カスタム強化 素材集め。 【mhwib】アイスボーン 鑑定武器の強化素材を集め中

MHWアイスボーン

カスタム強化 素材集め

強化項目 必要スロット 詳細 攻撃力強化 I 3 装備の攻撃力が少し上昇 会心率強化 I 2 装備の会心率が少し上昇 防御力強化 I 1 防御力が少し上昇 まれにダメージ軽減発動 スロット強化 I 3 装備にLv1のスロット追加 回復能力付与 I 3 敵に与えたダメージに応じて体力回復 属性・状態異常強化 I 1 攻撃による属性・状態異常値の威力が少し上昇 1度強化しても付け替えることが可能 1度カスタム強化を行っても「強化を戻す/外す」を選べば、カスタム強化を外して、 使用した素材を返却してもらえる。 しかし、カスタムスロット拡張は1度してしまうともとに戻せないので注意。 新たにパーツ強化が追加! 強化スロットとは別に強化できる新要素 強化パーツはカスタム強化とは別に武器を強化できる要素であり、さまざまなパーツを組み合わせて自分だけのオリジナル武器を作れる。 強化段階ごとに1つのパーツを選択 異なる効果を持った4種類のパーツを段階ごとに1つ選んでいく。 攻撃力のみを上げて攻撃力特化にしたり、防御力を付与して生存力を上げるなど様々な組み合わせができる。 装着したパーツは外すことができる 装着したパーツはカスタム強化と同じく、 強化パーツを外すと使用した素材が返却されるため、パーツを付け替えてさまざまな組み合わせを試してみよう。 パーツ強化を行うと武器の見た目が変わる パーツ強化を行うと装着しているパーツにした素材に応じて見た目が変わる。 武器の見た目は最後に選択したパーツが付く。 一部の武器はパーツ強化ができない イヴェルカーナの武器など見た目が特殊な武器はパーツ強化ができない。 鉱石派生や骨派生の武器はパーツ強化ができるため、これらの武器を使用しよう。 カスタム強化素材の入手方法 導きの地で入手可能 カスタム強化の素材は導きの地で入手できる。 種類は鉱石系、骨系、モンスター素材の3種類に分かれていてまた、鉱石系や骨系はそれぞれレベルがあり、レベルが上昇すると、よりレアな素材を入手できるようになる。

次の

【MHWアイスボーン】効率の良いレア12回復能力付与の素材の集め方

カスタム強化 素材集め

ハンターランクを30以上まで上げる 危険度2の歴戦個体が出現する調査クエストは HR30以上でないと受注できない。 そのため、必然的にエンディング後になる。 最初はHR29で一旦止まり、 みんなのトラウマである任務クエスト「 爆ぜる鱗を超えた道」をクリアすることで、HR30~49までが解放される。 以後、 危険度2の歴戦個体が出現する調査クエストに参加できるようになる。 ただ、実際はHR50以上まで上げてからが本格的になります。 歴戦個体の痕跡を探索(またはクエスト)で集め、調査レポート入手 危険度2歴戦個体の痕跡は、HR30に達してからでないと入手できない(はず!) 歴戦個体の痕跡は、通常個体のものとは違い、 古龍と同じく青色に発光している。 この青い痕跡を入手時に「調査レポートを発見しました」とテロップが出れば、歴戦個体の調査クエストが一覧に出てくる。 ちなみに、 歴戦個体の調査クエストが発行されるのは、歴戦個体の「痕跡を入手」した時である。 歴戦個体との戦闘中に達成した 部位破壊や討伐、捕獲などで発生した調査クエストは通常個体のものになる。 期待しないように。 調査クエストをクリアし、報酬で「汚れた龍脈石(または輝く龍脈石)」を入手 その調査クエストをクリアすることで、 紫色の特別報酬枠にて「汚れた龍脈石」が入手できることがある。 (危険度3の調査クエストの場合は低確率で上位版の「輝く龍脈石」も出る。 ) 入手できれば解放フラグが立つ。 ちなみに、似たアイテム名で• 龍脈石のかけら• 龍脈石• 大龍脈石 も入手できるが、こちらは カスタム強化の解放条件ではないので注意。 この 「汚れた龍脈石」は、危険度2以上の調査クエストで登場し、危険度1の歴戦個体が出現する調査クエストでは入手できない。 このため、入手できるのはエンディング後ということになる。 ちなみに危険度2の歴戦個体が出現する調査クエストでは出る確率がかなり低めで(は後述)、 HR50以降で参加できる 危険度3の調査クエストの方がよく出る。 巷のサイトでは「カスタム強化はHR50で解放」と記載されていることがあるが、実際HR50以降で挑める危険度3調査クエストで初めて汚れた(輝く)龍脈石を入手する人が結構多いため、そのような情報が出回ったのだと思われる。 実際、HR30~49で可能なカスタム強化は限られているので、 ここで無理に狙わなくても HR50になってからでも遅くはないと思う。 どのみち危険度3の周回が主流になってくるし。 「汚れた龍脈石(または輝く龍脈石)」は未鑑定アイテムであり、 報酬で入手できると、過去作の護石のように即座に鑑定される。 鑑定結果はそれぞれ7通り出るようになっている。 猛者の龍脈石・剣(大剣・太刀)• 猛者の龍脈石・刃(片手剣・双剣)• 猛者の龍脈石・鎚(ハンマー・狩猟笛)• 猛者の龍脈石・槍(ランス・ガンランス)• 猛者の龍脈石・斧(スラアク・チャアク)• 猛者の龍脈石・柄(操虫棍・弓)• 猛者の龍脈石・弩(ライトボウガン・ヘビィボウガン) それぞれカッコ内の対応した武器種 のみに使用できる。 輝く龍脈石の鑑定結果は「猛者」の部分が「英雄」になる。 ) これを所持した状態で、工房の加工屋に話しかける。 これらのうちどれでも良いので、アイテムボックスまたは手持ちにある状態で、加工屋に話しかければOK。 に関しては、後述します。 (さっさと見たい方はリンク先よりどうぞ。 ) ちょっとした会話イベントが発生したのち、メニューに「カスタム強化」と言う項目が追加される。 次で述べる 会心率強化と比較した場合、 会心率が0%同士なら、基礎攻撃力が200を超えてくると会心率強化の方が期待値は高くなる。 この 攻撃力強化は武器そのものの攻撃力を増加させると言うものなので、 攻撃力が倍率的に上昇する、スキル「無属性強化」、「回避の装衣」等の効果は、カスタム強化による上昇した攻撃力に対して倍率が掛かる。 さらに被弾時に精霊の加護の如く、 一定確率でダメージ軽減効果が発生する。 またダメージ軽減の発生確率も上昇する。 防御力上昇の効果は微々たるものだが、 ダメージ軽減は意外と便利で、 歴戦個体など強烈な攻撃を確率であるとは言え、即死を免れることもあるので保険の意味では有用。 他の強化に比べて要求されるモンスター 素材が比較的入手しやすい。 スロット強化 必要となる素材 似たような効果として… MH4Gの極限強化「生命力」は、確率発動。 しかも一度発動すると次まで一定時間掛かる。 ネルギガンテ防具の「加速再生」は一定時間内でのHit数が必要だったりする。 と制約付きなのだが、 この回復能力付与は細かい条件はなく、 敵にダメージを与える度に確定で発動する。 (回復エフェクトは発生しないが、しっかり体力ゲージは回復している) 削りダメージ程度なら、そのまま攻撃し続けるだけでリカバリーが可能なくらい。 回復の手間がある程度減るため、 結果手数の増加に繋がるとも言える。 との相性は良好。 ダメージを減らし、吹っ飛びも無効化するため、 攻撃力がそれほど高くない敵なら、被弾も気にせずゴリ押しも可能になる。 さらにダメージは出ないものの、 討伐済のモンスターを攻撃しても回復可能。 複数頭狩猟の場合、回復薬の節約ができる。 回復の対象となる攻撃は、武器での直接攻撃。 大剣のキックやタックルでも発動を確認。 流石にスリンガー弾は対象外のようだ。 結構金が掛かる。 素材の入手方法 ここでは、主に必要素材をどのクエストで集めたら良いかを記載して行きます。 効率的な集め方• 汚れた龍脈石 レア度6、7武器のカスタム強化に必要な素材。 主に 危険度2or3の歴戦個体が出現する調査クエストの特別報酬枠で入手できることがある。 3月出版攻略本の情報では…• 危険度2の方は3%• 危険度3の方は12% の確率で入手できるようだ。 危険度3を回す方が効率は良いだろう。 理想は特別報酬5枠だろうけどそうそう出ないので、3~4枠あれば期待は持てるだろう。 輝く龍脈石 レア度8武器のカスタム強化に必要な素材。 主に 危険度3の歴戦個体が出現する調査クエストの特別報酬枠で入手できることがある。 のだが…その入手確率が非常に低く、 が大活躍する邪魔をし、なかなか狙ったものを入手できない。 3月出版攻略本の情報では、 入手確率はたったの3%だそうだ。 0により入手確率が上方修正された。 実際には危険度2の歴戦個体を含む調査クエストでも排出されるようになり、 危険度3の方は排出確率が上昇したようだ。 詳しい確率については分かっていない。 龍脈石のかけら 危険度1の歴戦個体を含むクエスト(調査だけでなくフリー等も含む)のクエスト報酬で入手できる。 基本的には1個は確定、さらに追加枠があり7%の確率で入手できることがある。 龍脈石 危険度2の歴戦個体を含むクエスト(調査だけでなくフリー等も含む)のクエスト報酬で入手できる。 基本的には1個は確定、さらに追加枠があり7%の確率で入手できることがある。 任務クエスト「その雷鳴は天罰か、祝福か」は13%らしい。 また、イベント「脈打て、本能」は危険度3でありながら、こちらが排出される。 大龍脈石 危険度3の歴戦個体を含むクエスト(調査だけでなくフリー等も含む)のクエスト報酬で入手できる。 基本的には1個は確定、さらに追加枠があり7%の確率で入手できることがある。 「導きの青い星」は13%と高めの確率らしいが、クエストの難易度が非常に高いので、効率面を考えると微妙か。 鳥竜玉 レア度6防具のカスタム強化に必要となる。 鳥竜種に該当するのは• 銀だと8%程度• 金だと16%程度 となっている。 逆鱗 下位レア素材。 レア度6武器のカスタム強化に必要になる。 入手確率は下位・上位とも剥ぎ取りで5~7%と悪くない確率で出るため、そこまで飢えることは無いと思われる。 これよりも上位レア素材の宝玉がストッパーになりやすい。 同時に狙える、調査クエストの特別報酬枠に期待するのもアリだろう。 紅玉・宝玉 上位レア素材。 レア度7、8武器のカスタム強化に必要になる。 レア度8の方は古龍のレア素材。 MHWでは剥ぎ取りではたったの2%、捕獲でも2%とかなり出にくい。 クエスト報酬の通常枠では出ないクエストが多い。 基本的には 調査クエストの銀or金枠を狙っていくのが吉。 銀だと6%程度• 金だと13%程度 ちなみに 銅枠では出ないので注意したい。 物欲センサーが絶好調になる? とにかくカスタム強化に要求される 素材は入手困難なものが多い。 特に輝く龍脈石は、 HR100まで歴戦やり続けても、目当てのモノが1個も出ないことも! ちなみに危険度3調査クエストで、特別報酬枠4の場合、 目当ての武器種の英雄の龍脈石が出る確率を雑に考えてみた。 1回のクエストで出る確率は約1. 64% 特別枠4個の調査クエストに 100回行っても、当たりを引ける確率は81. 4%程度であり、 約5人に一人は100回行っても出ないという涙目になる。 果たしてどれくらい楽になったのだろうか? 仮に輝く龍脈石が4%になったとすれば….

次の

【mhwib】アイスボーン 鑑定武器の強化素材を集め中

カスタム強化 素材集め

集めておきたい素材一覧 地帯とLv 使い道と素材 荒地Lv2 挑戦の護石Lv4の素材 ディアブロスの「」 荒地Lv6 挑戦の護石Lv3 逆上の護石Lv3の素材 歴戦ディアブロス亜種の「」 荒地Lv7 挑戦の護石Lv4と 匠の護石Lv4の素材 歴戦ナナテスカトリの「」 陸珊瑚Lv7 覚醒の護石Lv3の素材 歴戦キリンの「」 瘴気Lv1 鉄壁の護石Lv4の素材 ラドバルキンの「」 瘴気Lv4 鉄壁の護石Lv5の素材 歴戦ラドバルキンの「」 瘴気Lv6 匠の護石Lv4の素材 歴戦ディノ亜種の「」 瘴気Lv6 逆上の護石Lv4の素材 ティガ亜種の「」 万能素材があると素材集めが楽 万能素材は、他のモンスター素材と交換可能。 多くの素材は一度入手すれば万能素材の交換先としてマカ錬金に並ぶので、非常に便利だ。 しかしこの素材は、イヴェルカーナなどの万能素材で交換入手できる。 一度でも入手すれば交換可能になるので、森林地帯をキープする必要はない。 瘴気素材を集めたら氷雪7を目指す ゲームが進むと、 最終的にレア12武器を使うようになる可能性が高い。 覚醒武器はレア12なので、カスタム枠拡張に歴戦ジンオウガ亜種の素材が必要だ。 瘴気の素材を十分に集めたら、瘴気を下げて氷雪地帯Lv7を目指そう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 全ての地帯に出現するため、以下の手順をこなすのと並行して狩猟するといい。 素材を入手せずに地帯レベルを上げてしまわないように注意。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 歴戦クシャルダオラは溶岩で出現し、傷ガルルガの素材も汎用素材でマカ錬金可能。 森林固有のモンスターを一通り倒したら、放置で構わない。 どちらもレア12の回復カスタムに使うので、常にレベル7を維持すること。 手順5:溶岩地帯 【最終キープ】• 【重要】マルチを活用する• 以下では属性カスタム重視でチャート化しているが、回復カスタムや他カスタムが必要な人もいるはず。 レベル管理が難しい場合は、野良や友人との導きマルチで素材を補おう。 加えてレア12のカスタム枠拡張に必須かつ、素材集めに便利な溶岩地帯も上げることが理想。 属性強化と回復カスタムの両立にカスタム枠拡張が必要なので、氷雪Lv7が理想だ。 荒地と瘴気の素材を大量に確保したら、どちらかを下げて氷雪を上げよう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 属性装備を組むなら避けては通れないので、後述の手順をこなすのと並行して狩猟しよう。 この2種は全ての地帯で出現する。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 全て他地帯やマカ錬金で入手可能なので、モンスターを一通り倒したら放置しよう。 レア12の回復カスタムに使うので、100個ほど確保しておこう。 さらに、歴戦の素材はレア10の回復カスタムに使用する。 属性カスタムのみならレベル6で構わないが、回復も視野に入れるなら一旦7まで上げて集めると良い。 手順5:氷雪地帯 【最終キープ】.

次の