ラプラス 剣盾 弱点。 【ポケモン剣盾】ラプラス育成論・対策【キョダイマックス】

【ポケモン剣盾】ラプラスの育成論と与ダメージ計算

ラプラス 剣盾 弱点

火力を伸ばすために特攻には最大まで努力値を振りつつ、HPに努力値を多めに振りました。 残りは「ドリュウズ」の「じしん」を2回耐えられるように防御に努力値を、「ウォッシュロトム」を始めとするフォルムチェンジロトムの「10まんボルト」を2回耐えられるように特防に努力値を振っています。 「こおりのつぶて」が少しでも威力が出したい場合は「れいせい」で攻撃に努力値を4、威力を気にしない場合は「ひかえめ」で素早さに努力とを4振るといいでしょう。 やけどを解除してしまうため、使用する場合はパーティと要相談。 高火力の水技。 火力重視の場合はこちら、命中重視の場合はなみのりorうたかたのアリアを採用しよう。 威力重視の氷技。 ダイマックス時にダイアイスを使用しておくと、必中高火力技にできる。 フリーズドライよりも威力があり、命中が安定している氷技。 ある程度の威力を確保しつつ命中安定を重視したい場合。 フリーズドライを採用しない場合の水タイプへの攻撃技。 命中を重視したい場合は10まんボルト。 もともと耐久力があるため倒れにくく、長く場に残りつつ相手と戦う事ができます。 「ひかりのねんど」を持たせることで、キョダイセンリツによって発動する「オーロラベール」効果の持続ターンが8ターンとなり、倒れた後の後続へのサポートにも繋がります。 なお、基本的にダイマックスをラプラスに切ることになるため、一緒に選出するポケモンはダイマックスせずとも戦えるポケモンがいいでしょう。 HPは状態異常や天候ダメージが一番小さくなる「」に調整、残りは低めの防御に割り振っています。 やけどを解除してしまうため、使用する場合はパーティと要相談。 高火力の水技。 火力重視の場合はこちら、命中重視の場合はなみのりorうたかたのアリアを採用しよう。 フリーズドライよりも威力があり、命中が安定している氷技。 ある程度の威力を確保しつつ命中安定を重視したい場合。 こおりのつぶて 先制技。 あられが降らせられないため、倒しきれなかった相手への最後のひと押しに。 ラプラスの役割と立ち回り 特殊アタッカーに強い高耐久 「ラプラス」はHPと特防の種族値が高く、HPに努力値を振るだけで、サブウェポンとして採用されている弱点技の多くを受けられるようになります。 攻撃や特攻も低いわけではないため、相手の攻撃を受けつつ戦うことができるポケモンです。 ラプラスの対策 高火力のポケモンで押し切る 「ラプラス」は耐久が高いものの、攻撃や特攻の種族値は特別高いわけではないため、高火力を発揮できるポケモンで一気に押し切ってしまいましょう。 弱点を突くと、なお倒しやすいです。

次の

【ポケモン剣盾】シンプル選出エルフーンキョダイラプラス軸【ダブルバトル】

ラプラス 剣盾 弱点

Contents• はじめに こんにちは!クロです!シーズン4お疲れ様でした。 私は最高375位, 最終534位でした! 今回は今まで700位台だった自己最高順位を大幅更新出来たので記事を書きます! パーティ作成経緯 キョダイラプラスを使いたかった為キョダイラプラス軸の構築を考えてたところ、風の噂で 追い風下最速キョダイラプラスで上からキョダイセンリツが強い と聞いた為、エルフーン+キョダイラプラスの構築を組む事にしました。 が、全くまわりに何採用するか思い浮かばない&わからなかった為 ランクで良く見るポケモン+ラプラス対策のパッチラゴンを採用した。 このパーティは既に非公開です。 諸事情によりランクに潜れず、あまり煮詰める事が出来なかったが 使いにく感じた以下の点を変更し、構築の改善を行いました。 ラプラスはH130と高い種族値を持つ為、耐久面は元の耐久とダイマックスそれからキョダイセンリツの壁に任せました。 努力値は上からキョダイセンリツを打つためにS、火力を出来るだけ伸ばすためにCぶっぱにしました。 持ち物も火力を出すためにいのちのたまを採用。 技構成もダイマックス技の威力を上げるために威力の高い技を採用しました。 え?命中率?必然力でごまかします。 エルフーン 性格:おくびょう 努力値:CS252 実数値:135-x-105-128-95-184 ラプラスの横で追い風する用のポケモン。 特にこれといって説明する事もないが、猫だましを守るでドヤ顔した時とエナジーボールでトリトドンを倒した時が快感でした。 パッチラゴンの横で追い風することも。 技構成はメインウェポンのナイトヘッド、ドサイドンの弱点保険を踏む為のじならし、トリル要員なのでトリックルーム、はらだいこ型カビゴン対策の黒い霧。 このポケモンも特に説明する事もないが 稀にサマヨとセットでなく、ほかのポケモンと選出する事もあった。 シャンデラ 性格:ひかえめ 努力値:CS252 実数値:136-x-110-216-110-132 最後の詰め役や、アイアント対策、トリトドンを倒す枠として採用 性格が控えめになってるが、最速ドラパルトを抜けない為臆病にした方が良いかもしれません。 ねっぷうで両方を削り場を荒らすのがとても強力でした。 トリックで相手のトリルエースやその他のポケモンにこだわりスカーフを押し付けるのも、使う場面は少なかったが強力でした。 飛行技を採用しダイジェットのベースにするか迷ったが、エルフーンで追い風すればと思い採用を見送った。 ラプラス対策として採用したが全然ラプラスとマッチしなかった。 選出 基本選出1 先発:エルフーン、ラプラス 後発:ささりのいいポケモン 先発でラプラスにダイマックスを切りキョダイセンリツでかべを張りながら、相手を削り後発で詰める 基本選出2 先発:サマヨール、ドサイドン 後発:ささりのいいポケモン 先発のドサイドンにダイマックスを切り数的有利を取ったあと、後発で詰める。 戦績 シーズン4はほとんど潜れていなかった為やや諦め気味でしたが、最後の最後になぜかモチベが上がったので最後まで潜ることが出来ました。 700位台から上に行くことが出来ずかなり悩んでいたので、今回一気に自己最高順位を更新出来て良かったです。 総括 サマヨールとエルフーンどちらも採用してる為かなり選出が圧迫されていたり、ダイマックスを切りたいポケモンが多かったりとまだまだ改善の余地がある構築なので気が向いたら煮詰めようと思います。 構築を診断してくださった喰い断さん本当にありがとうございます。 今後も二桁到達目指して頑張るのでよろしくお願いします! 今回も相変わらずのガバガバ記事ですが最後まで読んで頂きありがとうございます。 寄稿ガイドライン APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。 寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

次の

【ポケモン剣盾】ラプラス育成論・対策【キョダイマックス】

ラプラス 剣盾 弱点

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の