青森 キリ ストップ。 【ナニコレあおもり】005.キリストのお墓の周りで盆踊り? 新郷村「キリスト祭」初参戦レポ

【新郷村】キリストの墓 気になるショップとキリスト様

青森 キリ ストップ

青森県南部に位置する。 人口は約2600人の、緑豊かでのどかな村です。 その新郷村で、なんとも奇怪なお祭りがあるというので行ってきました。 その名も「キリスト祭」。 毎年、6月の第一日曜日に開催されます。 実はもう54回目っていう・・・!!なかなか歴史あるお祭りですね。 イエスだしキリストだし、なんとなく勝手にパーリナイみたいなのを想像していたんですが、前日にある重大事項に気付きました。 よーくみると、ここに「慰霊祭」って書いてあるんですよ。 「慰霊祭・・・?はて・・・?」と思いましたが、とりあえず朝8時半に八戸を出発して新郷村へ向かいました。 <ここで、新郷村のキリスト伝説についてすこし解説> ゴルゴダの丘で磔刑に処されたのは実は弟のイスキリで、キリストは密かに日本にわたり八戸港に流れ着き、新郷村にやってきた。 昭和10年、茨城県で古文書が見つかり、その事実が明らかになりました。 昭和11年にはキリストの遺書も見つかっているそうです。 村では、この地で亡くなったキリストを慰霊しようと昭和39年からキリスト祭を開催。 キリストの墓のある地域は戸来 へらい といい、これは「ヘブライ」に由来するという説、子どもが生まれて初めて外出するときには額に十字を書く習慣があったとか、父をアヤ、ダダ、母をアパ、ガガと呼ぶこと、ダビデの星が家紋の家があるなど、キリストを彷彿とさせる伝説がいくつも残っているそうです。 うーん。 何とも不思議な。 さて、無事に新郷村にたどりつきました。 午前10時。 ひんやりとした空気のなか、キリスト祭は開会しました。 慰霊祭だからなのか、 来賓多数です。 超厳粛ムードです。 パーリナイどころではありません。 式次第まで配られました。 祝詞奏上、玉串奉奠と続き・・・伝統芸能の奉納です。 まずは田中獅子舞保存会さんによる舞が披露されました。 静まり返った空気の中、キリストの森に淡々と響くお囃子。 最後はいよいよ一番の見どころナニャドヤラの奉納です。 ポスターになってるあのシーンがいよいよ繰り広げられるのです。 ナニャドヤラとは、青森県南から岩手県北地域に伝わる盆踊りです。 地域によって違いがあり、見ているとカナリ面白いです。 しかし人だかりがすごすぎて、まったく墓に近づけません・・・ 慌ててポジションを変えて、下から見上げることには成功しました。 ちょっとわかりにくいんですが・・・赤丸で囲んだものがキリストのお墓の十字架です。 キリストのお墓はしっかり柵で囲われています 新郷村にいる民謡日本チャンプのおばちゃんが高らかに「ナニャ~ドヤ~ラ~」と歌います。 15分ばかり舞って、最後に参加者全員でリンゴジュースで乾杯して慰霊祭は終了。 キリストなのに神事でいいんだろうか?という素朴な疑問もわきました。 が、異国の地に眠ったキリストを、昭和の頃から54回も慰霊し続ける新郷村のみなさんの温かさを感じられるお祭りだと思いました。 人が人を思う気持ちに国境とか宗教とか関係ありませんよね!! 体は冷え冷えだったんだけどなぜか心はほっこり。 そんな心持ちで慰霊祭を後にしました。 慰霊祭がおわったあとは、さらに気になるこちらへ。 「キリストっぷ」キリストの墓の目の前にあります。 土日の10時~15時まで営業っていう強気な営業時間です。 この半年で3回ほど挑みましたが一度も開いていることはありませんでした。 ここで働いているおばちゃんたちも超強気です。 お店自体がなかなか開いていないので、開いているときがチャンス!!!ぜひキリストグッズを手に入れてください。 おばちゃんのつくるじゅね エゴマ のくしもち、最高においしかった! 最後に、キリストっぷの中で見つけたこの張り紙が一番奇怪でした。 気になって仕方ないアナタ、キリストの墓を堪能しにぜひ新郷村へ。 (八戸都市圏移住コーディネーター・風間).

次の

ミステリースポット好きなら「キリストップ」に行くべし!

青森 キリ ストップ

注意: この記事には、特定の体を批判・誹謗中傷する目的はありません。 誤解を招く表現があるかもしれませんが、あくまで私が感じた地域の魅力を発信するのがこの記事の目的であることをご理解いただき、お楽しみいただけると幸いです。 --------------------------------- 少し前に、このような画像が出回ったのをご存知だろうか。 「キリストの墓 ピラミッド」とかかれた青看板。 のどこかにあると言われ、一時期話題になった。 このミステリアスなスポットは、の新郷 しんごう という村に実在する。 その真相を突き止めるため、モンスター氏と別れた私はひとりへ向かった。 (前の記事:) 2018年12月30日。 実家の車を運転し、八戸から広域農道を通ってへ向かう。 途中、ものすごいビジュアルの坂道に遭遇した。 八戸~五戸間の農道。 実際の勾配はビジュアルほどキツくはない。 「ようこそ あと1000m」どこまで? 農道から国道454号へ入る。 小学生から忠告を受けつつ、八戸から車で1時間ほどでに入る。 とは? ホームページ()より 東南部の南部地方に所在する、人口約2000人の小規模な村である。 キリストの墓伝説やにまつわると言われる祭礼・遺跡があり、神秘の村としても知られるが、その発祥は1935年以降である。 ( より引用) 事前の調査を踏まえ、この村で私が行きたかったのは以下の4ヶ所だ。 キリストの墓• ピラミッド• 道の駅しんごう・国道454号 ゲート• は実際の訪問順です。 キリストの墓 キリストの墓は、言わずと知れたが誇るパワースポットである。 民でその名を知らない者は少ないのではないだろうか。 を東西に結ぶ国道454号沿いに「」が存在する。 あの青看板が姿を現す。 早速キリストの墓参りに行こうとしたのだが… なんと、キリストの墓は11月から 冬季休園していたのだ。 墓に至る遊歩道も除雪されていない。 結局、キリストの墓参りをすることは叶わなかった。 一度は全国的にも注目されたキリストの墓。 冬季も開業し、少し除雪でもすれば、全国から観光客が来てそれなりの経済効果があるのではないか?もしかして、この村はやる気がないのではないか? さて、私がこの場所に来たかったのは、勿論キリストの墓を観に行きたいというのもあるのだが、もう1つ大きな理由がある。 それは、の目の前にあるコンビニ「 キリストっぷ」の存在である。 どう考えても某大手コンビニのネーミングを パクって パロディしている。 まで似せている。 よくも今まで訴えられずにやってこれたものだ。 キリストっぷのレポートはこちらの記事が面白い。 これを読むだけでも、このコンビニのやる気のなさが伝わってくる。 上記記事の通り、キリストっぷの営業時間は日曜日の10時から(十字架ら)15時。 定休日が、ではなく、営業日が週にたった1日だけだ。 一応この村で最も有名な観光地にあやかっているのに、この営業時間の短さは明らかにやる気がなさすぎる。 だが、私がここを訪問したのは日曜日の13時頃であり、幸運にも短い営業時間の内であった。 駐車場に車を停め、早速キリストっぷに向かう。 だが… 「今年度も大変お世話になりました。 来年度も宜しくお願い致します。 !!」。 ・・・。 まあ正直、訪れた日は年末だったので、営業してなくても仕方ないとは思っていた。 だが、終了したのは今年の営業ではなく、今年「度」の営業である。 つまり、キリストの墓と同様、3月末までキリストっぷは休業という訳だ。 上記の記事を読んでいたからやる気のないコンビニなのは重々承知していたはずなのだが、これには一本取られたよ。 まあキリストの墓が休業してるんだから当たり前といえば当たり前か。 次に来れるとしたら春以降か。 今度は絶対にキリストの遺言書手ぬぐいを手に入れてみせる。 キリスト公園前のバス停。 村営バス「みずばしょう号」が走っている。 キリストっぷの唯一の営業日である日曜日のバスの運行はない。 バスダイヤ設定の際に、キリストっぷの営業日を考慮しないにはやる気がない。 ピラミッド ピラミッドは、キリストの墓と並ぶのミステリースポットだ。 正式な名称を「」というらしい。 キリスト公園から西へ約4km、小さな案内板に沿い、国道を外れてさらに2kmほど走る。 丁度良く木漏れ日が射し込んできた。 起伏の激しい道をしばらく走ると、ピラミッド入口の看板が見えてくる。 しかし… ピラミッド、 未除雪。 スニーカーが完全に埋もれる程の積雪が、行く手を阻んでいた。 未除雪の雪道を数メートル歩いてみるが、今の私は長靴ではない普通のスニーカーを履いている。 ここからピラミッドまでは約300m。 とてもピラミッドまで辿り着ける装備ではない。 キリストの墓に続き、ピラミッドもアクセス失敗。 せめてあと数百メートル除雪してくれればピラミッドに辿り着けるのに…。 ここまでの道路が除雪されているのだから、それくらい容易くできそうなものだ。 ましてや観光名所に至るラストワンマイル。 その除雪をしないあたり、にはやる気がない。 とはいえよくよく考えてみれば、のピラミッドは本家のそれほど大きくはない。 もしピラミッドまで辿り着けたとしても、ピラミッドそのものが雪に覆われていれば、何が何だか分からないことになるのは目に見えている。 「目の前まで来て絶望するよりも、早めに引き返しておけ」というからの無言のメッセージだったのかもしれない。 多分やる気がないだけだと思うけど。 道の駅しんごう・国道454号 ゲート 「道の駅しんごう」は、国道454号沿いにあり、1年のうち半分近くがされている。 今回紹介する4つのスポットのうち最も八戸から遠くに存在する。 これまで紹介したキリストの墓やピラミッは、まさにブログ名に相応しいオチだったと思う。 一方で、この場所はされていることを事前に知っていた。 自分ルールにはルーズな方だが、あらかじめやってないと知った上でその場所に行き、やってないじゃんと笑うのは流石に違うことは自覚している。 私がこの場所へ行きたかったのは、前日通れなかった国道454号の成れの果てを見たかったのと、の駅巡りをしていた友人が昔「道の駅しんごうは東北の道の駅の中でも特にやる気がない」と喋っていたため、気になっていたからだ。 国道454号 ゲート。 ここから境までは全て閉鎖されている。 道の駅しんごう「間木ノ平グリーンパーク」。 案の定除雪すらされていない。 そもそも営業してないので、やる気がないのかどうか分からない。 道の駅の向かいにあるコーヒーショップ。 てっぺんに十字架が刺さっている。 ここに至る途中、除雪作業中のオッチャンから異様な眼差しで見られた。 この先は通行止めなのを知らないのか?という意味だろう。 心配してくれてありがとう。 でも私は止まる訳にはいかなかった。 この道の「終わり」を見るまでは。 で唯一の信号 の中心部に、で唯一の信号がある。 村の名前が「しんごう」なのに信号が1つしかないのは、にやる気がない証拠だ。 来た道を引き返し、村役場に車を停め写真を撮りにいく。 これがで唯一の信号だ。 何の変哲もない普通の信号である。 良く見ると氷柱が垂れ下がっている。 イルミネーション会場??あの信号機のことか? やる気のないならあるいは…とも思ったが、矢印の指し示す方向は違うようだ。 歩いて行ってみることに。 「新世紀橋」という壮大な名前の歩行者専用橋を渡って… ここがそのイルミネーション会場だ。 小ぢんまりとしているが、地域の皆さんや子ども達が力を合わせて準備したのを想像すると微笑ましい。 ここまで幾度となくのやる気のなさを紹介してきたが、極めつけはこの居酒屋「レスト&パブ さぼーる」。 確信犯的にやる気のない名前をしている。 営業時間はPM5:30~のため入ることはできなかったが、ここまで開き直られるとむしろいつか来てみたいと思える。 村では、住民の皆さんが総出で雪かきをしていた。 前日に八甲田に行ったので感覚が麻痺しているが、ここも相当な豪雪地帯である。 力を合わせて雪かきをしないと、冬は乗り切れない。 が観光に対してやる気がないのは、自分たちの暮らしを守ることに力を注いでいるからなのかもしれない。 「東北の人間はアピールが下手」と言われて久しい。 他の地域に行ってみて初めて気付くことだが、東北には訪れるには素晴らしい観光地や、美味しい食物がたくさんある。 にもかかわらずそれをアピールしないのは、自分たちで自分たちの地域の魅力に気付いていないからかもしれないし、他の地域から人を呼び込むよりも大切なものがあるという認識があったからかもしれない。 他の地域から観光客を呼び込み、経済のサイクルを回す。 グローバル社会の中で小さな村が生き残るには、それしかない。 自分たちの暮らしを守り受け継ぐことを第一に考えた東北人の選択は、この社会では間違っているのかもしれない。 だが少なくとも私は、そのような道を選んだ人々に敬意を表さずにはいられないのだ。 やる気はなくてもミステリアスな魅力はある。 から目が離せない。

次の

ミステリースポット好きなら「キリストップ」に行くべし!

青森 キリ ストップ

新型コロナウイルスの影響により、営業時間や休業の可能性があるかもしれません。 施設のHPやお電話などでご確認をおすすめいたします。 わざわざ青森まで、キリストップのために2回訪れるも、お休み・・・orz 今回は「営業する」という確かな情報をゲットし、無事営業中のキリストっぷでグッズを買ってきたお話です。 ちなみに、ミニストップとはまったく関係のないキリスト的なグッズ販売やコーヒーがいただけるコンビニみたいな最高にゆるいお店です。 このバッグを仙台で使ってる女がいたら多分私かもしれません。 以上、ねずホリ()でした~。 基本日曜営業だけど、普段は農業をしているので忙しかったりすると開けられないときがあるとのこと。 2019年の営業は11月3日(日)と11月4日(月)で終了で、次期は5・6月あたりから再開する予定。 お問い合わせできる電話番号はなし。 必ずお店にご確認下さい.

次の