇所で、産毛についている耳垢を引っ掛けるように耳垢を取ります。 多分使っているものとほぼ同じのゴムの先端らせん状タイプの耳かきです。 耳かきの先端が細いモノを使うことによって、耳垢を耳の奥に行ってしまうのを防ぎます。 (産毛の耳垢を放置していることで、耳垢がつまって難聴になっている人が多いみたいですね。 ) 2. 最後に綿棒で耳の側面の耳垢をとる で最後に耳の中(肌)に付着している耳垢を綿棒でふき取る感じで耳カスをとります。 実は耳かきで産毛についている耳垢をとるときに、耳の肌にこびりついている湿った耳垢も一緒に取れる場合が多く、綿棒は残りの汚れをとる感じでいいです。 耳鼻科の先生曰く、耳の肌側だけを耳かきで耳垢を外にかき出しても、産毛に耳垢が付着して残ることが多くそれが耳づまりの原因になるらしいです。 綿棒は白より黒がいい理由 まぁ個人的な意見ですが、 白い綿棒を使うよりも黒い綿棒のほうがしつこくやらなくて済むかなぁと思います。 白い綿棒は耳垢が取れてるかどうか微妙に分からなくなるので、必要以上に耳かきをしてしまう傾向がある気がします(耳をかき過ぎて痒くなってしまう)。 個人的には、先端が細い赤ちゃん用の黒綿棒がおすすめです。 湿っている人には耳垢の吸引器は効果なし? また耳垢の吸引器についてですが、湿った耳垢のアメ耳には効果はありません。 ただ耳の奥の産毛に引っかかっている白玉の耳垢はパサパサした耳垢よりもとれる印象です。 耳垢が湿っている人は耳垢が臭くなりがち? で耳垢が湿っている人の特徴としては耳垢が臭くなりがちなのですが… 湿った耳垢が臭い原因は耳掃除のし過ぎです(私もそうですが耳垢が湿っていると必要以上に耳かきをしてしまいます)。 結局、 耳掃除をし過ぎることで耳汁(掻いた後に出る膿)が出るためにその耳汁と湿った耳垢が交わることで臭くなります。 もちろん耳の中は蒸れやすく湿りやすくなるために、 雑菌が繁殖しやすい環境で湿った耳垢がさらに臭くなりやすいというのも原因です。 基本的に耳かきや綿棒で耳の中の肌を直接掻くように、耳かきをしなければ臭くはなりにくいのですが、今回紹介した耳掃除の方法であれば比較的耳の中の通気性が保たれるので、耳垢の湿りやニオイなども和らぐかもしれません。 この方法で耳掃除をしていると、通気性が良くなっているせいかアメ耳タイプの耳垢はあまりできなくなったと感じます(白玉タイプがほとんど)。 まとめ• 湿っている耳垢は2種類ある• 耳垢が湿っている人は先端が細くらせん状の耳かきで産毛の耳垢をまずは取るべし• 湿った耳垢が臭いのは掻き過ぎが原因 私はたまにウォーキングをしたりジョギングをしたりしているときに、音が漏れにくい(カナル型)のイヤホンをしながら音楽を聴いて運動しています。 やはり運動をした週に耳掃除をすると、普段より湿った耳垢がどっさり取れるので、必要以上に耳かきをしてしまいがちです笑。

次の

赤ちゃんの耳垢が湿っている!ベタベタの原因と対処法は?

耳垢 ベタベタ

医学的には耳垢の質が変わることはない 耳垢は大きく分けて、湿ったものと乾燥したものに分けられます。 アジア人の多くは乾燥した耳垢を持っていると言われていますが、これらは遺伝によって決まると言われています。 遺伝によって決まるものなので、医学的には乾燥した耳垢が途中で湿った耳垢になったり、湿った耳垢が乾燥した耳垢に変わることはないと言われています。 大人になってから耳垢の質が変わったという人が非常に多い 耳垢の質は遺伝によって決まるので、大人になってから耳垢の質が変わるということは基本的にはないようです。 しかし、大人になってから耳垢の質が変わったという人は非常に多く、口コミでも多数の人が耳垢の質の変化について報告しています。 「元々パリパリするほど乾燥した耳垢で、成人するころから徐々に湿った耳垢に変わり、一時は蜂蜜くらいの粘度になった」と、劇的に耳垢の質が変わった人もます。 ここまで多数の人が耳垢の変化を体験していることから、何らかの原因で耳垢の質が一時的に変わっていることが考えられます。 大人になってから耳垢の質が変わったとされる方々は以下のような特徴があります。 ・ジャンクフードや脂っこい食べ物ばかり食べていた。 ・アルコールを毎日飲む ・昼夜逆転の生活 ・お風呂に入ったときに頭まで潜っていた ・耳かきを毎日のようしていた ・ストレス ・喫煙 このような生活習慣の悪化が耳垢の質が変わった原因の一つとして考えられます。 人によっては、耳の内部にアポクリン腺という汗腺が微量にあるので(匂いは発しない)、アポクリン腺は脂っこい食事をとることで活発化します。 つまり、元々微量のアポクリン腺が存在していたのが、生活習慣や食生活の乱れによってアポクリン腺が刺激されたことで、耳垢の湿り気が強くなったという可能性も考えられます。 また、これらの生活習慣を続けている人は耳垢の質が変わっただけでなく、同時に多汗を感じるようになった人も多いので、生活習慣の悪化が汗腺やホルモンバランスに影響を与えたということが考えられます。 中耳炎の可能性 また、お風呂に入ったときに潜る行為や過度な耳かきによって 中耳炎になったという可能性も考えられます。 中耳炎になると耳に膿が溜まりやすく、耳垢が湿ったように見えることもあります。 場合によっては痒みや痛みを感じることがあるので、こういった症状がある人は耳鼻科で診察を受けましょう。 頻繁にイヤホン・耳栓をしている場合も耳垢が湿る 常にイヤホンで音楽を聴いている人などは、耳の内部が密閉されて蒸れてしまいます。 特に、お風呂上りで耳の内部に水が入っている状態でイヤホンをすると、耳垢が乾燥する暇がなくなってしまいます。 当然ですが、このような状態で耳かきをすれば耳垢は湿っています。 さらに、イヤホンは非常に不衛生なモノなので、それを頻繁に使い続けると耳真菌、外耳炎、ダニ、膿疱性発疹、吹き出物の原因にもなります。 また、中耳炎の原因にもなりますので、頻繁にイヤホンを使うのは控えましょう。 まとめ 大人になってから耳垢の質が変わることは医学的にはないようですので、中耳炎や油分の取りすぎ、イヤホンのつけすぎなどで一時的に耳垢の質が変わった可能性が考えられます。 耳垢の質が湿っていても特に問題はないようですが、元の乾燥した耳垢に戻したいならば生活習慣の改善から始めてみると良いかもしれません。 一時的にであれ体臭が気になる人は、デオナチュレの製品がおすすめです。

次の

耳垢のカサカサ、ネバネバを決める遺伝子の多型

耳垢 ベタベタ

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... ふと赤ちゃんの耳の中を覗いたときに、耳垢がベタベタと湿っていたら、「何かおかしいのかな?」と心配になりますよね。 いったい何が原因で、赤ちゃんの耳垢は湿るのでしょうか?今回は赤ちゃんの耳垢が湿っている原因と対処法についてご紹介します。 赤ちゃんの耳垢がベタベタで湿っているのは何が原因? 赤ちゃんの耳の中を見てみると、耳垢が溜まっていることはよくありますが、ベタベタして湿っているとびっくりしますよね。 原因はいくつかありますが、多くの場合は成長の過程で起こることなので、過度に心配する必要はありません。 よだれやミルクが耳に入る 赤ちゃんは仰向けになっている時間が長く、涙やよだれが耳の中に入りやすくなっています。 また、授乳中や授乳後に、口に入っているミルクや母乳がこぼれ出て耳に流れ込むと、耳垢がベタベタになり、湿っているように見えるのです。 対処法は、よだれやミルクが耳に入らないように拭き取ること。 授乳後はミルクや母乳を吐き戻していないかチェックし、泣いて涙が出ているときや、よだれが口からあふれて出ているときはこまめに拭き取ってあげてください。 関連記事 向き癖で耳が蒸れる 向き癖で赤ちゃんがいつも同じ方向ばかり見ていると、下になったほうの耳は常にフタをされているような状態になります。 こうなると、耳の中が蒸れて耳垢も湿ってしまいます。 同じ方向ばかりを向く癖がつかないように、赤ちゃんが向いている方向とは逆側から声がけをしたり、好きなおもちゃの音を鳴らしたりして、定期的に顔の向き変えてあげましょう。 頭の形にも影響するので、向き癖が強いときは対処してあげてくださいね。 もともとの体質 体質によって、耳垢が乾いているタイプと湿っているタイプに分かれます。 日本人は乾いているタイプが多いものの、耳垢が湿った体質の赤ちゃんもいます。 中耳炎 耳垢が湿っていて、耳の中から黄色い液体(耳だれ)が出てきたら、中耳炎にかかっている可能性があります。 中耳炎は風邪とセットで発症しやすい病気で、中耳炎にかかると、耳だれ以外に発熱や耳の痛みといった症状が現れます。 しかし赤ちゃんはまだ言葉が話せないので、しきりに泣いたり、耳を頻繁に触ったりして、体で異変が起こっていることを伝えてきます。 中耳炎が疑われる症状が現れたら、すぐに病院を受診しましょう。 関連記事 赤ちゃんの耳垢が湿っていたら耳掃除は? 赤ちゃんの耳垢がベタベタで湿っていると、ついつい耳掃除をしてキレイにしてあげたくなりますよね。 しかし、赤ちゃんへの耳掃除にはいくつかのリスクがあり、無理をしないのが基本です。 たとえば、綿棒で耳の中をキレイにしようとすると、耳垢を奥に押し込んでしまうことがあります。 赤ちゃんの耳垢は、放っておいても自然に出てくるので、無理に耳掃除をしなくても大丈夫です。 どうしても耳垢が気になる場合は、耳鼻科で耳の掃除をしてもらいましょう。 普段の赤ちゃんの耳ケアとしては、お風呂上がりに耳の入り口付近をガーゼや綿棒でキレイにしてあげる程度で構いませんよ。 関連記事 赤ちゃんの耳垢がベタベタで湿っているとワキガになりやすい? 体質的に耳垢が湿っている赤ちゃんは、ワキガになりやすいといわれています。 その理由はアポクリン汗腺にあります。 アポクリン汗腺とは耳の中や脇の下、陰部、肛門などにある、汗を分泌する腺です。 このことから「耳の中のアポクリン汗腺が多い人は、脇の下のアポクリン汗腺も多い」という傾向にあり、耳垢が湿っているとワキガの可能性が高いといわれています。 しかし、赤ちゃんの耳垢が湿っていたら必ずワキガになるというわけではありません。 あまり心配しすぎず、大きな心持ちで赤ちゃんの成長を見守ってあげてくださいね。

次の