北 千住 タイ 料理。 ライカノ

北千住でタイ料理ならココ!26年続く老舗「チャイヤイ」

北 千住 タイ 料理

北千住「ざわさん」 安くて美味しい人気の立ち飲み。 さすがは飲みの街 北千住は駅前に巨大な飲み屋街が広がります。 駅からわずかの場所に新旧様々なお店が軒を連ねるほか、5分、10分と歩いた先にも満席の賑わいになる名酒場が暖簾を掲げているのも特長です。 数多い北千住の名店のなかから、今回は新進気鋭の立ち呑み「ざわさん」をご紹介します。 地下鉄千代田線の北千住駅1番出口に近接していて、雨の日も傘いらずの好立地。 アクセスの良さもさることながら、ここは料理が美味しくて安いのがなにより魅力。 立ち飲みゆえの低価格だけではなく、料理のレベルも平均的な居酒屋をこえていそうな内容です。 日替わりのメニューの種類の多さにまず驚かされます。 あんこうから豚リブロースステーキ、刺身に天ぷらとなんでもござれ。 食べたいものがきまっていなくとも、店に入ってしまえば今夜の献立が決まる、そんなお店です。 お酒はサントリー系を中心に、五橋、天明、加茂錦などひねりのあるチョイスが楽しい地酒が400円からいただけます。 まずは生ビールで乾杯。 立ち飲み屋のわさわさした雰囲気をつまみに、ビール片手に何を食べようか悩む時間もまたいいもので。 お通しは日替わり数品で用意されているものから選ぶ方式で煮込みやところてんなど。 今回は梅干し順菜土佐酢が珍しいのでそれを。 順菜をお通しで用意されているあたり、レベルの高さを感じませんか。 酸っぱいものが大好物なので、あっという間にぺろり。 お刺身も300円台から種類豊富にあり、売切りごめんの鮮度の良いネタが手頃な価格でいただけます。 ホタテは350円でこれだけでてきましたがいかがでしょう。 モチモチで美味しいです。 店名を冠したざわさんサワーは、サントリーの「サン(太陽)」の由来となった赤玉ワインをベースにしたスプリッツァーのようなもの。 京都で言う「ばくだん」です。 出汁としょうがが効いた丸茄子揚げ(350円)をつまみにざわさんサワー。 揚げ物にあう京都では昔ながらの飲み物ですから、この組み合わせは言うまでもなく相性がよいです。 駅に近くてちょいと引っ掛けていける利便性はもちろん、ご覧頂いた通り手軽に美味しいおつまみで食べられることから毎夜大賑わいの人気店です。 こじんまりとした店舗で相席ごめんでワイワイ飲むスタイル。 人気ゆえピーク時は入れないことも多いですが、時間をずらして空いているときに軽く覗いてみてはいかがでしょう。 ごちそうさま。 (取材・文・撮影/塩見 なゆ) ざわさん 03-5284-7636 東京都足立区千住1-33-12 16:00~24:00(不定休) 予算1,500円.

次の

北千住でタイ料理ならココ!26年続く老舗「チャイヤイ」

北 千住 タイ 料理

足立中居郵便局の向かい側にあります。 実は、北千住ランチサークルのメンバーが勤務するオフィスから最寄のランチのお店のひとつ! 毎日誰かは食べにかよっていると思います。 お邪魔した日も、私たち以外に職場のメンバーが2組いました。 おいしいんですよね~。 店内の様子です。 ランチタイムは混んでいたので、帰り間際に撮らせてもらいました。 私たちもそうですが、リピーターが多い印象です。 女性客が多いですね。 お近くで勤務されてる方なのかな~という雰囲気。 チャイヤイといえば、曜日ごとのお得なランチ! 火曜日はパッタイ(タイ風焼きそば)と生春巻き、水曜日はガパオライス、木曜日はタイ式ガーリックチキンライスとタイ細麺の汁そば…と、曜日ごとに提供されるランチが、ものすごくお得なんです! ドリンクは、以前はランチセットについていたんですが、+100円になりました。 (そのぶんランチの価格が下がりました) +100円でも充分リーズナブルなので、この値段で昼休みの癒しを買えるなら私はつけます! こちらは、火曜日のパッタイ&ポピアソッ(タイ風焼きそば&生春巻き)。 これで850円! 一品だけでも美味しいのに、2品ついてくるんですよ。 まさにタイ料理の定食! ボリュームもたっぷりなので、がっつり食べたい方にも満足できるはず。 曜日ごとのメニューの他にも、おすすめタイ料理がズラリ! 曜日替わりランチのほかのメニューも美味しいですよ~。 体調が悪い時にはチャイヤイのこれしか食べられない…!となるくらい優しい味の「蒸し鶏と五目野菜のフォー」(700円)。 ヤミツキになるカレー風味のラーメン、カウソーイランチ(1,250円)。 チェンマイの料理で、ココナッツミルクが入ったグリーンカレーっぽいお味です。 タピオカデザート、サラダ、ドリンク付きのお値段。 そして、カウパットランチ(1,250円)。 鶏のタイ式チャーハンがメインで、こちらもスープ(五目スープorトムヤムクンスープ)、グリーンサラダ、デザート、ドリンク付き。 チキンがごろっと入っていて食べ応えアリ。 生のミニトマトと一緒に食べればサッパリ! ほかのメニューもそうですが、チリソースが一緒についてくることがあります。 たぶん手づくりのソースじゃないかと思うんですが、市販で売られているものよりサラサラしていて、より本場っぽいかな~と。 辛い料理が好きな人はぜひどうぞ。 バジル炒めごはんのランチで、ファンも多いメニュー。 バジル炒めは味付け濃いめで、ごはんがよく進みますよ~。 ほどよい辛さも食欲をそそります。 フライドエッグが乗っています。 ニンニクの風味が強く、ガッツリ食べられます。 せっかくなのでここはタイ米でぜひ…!と思っちゃうのは、タイ料理がそれだけ本格的だからですよ。 (ただ、辛い物が苦手な方にはちょっと辛すぎるかも…) グリーンサラダもついてきました。 デザートはココナッツミルクとタピオカのデザートでした。 タイアイスティーは甘めでサッパリ。 このアイスティーの中にタピオカが入ったタイ風のタピオカドリンクがあるという噂をきいたので、今度またお邪魔したいなぁ~と。 時にはタイ料理でディナーはいかが? 壁にかかっていた黒板です。 ランチでお世話になっているお店なのでディナータイムは未体験なんですが、絶対おいしいですよね~。 樽生ビールの銘柄もタイビールのシンハーというこだわり…! ワインもありました。 こちらも併せてご覧ください。 ksjlunchcircle.

次の

北千住「ざわさん」 安くて美味しい人気の立ち飲み。さすがは飲みの街 — Syupo [シュポ]

北 千住 タイ 料理

「もう1度ライカノにいって味比べしてみよう!」 と思い立ち行ってきました!久しぶりのライカノです。 北千住で一番人気のタイ料理店「ライカノ」 元々地元で人気のタイ料理店でしたが、孤独のグルメで井之頭五郎が訪問した(番組に登場した)ことで更に人気沸騰して、 いまでも平日ランチタイムは開店と同時に満席になるほど 北千住で大人気のお店です。 そんなライカノ。 実は孤独のグルメで取り上げられる前に(5年以上前だったと思いますが)何回か訪問したことあるのですが、割とおいしいけどいいお値段するので リピートするお店ではないと感じていました。 そして、お得なランチセットとかはありません。 昼も夜もメニューは同じ。 シンプルなメニュー構成です。 更に、ライカノの一品料理はボリュームが少なめなので、男性なら2皿注文しても食べ切れると思います。 (孤独のグルメでは、五郎さんが3品食べてたような気がします。 野菜少ない!麺多い! ゜o゜; 本当はグルメレポーターらしく麺を持ち上げて写真撮ったりしたかったのですが、ランチタイムは店内満席でお店の外にも行列できてます。 だってー 味濃いんですもの。 大盛りでも量が足りないかなーとちょっと心配だったのですが、腹8分目くらいでちょうどよかった。 そしてセットのスープがこちら。 パッタイの味の濃さとは対照的に薄味でさっぱりのスープでした。 やはり北千住No. 1タイ料理店はチャイヤイで変わらず。 1973年生まれ。 神奈川県出身。 NTTドコモに入社後、研究・開発・経営企画・サービス企画を担当し2014年退職。 現在は新しいライフスタイルを提案する Life Designerとして、コーチング・メディアオーナーとして活動中。 東京工業大学大学院情報工学系修士卒 米国カーネギーメロン大学大学院経営学修士卒 【主な活動】 40代からでも組織を離れ独立し 国内外のどこにいてもクラウドベースで仕事をしていけるという新しいライフスタイルを世の中に発信している。 食には妥協せずグルメの食べ歩きを続けながら、ラクに楽しく続けられる運動を追い求める 食い倒れダイエット活動を推進し、無理をせず自分が好きなことだけをしながら、年齢を重ねるごとに体重・体脂肪・及び体年齢を減らすことが出来ることを自ら実証中。 【趣味】 食べ歩き・長距離ウォーキング・水泳・低山登山・定量分析・root cause分析・仕組化・楽器演奏 詳しいプロフィールはを御覧ください。

次の