コンカー ログイン。 「コンカークロスツー(CONQUERX2)」本格SF戦略シミュレーションゲーム。|オンラインゲームズーム

「コンカークロスツー(CONQUERX2)」本格SF戦略シミュレーションゲーム。|オンラインゲームズーム

コンカー ログイン

『』 「 経費精算の業務量を減らしたい・・」 「 経費精算の入力ミスが多い・・」 そんなお悩みを抱える方には『 』がおすすめ!• 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!• 会計ソフトへデータを自動連携!99. 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行! は 「 Concur Expense コンカー経費精算 」の導入をご検討されていませんか? 会社として経費精算システムを導入するのは初めて、わからないことだらけで、社内の理解も得られるかわからない。 そんな不安をお持ちではないでしょうか? 「Concur Expense」はSAP concurの経費精算システムで、日本では700社以上の企業で導入されています。 ファーストリテイリンググループなど日本を代表する大企業で利用されている導入実績が大きな強みです。 その他にもConcur invoiceやConcur Travelも提供しています。 本記事では「 Concur Expense コンカー経費精算 」を導入した企業の担当者の声をもとにした評判や強みを解説いたします。 Concur コンカー 経費精算の基本情報• 主な機能:経費精算から交通費精算、旅費精算、レポート分析機能、会計ソフト連携• 主な導入企業:ファーストリテイリンググループ、サイバーエージェント、NEC等• 導入企業数:700社以上• 月額料金:41,500円〜• 特徴:高度なレポート分析機能、外部サービスとの連携 Concur Expense コンカー経費精算 の5つの強み 強み1. 豊富な導入実績 Concur Expenseの強みの1つが豊富な導入実績です。 日本国内で700社以上の企業に導入されています。 全世界ではなんと4万社、4500万人ものユーザーに使われています。 ファーストリテイリンググループやKDDI、サイバーエージェント、オムロンやNECなど日本を代表する大企業の導入実績があります。 従業員数千人から1万人を超える企業でも問題なく、運用ができる実力をもったサービスであることがわかります。 経費入力の手間を削減 Concur Expenseを使うことにより、下記の3つの方法により従業員の経費入力を早くすることができます。 スマホアプリでどこからいつでも経費精算が完了 2. SuicaやPASMOの利用履歴を直接経費登録 カードリーダーにSuicaなどのICカードをかざすと、利用履歴が自動でConcur Expense に取り込まれます。 カードリーダーを購入する形となります。 そのため、別途オプションの費用が必要です。 コーポレートカードの利用履歴を自動経費登録 日付、金額、利用先等の項目をカード会社から連携してConcur Expense上で表示いたします。 コーポレートカードの利用履歴を自動的に経費登録をすることができます。 一部対応していないコーポレートカード、クレジットカードがありますので、注意が必要です。 強み3. 簡単に高度な分析ができる Concurを導入することによって、勘定科目や日付の他、接待交際費の同席者や航空券の航空会社や目的地、従業員の違反有無と違反理由など、会計システムでは取得できない詳細なデータが蓄積され、 分析レポートを作成することができます。 部署や従業員、利用目的によって使用経費額や頻度のグラフを簡単に作成でき、ひと目でわかるため、社内ガバナンスの強化に繋がります。 作成できるレポートの一例は以下です。 従業員レポート• 取引先レポート• 経費違反の人 TOP10レポート• タクシー代多い人 TOP5レポート Concur社内でタクシー利用減った 強み4. ぐるなびやパーク24、じゃらんなどの外部サービスとの連携力が強み ぐるなび法人予約サービスを使えば、会食にかかった費用や店名、人数などの情報をConcur Expenseに自動連携することができます。 会食先の飲食店で支払いをする必要がありません。 会食にかかった費用は後日、ぐるなびから企業へ一括請求されます。 後日、店名や人数、金額、お酒の提供有無などの会食内容が「Concur Expense」に自動連携されスムーズな経費精算を実現します。 実際の使用の流れについては下記図をご覧ください 引用: また、同様のことがUBERや全国タクシーやじゃらんについても可能です。 明細書や電子領収書が自動でConcurにデータ連携されるため、経費の入力にかかる時間を大きく削減することができます。 強み5. 信頼性の高いシステム コンカーエクスペンスはセキュリティの水準が高い大手金融機関でも導入がされています。 また、セキュリティーの面で第三者認証を得ており、高い信頼性を得たシステムと言えます。 下記のような広く認識された規格に対応してます。 ・ ISO 27001 — ITセキュリティ管理業務の世界標準 ・ ISO 20000 — ITサービス管理業務の世界標準 ・ SSAE 16 -Concur従業員経費管理ソリューションと、それを支援するホスティング機能に対応する標準 実際にConcur Expense コンカー経費精算 の口コミは?実際に導入した企業の人の声 株式会社クレディセゾンのケース 「申請の遅れや間違い、不承認などがあると、以前は財務経理部の担当者が当人に連絡していましたが、時に曖昧さゆえの心理的な軋轢を生じることもありました。 今は設定に基づき機械的に判断され、自動的にアラートメールが送信されるので、お互いに精神的な負担が軽くなりました。 さらに財務経理部としては直接取り込んだデータに対する監査が自動的に行えるようになり、管理負担が小さくなったことを高く評価しています」 株式会社DeNAのケース 直感的な操作画面がすばらしく、デモを見たら Concur 以外には考えられませんでした。 サポートセンターのレスポンスも非常に早く、満足しています」 Concur Expense コンカー経費精算 を導入すべき企業とは? ずばり従業員数千人を抱える大企業で、複雑なカスタマイズが必要な企業でしょう。 また、Concurは多くの有名な企業での導入に成功しているため、大手のサービスを安心して使いたいと思っている方にぴったりのサービスでしょう。 株式会社Concur コンカー の社風は?働きやすさは? 4年連続では働きがいのある企業1位に選出 株式会社Concurは4年連続では働きがいのある企業1位に選ばれています。 労働環境ややりがい、報酬など総合的な観点から働きやすい職場であることがわかります。 プレスリリースは Concur コンカー の社風はアットホームで社長との距離が近い 日本法人の設立は2011年と、まだ歴史が浅い会社ですので、社員同士の距離が近く、アットホームな雰囲気のようです。 また、年に一度従業員全体の合宿を行い、意見を積極的にディスカッションすることで、風通しのよい職場をつくっているようです。 社内アクティビティも活発 バディ制度というものがあり、これは毎月1回、ランダムに3人ひとつのチームになり、活動を開催するものです。 ランチやスポーツ、イベントなどを開催して社員同士が仲良くなれる機会が多くあります。 Concur コンカー に転職した社員の評判 株式会社Concurで実際に働いた社員の声をいくつかお伝えします。 「住宅手当や福利厚生が日系企業とくらべると、手厚くない」 「社内英語研修が充実している」 「成果に応じたボーナス制度が充実しているため、結果に関してしっかり報いられる環境」 のような声がありました。 株式会社Concurは基本的には年収も高く、成果を出せば報酬にて評価される環境と言えます。 Concur Expense コンカー経費精算 の弱み・デメリットは? Concur 課金体系は他社と異なっており、ユーザ数による課金ではなく、経費精算レポート数に応じた課金となっているため、注意が必要です。 1レポートの中に立替経費や交通費を入れて、まとめて毎月提出するものになります。 他サービスではユーザー数単位や領収書枚数単位の課金形式が多いため、単純な価格の比較を行うことが難しくなっています。 つまり、従業員数60名ですと、月額料金は60,000円程度です。 こちらにICカードリーダーなどオプション価格が加わるイメージとなります。 経費精算レポート数ごとの課金体系には以下のような特徴があります。 普段あまり経費精算をしない社員の方にもIDを持って頂くことができます。 毎月料金が変動する。 経費精算!他システムとの違いは? 新たにシステムを導入するときには、「システムを使いこなせるのだろうか?」「疑問に思ったことをサポートがすぐ解決してくれるのか?」 など多くの不安があるかと思います。 どうせならば、直感的に誰でも使いやすく、サポートに問い合わせるとすぐ回答してくれるサービスが理想ですよね? 実際にシステム導入においてよく起こる問題として、 経理部門がシステムを高額な価格で導入したが現場の申請者・承認者が使いにくい、使い方が難しいため不満の声が多く上がるという問題です。 今回ご紹介したConcur Expenseの他に「Dr. 経費精算」というクラウド型経費精算システムがあります。

次の

コンカーとPwC Japan、パートナー連携を開始|株式会社コンカーのプレスリリース

コンカー ログイン

一歩先を行く企業へ — Cloud Service Hub 企業が事業の優位性を守り続けるために必要なこと、それは、今まで以上に効率的な業務運用、迅速な対応、効果的なコミュニケーションです。 Cloud Service Hubは、主要なクラウドサービスをひとつのインターフェイスで接続。 煩雑さを解消して業務の効率化を実現し、ユーザーの利便性を向上させます。 Cloud Service Hubは、単なるデバイスとクラウドの接続を提供するためのサービスではありません。 複雑なクラウドシステムの統合が簡単にできるので、業務効率が向上し、クラウド活用のメリットを活かすことができます。 富士ゼロックスと株式会社コンカーの連携 交通費精算、旅費・出張費などの精算業務を電子化し、一元管理する経費管理クラウドサービスの需要は拡大しています。 富士ゼロックスと株式会社コンカーの連携が経費精算の煩雑さを解消し、さらなる効率化を実現します。 経費精算業務を支援するクラウドサービスとして定評のある、出張・経費管理ソリューションConcur Expenseに対応しました。 Cloud Service Hub for Concurと連携することにより、領収書の取り込みと格納をワンストップで行い、働き方革新を支援いたします。 Cloud Service Hub for Concurの利便性• 複数領収書の一括取り込み 複合機のスキャナーから、複数の紙領収書を一度に取り込むことができます。 さらに自動分割機能により領収書一枚づつに分割して保存が可能。 経費入力の自動化、省力化に貢献します。 複数領収書の一括転送 電子化され分割保存された多量の領収書ファイルは、Cloud Service Hub for Concurにより、直接Concurの画像フォルダーに一括転送することができます。 煩雑な日常業務を飛躍的に改善します。

次の

ソフトウェア / クラウドサービス(クラウド連携) : Cloud Service Hub for Concur : 特長 : 商品情報 : 富士ゼロックス

コンカー ログイン

Concur Technologiesは、全世界で5200万人以上が利用し、約8兆円の経費を処理している「出張・経費管理クラウドベンダー」です。 その背景には、「高め合う文化の実現」という目標に紐づいた、多くの取り組みがあります。 具体的にどのような狙いで、どのような取り組みを展開しているのか、代表取締役社長の三村 真宗氏にうかがいました。 No Feedback, No Concur を合言葉にフィードバックの文化を定着させる Concur Technologiesはシアトル郊外に本社を置く出張・経費管理クラウドベンダーです。 2010年10月に、その日本法人にあたる株式会社コンカーが設立されました。 私は2011年から代表取締役社長を務めています。 おかげさまで、ここ数年は特に業績が好調で、売上は過去3年間で4. 5倍になりました。 2014年には39名だった従業員数も、現在は約170名です。 オフィスが手狭になったため、2018年3月にGINZA SIXに移転。 新拠点でConcur Labs Tokyoを設立し、AIやVRなどの技術を新しい出張体験の実現やワークスタイルの変革に役立てる研究を行っています。 心機一転、会社を立て直す覚悟で取り組んだのが「ビジョン合宿」です。 2013年の合宿では、「コンカーグローバルのなかで、アメリカに次ぐ事業規模を実現しよう」「国内で最も働きがいのある企業をつくろう」と社員全員で誓いました。 それから5年経った今、事業規模はアメリカに次ぐ第2位に。 「働きがい」についても、GPTWの調査結果に見られるように、一定の目標を達成できました。 なぜ、私たちは5年前のビジョンを実現できたのか。 それは、社員全員が「高め合う文化を実現する」という共通の目標を持ち、実現に向けて行動しているからだと考えています。 私たちが目指す「高め合う文化」とは、お互いに建設的なフィードバックをしあい、強みを伸ばしあうことが、当たり前のようにできる企業文化のことです。 建設的なフィードバックは、感謝につながり、社員同士の信頼関係を強めます。 反対に、改善点を口に出さず我慢していたら不満がたまりますし、フィードバックがないことは、成長機会を逸することにもつながります。 だからこそ、さらなる成長を目指す企業には、フィードバックの文化が不可欠なのです。 私たちの合言葉は、「No Feedback, No Concur」。 相手のために愛情を込めてフィードバックできる文化を、隅々まで浸透させていきたいと願っています。 もちろん、社長である私も、社員たちから日々フィードバックを頂戴しています。 つい先日、GPTWのプロジェクトチームとミーティングがあったのですが、ミーティング後にメンバーの一人から呼び出されて、「三村さんからディフェンシブな反応をされると、そこで議論が止まってしまうので、もっとメンバーの話を傾聴してください」というフィードバックを受け、まさに今、反省しているところです。 採用機会を最大化すべく、40社の転職エージェントと連携 「高め合う文化」を実現するうえで重要なのは、社員がその目標に心の底から共感していることです。 というのも、当社は設立時に傭兵的な採用をした結果、仕事や会社に対する想いがバラバラで一体感がなく、苦しんだ経験があります。 そのため、いくらスキルが高くても、当社の文化に馴染まない人に関しては、採用を見送ることとしました。 今も採用活動にはかなりシビアに取り組んでいます。 100名のエントリーで採用するのはわずか2名から3名。 選考を厳しくしている分、母数が必要になるため、多くの転職エージェントとお付き合いしています。 通常、我々と同程度の規模の会社の場合、4社から5社とお付き合いするのが平均的ですが、当社は40社です。 とにかく候補者との接点を増やすことを優先して考えています。 さらに、経営戦略や経営課題、当社で働くことの魅力についてなどを、定期的にエージェントのみなさんに伝える機会を設けています。 スライドシェアをつかって、「コンカーを職場に選ぶ理由」という資料をインターネット上に公開し、エージェントや転職希望者がいつでも当社の魅力に触れられる工夫もしています。 会社の目標を社員全員で達成するためには、できるだけ多くの情報をシェアすることも大切です。 四半期に一度の全社会議では、財務状況をはじめ経営状況を丸裸にするかのように、細かいところまで共有しています。 情報の粒度としては、ステークホルダーに会社の状況を説明する取締役会とほぼ同じか、内容によってはより詳細です。 情報を社員に共有すればするほど、会社の目標が「自分ごと」になり、「自分がコンカーで働く理由」を経営戦略と結びつけ、目線を上げて活躍できるようになると考えています。 取り組みを通じて組織がどのように変化しているのか、定期的なモニタリングも行っています。 当社がまだ30名程度だったころは、何か問題が発生した時、その都度当該の部門同士で話し合いをすれば解決できました。 ところが、40名、50名、60名と組織が大きくなってくると、「あの部門は何を考えているのかわからない」という声が出てきてしまったのです。 私にとって非常にショッキングな出来事であり、問題意識や不満を吸い上げる制度が必要だと痛感しました。 そこで、年1回、全社員に対して問題意識や不満についてアンケート調査を行い、必ず回答するように義務付けています。 これまでにあがってきた社員からの問題定義は、一人当たり3件程度です。 この取り組みをしていなかったら、一人当たり3件の問題が顕在化できなかったということになります。 GPTWの調査は「会社の健康診断」 弱みを克服し、強みを伸ばす 「働きがいのある会社」調査は、自社の状況を客観的に把握できる貴重な機会であり、「会社の健康診断」という位置づけで捉えています。 調査結果に基づき、取り組みのポイントを決めて、弱みを克服し、強みを伸ばすための活動に結びつけています。 例えば、ジョブグレード制をスタートし、年齢経験問わず、仕事のレベルに見合った報酬を支払うように調整した結果、「報酬」に関する項目のスコアがさらに伸びました。 一方、「経営管理者層とのコミュニケーションのしやすさ」に関する項目は、会社組織が大きくなるにつれて、スコアが低下傾向にあることがわかったので、今後力を入れて対策する予定です。 会社の健康診断と同様に、個人のメンタルチェックも欠かせません。 当社では「パルスチェック」と名付けて四半期に1回、10分程度で答えられるアンケートを実施しています。 質問の内容としては、「仕事量は適切ですか?」「上司との雰囲気はどうですか?」などシンプルなものが中心です。 それにハラスメントチェックの項目を追加しています。 メンタルの問題は、気づいたときには手遅れというケースが少なくないため、危険な兆候が感じられたら、私が即座にフォローしに行ったり、カウンセリングが得意な人事担当者にケアしてもらったりしています。 部門の枠組みを越えた交流を促進するための取り組みとしては、「バディ活動」を展開しています。 「バディ活動」とは、2か月に1度、部署や役職をランダムにシャッフルし、5〜6人のグループで交流イベントを企画するというものです。 活動費を補助しており、社員たちはプロレスを観に行ったり、ダーツをしたり、サバイバルゲームをしたりと、それぞれ自由に楽しんでいます。 ランチタイムを活用した取り組みも盛んです。 「タコランチ」は他部門の管理職と一般社員のランチのこと。 「マメランチ」は、悩める新任のマネジャーとメンター役のランチのことです。 いわゆるOne on Oneではなく、普段の業務から離れ、フランクな雰囲気で、気軽にコミュニケーションをとることによって、相談や連携をしやすくすることが狙いです。 こちらで紹介した取り組みはほんの一部です。 まだまだ、私たちの目指す「高め合う文化」の実現は、道半ばだと感じています。 今現在の会社の状況をあらゆる角度から見つめ直し、働きがいを高める取り組みを続けていくことで、「高め合う文化」を必ず実現させたいです。

次の