レシピ 著作 権。 料理のレシピは著作権の保護対象?それとも特許?

[企業法務]料理レシピに著作権はあるのでしょうか?

レシピ 著作 権

料理のレシピの知財保護を考える・・・著作権の保護対象?それとも特許権? こんにちは。 ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。 よく意外だと言われるのですが、私は結構料理が好きです。 月1回通っている料理教室も今年で3年目を迎えました。 世の流れなのか、年配の男性のみならず若い男性の受講生も多いです。 今日はそんな料理のレシピの法的保護について考えてみたいと思います。 例として「かつおだしの取り方」のレシピを見てみましょう。 【鍋に3カップの水を入れて火にかけ、沸騰したらけずりがつお10グラムを入れる。 再び沸騰したら火を止める。 1~2分おいて、こす。 】 これは一番単純なレシピですが、手の込んだ料理のレシピであっても、材料・分量・作り方の手順が説明されているという点では大体共通しています。 ではレシピは著作権で保護されるのでしょうか? 著作物であるには、思想又は感情を創作的に表現したものであることが必要です。 しかし、「かつおだしの取り方」のレシピの例のように、レシピは一般には単なる料理の手順の説明文にすぎず、著作物とは言えないと思います。 自分が新しく考えたオリジナルレシピだから著作物だ、と考える方もいるかもしれませんが、よほど表現に創作性があると認められない限り、著作権の保護対象外となるでしょう。 次にレシピが特許の保護対象になるかどうか、ですが、レシピの表現そのものではなく、調理方法としてであれば、一定要件下で特許権を取得できます。 調理方法の特許の事例は、でも紹介されていますので、ご参照ください。 しかし、調理方法について特許が取れるとしても、秘伝のタレなど、絶対に公開したくないレシピであれば営業秘密としてきっちり管理すべきでしょう。 特許権を取得するということは情報が公開されるということを意味します。 コカ・コーラのレシピは最高機密として厳重に金庫に保管されているというのは有名な話です。 秘密にすることにより、他社に真似されることなく、市場における優位性を長期に亘り保つことができるのです。 もちろん、営業秘密にする以上は、限られた社員以外には公開しないなど、厳重な管理が必要となりますが。 今日は以上です。

次の

クックパッドレシピの著作権について

レシピ 著作 権

私的使用のための複製は大丈夫なんです 基本的にどんな著作物であっても、「私的使用のための複製」であれば使用を認められています。 普段の生活でわかりやすく例えると、「テレビ番組を録画する」行為がそれを示します。 テレビの番組を、「後から自分で見る」ということを目的としている行為なので、私的使用と認められるわけです。 ですが、これらを動画としてブログやSNSに勝手にアップすることは、「他人にでも見れる」というところから著作権法違反ととられます。 「私は他の人のためにブログを書いているのではなく、自分のためだけにブログを書いている」という言い訳は通用しませんので悪しからず… また、レンタルDVDなどでコピーガードされているものをコピーする行為もNGです。 記事の引用はどこまでOK? 著作権法を見ると、以下の通り示されています。 著作権法というのは、サイトの記事や書籍から、相手の許可なくコピーしても良いとされているもの。 この範囲内であれば引用して良いということです。 注意すべきポイントをまとめてみました。 引用部分がはっきりと他の部分と区別されていること blockquoteタグ(引用タグ)を使用し、オリジナルの文章と比べて引用の文章であることが明確である必要があります。 blockquoteタグ(引用タグ)を使用しても、引用であると分かりにくいデザインの場合は区別されていないと認識される恐れがあります。 引用部分の内容を勝手に変更しない 引用を使用する場合は、内容を変更せずにそのまま使用しなければなりません。 要約も本来の意味と変わってしまう可能性があるため、要約することも禁止されています。 引用した出典元は必ず明記する どこからテキストや画像を持ってきたのか明記する必要があります。 サイト名とリンク先を載せることが必須です。 引用したものだけで記事を作成しないこと 引用部分はオリジナル記事の1割~2割以内に留める必要があります。 引用ばかりで記事を作成しても、オリジナル記事とみなされません。 記事を作成するにあたって引用する必要性があること 記事を書いている際に、引用しなければ説明できないという状況になっているかどうかです。 単純に「今日この人の言葉に共感したから載せてみよう」ですと記事全体の話題とずれてしまう場合があります。 引用しなくてもよい場合は、引用を使用する必要はありません。 以上の条件を満たせば引用することができ、他の人の著作物を利用しても著作権侵害にはなりません。 テキストの他に画像を引用することも可能ですが、注意が必要です。 詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 画像の著作権について 最も問題になることが多いのが、画像や動画の使用。 画像(動画)には、著作権と肖像権とパブリシティ権というものが存在するので少しややこしいのですが、まず抑えておいてほしいポイントから見ていきましょう。 これは、商用サイトであっても個人のブログであっても同じ条件です。 それと同時に、撮影された側には肖像権というものがあるので、例え自分が撮影した写真(動画)であっても、ブログやSNSなどに勝手に掲載した場合、「肖像権の侵害」を訴えられる可能性もあります。 また、パブリシティ権というのは、有名人や芸能人の画像(動画)に存在します。 「顧客吸引力」といって、その人の画像を使って人を集めたり、利益を得たりするために使用するものなので、パブリシティ権を無視して無断で画像を使用すると、損害賠償を求められる場合もあります。 歌詞の使用は禁止 無断で歌詞を使用(一部だけでも)することは禁止されています。 使用してしまった場合は、サーバーを管理しているメールアドレス宛にJASRAC(日本音楽著作権協会)より削除の依頼がきます。 サーバー会社が仲介してという場合がほとんどです。 連絡が来た場合は早急に削除の対応をするようにしましょう。 ちなみに楽曲のタイトルのみなら著作権にはひっかかりません。 もし歌詞を掲載したい場合は、事前にJASRACに歌詞の使用を許可とるようにしましょう。 外国曲の歌詞はJASRACでは許諾できませんので注意しましょう。 この場合ってどうなるの? Q:街で芸能人に遭遇。 一緒に撮影してもらった写真をブログにアップしても良い? A:この場合、著作権はあなたにあるので問題ないのですが、肖像権が相手にはあります。 ですから、許可なく勝手にブログ等に掲載することはNG。 賠償を求められても文句は言えません。 Q:写真集などに掲載されている写真を自分のカメラで撮影してブログにアップするのはOK? A:この場合もNGです。 他の人が撮影した画像などを撮影しなおしたとしても、著作権で保護されている著作物をメインで撮影した画像は、著作者の許可なく掲載はできません。 Q:ネットで見つけた料理のレシピをコピーしてブログに掲載しても良い? A:レシピの書き方にもよりますが、文章丸々コピーして掲載することはNG。 ですが、レシピ自体には著作権はありませんので、レシピを自分の言葉で記述することは良しとされています。 まとめ 不鮮明でわかりづらい部分も多い著作権ですが、ルールを守って正しく使用していきましょう。 ちなみにブログのアイキャッチ画像や記事内の写真で困った時は、もうすでに相手の許可がある画像として登録されている素材サイトなどから選ぶのがオススメです。 インファクトのブログでもいくつか紹介している記事があるので、参考にしてみてください!• カテゴリー• 736• 114• 544• 1,656• 118• 524• 457• 543• 176• 198•

次の

【レシピに著作権はない⁉】パクっても著作権侵害にならない理由とは|刑事事件弁護士ナビ

レシピ 著作 権

結論は、記事中の「運営元がこれ(他人のレシピを勝手に投稿する行為)を放置しても、モラルの問題は別として、法律違反を問われる可能性は低いと思われます」という弁護士先生のコメントどおりです。 著作権法の大原則は「表現は保護するがアイデアそのものは保護しない」なので、レシピというアイデアそのものが保護されないのはいたしかたありません。 では、著作権法を改正して、レシピというアイデアそのものも保護できるようにすればよいかというとそういうわけにもいきません。 たとえば、カツカレーの起源は諸説ありますが、プロ野球選手の千葉茂氏が1948年に発案した説があります()。 この説が正しいとすると、千葉氏は2002年に亡くなっていますので、もし著作権法でレシピそのものが保護されるとするならば、2052年まではカツカレーの作り方を公開したり、カツカレーを販売したりするために千葉氏の遺族の許可が必要となってしまいます。 さすがにこれは問題でしょう。 法律によるアイデアそのものの保護はかなり限定的に行なうことが必要ですが著作権による保護は強力すぎます。 一方、特許法はアイデアそのものを保護する法律ですが、対象を技術的アイデア(発明)に絞り、(著作権法とは異なり)審査により新規性・進歩性等の要件が満足されていると判断された場合のみに権利を付与し、保護期間も20年にするという限定的保護になっています。 では、料理レシピを特許で保護することは可能でしょうか?反復可能で明確に定義された技術的方法であり、かつ、進歩性・新規性が満足されれば特許で保護され得ます。 食品会社が工場で大量生産するようなレベルでなく、料理人がキッチンで作るような料理でも特許化できます。 この例としては、渋谷にもあるカレー屋いんでぃらによる(私もたまに急に食べたくなる)「えびめし」のソースの製法特許(第2894982号)(現在は年金不能により権利消滅)、おからこんにゃくの製法特許(第3498087号)等があります。 おからこんにゃく特許のクレームは以下のようになっています(これくらいシンプルでも新規性・進歩性があれば特許化は可能です)。 【請求項1】 こんにゃく粉を湯でゼリー状にまで混和し、これに生卵とおからを混和し、水酸化カルシウムをぬるま湯に溶解したアルカリ液を上記混和物に混和し凝固成型し、これを適宜に切り分け、加熱して残余のアルカリ分を除去し食肉感を与えたことを特徴とする食材の製法。 ただし、特許権は実施を専有できる権利なので、レシピの公開には権利は及びません(むしろ、アイデアの公開を促進することが特許制度の本質です。 )したがって、冒頭記事にあるような他人のレシピを勝手に投稿するというケースに対しては特許権は無力です。 また、特許権の効力は「業として」の実施にしか及びませんので、家庭で作る行為は差し止められません(家でおからこんにゃんくを自作する分には特許権を侵害することはありません)。 あくまでも他のレストランや食品工場での調理(生産)や料理の販売等を差し止められるだけです。 いろいろ限界はありますがレシピを他人(他社)に絶対真似されたくない場合には、特許取得も検討に値するケースはあるでしょう。 #今月からやや深掘りした特許分析を有料記事として書いていくことにしました。 日米の情報通信技術関係の興味深い特許(特にGAFAによるもの)を、権利範囲の分析まで含めて書いていきます。 商標、著作権関係、および、その他小ネタ系の記事は今までどおり無料記事として書いていきます。 第1回目は、アップルによるコンピューテイングデバイスの筐体に関するです。 この記事は下の「サンプル記事」のリンクから全文読めます。 米国以外の出願は確認できていません(優先日が2018年9月16日であることから、よほど早期に登録されない限り、公開はまだ先になります)。 発明のポイント iPhone Maniaが本特許について触れている記事「」を見ると、スマホ向けのケースの発明のように見えますが、後付けケースの発明ではなく、スマホ、タブレット、ラップトップコンピューター等が本来持つ筐体(ハウジング)に関する発明です。 なお、明細書を通じて「コンピューティング・デバイス」という括りで記載されており、スマホやタブレットだけでなくラップトップにも応用可能です(むしろラップトップの方が適用しやすい気がします)。 ポイントはタイトル画像図に示すように、ディスプレイ(104)と縁部分(103)を分離してヒンジにより可動にし、プロセッサ、メモリ、バッテリー等の本体部品を縁部分の内部(103)に収納することにあります。 これによって、別途スタンドなしでスマホやタブレットを立てて使用可能になります。 他の実施例として、別のスタンド形態が開示されています。 縁部分にプロジェクターとセンサーを設けることで仮想キーボードを縁内に表示するアイデアも開示されています。 また、ちょっとした工夫としてペンを縁部分に内蔵するアイデアも開示されています。 権利範囲 クレーム1の内容は以下のとおりです(仮翻訳は栗原による): 1. A computing device, comprising: a peripheral housing defining a through-aperture and an internal housing volume; a display disposed within the through-aperture and moveably attached to the peripheral housing; and a battery, a processor, and memory disposed entirely within the internal housing volume. 請求項1 貫通した開口部と内部筐体収納部を有する縁型筐体と、 前記貫通した開口部内に設けられ、前記縁型筐体に可動に接続されたディスプレイと、 全体が前記内部筐体収納部に収納されているバッテリーとプロセッサとメモリーとを 含むコンピューティング・デバイス。 なお、当然ですが、特許を取得したからと言って、必ず製品化がされるとは限りません。 特にスマホにおいて縁部分にバッテリーとプロセッサとメモリーを全部収納するのは実装上の困難が伴いそうです。 しかし、この発明はシンプルな構造の割には利便性が高そうな気がします。 現在、撮影等でスマホを立てておきたいケースは多いですが、スマホにスタンド機能を常備しようと思うと、スタンドケース的なものを使うか、スマホリング的な分厚い物を背面に貼り付けるなどのあまりエレガントでないソリューションが必要になってしまいますが、そういった問題を解決できる点でアップル好みと言えるかもしれません。

次の