きん ぐ。 金

純金積立なら三菱マテリアル GOLDPARK(ゴールドパーク) 三菱の金

きん ぐ

外見 黄金色 一般特性 , , 金, Au, 79 , , , , 4 [] 4f 14 5d 10 6s 1 2, 8, 18, 32, 18, 1() 物理特性 (付近) 19. 33 , 1064. 54(ポーリングの値) 第1: 890. 44 2. 5 216 MPa 25 HB MPa 7440-57-5 主な同位体 詳細はを参照 Au 0. 227 Au 1. 506 0. 372 Au 0. 453 金(きん、: gold, : aurum)は79の。 に属する。 下のでは人類が古くから知るである。 こがね、 くがねとも呼ばれる。 見かけは光沢のあるがかったすなわちに輝く。 金属としては重く、軟らかく、がある。 とに富み、非常に薄く延ばしたり、広げたりすることができる。 同族のとが比較的に富むこととは対照的に、に基くは全金属中で最小であり、反応性が低い。 として生成され、そのまま採掘されるか、風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床()として採集される。 これらの性質から、金は多くの時代と地域でとして価値を認められてきた。 ではなく単体で産出されるための必要がなく、として人類に利用された最古の金属で、美術工芸品にも多く用いられた。 銀や銅と共に交換・用金属の一つであり、現代に至るまで蓄財やの対象となったり、として加工・使用されたりしている。 では XAU と表す。 また、やなどの分野で利用されている。 名称 [ ] Auは、で金を意味する aurum に由来する。 では、金を「かね」と読めば通貨・貨幣・金銭と同義(すなわちお金)である。 金属としての金は「黄金」(おうごん)とも呼ばれ、「」は物事の全盛期の比喩表現として使われる。 「金属」や「金物」(かなもの)といった単語に金の字が含まれるように、古くから金属全体を代表する物質として見られた。 性質 [ ] は79であり、貴金属としては最も大きい。 金は単体では金色と呼ばれる光沢のあるがかった黄色の金属であるが、非常に細かい粒子状()にするとや色に見える場合があり、時には色になる。 これらの色は金の周波数によるもので、主に黄色と赤色を反射して、青色を吸収する。 このため、薄い金箔を光にかざすと、反射と吸収の谷間にあたる緑色に見える。 化合率が低めだが、合金が多く、頻繁に色が変わってしまう。 展延性 [ ] に優れ、最も薄く延ばすことができる金属である。 1グラムあれば数平方メートルまで広げることができ、長さでは約3000メートルまで延ばすことができる。 平面状に延ばしたものを「」(きんぱく)、糸状に延ばしたものを「」(きんし)と呼ぶ。 華美な衣装を作るために、金糸はやなど一般的な素材と併用される。 逆に大きな展延性が精密加工時や加工後の製品では、耐久性が悪いという弱点にもなる。 合金 [ ] 他の金属と同様にとすることが容易である。 合金化は金にとっては硬度を上げることができ、他の金属にとっては伸長性が増し、本来の金色以外に変化に富んだ色調のとすることができる。 との合金は赤く、は緑、は紫、やは青、やは白、とが混ざった物では黒味を帯びた色調になる。 さらに銀の量を増やしていくと、色は次第に銀白色になり、はそれにつれて下がる。 詳細は「」を参照 熱伝導、電気伝導、反応性 [ ] 金は、ともに優れた性質を持ち、空気では浸食されない。 熱、、、その他ほとんどの化学的腐食(通常のや)に対して非常に強い。 そのため、貨幣の材料や装飾品として古くから用いられてきた。 一方、金はある特殊な条件下でを生成する。 を発生するやを含むは金を溶かすことができる。 さらにの存在下での水溶液にを形成して溶解する。 この反応は金鉱石から金を抽出するために応用されている。 AuCl など1価の金化合物はを除いて一般的に水溶液中で不安定であり、しやすい。 合金中において金はしたとしても直ちに他の金属によってされ、添加された金属はされる。 このことも「金は安定的」と言われる所以になっている。 利用の歴史 [ ] で金を表す記号 金は、美しい光沢を含めて有用な性質を多く持つ。 また精錬の必要がない単体の金そのままで自然界に存在しているため、精錬が必要ななどよりも早く人類が利用していた金属とされる。 しかし産出は非常に限られていたため、有史以前から貴重な金属、貴金属として知られていた。 また、そのままでは金として利用できない金鉱石であっても、法やなどの法によって取り出すことができた。 長い年月を経ても変化しない金の性質は神秘性を産み、との関連としても研究された。 においては、中心に点が描かれた円の記号は太陽を表すと同時に金も表し、これはのにも見られる。 このように、金は歴史とともに利用価値の高さゆえの豊かさと富の象徴であり、金そのものや(金鉱や金山)の所有、の権利などを巡る争奪・紛争が、個人間から国家間の規模に至るまでしばしば引き起こされた。 紀元前 [ ] 金は紀元前3000年代に使われ始めた。 最古の金属貨幣は紀元前7 - 6世紀(紀元前670年頃)にで2世王により造られたで、天然の金銀合金に動物や人物を打刻している。 金は中国で時代に已に装飾品として使われ、には貨幣やとして使用された。 のでは、紀元前2600年頃から金についての記述が見られる。 の王が、通常は粒として請求をしている。 エジプトとは、史上でも有数の金産出地域である。 『』でも、金について多く触れられている。 の南西部は、金の産出地として名高い。 金を利用した物としては、の時代にまで遡ると言われている [ ]。 この金は、前述のリディアでの世界で初めての貨幣成立(エレクトロン貨)に大きく影響を及ぼしたと言われている。 日本 [ ] 日本での古代の金製品は福岡県にて発見されたなどがある。 には奈良県出土の「中平」銘鉄剣や埼玉県出土の「辛亥」銘鉄剣など、鉄地に線を彫って金線を埋め込んだ金があった。 までの日本は金を産出せず、供給はのやからの輸入に頼っていた。 にが(現在の)で砂金の発見を報告し、状況は一変する。 後半からは逆に、新羅などへ輸出され、の滞在費用として砂金が持ち込まれることで、後の「黄金の国」のイメージの原型が形作られた。 後期には奥州を掌握したによって、産金による経済力を背景に、が平安京に次ぐ日本第二の都市にまで発展した。 砂金はや・などとの貿易に使用された。 奥州産の金をふんだんに使用したは、が『』で 紹介した黄金の国のモデルになったともされる。 やは金山への支配を強め、金を含有したやを発行した。 (関連:、) 世界 [ ] のアメリカ州到達以来、探検家や征服者()によって行われたアメリカ原住民(など)からの金の強奪は膨大な量に上った。 特にやの、を原産とする物が多い。 それらは金と銅の合金で作られており、たちはと呼んでいた。 金への欲望を募らせたヨーロッパ人は、金鉱あるいは採掘済みの金があると信じた(黄金郷)を探し求めて南米奥地に分け入ったが、現在に至るまで該当する土地は見つかっていない。 以降にはこのほか、日本近くにあると信じられたも探索の対象となった。 、では、と呼ばれる、金採掘を目的としたへの大規模が起きた。 同様の現象は、現在までにアメリカ国外を含めてしばしば発生している。 からまでで起きたは、との鉱山労働者の権利や金の所有権に関する争いである。 資産価値と金本位制 [ ] 金本位制に基づく圏で使用された金硬貨。 左側のコインは、右側のコインはのもの。 歴史上の評価を総括するならば、金は最も価値のある金属と考えられてきた。 また純粋、価値、特権階級の象徴としてもとらえられてきた。 これは、金が他の金属と比較して年代を経ても基本的な性質を損なわず、価値を保存する性質に優れていたことが大きな理由である。 したがって、その後発展した多くの制度においても、金は最も上位に位置する基準とされてきた()。 ほとんどの国がに移行した現代でも、多くのや政府が、財務的な信用力を確保するため資産の一部をとして保有している。 また金のなどは、個人からなどのトレーダーに至るまでの一手段とされている。 さらに資産の一部を金地金や金貨、金装飾品で保有する個人もいる。 金は「安全資産」と看做されており、世界経済や国際情勢への不安感が増したり、が低下して、金利を生まない金を保有するデメリットが薄れたりすると金価格は上昇する傾向がある。 金の国際相場最高値は、2011年に11900ドルを超えたことがある。 日本国内ではの影響で2020年4月13日、1グラム6513円と従来の最高値(導入前の1980年1月に付けた6495円)を超えた。 地質学的に、地球上にある採掘可能な金の埋蔵量は、一辺が20 mの立方体に収まる程度と考えられている。 詳細は「」を参照 金と錬金術・科学 [ ] こうして金が財力として価値が見いだされると、新たに金を採掘するよりも容易に金が得られる技術の開発が試みられた。 金そのものの性質を調べることに加え、それまでの冶金術を元に、身近な金属や物質から金を作り出す研究が盛んに行われ、これはとして確立した。 からの引用で太陽を表す記号で金も表し、金を生み出すことができるとされた物質にはの名を与えた。 錬金術師達により賢者の石を作ることに多くの努力がなされ、その試みの全ては失敗に終わったが、得られた多くの成果はその後のやの基礎となった。 現代ではとの発展により、鉄(26)より重い元素は、とによって作られることがわかっている。 この過程を解明するための再現実験で、金よりも原子番号が一つ大きい(原子番号80)の安定核種にを照射するとが生成され、これがすることで金の同位体が得られる。 ただし、これらは安定核種ではない(を持つ)上に、実用に耐えうる十分な量の金を求めるのなら長い年月と膨大なエネルギーが必要であり、得られる金の時価と比べるともちろん現実的でない。 自然界での金の生成 [ ] 金を含むあらゆる元素は、宇宙の進化とともに生成されてきた。 特に鉄よりも重い金のような元素は、星の爆発などの凄まじい天文現象で生成された。 宇宙で金を含むこのような重元素が作られるプロセスは、これまでと呼ばれる内で合成される過程()と、そのような巨大な恒星が寿命を終えを起こす過程()の両方で合成されると考えられていた。 しかし、これらの過程では、前者はが低いためが小さくて重元素は生成できず、後者は爆発の際に発生したがをに変えてしまうため、やはり重元素は生成しにくいことがわかってきた。 最新の研究では、強いによっての密度が非常に高くなったが合体する過程で、や希土類()といった元素とともに金も大量に合成される可能性が高いことが判明した。 用途 [ ] 金は前述のような耐食性、導電性、低い電気抵抗などの優れた特性を持つため、になってからは工業金属として様々な分野で使用されているが金単体では金属加工用途としては軟らかすぎるため、通常は銅や銀、その他の金属と鍛錬されて、合金として用いられる。 金とその他の金属の合金は、その見栄えの良さや化学的特性を利用してなどの装飾品として、また美術工芸品や用具(や神像など)等の材料として利用されてきた。 さらに貨幣、または貨幣的物品を代替する品物として用いられてきた。 の世界では金製品の武具が多く登場するが、現実には富や力の象徴として装飾等に用いられた以外には、ほとんど存在しない。 これは金の、軟らか過ぎる、重過ぎる、高価過ぎる、といった性質のためである。 工業用品としての利用 [ ] 工学、メッキなど [ ] 性能向上のために金メッキが施されたの接点• としての利用• が小さく、延性が高いため などの回路、のなどに用いられる。 ただし最近は、より安くが同等のが台頭している。 高い導電性と酸化による腐食に対する強い耐性から、表面を金したものは年月を経ても錆びないため、電子部品の電導体やコネクタの部品として広く利用されている。 の方が導電性は高いが、中では表面に硫化物を生成して導電性が低下するため、金のほうがコネクタの材料としては優れている。 また、近年では廃棄された工業用品(主にやなどの電子基板)を溶解して、金やなどの貴金属や希少金属()を抽出する事業(いわゆる)も展開されている。 可視光、非可視光、電磁波ともによく反射するため、の、の保護剤、のとして使用される。 航空機の窓に防氷・防曇用ヒーターとして、極薄く引き伸ばした金等が挟み込まれている• 高温になるエンジンの熱からドライバーを保護する目的で、F1マシンのシートやエンジン本体にシート状の金を貼る。 をはじめとしたなどの材質(管やキィ部分)に用いられる。 化学 [ ]• として広く利用されている。 の研究の進展により主に単表面での反応性が調べられ、極めて不活性であると考えられてきた。 また、金の様々な合金はこの分野で作られたのが初めである。 金化合物を酸化第1錫(SnO)とともに弱い酸化下でガラスに溶融すると、に近い色を発色する。 これを 金赤と呼びガラスの着色技術として利用されている()。 非常に強烈なとして多くの研究室で応用が研究されている。 生物学・医学 [ ]• で用いる生物のコーティング材として用いられている。 用として、金を含む材質の鍼が製造されている。 一般的なステンレスの鍼に比べて高価なため、金の鍼を使うのが効果的とされる特異な症状に対して、コスト面で折り合いがつく場合に用いられる。 の治療に用いるとして古くから利用されている。 や金パラ 金銀合金、銀歯の一つ として使われていたが、現在は・合金やセラミック材料などのより安い素材に置き換えらつつあり、金の使用は減少しつつある。 しかし、日本では金銀パラジウム合金が適用となっているため、日本での歯科用途での金の使用は減少していない。 198Au(半減期2. 7日)はいくつかのの抑制治療に用いられている。 金シアン化合物が、の増殖を抑えることがににより見出され、、などが、の治療薬に用いられた。 やがて、それまで結核の一症状と考えられていたが、別の病気であることが判明し、頃までに主にヨーロッパで金チオマレイン酸、金チオグルコースなどが開発された。 これらがを抑えるのに有効である判明してからは、副作用を抑えたに有効な治療薬(ミオクリシン、等)も開発され、日本では適用として薬価収載されている。 金剤によるリウマチ治療は「クリソテラピー」と呼ばれる。 金を静脈中に投与すると、に選択的に分布することが知られており、同位体を用いた診断が行われていたことがあった。 通貨・投資対象としての利用 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年9月) になっても、金はが発行するとの交換が可能で、その価値が保証されていた。 現在は、紙幣との交換はできない。 キロバー(質量1キログラムの)の購入の場合は、地金商や鉱山会社などの貴金属専門業者等で購入するよりも商品取引員で購入するほうが、の金先物市場の期近を活用しているため、東京商品取引所の受渡供用品であり、そして、受渡供用品のまたはの指定は出来ないが、中間マージンが低い分安いコストで購入できる。 逆にキロバーを鋳造する地金商からの購入の場合は、自社で溶解し自社ブランドの刻印を刻んで販売するため、その分コストを上乗せされ販売されている。 金本位制が崩壊した今も、(恐らくはその名残として)貨幣のような価値をまだ認められていると考えられる [ ]。 装飾品としての用途 [ ]• 、を用いた量産タイプの指輪やブローチ、による一品ものなどジュエリーとしての用途が多い。 金糸は、等に用いられる。 装飾品や美術工芸品。 建物など。 純金製にすると高額なため、表面だけをに仕上げるや金、金を含む塗料 も使われる。 金は通常びることがなく、として手入れしやすく、安心して身につけられることも人気の理由となっている。 ただし、一部にに関する懸念がある。 詳細は「」を参照 純金は軟らかく、そのままでは装飾品として機能しづらい。 従ってほとんどの場合、別の金属(割り金)を添加したを用いて装飾品を作る(純度に関してはを参照)。 国内の装飾品では や K14 が一般的であるが、欧米ではK9やK8も市場に多い。 金を使った装飾品は、特にやで需要が高い。 また、日本製の金装飾品は品質が高く、からの観光客に人気がある。 現在は貴金属を使わないコスチュームジュエリーなどが伸びてきており、金装飾品の需要を減らしている。 食用としての利用 [ ] 厚生労働省では89番、ではE175として分類される。 ヨーロッパでは16世紀から食されており、元々は薬用として摂取されていた。 最も有名な例としては、1598年以前から生産されている金粉を添加した薬用酒「」などがある。 金箔や金粉は味や栄養に影響しないが華やかに見えるという点から、飲料や料理の食材にあるいは酒に混ぜるなどして用いられる。 この用途の金粉には、割り金としては含まれていない(銅抜きと呼ばれる)。 食器類に用いる場合は、見栄えを良くするのみならず、食品に金属の味をつけない利点がある。 カラーゴールド [ ] 金-銀-銅三元合金の色相図 金合金は、割り金の銅、パラジウム等のによって様々な色調を示す。 これらを総称して カラーゴールドと呼ぶ。 カラーゴールドの代表的なものをあげる。 しかし、銀4 - 6、銅6 - 4の比率の範囲も、イエローゴールドの範疇としている(ISO8654。 一般的に認知されている金色に近い。 日本語では青割り、または青金という。 ブルーゴールドという呼称もよく利用される。 ISO8654 の金の色と名称の範囲で、グリーンゴールドの成分比率と色名を定めている。 パラジウムを加えることがある。 の装飾などにおいて、他の色とは異なる高級感を演出する際に利用される。 色合いは銀に近く、わずかに銅のような赤みを有する。 銅以外の金属を割金に使う場合もある。 グリーンゴールド同様、ISO8654 で成分比率と色名を指定している。 日本語では赤割り、または赤金と言う。 脆いという性質があったが近年の加工技術により宝飾品として部分的に利用されている。 白色金 ニッケル系とパラジウム系があり、金にそれぞれの元素と、前者は、さらに銅、を、後者はさらに銀、銅を加えて、白色化した金合金をホワイトゴールドと称している。 一般社団法人日本ジュエリー協会は色差を用い、ホワイトゴールドの色の範囲を指定している。 以前は白金の代用品として装飾品に用いられたが、現在はカラーゴールドの一種としての地位を得て、イエローゴールド以上に普及している。 このほか、黒味がかったや、柔らかな金茶色のなどもある。 純度 [ ] 合金の主成分の含有率を純度、または品位という。 金の品位は、24分率で表される習慣がある。 その場合、純金は24金、24カラット 米国:karat, 英仏:carat 、あるいは、K24(この語順でも読みは 24 karat)、24K、24kt、24ctと表す。 そして、金の含有率に従い数値を変える。 2g とは異なるものである。 カラット Karat 現在でも金の装飾品やのペン先の純度表示に使われている。 ちなみに金の純度を24分率で表す単位のことで、K24(24金)とは純度の24分の24を表す(純金)。 K22(22金)なら24分の22 91. また、この表示値は下限であり、実際の含有量が表示値未満では不可とされる。 多くの国は、ISOやの定める品位区分に基づいた製品を作っているが、日本国内では市場に合わせて品位が開発されているので、下に明記された区分以外の品位も存在する。 ISO9202 JIS-H6309 の品位区分 916(K22に相当) 750(K18に相当) 585(K14に相当) 375(K9に相当) CIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)の品位区分 999 986 916 750 585 416 375 333 造幣局貴金属製品品位証明区分 999 916 750 585 416 375 純金の扱い 日本では,用途や需要者によって純金の定義が異なる。 例えば,装飾品に用いる場合は,999(K24)の金製品にのみ純金の表示が付されている。 他方,に用いる金箔・金粉の場合は,純度94. 43%以上でよいとされている。 その他,金地金の取引では,9999から9990の純度のものを純金と呼び習わしている。 この他、純金の度合いを0. 995などのように0から1の間の数値で表すこともある。 純金の表示を不当に付すことは,のほか,に抵触することがある。 偽造 貴金属製品品位を証明する刻印()で純度を保障されているが、メッキや純度を偽わる偽造品が作られることがある。 また、表面は純金でも、中身を金と近似の比重をもった金属などに入れ替える事件も発生している。 純度分析 紀元前3,500年頃から、ではによる成分分析が行われていた。 近年では、内部まで確認する必要が出てきたため、や、などの利用が試みられている。 金鉱床 [ ] 産 上 オーストラリア産 下。 型をしている。 酸化をほとんど受けない金は、(しぜんきん、native gold、金の単体)として得られることがほとんどである。 また金は、中にも極微量に含まれる。 ただし、採算が取れるほど固まって産出されるのは稀である。 一方、低品質の金鉱床では、含金珪酸鉱と呼ばれて出荷される場合もある。 これは銅の精製過程にとして分が用いられ、この副産物(不純物)として金が得られるというものである。 金鉱山として金を産出する場合は、金の鉱脈、あるいは鉱染を受けた岩体に沿って掘っていく。 その他に、金を含むが風化した、砂状のものをパンニング皿(側面に一定間隔で凹凸の刻みが入れてある皿)などの道具によってより分ける掘りの方法もある。 通常、、、まれに硫化物の鉱脈(英:vein)の中に自然金として存在する。 硫化物では、、、、、、などの鉱床に含まれていることが多い。 非常に稀であるが、、、、、などの鉱脈に含まれていることもある。 また、金は鉱化流体として存在していることが多く、間隙の多い岩体を金を含むが通過した場合は鉱染状に金が産出する。 この場合、鉱石単位量当たりの金含有量は少ないものの、総量が多くなることがある。 金鉱石 はと火成岩のなかに生成する。 鉱床はやされていることもあり、その場合、金は砂金として小河などに流されるが比重が大きいためにしやすく、重い鉱物のや ()に集まっている。 もう一つ重要な鉱床は堆積またはの鉱脈で、これはまばらに単体の金が白金などの金属とともに散在する形で存在する。 金は地球全体の地殻内に広く分布して存在しており、存在比は0. 003 ppm である。 また、中にも金は含まれており、その割合は1000 kgあたり0. 公害 [ ] 金鉱床は銀、銅や水銀、、などの、を同時に産出することが多い。 銀やレアメタルは鉱山の収益を補えるが、脈石となる水銀や砒素はそのまま廃棄されるとの原因になり、公害対策や公害処理の費用のために逆に収益に影響を及ぼすことがある。 金鉱床と直接の関係は無いが、金の製錬の際には法()や()といった有毒物質を使用する場合が多く、金の生産に付随して排出される鉱滓や排水、廃液を適切に処理しないと周辺地域の環境汚染につながる場合がある。 金鉱山 [ ] オーストラリアのにある金鉱山の入り口 経済的に金鉱山と言える物は平均して1000 kgあたり0. 5 gの金を産出する必要がある。 の鉱床では ()が用いられ、堅い岩の鉱脈では金属抽出が用いられる。 金の精製を完了するにはまたはを用いる。 海水中には前述の通り金が含まれていることが知られており、はでドイツに科せられた賠償金の足しにするため海水から金の回収を計画し世界各地の海水を調査したが、それまで知られていたよりも濃度が低く採算が合わないことが判明した。 現在、採算の取れる抽出方法は見つかっていない。 日本の鉱山 [ ] ではかつて、比較的多く金が産出された。 『』などで「黄金の国」と呼ばれていたのも、日本産の金が出回っていたからである。 には(現在の)においてやが稼業し、金山衆により採掘された金鉱石を粉成、精錬し金生産を行なっていたと考えられている。 しかしながら、前期、すなわち年間以降は国産の金山は徐々に衰え始めた。 たとえば有名なも既に採掘をやめ、現在は観光地化している。 ・初期の頃には「東洋一の金山」と言われたのは採算ベースに乗る金を全て掘り尽くして、(昭和48年)に閉山。 その一方で、これら主な国内金山からの総採掘量をもしのぐ金埋蔵量とみられているが(昭和60年)から採掘が始まっている他、海底のからの産出も将来的に期待されている。 ()では沈殿物として金の異常濃集体が発見されており、「 恐山の金鉱床」としてに選定された。 地質調査によると、金の含有量は鉱石1トン当たり平均約400g、場所によっては6500gにも達するが、この一帯はに指定されている上、土壌には毒性を有する砒素が高濃度に含まれていて作業者の生命にも危険が及ぶため、商業目的の金の採掘は不可能とされている。 とにある金鉱山は世界で最も深く掘られた鉱山となっている。 その他の主な金の産出地としては、、、西部にある。 時点、産出が最も多い国はである。 南アフリカ共和国では、Witwatersrand 地方にに形成された鉱山が集中している。 金鉱床は約400kmに及ぶ露頭に沿っている。 金の生産は安定しており、産出国側も値崩れを予防するために市場に供給される量を調整しており、年度ごとの増減は少ない。 南アフリカ共和国での電気供給不安などのサプライ懸念がある上に、新規の鉱山開発などが年々難しくなっており、実際に過去10年の範囲で考えれば供給量は微減しているとも言われる。 この一方、上述のように新たな採掘技術の可能性や海水からの抽出等については今後の技術開発に拠るものであり、資源として枯渇に向かっているわけではない。 1 2 223 9. 1 3 222 9. 1 4 198 8. 1 5 191 7. 8 6 182 7. 4 7 130 5. 3 8 97 4. 0 9 90 3. 7 10 86 3. 5 - 世界合計 2450 100 違法採掘 [ ] 南アメリカ地域では金や宝石を狙う ()と呼ばれる違法採掘者が使用する水銀によって、地域の希少生物や住民に水銀中毒を引き起こし問題視されている。 金の地上在庫 [ ] イギリスの貴金属調査会社GFMSの統計によれば、2014年末時点で総量は 183,600トンである(金の地上在庫とはこれまでに採掘され精製加工された金の総量のこと)。 (参考)主要各国の保有量• :8134トン(に占める割合は78. :3413トン(同66. :2541トン(同59. :2452トン(同68. :1064トン(同39. :765トン(同2. :621トン(同61. :358トン(同3. 化合物と同素体 [ ] AuCl 3 と(塩化金酸) HAuCl 4 は最も有名な金化合物の一つである。 金イオンは1価、3価ともにであり、軟らかいとを形成しやすい。 これはにおけるのように、主に非金属元素がとる-1価と同形式のものである。 これまで合成された金の化合物の種類は同族の銀や銅と比べて少ない。 下記に主な化合物を列挙する。 化金((、)、(、、)、、) AuX, AuX 3• 化金(、、、) Au 2X, Au 2X 3• K[Au CN 2]• (C4H4AuNaO4S)• Au OH 3 なお、金のは確認されていない。 同位体 [ ] 1種のと、18種のが確認されている。 詳細は「」を参照 毒性 [ ] 安全性 の金は(王水の例外を除いては)強酸などとも反応しない。 化学的反応性が低い金属であるが、必須ミネラルであるや、鉄等と異なり健康な人体には必須なではない。 このため、金は銀ともにとして認可されており、金粉や金箔が製造用剤・着色料の目的で使われている。 また、金・銀ともに歯科用材料(いわゆる金歯・銀歯)として長らく使用されており、また金糸が織り込まれた衣服の着用なども行われ、その安全性は実証されている。 食用された金は、などの消化液とは全く反応せず、体内を素通りしてそのままされてしまう。 これが、(されていない)純金の食用が、人体に何の効用も毒性ももたらさないことの根拠とされる。 また、金箔に微量に含まれる銀も、胃酸では溶解しないとされている。 また量的にも、金箔に使用される程度の微量な量の摂取では健康に影響しないと言われる。 金属アレルギー ホワイトゴールド等の混合金に含まれるやによって、を発症する可能性があるという指摘がなされている。 金イオン毒性(金中毒) 金イオンは安定な単体の金とは異なり酸化力が強く、無機金塩類は等により劇物に指定されている。 金イオンは人間に限らず、ほとんどの生物(一部の、は耐性を持つ )に対して毒性を示す。 これらの毒性は 金による中毒(金中毒)と呼ばれ、症状としては、接触、障害、貧血等があげられている。 主に装飾品から溶解した微量金イオンに対してアレルギーが形成された人に見られる。 また、金チオリンゴ酸ナトリウムを過剰に投与すると、その蓄積によって金中毒の症状が起こることがわかっている。 金中毒の解毒剤としては一般の中毒のに使われる HSCH 2CHSHCH 2OH を処方する。 ジメルカプロールは金と安定なを形成して、速やかに体外に除去する働きを持つ。 金に関連する映像作品や神話・伝説・小説 [ ]• ドキュメンタリー『NHKスペシャル 』 第5集『150億年の遺産 〜生命に刻まれた星の生と死〜』 NHK - 、星の誕生といった天文現象と金の元素生成との関連について解説。 映画『』• の一篇としても知られる。 触れた物が黄金に変わる能力をもった王の物語。 - が偶像崇拝されていたため、によって破壊された(宗教利用例)。 - メルキオールの贈り物(王権の象徴)。 - 純金地金が偽金にすり替わるトリックが使われる。 フランスの焼菓子・は金地金(別の形に作られる場合もある)を模したものであるとする説がある。 脚注 [ ] []• 2015年10月25日閲覧。 桜井弘 『元素111の新知識』 、1998年、322頁。 同じであるは、単体金属としては未確認であり、有用的に用いられた例はなく現在は貴金属には含めない。 『』ニュースサイト(2017年10月5日)2018年4月7日閲覧。 (2008年4月4日)2018年4月7日閲覧。 『日本経済新聞』朝刊2020年4月14日(マーケット商品面)2020年5月15日閲覧。 Ishida, M. Haruta, Angew. Chem. Int. 2007, 46, 7154. 『』2018年6月19日(環境・エネルギー・素材面)2018年6月20日閲覧• (pdf)• (pdf)• 仏壇公正競争規約• (pdf)• (pdf)• Bisht, R. 1982. In Possehl, Gregory L.. Harappan Civilization: A Contemporary Perspective. New Delhi: Oxford and IBH Publishing Co.. 113—124• 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 World Metal Statistics• ワールドゴールドカウンシル発表• 二宮書店『地理統計要覧 2012年版』• Lexico - acessado em 3 de outubro de 2015• BBC• 常翔学園• 朝倉慶 『恐慌第2幕 — 世界は悪性インフレの地獄に堕ちる』 2009年• 1999年5月の銀行委員会で、当時の議長であったは「金(ゴールド)の、売却はいたしません。 ゴールドは究極の通貨だからです」と述べている。 - 公式サイト内のページ• 『』小項目事典「金中毒」 参考文献 [ ]• 山本喜一 監修『最新図解 元素のすべてがわかる本』 、初版刊行、 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 金に関連する および があります。 に関連の辞書項目があります。

次の

純金積立なら三菱マテリアル GOLDPARK(ゴールドパーク) 三菱の金

きん ぐ

溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう、: Streptococcal infection)は、広義にはグラム陽性球菌のうちレンサ球菌属(: : Streptococcus, 複数形は-cocci)によって惹き起こされる感染症すべてを指す。 レンサ球菌属のうち特に感染症を起こす頻度が高く、一般によく知られているのは(: : Streptococcus pyogenes)であるため、通常単に「溶連菌」といえば化膿レンサ球菌の事を指し、「溶連菌感染症」といえば化膿レンサ球菌による感染症のことを指す。 化膿レンサ球菌には他に「A群レンサ球菌」(: : Group A streptococcus, GAS)という別名もある。 化膿レンサ球菌に関する生物学的内容については「」を参照 臨床症状と治療 [ ] 溶連菌感染によって起こる病気には、溶連菌がヒトの組織を直接破壊すること、あるいは生きた溶連菌に対する免疫反応によって症状が発現する急性感染症と、溶連菌の産生するによって惹き起こされる毒素性疾患がある。 また、免疫異常によって起こると考えられている病気の中には、溶連菌感染が引き金になることが知られているものが少なくない。 このうち、いわゆる「溶連菌感染症」として扱われるものは急性感染症と、毒素性疾患のうち猩紅熱であるが、ここでは溶連菌によって起こされるほかの疾患にも触れる。 急性・急性 年長小児から成人に発症する、一般的な溶連菌急性感染症。 (Streptococcus pyogenes)による急性咽頭炎は、小児の咽頭炎の15〜30%、成人の5〜10%を占める。 主症状は 発熱・ 咽頭痛で、その他、頭痛・腹痛・嘔気・鼻閉などを伴うことも少なくないが、咳や鼻汁などの気道症状には乏しい。 は著しく発赤し、(いわゆる扁桃腺)は腫脹して黄白色の滲出物が付着することが多く、所属である前頚部リンパ節が圧痛を伴って腫脹することが多い。 治療の第一選択は抗菌薬(が理想だがが一般的)の投与であり、通常は内服治療が可能。 咽頭痛などのために内服が困難な場合、抗菌薬の筋注または点滴静注を行う。 ペニシリンアレルギーのある患者にのみ、()の適応がある。 (心炎、多関節炎など)の予防のため、計10日間の服用が必要。 乳幼児では典型的な咽頭扁桃炎の症状とならずに、発熱が軽度で持続したり、全身のリンパ節の腫脹が見られたり、鼻汁を伴う場合も見られる。 (でんせんせいのうかしん) 一般的に「とびひ」として知られる。 伝染性膿痂疹の起炎菌はそのほとんどが(: : Staphylococcus aureus)である。 まれに溶連菌によるものが報告される。 しかし、複数回培養により菌を確認した報告は少なく、ほとんどが単回培養による報告である。 このため単に皮膚付着菌をみているだけの報告も一部混ざっていると考えられる。 によるものは周囲に紅暈(こううん、皮膚が部分的に充血して赤く見えること)を伴う「黄色い膿」( 膿痂)が皮膚にでき、そこを掻破した爪によって皮膚の他部位に細菌が播種され、播種された先にまた膿痂を形成する。 しかし、によるものでも紅暈を伴わなかったり、膿が「黄色」でないものもあり、このことで鑑別してはならない。 発熱は伴わないことが多く、一般的には全身的症状はない。 ただし、の患児やの経過中に発症した場合などには重症化する場合があり、注意が必要である。 治療はペニシリン系抗菌薬の投与が有効。 (えしせいきんまくえん) 溶連菌急性感染症の最も重症な病型であり、後述する毒素性ショック症候群とともに「劇症型溶連菌感染症」と呼ばれる。 きわめて急速に進行するの感染症であり、典型的な例では指先や足先など四肢の末端部から、1時間に数cmもの速さで壊死が進行する。 高熱、全身状態の不良、局所の腫脹・疼痛が主症状。 「」も参照 その他 溶連菌はその他、化膿性リンパ節炎、、化膿性、、などさまざまな感染症を来たしうる。 ペニシリン系に対する感受性は常に良好であり、どの部位の感染症に対してもペニシリン系抗菌薬の投与が第一選択となる。 感染症の部位により、切開排膿や掻爬などの治療をあわせて行う必要がある。 (しょうこうねつ) 猩紅熱(: Scarlet fever)は、乳幼児に多い、溶連菌の産生する毒素及び菌体に対する一種の免疫アレルギー疾患である。 猩紅熱の症状は発熱のほか、体幹に始まり末梢に広がる(サンドペーパー様皮疹)、舌がを失い、赤く発赤して味蕾による小さな隆起が目立つ 苺舌が特徴的である。 治療はペニシリン系抗菌薬の内服が第一選択。 : Toxic Shock Syndrome, TSS。 TSSの原因としてはTSS toxin-1 TSST-1 産生性の黄色ブドウ球菌がよく知られるが、溶連菌によるものもある。 血流中に放出された毒素に対する免疫アレルギー反応により、急性のショック状態を発症し、多臓器不全に至る。 既に毒素は血中に流れているため、抗菌薬では治療できず、ガンマグロブリン投与や血液浄化法(、など)が必要となる。 : rheumatic fever, RF 心炎、多関節炎、発疹(輪状紅斑)、皮下結節、が主症状である。 溶連菌感染症から数週間経過後に発症する。 のとはまったく異なる疾患である。 : Henoch-Schonlein purpura, HSP。 アレルギー性紫斑病、アナフィラクトイド紫斑病、ヘノッホ=シェーンライン紫斑病とも呼ばれる。 先行感染は必須ではない。 特に四肢に多い皮下出血(紫斑)が主症状で、その他限局性の、腹痛・嘔吐、関節痛、腎炎などがみられる。 : Acute glomerulonephritis 溶連菌による呼吸器感染からは1 - 2週間後、皮膚感染からは3 - 6週間後に発症することがある。 菌体成分または菌が産生すると患者が産生するとが結合したが、に沈着することが原因とされる。 3大症状 trias は、血尿、浮腫、高血圧である。 治療としては水分および塩分制限、安静を行い、高血圧が著しいときにはなどのを用いる。 慢性化することはまれで予後は良好。 これらの皮膚疾患は細菌アレルギーが関与して生じているという報告があり抗ストレプトリジンO(ASO)の上昇がみられる。 検査 [ ] 咽頭扁桃炎、伝染性膿痂疹など、病巣を直接綿棒などで擦過できる部位の感染症では、擦過物を血液寒天培地で培養することにより溶連菌が発育することをもって、溶連菌感染 あるいは保菌 を診断できる。 化膿性関節炎、リンパ節炎などで膿が採取できる場合には膿の培養が有用であり、敗血症を伴う感染 侵襲性感染症 では血液培養が陽性となることも多い。 咽頭炎の場合、迅速テストのは80〜90%、特異度は90%を超える。 陽性なら抗菌薬を開始し培養は不要となる。 陰性の場合、咽頭ぬぐい液の培養24〜48時間で結果が得られる。 感度は90%を超える。 治療の開始が9日遅れてもリウマチ熱の発症率に影響を与えないといわれる。 リンパ節炎があるが化膿していない場合や、蜂窩織炎など直接検体を採取できない場合、または急性糸球体腎炎やアナフィラクトイド紫斑病など、急性感染症以外の合併症の場合にGAS感染を証明するには、血清診断が有用である。 抗ストレプトリシン抗体価 ASLO 、抗ストレプトキナーゼ抗体価 ASK がこの目的で使用される。 予防 [ ] 感染経路は飛沫感染である。 はなく、手洗いやうがいなど以外に有効と考えられる感染予防法はない。 患者と接触した者に抗菌薬を投与して感染症の発症を予防すること(予防的投与)は理論上は可能だが、無症状の保菌者が少なからずあることから、通常行われない。 ただし、 溶連菌の中でもリウマチ熱や急性糸球体腎炎を起こしやすい株があることが知られているため、リウマチ熱患者や急性糸球体腎炎の患者と接触した家族などには、溶連菌保菌の検査を行ったうえで、保菌者に対しては除菌のための抗菌薬投与を行うことがある [ ]。 また、 家族内で長期にわたって保菌が続いているために、繰り返し溶連菌感染症の患者が発生することがある。 このような場合には無症状であっても家族全員を同時に治療する必要が生じることもある [ ]。 関連法規 [ ] によって定められその他に分類されるであり、溶連菌感染症に罹患した学童は、適切な治療が開始されてから24時間は登校することができない。 参考文献 [ ]• 『小児疾患診療のための病態生理1』p. 876-879 小児内科第34巻 2002 増刊号 東京医学社 ISSN 0385-6305• 米国小児科学会編 岡部信彦監修『R-Book2000 日本版小児感染症の手引き』p. 526-536 日本小児医事出版社 2002.

次の

金価格チャート|チャート広場

きん ぐ

溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう、: Streptococcal infection)は、広義にはグラム陽性球菌のうちレンサ球菌属(: : Streptococcus, 複数形は-cocci)によって惹き起こされる感染症すべてを指す。 レンサ球菌属のうち特に感染症を起こす頻度が高く、一般によく知られているのは(: : Streptococcus pyogenes)であるため、通常単に「溶連菌」といえば化膿レンサ球菌の事を指し、「溶連菌感染症」といえば化膿レンサ球菌による感染症のことを指す。 化膿レンサ球菌には他に「A群レンサ球菌」(: : Group A streptococcus, GAS)という別名もある。 化膿レンサ球菌に関する生物学的内容については「」を参照 臨床症状と治療 [ ] 溶連菌感染によって起こる病気には、溶連菌がヒトの組織を直接破壊すること、あるいは生きた溶連菌に対する免疫反応によって症状が発現する急性感染症と、溶連菌の産生するによって惹き起こされる毒素性疾患がある。 また、免疫異常によって起こると考えられている病気の中には、溶連菌感染が引き金になることが知られているものが少なくない。 このうち、いわゆる「溶連菌感染症」として扱われるものは急性感染症と、毒素性疾患のうち猩紅熱であるが、ここでは溶連菌によって起こされるほかの疾患にも触れる。 急性・急性 年長小児から成人に発症する、一般的な溶連菌急性感染症。 (Streptococcus pyogenes)による急性咽頭炎は、小児の咽頭炎の15〜30%、成人の5〜10%を占める。 主症状は 発熱・ 咽頭痛で、その他、頭痛・腹痛・嘔気・鼻閉などを伴うことも少なくないが、咳や鼻汁などの気道症状には乏しい。 は著しく発赤し、(いわゆる扁桃腺)は腫脹して黄白色の滲出物が付着することが多く、所属である前頚部リンパ節が圧痛を伴って腫脹することが多い。 治療の第一選択は抗菌薬(が理想だがが一般的)の投与であり、通常は内服治療が可能。 咽頭痛などのために内服が困難な場合、抗菌薬の筋注または点滴静注を行う。 ペニシリンアレルギーのある患者にのみ、()の適応がある。 (心炎、多関節炎など)の予防のため、計10日間の服用が必要。 乳幼児では典型的な咽頭扁桃炎の症状とならずに、発熱が軽度で持続したり、全身のリンパ節の腫脹が見られたり、鼻汁を伴う場合も見られる。 (でんせんせいのうかしん) 一般的に「とびひ」として知られる。 伝染性膿痂疹の起炎菌はそのほとんどが(: : Staphylococcus aureus)である。 まれに溶連菌によるものが報告される。 しかし、複数回培養により菌を確認した報告は少なく、ほとんどが単回培養による報告である。 このため単に皮膚付着菌をみているだけの報告も一部混ざっていると考えられる。 によるものは周囲に紅暈(こううん、皮膚が部分的に充血して赤く見えること)を伴う「黄色い膿」( 膿痂)が皮膚にでき、そこを掻破した爪によって皮膚の他部位に細菌が播種され、播種された先にまた膿痂を形成する。 しかし、によるものでも紅暈を伴わなかったり、膿が「黄色」でないものもあり、このことで鑑別してはならない。 発熱は伴わないことが多く、一般的には全身的症状はない。 ただし、の患児やの経過中に発症した場合などには重症化する場合があり、注意が必要である。 治療はペニシリン系抗菌薬の投与が有効。 (えしせいきんまくえん) 溶連菌急性感染症の最も重症な病型であり、後述する毒素性ショック症候群とともに「劇症型溶連菌感染症」と呼ばれる。 きわめて急速に進行するの感染症であり、典型的な例では指先や足先など四肢の末端部から、1時間に数cmもの速さで壊死が進行する。 高熱、全身状態の不良、局所の腫脹・疼痛が主症状。 「」も参照 その他 溶連菌はその他、化膿性リンパ節炎、、化膿性、、などさまざまな感染症を来たしうる。 ペニシリン系に対する感受性は常に良好であり、どの部位の感染症に対してもペニシリン系抗菌薬の投与が第一選択となる。 感染症の部位により、切開排膿や掻爬などの治療をあわせて行う必要がある。 (しょうこうねつ) 猩紅熱(: Scarlet fever)は、乳幼児に多い、溶連菌の産生する毒素及び菌体に対する一種の免疫アレルギー疾患である。 猩紅熱の症状は発熱のほか、体幹に始まり末梢に広がる(サンドペーパー様皮疹)、舌がを失い、赤く発赤して味蕾による小さな隆起が目立つ 苺舌が特徴的である。 治療はペニシリン系抗菌薬の内服が第一選択。 : Toxic Shock Syndrome, TSS。 TSSの原因としてはTSS toxin-1 TSST-1 産生性の黄色ブドウ球菌がよく知られるが、溶連菌によるものもある。 血流中に放出された毒素に対する免疫アレルギー反応により、急性のショック状態を発症し、多臓器不全に至る。 既に毒素は血中に流れているため、抗菌薬では治療できず、ガンマグロブリン投与や血液浄化法(、など)が必要となる。 : rheumatic fever, RF 心炎、多関節炎、発疹(輪状紅斑)、皮下結節、が主症状である。 溶連菌感染症から数週間経過後に発症する。 のとはまったく異なる疾患である。 : Henoch-Schonlein purpura, HSP。 アレルギー性紫斑病、アナフィラクトイド紫斑病、ヘノッホ=シェーンライン紫斑病とも呼ばれる。 先行感染は必須ではない。 特に四肢に多い皮下出血(紫斑)が主症状で、その他限局性の、腹痛・嘔吐、関節痛、腎炎などがみられる。 : Acute glomerulonephritis 溶連菌による呼吸器感染からは1 - 2週間後、皮膚感染からは3 - 6週間後に発症することがある。 菌体成分または菌が産生すると患者が産生するとが結合したが、に沈着することが原因とされる。 3大症状 trias は、血尿、浮腫、高血圧である。 治療としては水分および塩分制限、安静を行い、高血圧が著しいときにはなどのを用いる。 慢性化することはまれで予後は良好。 これらの皮膚疾患は細菌アレルギーが関与して生じているという報告があり抗ストレプトリジンO(ASO)の上昇がみられる。 検査 [ ] 咽頭扁桃炎、伝染性膿痂疹など、病巣を直接綿棒などで擦過できる部位の感染症では、擦過物を血液寒天培地で培養することにより溶連菌が発育することをもって、溶連菌感染 あるいは保菌 を診断できる。 化膿性関節炎、リンパ節炎などで膿が採取できる場合には膿の培養が有用であり、敗血症を伴う感染 侵襲性感染症 では血液培養が陽性となることも多い。 咽頭炎の場合、迅速テストのは80〜90%、特異度は90%を超える。 陽性なら抗菌薬を開始し培養は不要となる。 陰性の場合、咽頭ぬぐい液の培養24〜48時間で結果が得られる。 感度は90%を超える。 治療の開始が9日遅れてもリウマチ熱の発症率に影響を与えないといわれる。 リンパ節炎があるが化膿していない場合や、蜂窩織炎など直接検体を採取できない場合、または急性糸球体腎炎やアナフィラクトイド紫斑病など、急性感染症以外の合併症の場合にGAS感染を証明するには、血清診断が有用である。 抗ストレプトリシン抗体価 ASLO 、抗ストレプトキナーゼ抗体価 ASK がこの目的で使用される。 予防 [ ] 感染経路は飛沫感染である。 はなく、手洗いやうがいなど以外に有効と考えられる感染予防法はない。 患者と接触した者に抗菌薬を投与して感染症の発症を予防すること(予防的投与)は理論上は可能だが、無症状の保菌者が少なからずあることから、通常行われない。 ただし、 溶連菌の中でもリウマチ熱や急性糸球体腎炎を起こしやすい株があることが知られているため、リウマチ熱患者や急性糸球体腎炎の患者と接触した家族などには、溶連菌保菌の検査を行ったうえで、保菌者に対しては除菌のための抗菌薬投与を行うことがある [ ]。 また、 家族内で長期にわたって保菌が続いているために、繰り返し溶連菌感染症の患者が発生することがある。 このような場合には無症状であっても家族全員を同時に治療する必要が生じることもある [ ]。 関連法規 [ ] によって定められその他に分類されるであり、溶連菌感染症に罹患した学童は、適切な治療が開始されてから24時間は登校することができない。 参考文献 [ ]• 『小児疾患診療のための病態生理1』p. 876-879 小児内科第34巻 2002 増刊号 東京医学社 ISSN 0385-6305• 米国小児科学会編 岡部信彦監修『R-Book2000 日本版小児感染症の手引き』p. 526-536 日本小児医事出版社 2002.

次の