無理 敬語。 体調を気遣うメールで使える言葉18選|目上の人への敬語や返信方法も

無理なお願いをするときのビジネスメールの書き方【例文付き】

無理 敬語

最後に今後の抱負やお願いの言葉を入れましょう。 まだ体調が万全でない状態で配慮をお願いしたいことがあったら、きちんと伝えましょう。 伝えることで自分だけでなく周りの人が余計な心配をかけずに済みます。 「明日から出勤予定です。 今後もよろしくお願いいたします。 」「健康管理に気をつけて、業務に精励します。 」「遅れを取り戻せるよう、仕事に励む所存です。 」「完全復帰ではありませんが、できる限り努力してまいります。 」「しばらくは体調と相談しつつの勤務となります。 何卒ご理解ください。 」などと入れましょう。 体調を気遣う言葉の7つ目は「私に出来ることがあれば、遠慮なく知らせてください。 」です。 長期間休む場合は体調だけでなく、仕事のフォローも兼ねてメールを送りましょう。 相手に不安を感じさせないように復帰を待っている気持ちを伝えましょう。 メールを送って良いかわからない時は他の上司や同僚に相談しましょう。 相手の体調だけでなく立場も気遣うのを大切に いかかでしたか?相手が誰であっても、1番大切なことは相手の体調だけでなく立場も気遣うことです。 あなたの気持ちは文章だけで伝わります。 イライラした気持ちは堪えましょう。 「お体に気を付けて」と、お互い様の気持ちを忘れずに気持ちの込められたメールを送りましょう。

次の

【無理なお願いをする際の伝え方】ケース別メール例文付き

無理 敬語

「ご無理を聞いて頂きありがとうございました」について、意味と上司や目上への正しい使い方、注意点をビジネスメールの例文つきで誰よりもくわしく解説していく記事。 まず簡単にまとめを。 「ご無理を聞いて頂きありがとうございました」の意味は「 無理を聞いてもらいありがとう!」であり、ビジネスシーンではとくにお礼メールに活躍する表現です。 使い方はとくに上司なり社内目上・取引先に 何かしら無理なお願いをし「了解です!」的な返信がきたあと。 返信の返信メール書き出しでまず「ご無理を聞いて頂きありがとうございました」とすると、相手への配慮があらわれていて好感がもてます。 たとえば、• 【例文】 ご無理を聞いて頂きありがとうございました。 【例文】 ご無理を聞いて頂きありがとうございます。 というようにシンプルなお礼を書き出しにくわえるだけで丁寧。 相手にかなりの無理を言ってとんでもなく負担をかけたのであれば… ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 等しく丁寧な言い換えとしては… 「 ご無理を申し上げたにも関わらず〜いただき+お礼」「 無理なお願いにも関わらず〜いただき+お礼」などあり。 どの例文も社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 ざっくりとした解説はこれにて終了。 くわしくは本文中にて意味と使い方、注意点を述べていきます。 「〜していただき」は「〜してもらい」という意味の敬語(謙譲語)です。 漢字表記「頂き」vs ひらがな表記「いただき」はどちらも正しい日本語。 使い方はたとえば、• というように「〜してもらう」の意味としてつかいます。 よりビジネスメールにふさわしい敬語にするためには「お(ご)〜いただき」に言い換えます。 使い方 つづいて「ご無理を聞いて頂きありがとうございました」の使い方について。 「 無理を聞いてもらいありがとう!」という意味ですので、とくにあなたが上司なり目上に無理なお願いをしたあとにつかうフレーズ。 上司なり目上・社外取引先に何かしら無理なお願い・依頼をしたあと。 相手から「了解です!」的なビジネスメールがきたら返信メールではまず「 ご無理を聞いて頂きありがとうございました」としましょう。 シンプルに メール冒頭・書き出しにくわえるだけで相手への配慮が感じられて好感がもてますね。 なお「聞いていただき」の言い換えとして、• 尊敬語「聞いてくださり」「お聞きくださり」• 尊敬語「聞いてくださいまして」「お聞きくださいまして」• 謙譲語「聞いていただきまして」「お聞きいただきまして」 をつかっても丁寧です。 すでに紹介はしましたが… 上司なり目上にかなりの無理を言ってとんでもなく負担をかけたのであれば… ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 こちらも使い方は簡単。 たとえば、• 【例文】 ご無理を聞いて頂き恐縮です。 【例文】 ご無理を聞いて頂き恐縮でございます。 【例文】 ご無理を聞いて頂き恐れ入ります。 【例文】 ご無理を聞いて頂き大変恐れ入ります。 をビジネスメールの書き出しにくわえるだけで十分に丁寧です。 どれも意味としては「 無理を聞いてもらい申し訳なく思います」となります。 絶対にお礼しなけきゃダメ!というのではなく。 ちょっとした気づかい、心づかいに「ご無理を聞いて頂きありがとうございました」をつかうと丁寧ですね。 そうすると依頼を受け入れたほうも気持ちよく仕事ができるというものです。 ほかにも返信ビジネスメールの冒頭・書き出しお礼に使える敬語フレーズとしては… 「 ご丁寧にご連絡いただきありがとうございます」などもあります。 ようは相手にメール返信してもらったり、なにかしら負担をかけたのであれば、どんな表現でもいいのでとりあえず感謝の気持ちをつたえましょう。 そうするとあなたの好感度もアップすること間違いなしです。 無理なお願いでないにもかかわらず「ご無理を聞いて頂きありがとうございました」では少々無理があります。 そんなときには別のフレーズに言い換えすると丁寧です。 ビジネスメールではこれらの表現に言い換えすることもできますので、お好みの表現を用いてください。 どれも目上の人(社内上司・先輩)にはもちろんのこと、社外取引先にもつかえる丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 例文「ご無理を申し上げたにもかかわらず〜頂きありがとう」 意味は「 無理を言ったにも関わらず~してもらいありがとう」であり、ビジネスシーンではお礼メールに活躍する表現です。 使い方はとくに上司なり社内目上・取引先に 何かしら無理なお願いをし「了解です!」的な返信がきたあと。 返信の返信メール書き出しでまず「ご無理を申し上げたにもかかわらず+お礼」とすると、相手への配慮があらわれていて好感がもてます。 たとえば、• 【例文】 ご無理を申し上げたにもかかわらず、ありがとうございます。 【例文】 ご無理を申し上げたにもかかわらず、ありがとうございました。 のようなシンプルなお礼のほかにも、• 【例文】ご無理を申し上げたにもかかわらず お時間を頂けるとのこと、有難うございます• 【例文】ご無理を申し上げたにもかかわらず ご対応いただき、ありがとうございました• 【例文】ご無理を申し上げたにもかかわらず ご対応いただき恐れ入ります• 【例文】ご無理を申し上げたにもかかわらず ご承諾いただき感謝申し上げます• 【例文】ご無理を申し上げたにもかかわらず ご了承いただき厚くお礼申し上げます というように「~してもらい」の意味の敬語「 お(ご)~いただき」というフレーズをくわえ、お礼したい中身を具体的にしても丁寧。 いちじるしく相手に負担をかけたのであれば… ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 等しく丁寧な言い換えとしては… 「 無理なお願いにも関わらず〜」「 勝手を申し上げたにも関わらず〜」などあり。 どの例文も社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 意味は「とても忙しいにもかかわらず」であり、似たようなビジネスシーンでつかわれます。 無理を聞いてもらいありがとう =ご無理を聞いて頂きありがとうございました なのか、• とても忙しいにもかかわらず〜してもらいありがとう =ご多忙にもかかわらず〜頂きありがとう という意味の違いはあれど結局のところ上司なり目上・取引先のことを気づかうフレーズという点においてはおなじ事。 使い方はたとえば、• 【言い換え】ご多忙にもかかわらず+お礼 例文「ご多忙にも関わらずご参加(ご出席)いただけるとのこと、有難うございます」 例文「ご多忙にも関わらずお時間をいただけるとのこと、誠にありがとうございます」 例文「ご多忙にも関わらずご返信(ご連絡・お返事・ご回答)いただき感謝申し上げます」 例文「ご多忙にも関わらずご対応(お取り計らい)いただき、お礼申し上げます」 例文「ご多忙にも関わらずご確認いただき、大変恐縮です」• 【言い換え】ご多忙中にもかかわらず+お礼 例文は同上〃• 【言い換え】ご多忙の折にもかかわらず+お礼 例文は同上〃 などとして使います。 ビジネスシーンにおうじて使い分けましょう。 なお上司なり目上に著しく負担をかけたのであれば「ありがとう」よりも「 恐縮です」「 恐れ入ります」といった、申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかうとより丁寧です。 おそれいること。 また、そのさま。 意味は「忙しい最中にもかかわらず」であり、似たようなビジネスシーンでつかわれます。 使い方はたとえば、• 【言い換え】お忙しい中にもかかわらずご参加(ご出席)いただき、+お礼• 【言い換え】お忙しい中にもかかわらずご返信(お返事・ご連絡)いただき、+お礼• 【言い換え】お忙しい折にもかかわらずご教示(ご確認・ご対応など)いただき、+お礼 のようにすると目上なり上司・取引先への配慮が感じられて好感がもてます。 「 ご多用=忙しいこと」「 ご多忙=とても忙しいこと」をつかっても言い換えできます。 上司なり目上に著しく負担をかけたのであれば「ありがとう」よりも「 恐縮です」「 恐れ入ります」といった、申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかうとより丁寧です。 意味はそのままダイレクトに「無理なお願いにもかかわらず」。 使い方はたとえば、• 【言い換え】無理なお願いにもかかわらず、ありがとうございます。 【言い換え】無理なお願いにもかかわらず、ありがとうございました。 というシンプルな使い方のほかにも。 より具体的に了解してもらったことの内容をもりこみ「 無理なお願いにもかかわらず〜いただき+お礼」としても丁寧です。 たとえば、• 【言い換え】無理なお願いにも関わらずご参加(ご出席)いただけるとのこと、有難うございます。 【言い換え】無理なお願いにも関わらず面談のお時間をいただけるとのこと、誠にありがとうございます。 【言い換え】無理なお願いにも関わらずご承諾(ご了承)いただき感謝申し上げます。 【言い換え】無理なお願いにも関わらずご対応(お取り計らい)いただき、お礼申し上げます。 【言い換え】無理なお願いにも関わらずご確認いただき、大変恐縮です。 のようにして使います。 いずれの使い方も目上なり上司・取引先への配慮が感じられてすばらしく丁寧ですね。 「 身勝手なお願いにも関わらず」と言い換えても丁寧です。 意味はそのままダイレクトに「身勝手なことを言ったにもかかわらず」。 使い方はたとえば、• 【言い換え】勝手を申し上げたにもかかわらず、ありがとうございます。 【言い換え】勝手を申し上げたかかわらず、ありがとうございました。 というシンプルな使い方のほかにも。 より具体的に了解してもらったことの内容をもりこみ「 勝手を申し上げたにもかかわらず、〜いただき+お礼」としても丁寧です。 たとえば、• 【言い換え】勝手を申し上げたにも関わらずご参加(ご出席)いただけるとのこと、有難うございます。 【言い換え】勝手を申し上げたにも関わらず面談のお時間をいただけるとのこと、誠にありがとうございます。 【言い換え】勝手を申し上げたにも関わらずご承諾(ご了承)いただき感謝申し上げます。 【言い換え】勝手を申し上げたにも関わらずご対応(お取り計らい)いただき、お礼申し上げます。 【言い換え】勝手を申し上げたにも関わらずご確認いただき、大変恐縮です。 のようにして使います。 いずれの使い方も目上なり上司・取引先への配慮が感じられてすばらしく丁寧ですね。 「 身勝手なお願いにも関わらず」と言い換えても丁寧です。 どれも丁寧だがビジネスシーンに応じて使い分け で、 結局どれがもっとも丁寧なのか?ということですが・・・ 正直なところ すべて等しく丁寧です。 ただしビジネスシーンに応じてふさわしい、ふさわしくない事があります。 日本語ネイティブの皆さまであれば大丈夫とは思いますが、言葉の意味を考えてつかいましょう。 また結婚や出産・その他めでたいシーンで「忙」はNGとなるためご留意を。 【例文】ビジネスメール全文.

次の

「こちらの都合で…」言いにくいことを切り出すクッション言葉7つ [手紙の書き方・文例] All About

無理 敬語

最後に今後の抱負やお願いの言葉を入れましょう。 まだ体調が万全でない状態で配慮をお願いしたいことがあったら、きちんと伝えましょう。 伝えることで自分だけでなく周りの人が余計な心配をかけずに済みます。 「明日から出勤予定です。 今後もよろしくお願いいたします。 」「健康管理に気をつけて、業務に精励します。 」「遅れを取り戻せるよう、仕事に励む所存です。 」「完全復帰ではありませんが、できる限り努力してまいります。 」「しばらくは体調と相談しつつの勤務となります。 何卒ご理解ください。 」などと入れましょう。 体調を気遣う言葉の7つ目は「私に出来ることがあれば、遠慮なく知らせてください。 」です。 長期間休む場合は体調だけでなく、仕事のフォローも兼ねてメールを送りましょう。 相手に不安を感じさせないように復帰を待っている気持ちを伝えましょう。 メールを送って良いかわからない時は他の上司や同僚に相談しましょう。 相手の体調だけでなく立場も気遣うのを大切に いかかでしたか?相手が誰であっても、1番大切なことは相手の体調だけでなく立場も気遣うことです。 あなたの気持ちは文章だけで伝わります。 イライラした気持ちは堪えましょう。 「お体に気を付けて」と、お互い様の気持ちを忘れずに気持ちの込められたメールを送りましょう。

次の