都 区 内 パス。 東京都シルバーパス交付についてのご案内

乗り越しで更に安く!JR東京フリーパス「都区内パス」使い方買い方|ぷにたび。Z

都 区 内 パス

乳幼児に関しては 「保護者1人に対して幼児2人まできっぷ代が無料」 注:ここでいう保護者とは、きっぷを買う人を意味するので、小学生でも可。 乳児(1歳未満)は何人いても全員無料 「幼児だけで旅行する場合には、各自子供用のきっぷが必要」 「新幹線・特急の指定席(グリーン車含む)を乳幼児1人で使う場合には、子供用のきっぷが必要」(膝の上に乗せる・または自由席であれば問題なし) というルールがあるので これらをもとに、都区内パスが必要か不要か判断します。 たいていの場合 「保護者同伴で旅行する場合は、乳幼児はきっぷ不要」 というケースがあてはまるでしょう。 このグリーン車は自由席なので、乳幼児が1人で座ってもきっぷは不要。 ただし混雑時などはマナーを守りましょう 詳しくは、この記事も参照ください! >>> 都区内パスはどこで買えるの? 「 フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センター、JR EAST Travel Service Center及び主な旅行会社など」 で買うことができます。 フリーエリア内(都区内)=東京23区内のことですね。 ですので、 あらかじめ23区外の駅や旅行会社などで購入することはできません。 券売機の種類により買える方法は違いますが、 現金でもICカードの残高でも買えるし、クレジットカードでも買えます。 都区内パスを搭載可能なsuicaは? 都区内パスを搭載(インストール)できるsuicaは、以下の4種類です。 「定期券として使われているsuicaは使えない」 というのが、一つのポイントです。 「すでに表面に、定期券に関する情報が印字されているので、都区内パスの情報を印字するスペースが無い」 という、シンプルな理由だと思われます。 都区内パスのエリア範囲は? この図の範囲内です。 ここからはみ出した場合は このエリアの一番端の駅から、降りる駅までの区間の運賃を払って乗り越し精算をします(詳細は後述) 使い方は?どんな列車に乗っていいの? 使い方は 改札に都区内パスのきっぷを入れて、出る時にまた改札に通すだけ。 出る時もきっぷが出てきますから、取り忘れないように気をつけて。 つまり、定期券と同じ使い方ですね。 suica都区内パスは、改札の出入りの際にタッチするだけ。 とってもカンタンですね。 都区内パスで乗車可能な列車は以下の通り。 ・各駅停車 ・快速と名前のつく列車 (快速アクティー、快速ラビット等。 つまり乗ってOK) この2点を押さえておけば大丈夫。 都区内パスを利用する場合、乗るのはたいていこのどっちかだけです。 特急や新幹線に対しては、乗車券としての効果はあるので、特急料金を追加すれば乗ることができます。 東京モノレールや、りんかい線の大崎から先、お台場方面も範囲外です。 (大崎のひとつ先の大井町も、JRの駅でもありますがあくまでもりんかい線の路線です。 つまり大崎駅からの乗り越し精算が必要です!) 都区内パスの意外な使い方(応用編) 都区内パスの本来の使い方は もちろん、エリアの中を何度も乗り降りすること。 しかし、もうひとつの使い方として 「エリアの外へ、安く行くために使う」という方法があります。 具体例で説明しますね。 在来線の乗り越しでエリア外もオトクに! 最初の例として 「エリア内の西荻窪駅から、ディズニーランドの最寄り駅舞浜駅へ旅行する場合」を考えます。 西荻窪は杉並区の端っこ、吉祥寺の近くですね。 都区内パスのギリギリ西のエリアです。 まず、普通に西荻窪~舞浜のきっぷを買うと 片道が561円で、往復 1122円 (ICの場合。 紙のきっぷだと片道570円) 西荻窪は都区内パスのエリア内です。 そこで、西荻窪駅で都区内パスを購入し、舞浜まで行くとどうなるか? もう一度、都区内パスのエリアの表を見てみましょう。 一番右下に「葛西臨海公園」という駅名が書いてあるのが見えますか? ここは、京葉線の舞浜のひとつ手前(東京寄り)の駅なのです。 この駅までは都区内パスで行ける、ということになります。 つまり あと足りないのは 「葛西臨海公園から舞浜までの一駅分のきっぷ」 このきっぷの値段を、舞浜駅で降りるときに乗り越し精算すれば良いのです。 一駅分だから、初乗り運賃の140円ですね。 つまり、都区内パス+140円の精算で舞浜駅まで行けるわけです。 帰りも同じ。 舞浜駅から葛西臨海公園駅までの一駅分のきっぷを買って、葛西臨海公園からのきっぷは都区内パスが有効ですので、追加で買わなくてOK。 (この方法を使う場合は、ICカードは使わず紙のきっぷを買いましょう) すると、払うきっぷ代の総額は suica都区内パスは 上記のような乗り越し精算を自動的に行ってくれるので、超便利です! 乗り越し精算の金額は、ちゃんと IC運賃で引き落としされます! (葛西臨海公園~舞浜の乗り越しの場合は136円が引き落としされる) 先ほどは、出発駅がエリア内でしたが なんなら 「出発駅と目的地の駅がともにエリア外で、都区内パスを間にはさむパターン」だってできちゃいます。 ここでは、埼玉県の浦和駅と横浜駅を往復する場合で考えてみます。 これを、以下のきっぷの組み合わせで移動します。 浦和駅で220円のきっぷを買う 2. 赤羽駅で下車し、都区内パスと赤羽駅から220円区間のきっぷを買う(帰りに使用) 3. 都区内パスで横浜駅まで向かう。 横浜駅で蒲田駅からの乗り越し運賃220円を精算する 4. 横浜駅で220円区間のきっぷを買う 5. 「横浜から220円区間のきっぷ」「都区内パス」「赤羽駅から220円区間のきっぷ」を同時に自動改札機に通す(エラーが出た場合は駅員さんに見せて通る) 一度赤羽駅で降りる必要があるなど、手間はかかりますが 案外切符代が浮くので、結構やりがいがあるんじゃないでしょうか。 新幹線だってお得に乗れちゃう! 都区内パスは「特急券を追加で購入すれば、新幹線・特急にも乗れる」という特徴を持っています。 それを応用し、都区内パスで新幹線を利用する際にちょっとお得になる方法をご紹介します。 今回は 「群馬県の高崎駅から上越新幹線で東京へ向かう場合」を例にご紹介します。 なお「東京では観光のために都区内パスを使う」という前提です。 上越新幹線の自由席を利用した場合の片道のきっぷ代は4490円。 (北陸新幹線の自由席でも同じ) 往復で8980円になります。 これに観光用の都区内パス760円を足すと、きっぷ代は 9740円になります。 都区内パスは、北は赤羽駅から有効です。 そこで、高崎から東京ではなく、高崎から赤羽までのきっぷを買うと 乗車券は片道1690円(往復3380円)となります。 ・高崎~赤羽間 乗車券3380円(往復) ・赤羽~東京間 都区内パス760円 ・高崎~東京間 特急券往復5020円 という組み合わせでも高崎~東京間を通しで新幹線に乗ることが可能なので、合計の切符代は 9160円で済みます(580円浮く) でも 群馬在住の人が東京へ向かう場合、新幹線に乗る前に手元に都区内パスを用意できないですよね?(高崎では都区内パスを売っていない) そこで 「行きは大宮駅で降りて、快速に乗り換えて都区内パスが売っている赤羽駅まで行く」という方法をとりましょう。 すると 行きの新幹線は高崎~大宮間しか乗らないことになるため、特急券も区間が短くなり安くなります。 高崎~大宮の特急券は、自由席で1870円。 なんと! 高崎~東京の2510円より640円安い! しかも、 大宮~東京間は騒音の問題などがあり、新幹線の割にはかなりスローなペースで走行するので、所要時間は在来線の快速などとそれほど大きな差は出ないのです。 大宮で下車して赤羽で都区内パスを買い、帰りは東京駅から新幹線に乗る・・・という方法をとれば.

次の

東京23区のJRが乗り放題!『都区内パス(750円)』がお得です

都 区 内 パス

都区内パスとは? 都区内パスは 東京23区内の普通・快速列車が1日(日付またいだ終電まで)乗り降り自由になるきっぷです。 区間内であれば何回でも電車に乗れます。 都区内パスが使えるエリア きっぷの料金は 大人760円、子ども380円です。 都区内のJRを1日に何回か使う場合、簡単に元が取れます。 都区内パスの使い方 都区内パス(上の写真のきっぷ)を購入して、改札に入れるだけです。 きっぷを取り忘れないようにしましょう。 購入した当日であれば何回でも使うことができます!! (日付が変わっても終電まではOKです!! ) 都区内パスの購入方法は? 都区内の駅の指定席券売機から購入することができます。 注意してほしいのは 都区内の駅以外 では買えません。 僕はJR川口駅で購入しようとしましたが、川口駅は埼玉県の駅なので出来ませんでした。。 みどりの窓口でも買えません。 購入までの流れ・購入手順 まず都区内の駅の指定席券売機に行きます。 パネルの具体的な操作方法をご案内します!! まず 右下の乗車券、普通回数券、買いまちがい払いもどしを押します。 左上の「 東京23区内JR1日乗り降り自由都区内パス」をタッチします。 都区内パスを使う日にちを選択します。 何人で使うか選択します。 人数が多い時はまとめて購入も可能です。 人数等に問題がなければ 右下の「確認」をタッチします。 クレジットカード• IC乗車券(suica等) それぞれの決済方法に応じて、代金の支払いをしましょう。 徹底的に節約するなら現金以外の決済がお得ですよ!! ちなみに僕はViewカードについているSuicaで決済しました。 Viewカードの場合、Suicaとクレジットカード機能が付いているので選択ができます。 代金を支払うと領収書発行画面が出ます。 しばらくしてきっぷが出てくるので、それを受け取って終了です。 大体2分あれば完了すると思います。 慣れてしまえばもっとかからないと思います。 都区内パスを実際使ってみた 僕は実際9月27日に使ってみました。 一回買ってしまえば、何回も買う必要がないので、使い勝手は良かったです。 使用区間 IC運賃 赤羽〜秋葉原 220円 秋葉原〜新宿 168円 新宿〜渋谷 157円 渋谷〜西荻窪 220円 西荻窪〜池袋 308円 合計 1073円 都区内パスは750円なので、 313円節約ができました。 こちらのページを参考にしてください。 Link• お得なコラボキャンペーンもあるかも! おでかけついでにNew Daysで飲み物を買ったりする方は、更にお得になります! まとめ 都区内パスは 1日に何回もJRの都区内の駅を乗り降りしても運賃は750円ですみます! 乗り降りする回数が多ければ多いほど、お得になり、場合によってはランチなどがまかなえてしまいます!! また 都区内パスが使える端から端の移動の時は、普通にSuicaで乗るより安く使うことができます。 是非都区内のJRの駅を一日に何回も乗り降りする際は使ってみて下さい!! ちなみにメトロの駅を何回も乗り降りする場合は、コチラの東京メトロ24時間券がオススメです! あわせて読みたい ちなみに購入はクレジットカード払いがお得です! JR東日本のViewカードのSuicaで購入すると1. がオススメ!! 海外に旅行・出張・留学で行くことが決まった!! そろそろ両替しないと! 海外で少しでも現金を使う場合、 セディナカードJiyu! の発行がオススメです!! セディナカードJiyu! を使って両替すると… どの 他の方法よりお得に両替することができます! 例えば20,000円をすべてユーロに両替する場合どれくらいの手数料がかかっているか知っていますか?? 空港の両替所 1,500円 街中の両替所 3,280円 日本の銀行 1,100円 金券ショップ 980円 一般プリペイド・クレジットカード 500〜2,000円 セディナカードJiyu! 両替する金額が増えればこれに比例していくので、更に差が広がり損が拡大します! 逆にセディナカードを使えば手数料は最安で済み、 浮いたお金をお土産代や現地の食事代に当てることができますよ!! 実際僕は浮かせたお金で美味しいごはんを食べ、友達や家族のお土産を買っていってあげました! 更にATMさえあれば両替ができるので、両替所を探す手間もありません。 そしてイオンではポイントが3倍など、 普段の買い物の節約にも貢献します!! もちろん年会費無料、発行手数料無料で作るリスクはありません。 18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能です。 (学生・主婦の方も可、高校生は不可) 今作れば最大10,000円分のポイントがもらえ、簡単なお小遣い稼ぎもできます! の詳細や実際の両替の仕方を知りたい方は以下も参考にしてみてくださいね!!

次の

JRの都区内パスはあまりお得感が無い(東京メトロ比)

都 区 内 パス

都区内パスとは、東京23区内で JR東日本線の普通電車(快速)が 乗り放題になるフリーパスです。 東京都23区内の駅で購入することが出来ます。 乗り放題の範囲の外に乗り越すことも可能です。 東京観光にいかがでしょうか? Metropolitan ward pass is in Tokyo 23 wards JR East Japan Line train rapid This is a free pass that you can ride. It can be purchased at stations in the 23 wards of Tokyo. It is also possible to get outside the unlimited range. How about sightseeing in Tokyo? ----------------------------------------------------------- くま旅ちゃんねるでは、 車・鉄道・飛行機・自転車・ラン・歩き 問わず 旅をすることで、非日常世界を求めてまいります。 どうぞよろしくお願いします。 ----------------------------------------------------- ツイッターはじめました。 関連動画 【TOKYO City 東京観光】徒歩でレインボーブリッジ。

次の