あつし猫。 猫のことわざ・故事成語・等

「トレバ」に「《あつし》Channel」の猫たちをイラスト化したコラボグッズが登場

あつし猫

動画を見ていただければわかると思いますが。 そうなんです!彼は猫の動画をメインにあげる、猫系YouTuberなんです。 元々ニコ生でカード実況やゲーム関連の配信をしていたあつしちゃんねる。 たまたま猫を拾ってそれを動画で配信したところ…見事に大ヒット。 これに味を占めたあつしちゃんねるは、猫メインの動画の配信を始めました。 だいたい1動画につき3万回再生。 これを2動画あげているので6万回再生。 1再生0. 1円と仮定すると1日6000円の収益を得られていることがわかる。 ただこれはあくまで単純な計算。 過去の動画も再生されていることを加味すると以下の年収が妥当でしょう。 皆さんはこう思ったはずです。 【あれ?1再生の単価高くね?】と。 基本的にあつしちゃんねるを見ている人は30歳以上の主婦が多いはずです。 というのも、禁断ボーイズやラファエルみたいに、過激な動画を出しているわけでもなく のんびりとした動画を出しているからです。 ここから察するに見ている人が大人=広告単価が高い(大人はお金を持っているから) という方程式が成り立つからです。 これからYouTube始める人は大人ウケする動画づくりをしていけば 儲かる可能性は広がると思いますよ!では次に行ってみましょう! 猫動画出しまくりでアンチ大量?? あつしちゃんねるは基本的に過激な動画ではないため、安定してファンがついています。 たとえばこんなツイートがあります。 YouTubeであつしちゃんねるの ティガロビニックはほんまに癒される!! みんな可愛すぎ!! みんな飼い主大好きなんも ものすごいいい!! — しまうー tjgmtd けれど、その一方でこのような投稿も発見しました。 いわゆる嫉妬ってやつですね。 ではなぜ平穏な動画をあげているのに、あつしちゃんねるにはアンチがいるのでしょうか? その大きな理由として、一つ目に上げられるのが楽に動画投稿をしてお金を儲けている 所でしょう。 実際禁断ボーイズや、ラファエルなどは体を張っているところがあるので 【頑張ったからその分お金をもらった。 】と捉えることが出来ます。 けれど、あつしちゃんねるは猫がじゃれている動画をあげるだけなので とても簡単なんですよね。 たとえばこんな動画 捨て猫がいたので水責めしてみた という動画です。 本来水責めというのは、水を顔にかけ続け、または多量に飲ませるといった方法による 酷い仕打ちのことであり、動物〇待と全く同じことです。 動画の内容自体はただ水をかけて洗ってあげるだけの動画なんですが 完全に 釣り動画と化しているのです。 これに良く思わない人が続出し、そのあとアンチになってしまったってケースも 多いのでファンがいる一方でアンチも沢山いる状況になってしまったんですね。 まあこれから動画を出す予定の人は なるべく動画の内容とタイトルを極力近づけてアンチを沸かせない金儲けの技術を 学んでから動画投稿をした方がいいですよ。 以上で終わります。 ありがとうございました! カテゴリー•

次の

人気YouTuber『あつし』(《あつし》Channel)の猫、ティガー・ロビン・ニックがスタンプパックになって登場!

あつし猫

《あつし》Channelについて聞きたいです 自分はあの人と同じように猫を飼っていますが 今回猫3匹の中にカワウソも一緒に住まそうとしています本当に彼は猫の幸せを望んでいるのでしょうか? 私がたんに視野が狭いだけ?個人的にはカワウソと猫が共存できるとは思えない カワウソは肉食なのか、大きいサイズだとワニさえも食べると 猫達は本当にこれから無事なんでしょうかね 某掲示板でも囁かれていますが 猫ではなく彼は金の亡者であり、金のためにあんなのを買ったのでしょうか ティガーという猫の毛はアレルギーという病気で抜けているらしいですが たった2年弱でよくあそこまでストレス発祥させたと感心しています いっそ、カワウソで猫達が瀕死になる可能性があっても自業自得で期待している そんな自分も恐ろしいですが、個人的に猫好きにはありえない展開で 頭がおかしくなりそうでした、彼の物欲は恐ろしいと認識しました ディズニーが大好きらしいですが、頭の中を夢の国にでも落としてきたのでしょうかね そこで皆様も彼が正常かどうか もしよかったら意見を頂けると嬉しいです 補足追記 あつしという浅い人間はどうにも5chとツイッターで批判され 捻くれて、3月3日に投稿した 新しい家族というタイトルのyoutube動画を再生できなくしていますね 彼の人生で金稼ぎをするのは別にいいのですが そのどうでもいい人生に、他の生き物達を巻き込むのはやめてほしい 動物愛護団体(笑)から感謝のメール(笑)がきたらしいですが ギャグでしょうかね? あつしchannelは好きでちょくちょく観てます。 アンチではないですが、今回のカワウソは、ん?と思いましたね。 ティガーのアレルギーもニックの病気も目処が立ってない状況でまさかのカワウソ? 捨て猫や保護猫が今は猫達幸せなんだねってほのぼの観てた視聴者にとっては納得できないですよねー。 やっぱお金優先なのかなって。 またカワウソは毎日水浴させないとストレスになるらしく、いつも飲み歩いてるあつしさんがきちんとお世話出来るかも疑問です。 大きな事故や病気にならなければ良いけど。 またヒカキンさんがカワウソ動画をあげた後にカワウソ飼いました!ってのも関係してるのかな。 ミーハーだなって思っちゃいました 笑 まあ、でも正常かどうかは正常なんじゃないでしょうか。 動画(お金)のためにお世話してたら3猫が懐いてきただけで、もともとそこまで猫好きじゃないのかな?って思ってます。 スタンスは変わらないのでしょう。 だって実家の先輩猫たちに嫌われてるって言ってるし可愛がってなかったのでしょ。 猫は好きだし、カワウソも可愛いと思います。 でも、病気の猫がいるんだから、病気を治すことをまず優先して欲しいですね。 カワウソも猫3匹との暮らしはストレスじゃないかと思います・・・。 正直、最近のあつしさんは猫の飼い主として、どうなんだろ?って感じますね。 猫を大切にしてないと言うか・・・。 私も猫2匹飼ってるけど、病気の猫がいればもっと心配になりますよ。 カワウソを飼うとか、どんなに欲しくても絶対にしません。 あつしさんの場合は、普通の猫飼いと違って、猫優先ではなく利益優先なんですよね。 動画再生回数や登録者数を上げるために、目新しい事を続けていかなきゃいけないから。 飼い主の食い物にされる猫やカワウソが可哀想ですけど・・・。 何も知らない猫たちは、それでも飼い主に懐きますけど、それが却って余計に可哀想です。

次の

《あつし》@TRN(@atsushi_314)

あつし猫

大村あつし IT書籍から小説まで幅広く手がける作家・ライター。 エクセルのマクロ言語の解説書の売上部数は150万部を超えている。 1997年に、その後国内最大規模となるマイクロソフト・オフィス製品のポータルサイト「moug」を一人で立ち上げる。 2003年にはIT系資格試験の「VBAエキスパート」を中心メンバーとして創設。 2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏や韓国での翻訳出版や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)。 『エブリ リトル シング』は、第1話の「クワガタと少年」が多くの私立中学の入学試験に出題され、全国の予備校で話題となり、YouTubeで再生回数が18. 5万回の人気動画に。 第2弾小説の『無限ループ』も5万部に。 2006年に、TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)やテレビ神奈川など全国13の独立放送局で、AIとIoTをテーマとした90分の特別番組「IT その扉の向こうに」の司会に抜擢されたことでAIやIoTに傾倒する。 7の法則』など多数。 静岡県富士市在住。 マルチナ、永遠のAI。 超AI時代を読み解くエンターテイメント小説! AIと仮想通貨時代をどう生きるか。 2020東京オリンピック後のAI特区で起きた 友情・裏切り、美人AIとの三角関係。 ビットコイン、ブロックチェーン、ディープラーニング…… 時は、東京オリンピックの喧騒が去った2020年。 岩科正真 いわしな・しょうま、25歳 は、実家の定食屋の再建を、美人AI「マルチナ」に託す決心をする。 正真は、再会した沙羅に惹かれるが、彼女には重大な秘密があった。 同時に、正真はマルチナも愛してしまう。 ヒトとAIの奇妙な三角関係。 やがて、正真たちは巨悪な陰謀に巻き込まれていく。 彼らは、緻密に計算された策略を暴くことができるのか? そして彼らがたどり着く先は? マルチナは神のギフトか? 破滅者か? 2012年にディープラーニングで 猫を認識した「Googleの猫」とは? AIの学習方法としてもっとも代表的なものは、、で説明した「ディープラーニング」です。 実は、このディープラーニングという手法がいつ誕生したのかは、諸説あって定かではありません。 2000年代はじめに理論的にはすでに確立していたとする研究者もいますが、結果を示してくれないことには、私たち一般人には、具体的にはどのような技術なのかがわかりません。 そういう意味では、ディープラーニングが「AIの学習に使える技術」であることをはじめて証明したのはGoogleであると言っても過言ではないでしょう。 Googleは、2012年に、「人が教えることなく、AIが自発的に猫を認識することに成功した」と発表しました。 そして、これは世界中のAIの開発者・学者に大きな衝撃を与えました。 ディープラーニングというのは、膨大なデータと膨大な計算の二本柱がカギを握っています。 そして、2012年頃にGPU(演算用チップ)といったハード的な技術改革があり、高速な計算が可能なコンピュータが生み出されました。 言い換えれば、この二本柱がなければ、「Googleの猫」、すなわちディープラーニングという「教師なし学習」で学習したAIが猫を自己認識できることもなかったでしょう。 では、次ページでこのGoogleの猫について紹介します。

次の