親指 の 付け根 の 痛み。 親指の付け根が痛い原因とは?手や足で変わる疾患について

親指の付け根が痛い原因とは?手や足で変わる疾患について

親指 の 付け根 の 痛み

ホーム 足の親指が痛い 足に合わない靴を、ずっと履いままでいると、親指の骨が変形してしまい、やがて、赤く腫れてきたり痛みが出るようになってしまいます。 また、それ以外の原因として、血液中の尿酸量が増えてしまう事で、親指の付け根の痛みが生じる事もあります。 親指の付け根?痛みの原因 足の親指の痛みや、親指の付け根の痛みの原因は、 外部からの刺激だったり、食生活などが引き金になる事もあります。 脂っこい肉類中心の食生活も、尿酸を増やしてしまうので、関節内に炎症を起こす可能性も高くなります。 もちろん、それだけが原因ではありませんが、他には、真菌に感染し、それらが悪さをしてしまう場合もありますからね(汗) 真菌感染が原因で、足の親指が痛くなったりするのを防ぐためにも、足を清潔にしておく事も大切ですね。 スポンサードリンク 足の親指の痛みを伴う病気 痛風 足の親指の付け根が、赤く腫れていませんか?痛風の痛みは、指先以外に足首にまで及ぶ事もあります。 また、関節の部分が熱く腫れあがって、しびれる?ような?何とも不快な耐え難い、刺すような痛みがでてきます。 この病気は字のごとく、風が吹いただけでも痛む?と言うところから来ているだけあって、痛みのある時の苦痛は大きいものです。 3日ほどで、炎症が治まるので、それまでの辛抱ですが、血液中の尿酸量が改善されないと、またこの辛い痛みがぶり返してしまうので、治ったからと安心はできません。 健康管理には充分注意しましょう。 しかし、効かない場合は、原因が他にあるので、痒みも伴うのであれば、一度皮膚科を受診しましょう。 外反母趾 足の親指が、内側に曲がり変形していませんか?足の親指の痛みの原因の中では、一番多いのではないでしょうか(汗) 合わない靴を履いてしまわないように注意しましょう。 どこででもできる足指体操として、指を開いたり閉じたりする運動があります。 足指を開く時は、指が反り返らないように注意しながら、水平に広げる感じです。 始めのうちは、思うように力が入らないかもしれません^^;(汗) でも、大丈夫^^そんな時は、少し手も使って足の指を広げてあげれば良いのです。 広げて閉じての動きを、5回から10回くらい繰返しましょう。 毎日続ける事で、手を使わなくても自力でできるようになり、足指の可動範囲も広がってきます。 指先の炎症のため、関節の可動範囲も、かなり狭くなってしまったと思われますので、無理のない程度に、ぼちぼちでかまわないので、動かしていきましょう^^ たまには、靴をぬいで、足の指をグーパーしましょう^^ また、5本指の靴下も良いですね。 そして、家にいる時などは、足の指を開くグッズ系のものも、良く売っていますので、そうゆうものを上手く使って、足の指を広げてあげましょう^^ 足の指先を動かす機会は、なかなかありませんからね・・。 足の親指の痛みが取れてきたら、積極的に足指を動かして、足指の筋肉を鍛えてあげましょう。 例えば、手ぬぐいを引き寄せる足指運動などは、普段使わない足の指をまんべんなく使う事ができますので、お勧めです^^ まず、手ぬぐいを用意しましょう。 用意した手ぬぐいは、足の下に広げた状態で置きます。 イスに座り、足の指先だけを使い、手ぬぐいを手前に、グイグイと、たぐり寄せていきましょう。 簡単そうに思いますが、実際にやってみると、足の指がもつれそう?になります・・・。 まぁ・・・それは良し!として・・。 指先を動かす事で、脳の回転もすこぶる良くなりますし、冷え性の方にもお勧めです。 足先で血液の流れが滞るのを防いでくれますからね。 普段あまり使わない足指を、この機にどんどん動かしてあげましょう^^ スポンサードリンク.

次の

腱鞘炎で親指の付け根が痛い!痛みの原因や対策などについて9項目

親指 の 付け根 の 痛み

Contents• 足の親指の付け根が痛いけど外反母趾か痛風か分からない時の見分け方 痛風の症状と原因 痛風の症状 急に足の指の付け根が痛み出すことが多いです。 大概は、朝起きた時に何か足がおかしい あれっと思って立ち上がろうとすると、足の指の付け根に激痛が走り お酒飲む人だと、きっと 「昨日酔っ払って足をタンスの角にでもぶつけたかしら」 って思います。 痛風の発作だと、通常歩行するのも困難なほど痛みます。 親指の付け根を中心に赤くはれ上がっていて、指で軽く触っても痛みを感じます 文字通り風が当たっても痛みを感じるとはこのことです。 痛風の痛みの原因 痛風は血液中の尿酸が増えすぎて、血液の中に溶け込んでいられなくなるほど濃度が高くなると、尿酸は結晶となって固まって関節などに蓄えられていきます。 そしてこの結晶が大きくなりすぎると、身体が尿酸の結晶を異物として認識して、攻撃=炎症作用が発生して痛みを感じるようになります。 尿酸がたまる原因 端的に言うと次の4つになります。 ・尿酸の原料のプリン体を含んだ食べ物の食べ過ぎ ・体内が酸性になり尿に尿酸が排出されにくくなること ・尿(おしっこ)の量が少ない ・腎臓の働きが悪いなど体質的に尿酸を体外に排出する機能が弱い プリン体は身体の中で分解されて尿酸になります。 ですからプリン体を多く含む食べ物を食べると、体内の尿酸の量は増えます。 だから、なるべく身体を酸性に傾けないようにしないといけません 身体が酸性になるのは お酒、過度の運動、ストレス、野菜などの少ない食事 よくビールはプリン体が多いから痛風に良くないと言われますが、ビールに含まれるプリン体を気にするよりは、アルコール度数の高いお酒の方が、身体を酸性にして、尿酸値を上げやすいです。 尿(おしっこ)の量が少ないと尿酸が増えるのは 尿酸は大部分が尿(おしっこ)として排出されますから、尿が少なくなれば、当然体内に蓄積される尿酸も増えていきます。 尿が減るのは、 夏場で暑かったりサウナなどで汗をかいた場合 長時間の運動で汗をかいた場合 何らかの都合があり尿(おしっこ)の回数や量を減らそうとして水分の摂取を制限した などの場合があります。 また、生まれつきの体質や、病気などが関係して、腎臓の働きが悪い場合などもあります。 尿酸は、何年もかかって蓄積するもので、1日や2日くらい暴飲暴食したからすぐに痛風になるというわけではなく おそらくは会社の健康診断などで数年間、尿酸値が高い「高尿酸血症」と判定されていた期間があるはずです。 以上のことから、体質や病的なものを除き、痛風患者の多くは40~50代の男性で、よくお酒を飲む人に多くなっています。 外反母趾の症状と原因 外反母趾の症状 外反母趾は足の指の付け根の部分が横に広がって、親指が身体の外側に折れ曲がってきます。 この親指が折れ曲がる時に痛みを発症し、何年か我慢しているうちに痛みが無くなってくることもあります。 ただし、親指の変形は次第にひどくなってきます。 歩行に大きな支障が出ますが、痛風のように立ち上がるのも困難と言うことはありません。 また、症状は徐々に現れ、痛風のようにある日突然ということもあまりありません 外反母趾の痛みの原因 外反母趾で痛みが生ずるのは 親指の付け根が変形して飛び出し靴に当たって痛い あるいは、靴に当たることで、身体の防御反応から皮膚の下に滑液包(かつえきほう)というクッションが作られるのですが、この部分が炎症を起こして滑液包炎になって痛みを生じます。 この間に指の関節の曲がり具合は進行し 親指の関節の曲がりがひどくなると、脱臼してしまうこともあります。 外反母趾になる原因 外反母趾の根本原因は足の指の付け根付近の筋力が弱くなることです。 メカニズムとしては 指の付け根付近の筋力が弱くなり、足裏のアーチが崩れて横に広がり開張足と言われる足底が横にべたーっと広がった状態(開張足)になります。 注:足底は歩いたり走ったりする時の衝撃を吸収するためにアーチ状になっています。 その後、指の付け根の筋力が弱いまま、横に広がった状態になるので、指が圧迫されて中央の方に折れ曲がってきます。 そして、指が折れ曲がった状態が固定、あるいは悪化して痛みが生じてきます(痛みが生じない場合もあります) スポンサードリンク 外反母趾(足底の筋力が弱くなる)原因 外反母趾は結局足底などの筋力が弱くなることが原因ですが、なぜ弱くなるのかというと ・ハイヒールや先のとがった靴を履いていて、歩いている時に足の指が使えない状態が長く続いている ・運動不足で歩いたり走ったりすることが少ない ・足底を使って歩いていない ということがあげられます。 ハイヒールや先のとがった靴を履いていると指先が圧迫され、歩いている時に足の指が動かせません 人間は歩いている時には本能的に指で地面をつかみ、そして後ろに蹴り出すように動かしているのですが、この動きが全く出来ない為に 使わない器官は退化する。 ということで足底や指の付け根の筋肉や骨格がどんどん弱くなってしまいます。 運動不足で足の筋肉が退化してくるのは説明するまでも無いと思います。 最後の足底を使って歩いていないというのは 鶏と卵の関係になりますが、足底の筋肉が弱ってくると、足裏や足首の筋肉を使って真っ直ぐ後ろに蹴り出すことが出来なくなります。 そうなるとどうなるか お年寄りや女性に多いぺたぺた歩き 要は歩幅を短くして、足首を使わずに歩く歩き方になったり 歩き方がオーバープロネーション(過回内)になったりします。 注:オーバープロネーション(過回内) 足首や足底を真っ直ぐ後ろに蹴り出すだけの筋力が無いために、歩いたりする時に、かかとの外側から着地し、足の親指の内側に抜けるように体重を移動する歩き方(走り方)で、真後ろから見ると足底が過剰に内側に回転(過回内)しているように見えます。 そして、ぺたぺた歩きやオーバープロネーション(過回内)になると、歩く時に足底の筋肉をしっかり使わないために、ますます筋力が弱って、外反母趾を増長することになります。 痛風で足の親指の付け根が痛い時の緊急対処方法 痛風の発作が起きた場合、まず自分では動けないと思います。 四つん這いか片足でハネながら移動できないことはないですが、結構情けないです。 で、まずは病院を受診しましょう。 内科で良いです。 自分一人では動けないと思いますので、家族か単身であれば、友人など緊急援助隊の救援を仰ぎます。 といっても、そのまま放置すれば高尿酸の状態が続き、半年か1年後には再発、 さらに放置すれば頻繁に発作が起こるようになり関節がダメになったり、関節に痛風結節と呼ばれる大きなこぶのようなものが出来たり さらに腎機能がやられるなど命に関わる病気に発展する場合もあります。 家族などに支援が得られるし、救急車を呼ぶほどではない(恥ずかしいのではばかられる) でも今日は休日だという場合 当番医を探す方法もありますが 取り敢えず月曜日まで我慢してみようという場合は 薬局で「ロキソニン」:鎮痛剤を購入し痛みを抑えるという方法もあります。 注:ロキソニンは強力な薬で最近まで医者の処方が必要でしたが、現在は薬剤師がいる薬局で市販されています。 ロキソニンは炎症を抑える機能があり、痛風の炎症を抑えてくれます。 強い薬ですが、初日は許容量のMAXまで使って、一気に炎症を抑えてしまうことをオススメします。 中途半端に使っていると回復が遅れます。 ただし、あくまで許容量の範囲内で、長期間使用しないようにしましょう。 ロキソニンで発作が治まってしまう場合もありますが、快復したとしても、必ず受診して、高尿酸血症の状態を解消するようにしましょう(抗炎症剤でごまかして放置すると命の危険があります) PR 外反母趾で足の親指の付け根が痛い時の対処方法 外反母趾の対処としては サポーターやテーピングで痛みを和らげる方法があります。 ただし、サポーターやテーピングは単なる対処療法で、原因となる足底の筋肉などを強化しない限り、治療にはなりません 病院に行っても、おそらくテーピングやサポーターを薦められたり、足底の筋肉の鍛え方などを教えてもらえると思いますが あまり良心的でない病院の場合、必要の無い手術を勧められたり、高額なグッズを販売されたりする場合もあるので注意しましょう また、外反母趾の場合脱臼しているとか変形が極端にひどい場合など、緊急避難的に手術をする事はありますが、 筋力が弱っていることが根本原因ですから、手術で整形したり痛いところを取り除いても根本的な治療にはならず、 足指の機能を損なってかえって悪化させたり、再発を繰り返すことになります。 まとめ 痛風と外反母趾 経験があればこの二つの病気を間違えることは有りませんが、初めての場合、色々悩んだり迷ったりするかもしれません ただし痛風は急性の強烈な痛みですし 外反母趾は慢性的な痛み どちらも生活習慣病のようなものですが、分かってしまえば見分けは簡単です。

次の

親指の付け根が痛い原因とは?手や足で変わる疾患について

親指 の 付け根 の 痛み

母指CM関節症とは 母指とは「親指」を指す言葉です。 CM関節とは「手根中手関節」というもので、手首の関節の骨(手根骨)と掌の骨(中手骨)をつないでいる関節です。 5本の指すべてにあります。 ここでいう「母指CM関節症」は、「親指のCM関節の疾患」ということになります。 親指は1本だけ股が大きく開いて、さらに指の腹を他の指に向けることができます。 これを対立運動といいます。 こうした動きができるために他の指と組み合わせて使用することで、ものをつかむ、つまむ、握るなどの動作が可能になります。 こうした動作を支えるために親指のCM関節は可動域がとても広く、また大きな力を支えることも多く、負担もかかります。 この親指のCM関節が変形性の関節症を起こした状態が母指CM関節症で、親指に力を入れると親指の付け根(手首付近)に痛みを感じます。 母指CM関節症の症状 母指CM関節症では、たとえば瓶の蓋を開けようとして親指に力を入れた際に、手首の親指の付け根あたりに痛みが走ります。 シャツのボタンをかけようとして痛みに気づくこともよくあります。 これは関節軟骨が摩耗して隙間が狭くなり、滑らかな動きができなくなった関節症の典型的な状態です。 母指CM関節症では削れた軟骨によって滑膜に炎症が起こったり、関節液が溜まって腫れたりします。 軟骨が削れることで骨が硬くなり(硬化)、骨棘(こっきょく)という突起ができたりして関節が変形していきます。 この状態が続くと関節の動きが悪くなり、動かしたときに痛みを感じるようになります。 一度変形した関節は元には戻りません。 また、変形が進行することもありますので、早めの治療が必要です。 初期症状 初期症状としては、握る、つまむといった動作の際に親指の付け根(手首)に痛みが走ります。 先にも触れたように、瓶の蓋を開けたり、タオルを絞ったり、シャツのボタンをかける際に気づくことが多いようです。 中期症状 症状が進行すると、手首の親指の付け根あたりが膨らんで腫れてきます。 そのため、親指が開きにくくなります。 母指CM関節症がさらに進行した場合、親指の先端部の骨(末節骨)と2番目の骨(基節骨)をつないでいる関節(IP関節)が曲がり、基節骨と中手骨をつなぐ関節(MP関節)が反り返る、「白鳥の首」という指の変形が起こることがあります。 母指CM関節症の原因 指の関節はすべて蝶番のような構造になっています。 したがって、扉のように一方向だけに回転運動をすることができます。 唯一CM関節だけが鞍関節(あんかんせつ)といって、馬の鞍のような形をしていて、鞍同士が互い違いにすり合わさった形をしています。 そのために回転軸が2軸になって、より可動範囲が大きくなります。 とくに親指のCM関節は他の指よりも回転運動の自由度が高く、大きく動くため他の指と向き合うことができ(対立運動)、つかむ、握るなど、さまざまな動作を可能にしています。 しかしその分、指の酷使や加齢によってCM関節は摩耗が起きやすくなっています。 また、関節が腫れたり、亜脱臼が起きたりしやすく、変形などが起こりやすいといえます。 パソコンやスマートフォンのキーボード操作など、親指を酷使する環境にある方は、普段から適宜休憩を取って、手を休めることも重要です。 母指CM関節症の診断 親指のCM関節に腫れがあり、押すと痛む、ひねるような動作で強い痛みを感じるのが母指CM関節症の特徴です。 ただ、狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)やリウマチに由来する関節炎でも同様の症状が出ますので、X線検査によってCM関節に隙間や亜脱臼があるかどうか、関節に骨棘があるかどうかを確認します。 母指CM関節症の治療 保存療法 保存療法では、消炎鎮痛剤が入った貼り薬を貼り、CM関節保護用の軟性装具などを使って固定します。 装具は患者さんの手のサイズに合わせて作成します。 取り外しもできます。 親指から手首にかけて固めの包帯を8の字に巻いて関節の動きを制限する方法も有効です。 軽度であれば、睡眠時に装具などによる固定を行うだけで数週間後には症状がなくなるケースもあります。 痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤の関節内注射や内服薬の服用をすることもあります。 手術による治療 保存療法では強い痛みが改善しないケース、亜脱臼を起こしていたり関節の変形がみられたりするようなケース、「白鳥の首」などの親指の変形が起こっているケースでは、手術による治療が行われます。 代表的な手術に関節固定術があります。 本来CM関節があった部分の骨の関節面を削ってつなぎ合わせます。 母指CM関節症が進んでいる場合や、手術後、力仕事に復帰を希望する方に行われることが多い手術です。 術後の固定期間が長いことが欠点で、またCM関節を固定してしまうためにポケットに手を入れるなどの動作に支障をきたすことがあります。 切除関節形成術は、関節の可動を温存する手術です。 大菱形骨の一部を切除して靱帯を再建します。 大菱形骨とは、CM関節で中手骨と接している骨です。 術後の固定期間も短く、親指の可動域も確保されますが、進行した母指CM関節症では施術できないケースもあります。

次の