じゃがいも 皮 付き レシピ。 皮ごと料理できる!新じゃがいもをおいしく味わうコツ

業務スーパー『皮付きじゃがいも』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

じゃがいも 皮 付き レシピ

1キロ入りで税込213円です。 同じく業務スーパーではカット済みの『冷凍ポテト』1キロが税込264円。 『皮付きじゃが芋(スライス)』という商品もあり、こちらは税込213円の同容量・同価格ですが、もうちょい高めの価格設定で売られている店舗も見かけました。 上記の商品たちと比べたときに強いて選ぶほどの価格差はありませんが、確実に最安値で冷凍じゃがいもを買いたい場合、本商品の存在も覚えておいてよいのではないかと。 いずれにしても普通のスーパーで買うよりも相当安いですが! 原材料はじゃがいもオンリーで加熱済み。 原産国は中国です。 全部お皿にあけるとこんな感じ。 大きさに多少ばらつきはありますが、ゴロゴロっとしたじゃがいもが10個前後は入ってますね。 一番大きめの個体を手に持つとこんな感じ。 調理方法はラップをして500Wで約5分~7分ほどチンするだけでOKです。 チンするだけで丸ごとホクホク! じゃがバター好きなら買うべし スライス済みの冷凍ポテトよりもアドバンテージがあるレシピで言えば、定番はやはりじゃがバターでしょうか! ラップをして500W約5分チンしたあと、柔らかくなった表面に切れ目を入れて、バターを大さじ1程度のせるだけで完成です。 個体にもよりますが、皮は薄めで剥きやすく、熱さにだけ注意すればスルスルっと簡単に裸にできちゃいます。 冷凍品ながら解凍時に余計な水分が出ることはなく、生のじゃがいもを熱した時と変わらない超ホクホクの食感に仕上がりました! ラクに押し潰せる柔らかさになるので、ポテトサラダ用にもオススメできます。 チーズボールにするのもおすすめ! 他のおすすめレシピは「ポテトのチーズボール」などでしょうか。 チンして柔らかくした本品(2~3個)を押し潰して、片栗粉(大さじ2程度)とスライスチーズ(1~2枚)と塩こしょう(少々)を混ぜて丸めます。 あとはオリーブ油とフライパンでこんがり焼けば、コロコロかわいいおつまみの出来上がりです!.

次の

レッドムーン(じゃがいも)とは?特徴やおすすめレシピを紹介

じゃがいも 皮 付き レシピ

所要時間: 45分 カテゴリー:、 じゃがバターの料理レシピ!美味しいくじゃがいもをゆでる方法は? じゃがいもを上手に茹でる ゆでる 方法をご存知ですか? 3つのポイントをおさえれば、じゃがいもは驚くほどおいしくなります。 次にポイントを紹介します。 皮ごと丸々茹でること。 皮をむいたり、小さく切ったりはせずに皮ごと茹でましょう。 おいしさが茹で汁に逃げることなく、皮の中に閉じ込めることができます。 水からゆっくりと茹でること。 強火で一気に茹でてしまうと、皮の表面付近は火が通り過ぎてぐずぐずに、中央の部分は火が通らずに生煮えになってしまいます。 水から茹でて沸騰直前の火加減をキープし、時間をかけて茹でましょう。 豊富なでんぷん質が糖化して、じゃがいもの甘みが最大限に引き出されます。 品種にこだわってみましょう。 『男爵芋』『きたあかり』など、果肉が粉質で、加熱するとホクホクになるものを選びましょう。 こうしたポイントを分かっているだけで、コロッケ・グラタン・ポテトサラダなどが本当においしく仕上がります。 じゃがいも料理の基礎となる『茹でる』、ぜひ極めていただけたら、と思います。 じゃがいもを茹でる ゆでる の材料( 5個分).

次の

じゃがいものレシピ

じゃがいも 皮 付き レシピ

水っぽくなりすぎるのを防ぐため、皮つきのまま茹でるのがおすすめ。 皮を食べない場合も、茹でてからむくようにしましょう。 新じゃがいもに向く料理、不向きな料理とは? 新じゃがいもは比較的小粒なものが多いため、じゃがバターや揚げ煮など、丸ごと調理するおかずにぴったり。 細切りにしても、水分が多いので加熱中に形が崩れにくく、肉や野菜と炒めるのにも向いています。 型崩れしにくいメリットがある反面、味がしみにくいので、カレーや肉じゃがなどの煮込み料理にはおすすめしません。 また、通年で出回っている貯蔵じゃがいもに比べてデンプン質が少なめなので、コロッケやポテトサラダにも不向き。 ホクホク感が弱く、水っぽくなってしまいます。 食感別!新じゃがいものおいしい食べ方 1. 丸ごと茹でて濃い味と合わせる 皮つきのまま丸ごと茹でたら、しっとり、ほっくりした食感を熱いうちに味わいたいもの。 コクが少ないので、味の濃いものと組み合わせるのがポイントです。 相性が良いのは、バターのほか、クリームチーズ、イカの塩辛、明太子、キムチ&ごま油など。 シンプルながら一皿で満足できるおかずになります。 茹でたてを半分に切って、彩りよくトッピングすれば、オードブル風に! 2. せん切りにしてサッと火を通す せん切りや細切りにして水にさらせば、サクサク、シャキシャキとした歯ごたえに。 生で食べてもOKですが、ソテーや中華炒めにしたり、サッと湯がいてなますやナムルにしたりと、新じゃがいもでしか味わえない食感を活かした料理ができます。 大きな粒のものを使うと、長さがあって扱いやすいでしょう。 茹でてから油でコーティングする 小粒の新じゃがいもを丸ごと茹でた後、油でコーティングして調理すれば、表面はカリッ、中はホクッ。 2つの食感が引き立ちます。 マッシュルームやたこと合わせてアヒージョに、丸揚げして甘辛煮にと、和洋を問わず幅広く活用できます。 潰して粘りを出す 茹でた新じゃがいもは、あつあつの状態で潰すとほっくりしますが、粗熱を取って皮をむき、よく冷ましてから潰すと、粘りが出てモチモチに!めんつゆをかければとろりとした舌ざわりの副菜に、ハンバーグ状に丸めて焼けば、もっちり食感のユニークな一品になります。 粒の大きなもので作るのがおすすめです。

次の