ゼンリー フリーズ わかる方法。 Zenlyを出会いのプロ目線で評価【リスク高すぎ非推奨】

【大流行】現代っ子がやっている位置情報共有アプリ、ゼンリーとは!|JGS

ゼンリー フリーズ わかる方法

ゼンリーでブロックされているかも知れない リアルタイムで友達と位置情報を共有できるゼンリー。 しかし、リアルタイムで遣り取りができるだけに、友達にブロックされていないか気になってしまいます。 まずは、ゼンリーのブロック機能について詳しく紹介していきます。 ゼンリーでブロックに近い方法は3つ ゼンリーに於いてブロックと呼べる機能は、以下の3つになります。 ゴースト機能「フリーズ」 ゴースト機能の「フリーズ」を使うと、位置情報が停止したままになって、現在の位置が分からなくなります。 「フリーズ」を解除するまで、位置情報は停止したままになります。 ゴースト機能「あいまい」 ゴースト機能「あいまい」を使った場合も、現在の位置情報が分からなくなります。 「あいまい」を使っている場合は、位置情報が半径1キロくらいズレて表示されます。 ブロック ゼンリーにもブロック機能は存在します。 ただ、他のアプリでイメージするブロック機能とは少し違ってきます。 「ブロックをしている相手からは友達申請が届かない」というのが主なブロックになります。 ブロックされているか確かめる方法 下記では、相手がゴースト機能を使っているかどうかや、ブロックをされているかどうかを確認する方法を紹介していきます。 「フリーズ」は、ずっと同じ位置に表示される ゴースト機能の「フリーズ」を使われても、通知は届きません。 そのため、はっきりと相手が「フリーズ」を使っているかどうか確認する機能はありません。 しかし、「フリーズ」を使っている相手は、同じ場所から動かなくなります。 不自然な位に相手が動かない場合は、相手が「フリーズ」を使っている可能性が高くなります。 「あいまい」は、アイコンに矢印が表示される 相手が「あいまい」を使っている場合は、相手のアイコンの横にマークがつくので分かります。 相手との距離を検索しようとしても「~はあいまいになっています」というメッセージが出ます。 ブロックされている相手に友達申請を送る 相手にブロックされた場合、こちらに通知は届きません。 ブロックされている相手に友達の申請やチャットでメッセージを送ってみると、ブロックされているという旨のメッセージが表示されます。 友達をブロックできない ゼンリーでは、既に友達になっている人をブロックできません。 その為、 友達状態でいる場合には、相手にブロックされるということはありません。 友達を削除されると通知が来る 友達をブロックするためには、1度友達を解除してからブロックする必要があります。 相手が友達を解除した場合は、アプリを開いた時に通知が来るので分かります。 削除とブロックの違い 下記では、削除とブロックの違いを解説していきます。 「削除」は友達登録前に戻すこと 友達登録から「削除」すると、友達登録をする前の状態になります。 この状態では、友達登録前と同じように「友達登録の申請」や「1対1のトークの誘い」を行うことができます。 友達から削除すると相手に通知が行く 友達から削除すると、相手に通知が行くのでバレます。 相手が通知を読み飛ばしたとしても、地図上にあなたが表示されなくなるのでいずれバレます。 「ブロック」は友達登録申請の拒否のこと ブロックした場合は「友達登録の申請」や「1対1のトークの誘い」ができなくなります。 友達状態ではブロックができないので、友達登録を「削除」した後に「ブロック」をする流れになります。 「ブロック」の通知はいかないが、友達申請拒否のメッセージは流れる 相手をブロックしても、相手にブロックした事の通知はいきません。 しかし、 ブロックするためには友達の削除が必要であり、友達の削除の時点で通知が行くのでほぼバレるでしょう。 更に、ブロックした相手があなたに友達申請を出すと、上の画像のような拒否のメッセージが流れます。 編集後記 既に友達になっている場合は、ゴースト機能の「フリーズ」以外は分かる仕組みになっています。 「フリーズ」に関しても、待ち合わせなどの必要な時以外はずっと「フリーズ」にしているという方もいます。 そこは性格なので、あまり気にしない方が良いかも知れません。

次の

ゼンリーでゴーストモードにしたらこの表示が相手には出ますか?

ゼンリー フリーズ わかる方法

このページの目次• ホーム画面アイコンの使い方 Zenlyのホーム画面での各アイコンの使い方を説明をします。 各アイコンはタップすると少し拡大し、その画面が表示されていることを表します。 青い丸印が自分の位置です。 グレーの扇形はあなたのスマートフォンがどちらを向いているか示しています。 地図をピンチして広げると友達がどこにいるか、地図上で表示されます。 タップすると友達の一覧が下から出てきます。 () 上にスワイプすると、Zenlyの友達、Zenlyにすでに登録されている連絡先、連絡先の一覧が並んでいます。 チャットアイコンの使い方 画面左下にあるのがチャットアイコンです。 友達の個別チャットの一覧画面が開きます。 () チャット画面では 文字情報だけ送り合うことのできるテキストチャットの機能しかありません。 残念ながら画像や、動画などは送れません。 また、スタンプを送った場合もチャット画面には表示されません。 グループチャットでは 絵文字を送ることはできません。 プロフィールアイコンの使い方 画面右下にあるのがプロフィールアイコンです。 自分のプロフィールが表示されます。 他にも誰かが自分の位置情報を何回見たか、個別チャットで送られてきた絵文字の数、友達を追加するボタンが表示されます。 友達の位置情報画面の使い方 友達の位置情報が上半分に、チャット画面が下半分に表示されます。 友達のアイコンの下には友達のスマホのバッテリー残量も表示されるので、電池が切れそうかも分かるようになっています。 他にも飛行場にいたら飛行機マークが出ることを確認しました。 これはZenly側で自動的に表示される機能です。 右上にはいつの位置情報か表示されています。 退会していたり、ゴーストモードで非表示が選ばれている時、友達の電源が切れていると表示されます。 友達の位置情報が更新された時にこのようなポップアップ通知が送られてきます。 位置情報通知リクエストを送ると友達側にはこのような画面が開きます。 チャット画面の使い方 チャット画面の上部(画面中段)にも様々なアイコンがあります。 タップすると、が表示されるようになっています。 タップすると友達の家までの距離と行き方と住所が表示されます。 真ん中には文字チャットか、スタンプを送るか切り替えられるようになっています。 左側だと文字チャット画面、右側だとスタンプを送る画面に切り替わります。 チャット画面を上にスワイプすると広げることもできます。 中段にはその友達から受け取った絵文字の数と受け取った絵文字の上位3つが表示されます。 画面下部には友達の友達リストが表示されます。 連絡先以外の人とつながる可能性のある機能です。 連絡先以外の友達に位置情報を共有したくない場合は、を有効にしておきましょう。 を有効にしておくと一覧には表示されますが、 友達の友達はあなたを追加することができません。 プロフィール画面の使い方 Zenlyは日本語対応している外国のアプリのため、あまり詳細な情報がありません。 使った範囲で設定画面での各種設定方法をまとめています。 ゴーストモードの使い方 ゴーストモードはあなたの位置情報を誰にどの範囲で伝えるかを選べるモードです。 1人1人個別に設定することもできます。 決して友達の地図から消えるわけではありません。 非表示(フリーズ)に切り替えた時に友達に表示される画面です。 非表示(フリーズ)に切り替えた位置が表示されています。 右上に最後に、この場所にいついたのかが表示されています。 誤差は数mの範囲です。 友達には シティーモードというアイコンが右上に表示されます。 非表示・フリーズ 非表示に切り替えた位置が友達に表示されます。 友達の 地図上から非表示になるわけではないのでご注意ください。 スキー・スロープモード ゲレンデのリフトやコースが表示されるモードのようです。 まだ使ったことがないので使ったらまた更新します。 日本のスキー場はまだ情報として入っていないようですが、大きいスキー場のリフト名などは表示されているのを確認しました。 スキー場では便利そうな機能です。 地図オプション デフォルトで表示する地図を設定できます。 スタンダード、衛星写真、地図と衛星写真のハイブリッドから選択可能です。 画像は左からスタンダード、衛生写真、ハイブリッドで東京都内の地図を表示しています。 km表示とマイル表示を選ぶことができます。 プライベートモードの使い方 友達の詳細画面に出てくる友達の友達からの申請や、チャットを受付ないようにするモードです。 プライベートモードを有効にしておくと、連絡先にいる人だけ を友達として追加することができます。 チャット機能も連絡先にいる人とだけ使うことができます。 プライバシーを守りたい場合は プライベートモードを有効にしておくことをオススメします。 自分の連絡先にいる人だけがあなたを友達として追加したり、あなたにメッセージや、絵文字を送ることができます。 自分の連絡先にいる人にのみメッセージや絵文字を送ることができます。 (Zenlyのプライベートモード画面より抜粋) Zenlyの便利な使い方 広い場所ではぐれてしまうと、その度に電話やLINEで場所を確認して待ち合わせることになります。 そんな時 Zenlyがあると便利です。 どんなシーンで役立つか例をあげておきます。 遊園地での使い方 遊園地で誰がどのアトラクションに並んでいるか、乗っているかなど詳細に分かります。 アトラクションのこの辺りに並んでいるからまだ時間がかかりそう。 アトラクションにもう乗ってるから出口で待っていよう。 パレードの場所取りをここでしているから集合。 などの様々なシーンで役立ちます。 スキー場での使い方 各自の滑るスピードが違うスキー場に大人数で行くと大変です。 上手な人は先に滑って行ってしまいます。 あまり上手くない人は転んで立ち上がって時間がかかります。 そこでZenlyを使えば 誰がどこにいるのかすぐにわかります。 はぐれちゃったけどみんなこのリフトに乗ってるから下りてくるまで待ってよう。 疲れたからここのレストハウスで休憩してよう。 もうすぐ滑ってくるから下で見てよう。 などの使い方ができます。 長距離移動やツーリングでの使い方 複数台の車やバイクでの長距離移動でずっと並んで走っているのは難しいです。 割り込みや渋滞ではぐれてしまうこともしばしば。 前を走っている車をいつの間にか追い抜いていた。 パーキングエリアに入ったみたい。 道を間違えてるけどだいじょうぶかな? などはぐれないために便利です。 買い物での使い方 大きなショッピングモールでは別々のお店に行ってしまうと広くてよくはぐれます。 ショッピングモールで別行動をした時にも便利です。 あそこのお店にいるから合流しよう。 モールの反対側にいるからそろそろ買い物を済ませないと。 彼女がまだ店内で見てるから違う店に行こう。 など複数人で待ち合わせなくてもスムーズな買い物をすることができます。 海外旅行での使い方 海外旅行先で行きたい場所が別々の時にも便利です。 一緒に行っている相手がどこにいるか分かるので安心できます。 別の観光地に行ってる友達とあとで合流する。 買い物したい人と観光したい人で別行動。 違う飛行場に着いたけど後で合流する。 など海外でも位置情報がわかることによって、行動に制約が生まれなくなります。 盗難時にスマホの場所が分かる。 紛失時にスマホの場所が分かる。 落とした時にスマホの場所が分かる。 自分のスマートフォンがどこにいったかわからない時も便利です。 商業的な使い方 送迎バス、路線バス、タクシー、トラックの運転手、宅配便のサービスドライバー、配達ドライバーにZenlyをインストールしたスマートフォンを持たせておくと車の位置情報を正確に知ることができます。 Zenlyの位置情報で車の今いる位置が分かる• 会社側でも全ての車の位置情報を管理できる• 宅配ドライバーがどの辺を配達しているのか分かるので荷物の到着時間が分かる• お客さんにバスやタクシーの遅れや運行状況を伝えることができる ドライバーにZenlyの入ったスマートフォンを持たせれば実現できます。 送迎バスや、路線バス、個人タクシー、運送会社など車を管理しなければいけない業種でZenlyを活用するととても便利です。 会社としても1台のスマートフォンやタブレットで全ての車の位置情報を把握することができます。 すごく高額なGPSシステムを導入するよりもはるかに低コストで運用できます。 お客様にドライバーの電話番号を伝えることにより、お客様にも便利に使ってもらえるようになります。 飛行場や遊園地にいる友達には飛行場マークや遊園地マークもあるようです。 これはZenlyが位置情報を判断して自動で表示している機能です。 残念ながら自分では表示されているか確認することはできません。 友達に出てるか確認してもらい、スクリーンショットを送ってもらえば確認できます。 家マーク 家マークは友達が家にいる時に表示されるマークです。 学校マーク 学校マークは友達が学校にいる時に表示されるマークです。 Zenlyを始めて何日か学校、自宅を往復していると表示されるようになりました。 会社マーク 会社マークは友達が職場にいる時に表示されるマークです。 Zenlyを始めて何日か会社と自宅を往復していると表示されるようになりました。 飛行場マーク 飛行場マークは飛行場にいる時に表示されるマークです。 炎マーク 複数の友達と同じ場所にいると炎マークが出てきます。 これもZenly側で自動に出てくる仕組みになっているみたいです。 Zenlyのアプリアイコン Zenlyでは一定条件を満たせばアプリのアイコンを変更することができます。 現在は4種類のアイコンがあります。 エクストラトッピングアイコン (3人の友達、3日連続ログイン、プロフィール写真の設定。 チョコレートスワールアイコン (10人の友達、10日連続ログイン、プロフィール写真の設定。 ゴールデンアイコン (30人の友達、50日連続ログイン、プロフィール写真の設定。 スマートフォンの電源が切れている時 Zenlyはスマートフォンの電源が切れている時、電源が最後に入っていた場所を位置情報として共有します。 右上の友達の位置情報にどれぐらい前に電源が切れたかが表示されます。 Zenlyの退会方法 Zenlyには設定画面に退会というボタンがありません。 アプリを削除すれば退会したことになります。 ここで注意が必要です。 アプリを削除したからといって、友達なっている人の画面からあなたの位置情報が消えるわけではありません。 ずっと Zenlyを利用していない状態になるだけです。 Zenlyを削除しても、あなたが削除した場所を発信し続けます。 最後に居た場所が友達には表示される状態になります。 そのため、削除する場合は自宅、学校、職場など自分が頻繁に訪れる場所ではなく、 別の場所で削除することをオススメします。 ゴーストモードを使って 離れた場所にいることにして削除するのもオススメです。 Zenlyを削除した後に友達に表示される画面です。 最後にZenlyで共有した位置情報が表示されます。 右上に赤色で最後にいつこの場所にいたのかも表示されます。 Zenlyのダウンロード Zenly ゼンリー アプリは下記からダウンロードできます。 使い方によっては非常に便利なアプリですが、 友達と常に位置情報を共有します。 友達の友達から申請も、チャットもできなくなります。 Zenlyには退会機能がないため、 アプリを削除すると位置情報を共有しなくなります。 しかし、 削除した場所が友達には表示されることは覚えておきましょう。 生活範囲から 離れた場所でアプリを削除することをオススメします。 Zenlyの機能と特徴を良く理解して、便利に使えば役立つアプリであることは確かです。 しっかりと使い方を認識して使うようにしましょう。

次の

Zenly(ゼンリー)危険!?怖い!?位置がバレないようにする方法や退会方法など徹底解説

ゼンリー フリーズ わかる方法

高校生人気上昇中の「Zenly(ゼンリー)」ってご存知ですか? 自分の位置情報を公開、自宅もわかってしまう 「 Zenly(ゼンリー)」という位置情報共有アプリをご存知だろうか。 AMFによる「JC・JK流行語大賞2018」のアプリ部門でも、「TikTok」「LINEのたまごっち」に続いて第3位にランクインするなど、近年 高校生の間で人気が高まっているアプリだ。 どのようなアプリなのか、そして位置情報を公開することに問題はないのか。 安全に利用するための設定までをご紹介したい。 アプリを起動すると、 自分の現在地と友達の現在地が地図上に表示される。 友達とはチャットも可能だ。 移動中でも現在地がわかり、地図上の友達が2人以上集まっていると炎が表示されるため、待ち合わせや合流がしやすいと評判だ。 「家に居ると暇だとわかるから遊びに誘いやすい」などの使い方がされているようだ。 基本的には電話番号を知っている人たち同士でつながるアプリだが、Zenly IDを知っていたり、スマホ同士を「Bump」(LINEの「ふるふる」のようにアプリを起動した状態でスマホをふること)をすると友達登録ができてしまう。 Zenlyはある程度友達がいないと楽しめないアプリのため、「 ゼンリー誰でも追加して」とIDをTwitterや掲示板で公開している子どももいる。 IDさえ知っていれば誰でも友達追加でき、自宅や現在地などを特定できるので、利用している子どもには注意しておきたい。 プライバシー設定は「オン」がおすすめ Zenlyを安全に使うためには、プライバシー設定が大切となる。 右上の設定マークをタップし、「プライバシー設定」をタップして設定しよう。 「プライベートモード」「おすすめユーザーをオプトアウト」はオンがおすすめ 「プライベートモード」をオンにすると、 現在の友達とアドレス帳登録者以外からの友達申請、メッセージを防ぐことができる。 自分がメッセージを送れる相手も同様に限定される。 オフのままだと、アドレス帳登録者以外からも友達申請やメッセージができるようになっている。 「おすすめユーザーをオプトアウト」をオンにすると、「知り合いかもしれないユーザー」に表示されなくなる。 オフのままだと、「電話番号を登録しており、Zenlyを利用しているユーザー」や「友達の友達」が表示される。 誰でも友達追加しているユーザーが友達にいる場合リスキーなので、やはりオンにしておきたい。 どちらもデフォルトとままではオフなので、必ずオンにしておこう。 ただし、子ども自身で簡単にオフにできてしまうので、なぜオンにしたほうがよいのか伝えておく必要があるだろう。 また、IDを安易に公開するリスクについてもきちんと伝えておくと安心だ。

次の