哲学ニュース 映画。 山口森広、コロナで仕事なく短編映画監督に初挑戦(日刊スポーツ)

ドキュメンタリー映画 『がんと生きる 言葉の処方箋』 上映のお知らせ

哲学ニュース 映画

2016年の東スポ映画大賞では、「コマネチ」を披露 「1月になると、例年なら『東スポ映画大賞授賞式』の案内が届きます。 でも、今年は来る気配がない。 関係者に聞くと、『映画賞が中止になった』というじゃないですか」 ある芸能関係者は、訝しげな顔でそう語った。 「映画大賞」は、昨年までの28年間、ビートたけし(73)を審査委員長に迎えて、例年2月に開催されてきた。 主催は、「東スポ」で知られる東京スポーツ新聞社だ。 その一方、巨匠・北野武の名のもとに一流俳優も集う、異色な映画賞だ。 じつは2020年、その中止が決定した。 「今年は、授賞式開催に向けた動きすらありません。 本来なら前年の秋ごろから、日本各地で開かれる映画祭の主催者に作品を推薦してもらい、ノミネート作品を決定します。 それすらも、おこなわれていません」(映画関係者) その理由について、前出の芸能関係者はこう話す。 「これまで映画賞の運営は、『オフィス北野(現・TAP)』にまかされていた。 形の上では、東スポは名前を貸しているだけなんです。 それに今回、たけしさんのパートナーの女性が、異論を唱えたんです」 たけしは、2018年にオフィス北野を退所。 当時、愛人関係にあったA子さんと、新事務所「T. Nゴン」を設立した。 2019年6月に、たけしの離婚が明らかになり、いま2人は「等々力ベース」で同居している。 「今回、映画賞の事前打ち合わせに、A子さんが出てきたのです。 彼女は『100万円がギャラなんですか? こんな安いギャラでは、たけしは出せません』と言って、さらなる高額を要求してきたんです」(同前) さらにこんな話もある。 「その後も東スポ側は、『映画賞の話をさせてほしい』と、たけしさん側に何度もお願いしました。 ですが、テーブルにすらついてくれない。 『ギャラが安い。 丸1日拘束されて、こんな額なら、もうやらなくていい』とA子さんに言われるばかり。 そんな態度に、東スポの太刀川(恒夫)会長も、さすがに激怒したようで、それ以来、映画賞の話はストップしています」(映画賞関係者) たけしと東スポとの関係は、「映画賞の審査委員長」だけではない。 映画賞創設の前年、1991年から「東京スポーツ」の客員編集長も務め、話題のニュースについて「たけしの世相斬り」と題し、放談記事に登場してきた。 だが、東スポ誌面にたけしが登場する記事は、2019年以後、ほとんど見られない。 たけしが、28年来の同志である東スポに、「断交」を通告した形だ。 たけしさん抜きでは、今後の開催は難しいでしょう」(前出・映画関係者) 東スポに映画賞の中止について尋ねると、こう回答した。 「(映画賞は)この2月は開催いたしません。 ただ、『中止』という認識はございません」 だが、たけし側の高額なギャラ要求や、それに対して太刀川会長が激怒した事実については、「回答は控えさせていただきます」として否定しなかった。 ただ、たけしの「客員編集長」の肩書は、「これまでどおりです」との回答に、関係修復を望む気持ちがみてとれた。 一方、「T. Nゴン」側は本誌の取材に、「東スポ側と認識は同じです」と語るのみだった。 (週刊FLASH 2020年2月11日号) 外部サイト.

次の

おしゃれ哲学

哲学ニュース 映画

「オズの魔法使い」を見てびっくり。。。 元々の小説が、19世紀中頃の金本位体制を風刺した政治童話であるのは知っていましたが(ただ、作者のすごい所はそれを感じさせない作品としても純粋に面白い所)、それでもカカシの発言やブリキの言葉、ライオンの姿など、政治の域を越えた人間味溢れる哲学的な言葉や演技が、映像や音楽の美しさやと相まって見ていて思わず唸らされました。 個人的には、哲学を前面に出さない、何と言うか「自然に魅せる」感じの映画が好きです。 いわゆる、「ガンジー(これはこれで素晴らしかったですが)」も作品としては素晴らしい出来なのですが、どちらかというと「Vフォー・バンデット」や「コラテラル」のようなのを探しています。 どうぞ、よろしくお願いします。 (ちなみに、上記二作品は、最近珍しくアクションでありながらとても奥の深い話だったので、未聴の方は是非!) 『ブレードランナー』 約20年前の作品ながら、最近も最終バージョンが公開される程の人気作で、純粋な娯楽作品として楽しめるのに、哲学的な部分も深みがあります。 映像美・世界観のどれを取っても21世紀になった今でも全く色褪せない映画です。 公開当時はこのエンディングでは観客には理解されないだろう、という理由で取って付けた様な展開になったオリジナルでなく、後になってから『本当の』エンディングのバージョンが公開されたり、時代がストーリーに追いついた、とさえ言えるデキです。 『フォーリングダウン』 賛否両論のバイオレンス問題作ですが、失業した男を通して、現代(アメリカ)が抱える様々な問題をこれでもか!という位に炙り出していながらも、ブラックジョークを効かせてテンポ良く描かれています。 『クライングゲーム』 作品のストーリー自体に『ある秘密』がありますが、描写は素晴らしく、中盤での『カエルとサソリ』のたとえ話は誰をも唸らせるモノがあり、本質について分かり易く描写されており、とても哲学的でハッとさせられます。 『死霊のえじき』 ゾンビ映画ですが、地下倉庫で暮らす生き残ったグループの生活と、台詞の隅々に見事なまでに現代の縮図とも言える問題が表れています。 描写はゾンビ映画史上で最も過激でスケールが大きいので、どうしてもストーリーは二の次にされているのが惜しいです。 『12モンキーズ』『タイムマシン』 共にタイムトラベルを題材にした作品ですが、いくら技術の進歩で可能性が広がっても、人間では決して手を加えてはなならい・できない領域の様な世界があるのを思い知らされました。 私の好みは娯楽色があるかどうかが条件なので、上記の映画になりました。 哲学的な映画でしたら、下記の映画はどうでしょうか。 【アンジェラ】 仏のリュック・ベッソン監督の作品です。 橋から自殺を図ろうとした男が、丁度その時に、川に飛びこんだ女を助けます。 女は背が高い大変な美人で男の後をまとわりつき、離れません。 その女の正体とは・・・・。 作品の評価は分かれますが、映像はモノクロですが、大変面白い作品です。 【コックと泥棒、その妻と愛人】 ピーター・グリーナウェイ監督の作品で、人間の欲望と堕落を描いた作品です。 毎晩のように高級フランス料理店で泥棒と愛人が食事をしています。 その場に居合わせた学者風の男が愛人に興味を持ち、近づきます。 そして関係を結びます。 この作品も評価が分かれます。 【バートン・フィンク】 コーエン兄弟の作品で数多くの賞を取った映画です。 この映画も評価が分かれますね。 さっぱり解らないという人もあれば、 コーエン兄弟の最高傑作だという人もいます。 劇作家の男ががハリウッドに招かれ、シナリオを頼まれます。 宿泊先のホテルの部屋は薄暗く、不気味な雰囲気の部屋です。 隣には太った保険のセールスマンが泊まっています。 劇作家の男は、セールスの男と自己紹介をして、付き合います。 しかし、これがとんでもない事件が起こる始まりでした。 【ドアをノックするのは誰?】 マーティン・スコセッシ監督の最初の作品です。 NYの下町で男と女が知り合い、交際を始めます。 結婚しようとした時に、女は昔、レイプされたことを告げます。 それを知った男はショックを受けます。 この作品も難解ですね。 Q 大学の授業で「宗教」をテーマにした映画を発表することになりました。 私はユダヤ教やキリスト教の要素が入った「夏休みのレモネード」 をテーマに発表しようとしていましたが、 私より先の日にちの発表者が同じ映画を希望していて、 テーマを変更せざるおえなくなってしまいました。 戸惑ってはいるものの、早めに発表用の映画を決定しなければ ならずに困っています。 そこで、宗教をテーマにしたおすすめの洋画を教えてください。 ストーリーに「友情や家族や恋人の愛」や「生と死」の要素が入っているものがあれば、 宗教観を読み取るのに役立つと思います。 他の発表者が希望を全て出してしまった後なので、 重ならないような作品を選ばなければなりません。 "Elizabeth," 『天使の贈り物』、"Constantine", "Dead Man," 『マグダレンの祈り』, "Kingdom of Heaven", 『心の指紋』、『ベストフレンド』、『ボンベイ』、『華氏911』、『ヴェラドレイク』、『マイ ビッグ ファット ウェデイング』。 意外でおすすめの映画を教えてください。 どうぞよろしくお願いします。 大学の授業で「宗教」をテーマにした映画を発表することになりました。 私はユダヤ教やキリスト教の要素が入った「夏休みのレモネード」 をテーマに発表しようとしていましたが、 私より先の日にちの発表者が同じ映画を希望していて、 テーマを変更せざるおえなくなってしまいました。 戸惑ってはいるものの、早めに発表用の映画を決定しなければ ならずに困っています。 そこで、宗教をテーマにしたおすすめの洋画を教えてください。 ストーリーに「友情や家族や恋人の愛」や「生と死」の要素が入って... A ベストアンサー 私がこの映画を見て学び、教会で学んだことを姉妹がまとめてくれたので、一部をコピーしますね^^ この映画のいたるところに、クリスチャン生活に密接した霊的な深い意味が描かれています。 まず、映画に登場するアスランというライオンですが、これはイエス様を表しています。 聖書は、イエス様はユダヤのライオン、王の王なる方、と言っています。 ですからライオンは王の王なる方を表しています。 そして魔女はサタンを表しています。 魔女は自分自身を女王と名乗っていますが、真の女王ではありません。 今日、サタンは支配者であり、王であるかのように振る舞っていますが、けれどもそれは事実ではありません。 ナルニア国は霊的な意味で、この世界を表しています。 そして物語の中には4人の子供たちが登場しますが、次男のエドモンドについてまずお話しします。 エドモンドは全人類の姿を現しています。 彼は人間のもつ根源的なもののすべてを持っています。 そして末っ子のルーシーとワードローブですが、ある日彼女はワードローブの中に入って行ってナルニアを発見します。 ワードローブの扉というのは、天国への扉を意味します。 イエス様は子供のような人が天国に入れるといいました。 またワードローブの中はサイズが狭いので、身をかがめなければ入って行けません。 イエス様は身を低くする人、つまり子供のようであり、謙遜な人だけがそこへ入って行けると言いました。 また狭き門(狭い門から入りなさい。 滅びに通じる門は大きく、その道もなんと広いことか。 そこから入るものは多い。 いのちに通じる門は小さく、その道も狭い。 それを見出すものはすくない マタイ7:13~)を見つけるのは非常に難しいともおっしゃいました。 ですから、あのワードローブは天国への狭き門が象徴されています。 また、映画に登場する大学教授がこのようにも言いました。 「きみたちが思ってもみない方法でまたナルニアにいくことになるだろう。 だからいつも目を見開いていなければなない」と。 これはイエス様の再臨の約束を現しています。 ルーシーがワードローブを通ってナルニアに行きましたが、ルーシーは子供のような信仰を持った少女でした。 ですから彼女は非常に簡単に入って行けたのです。 子供のような信仰を持っていたので、簡単に霊的な世界に入って行くことが出来たのです。 森の中でルーシーが最初に見たのは、街灯でした。 その街灯はイエス様の光を表しています。 人がクリスチャンになり始めた頃、すべてを理解することは出来ません。 ぼんやりとしかイエス様の命の光を見ることができません。 ですから私たちはルーシーのような子供のような信仰を持っているべきなのです。 他の子供たちはどのような形でナルニアに入って行ったでしょうか。 言い争って、押し合って入って行きました。 そのような意味では、ルーシーだけが喜びを持って入って行きました。 エドモンドはどうでしょうか。 彼は疑いを持って入って行きました。 彼はルーシーの言ったことを信じようとはしませんでした。 そしてこのエドモンドが最初にナルニアで出会ったのは誰だったでしょうか。 白い魔女でした。 ですから私たち人間がイエス様を通らず霊的な世界に関わるのなら、そこで出会うものは必ずサタンなのです。 ここで創世記が土台となっています。 エドモンドは白い女王に出会いましたが、ここで彼女は「私はあなたの友達ですよ、あなたを温めてあげましょう」と言いました。 「まあ疲れているのね、温かい飲み物があるからお飲みなさい。 ここにお菓子(ターキッシュデライト)があるわよ、さあどうぞ。 」と言ってもてなし、優しさを注ぎます。 そして彼女は自分の言う通りにするならば、この美味しいお菓子をもっと好きなだけ食べられるし、この 国の国王になることも出来ると言います。 これはサタンの誘惑に落ちたエデンの園でのアダムとイブが描写されています。 エドモンドがこの誘惑に落ちたせいで、彼の兄弟姉妹たち全員が大きなトラブルに巻き込まれて行きます。 最初のさわりだけでも、このようにいろいろな意味が隠されていますよ^^ 私がこの映画を見て学び、教会で学んだことを姉妹がまとめてくれたので、一部をコピーしますね^^ この映画のいたるところに、クリスチャン生活に密接した霊的な深い意味が描かれています。 まず、映画に登場するアスランというライオンですが、これはイエス様を表しています。 聖書は、イエス様はユダヤのライオン、王の王なる方、と言っています。 ですからライオンは王の王なる方を表しています。 そして魔女はサタンを表しています。 魔女は自分自身を女王と名乗っていますが、真の女王ではありません。... A ベストアンサー マグノリア ソフィーの世界 12モンキーズ マルコヴィッチの穴 マルホランド・ドライブ 気狂いピエロ ベルリン 天使の詩 キリクと魔女 パンズ・ラビリンス ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ トーク・トゥ・ハー メトロポリス(1927年のドイツ映画) 時計仕掛けのオレンジ 脳内ニューヨーク バベル イングマル・ベルイマン作品全て かなり抽象的なものから、娯楽性の高いものまで挙げてみました。 個人的には、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」と「キリクと魔女」がおすすめです。 作品中の人生観には唸りますが、気が滅入ることなくむしろ高揚します。 単純にエンターテイメントとしても楽しめ、哲学を見出そうと思えば見出すことのできる作品です。 デヴィッド・リンチ イングマル・ベルイマン ジャン=リュック・ゴダール チャーリー・カウフマン ペドロ・アルモドバル テリー・ギリアム あたりは、哲学的テーマを含む映画を撮ることが多いですね。 ご参考になれば幸いです。

次の

哲学ニュースnwk : トースター速報

哲学ニュース 映画

その登場人物や、誰もが知っている名場面や名セリフをもとに哲学的な命題を考えようと試みたのが、フランスで人気の哲学者、ジル・ヴェルヴィッシュだ。 善悪の境界があいまいになっていく『帝国の逆襲』 スター・ウォーズの中で最も人気が高いのはなんといっても『帝国の逆襲』だろう。 それはなぜか。 まずシリーズで唯一といっていい、バッド・エンドの作品であることが挙げられる。 ルークは手を切られ、ハン・ソロは炭素冷凍されてしまう。 観客は必ずしもハッピーエンドを好むわけではなく、スター・ウォーズは世間で思われているほど、勧善懲悪の物語ではないのだ。 『シスの復讐』もハッピーエンドではないし、『帝国の逆襲』よりもさらに悲劇的だ。 だが『帝国の逆襲』のほうが、善悪が混沌としている印象が強い。 この作品を魅力的にしている理由の1つが、善でも悪でもなくその中間で揺れ続ける人物像、ルーカス自身が敵でも味方でもない「中間人物」と位置づける人物たちだ。 現実世界にもいそうな、人間味のある存在という言い方もできる。 スター・ウォーズの初期作品はダース・ベイダーという「完全悪」と、ルークという勇敢でしかも肉体の罪を拒絶するかのようにセックスアピールもほとんどなく、純粋な魂を持つ「完全無欠」の勇者を主人公とし、そのコントラストを強調してきた。 だが『帝国の逆襲』では、善悪の境界があいまいになっていく。

次の