妊娠初期 生理。 妊娠超初期症状チェック!兆候はいつから?生理前との違い【医師監修】

妊娠初期の生理痛のような腹痛はいつまで?生理痛との違いは?

妊娠初期 生理

おなかがチクチクしたり、下腹部につっぱる感じがしたり、この痛みが流産と関係があるのか心配になる妊婦さんがたくさんいます。 妊娠超初期~初期に起きる、腹痛の理由を、産婦人科医の浦野先生に解説していただきました。 妊娠超初期~初期の腹痛ってよくあること? 妊娠すると子宮収縮が起こり、おなかに張りや痛みを感じます。 これは主に妊娠中期に入ってからのこと。 妊娠20週以降になると、子宮が収縮するのを感じやすくなるため、おなかに、張りや軽い痛みとして感じられるのです。 一方、妊娠初期は、子宮が生理的に強く収縮することはほとんどないため、本来は、おなかに張りや痛みを感じることはないのですが、妊娠超初期から初期に腹痛を感じる人もいます。 「チクチクする」「おなかがつっぱる感じがする」「生理痛に似た痛み」という声が多く聞かれるのですが、どうしてなのでしょうか? 実はこれ、子宮が大きくなったり、子宮を支える靱帯(じんたい)が引っ張られることによる痛みだったり、そのほかにも、痛みとして感じる腹痛の原因があるのです。 ただし、これは医学的な根拠があるわけではありません。 痛みを感じた日を計測してみると、ちょうど着床した時期に痛みを感じているため、着床痛があるのかもしれないと考えられているのです。 子宮が大きくなる痛み 妊娠前は鶏卵くらいの大きさの子宮が、着床後、数週間でひと回り以上大きくなります。 子宮が急激に大きくなるときに感じる痛みや、その周辺にある膀胱や腸への刺激を痛みとして感じる可能性があります。 円靭帯が引っ張られる痛み 子宮を左右から支えている靭帯である円靭帯(えんじんたい)が、大きくなり始めた子宮に引っ張られることで、おなかも引っ張られ、両足のつけ根や下腹部に軽い痛みを感じやすくなります。 便秘やガスだまりによる痛み 妊娠すると、ホルモンの影響で腸の運動が鈍り、便秘になりがちです。 便やガスが腸にたまることで膨満感があり、それが腹痛として感じることがあります。 子宮筋腫による痛み 妊娠初期は、ホルモンの関係で筋腫が大きくなり、痛みを生じやすくなります。 筋腫の場所や大きさによっては、妊娠経過に影響する可能性があるので、かかりつけの産科医とよく相談してください。 まだ産婦人科を受診していないなら、すぐにいきましょう。 感染による痛み 腟(ちつ)内に細菌が感染した場合は、強い子宮収縮を促してしまい、流産につながる可能性があります。 性感染症には注意したいので、コンドームなしのセックスはやめましょう。 異所性妊娠(いしょせいにんしん) 受精卵が子宮の中に着床すると妊娠となります。 ところが、卵管や卵巣、子宮頸管(しきゅうけいかん)など、子宮内腔以外の場所で着床してしまうことがあり、これを異所性妊娠といいます(以前は子宮外妊娠と呼ばれていました)。 そのままにしておくと、出血や激痛が起こり、場合によっては母体の命に関わることが! ちなみに、異所性妊娠であっても、妊娠検査薬で陽性反応がでますし、痛みがでないことも多いので、正常な妊娠かどうかを判断してもらうよう、早めに産科受診をしてください。 こんな痛みには注意して! 子宮が大きくなる痛みや、円靭帯が引っ張られる痛みは心配ありませんが、一方で、子宮筋腫や感染による痛みは、妊娠経過に影響したり、流産の可能性もあります。 注意すべき痛みとはどんな痛みなのか、しっかりと確認しておきましょう。 産院に連絡をするときは、以下のことを伝えられるようにチェックしておきましょう。 妊娠すると体は大きく変化していきますから、自分が思っている以上に疲れやすくなっているので、ストレスのないゆったりした生活を送るようにしましょう。 一方で、初期の腹痛の中には、流産の兆候や妊娠経過に影響するものもあります。 妊娠12週未満に起こる流産のほとんどは、受精卵の染色体異常が原因で引き起こされるもので、止めることができないものです。 そのため、産院に連絡をしても、すぐに受診するよういわれないこともありますが、いつもと違う痛みや違和感があった場合は、自分が感じた不安をきちんと伝えるようにしましょう。

次の

妊娠初期の出血?鮮血やピンク色のおりもの、生理みたいな量が出る?

妊娠初期 生理

日本産婦人科学会認定専門医。 千葉県総合周産期母子医療センター勤務。 一人でも多くのママと赤ちゃんを救いたいという想いで日々診療しています。 また、現役の産婦人科専門医として、医療情報をテレビやラジオ、雑誌... 予定日に生理がこなくて妊娠に気がつくというケースはよくあります。 妊娠を望んでいる人にとっては、生理がくるかどうかが「妊娠」を判断する基準の一つ。 しかし、「生理がきたのに妊娠していた」という話を聞いたことがあるかもしれません。 これはどういうことなのでしょうか?今回は、生理がきても妊娠している可能性があるのか、その場合の出血の仕組みや原因、症状などを説明します。 そもそも生理とは?出血する仕組みは? 一般的に「生理」とは、「生理的出血」を意味しており、定期的に起こる正常な出血です。 医学的には「月経」といいます。 女性の体内では、一定の周期で排卵が起き、受精卵を迎えるために子宮内膜が厚くなります。 しかし受精がなかったり、受精しても子宮内膜に着床しなかったりと妊娠が成立しなければ、厚くなった子宮内膜は子宮の外に排出します。 この子宮内膜が剥がれて血となって排出される現象が生理です。 関連記事 生理がきても妊娠していたときの症状は?基礎体温は高温期のまま? 生理予定日に生理のような出血が見られたとき、その症状だけで生理なのか妊娠初期の出血なのかを見分けるのは難しいものです。 いつもの生理よりも明らかに出血が少なければわかるかもしれませんが、「今回の生理は軽かった」と思い込んでしまうことも考えられます。 そこで、普段から基礎体温を記録しておくと、生理のような出血が見られたときに妊娠の可能性があるかを判断できます。 一般的に生理が来ると、基礎体温はガクンと下がって低温期に入ります。 しかし、妊娠している場合は高温期が維持されるので、基礎体温の変化を見れば、不正出血か生理かをみわけられるというわけです。 関連記事 生理がきたと思っても、妊娠検査薬で確認 妊娠を希望している人や、正しい避妊をせずに性行為を行っている人は、妊娠の可能性が十分にあります。 たとえ生理かなと思う出血があっても、妊娠の可能性が考えられる場合には自己判断はしないでください。 生理だと思って薬を服用したら、実は妊娠していたということもありえます。 「出血=生理」というわけではありません。 いつもより期間が短いなどの違和感があるときや、基礎体温に変化が見られないときには、生理予定日から1週間後に妊娠検査薬で調べてみることをおすすめします。 その際、陽性反応があれば妊娠しているので、早めに婦人科を受診しましょう。 また、妊娠初期の不正出血だった場合は、その原因によっては流産の危険性もあります。 できるだけ早めの行動を心がけてくださいね。

次の

【医療監修】妊娠初期症状と生理前症状の違いとは?出血など気になる症状と妊娠の可能性 [ママリ]

妊娠初期 生理

日本産婦人科学会認定専門医。 千葉県総合周産期母子医療センター勤務。 一人でも多くのママと赤ちゃんを救いたいという想いで日々診療しています。 また、現役の産婦人科専門医として、医療情報をテレビやラジオ、雑誌... 予定日に生理がこなくて妊娠に気がつくというケースはよくあります。 妊娠を望んでいる人にとっては、生理がくるかどうかが「妊娠」を判断する基準の一つ。 しかし、「生理がきたのに妊娠していた」という話を聞いたことがあるかもしれません。 これはどういうことなのでしょうか?今回は、生理がきても妊娠している可能性があるのか、その場合の出血の仕組みや原因、症状などを説明します。 そもそも生理とは?出血する仕組みは? 一般的に「生理」とは、「生理的出血」を意味しており、定期的に起こる正常な出血です。 医学的には「月経」といいます。 女性の体内では、一定の周期で排卵が起き、受精卵を迎えるために子宮内膜が厚くなります。 しかし受精がなかったり、受精しても子宮内膜に着床しなかったりと妊娠が成立しなければ、厚くなった子宮内膜は子宮の外に排出します。 この子宮内膜が剥がれて血となって排出される現象が生理です。 関連記事 生理がきても妊娠していたときの症状は?基礎体温は高温期のまま? 生理予定日に生理のような出血が見られたとき、その症状だけで生理なのか妊娠初期の出血なのかを見分けるのは難しいものです。 いつもの生理よりも明らかに出血が少なければわかるかもしれませんが、「今回の生理は軽かった」と思い込んでしまうことも考えられます。 そこで、普段から基礎体温を記録しておくと、生理のような出血が見られたときに妊娠の可能性があるかを判断できます。 一般的に生理が来ると、基礎体温はガクンと下がって低温期に入ります。 しかし、妊娠している場合は高温期が維持されるので、基礎体温の変化を見れば、不正出血か生理かをみわけられるというわけです。 関連記事 生理がきたと思っても、妊娠検査薬で確認 妊娠を希望している人や、正しい避妊をせずに性行為を行っている人は、妊娠の可能性が十分にあります。 たとえ生理かなと思う出血があっても、妊娠の可能性が考えられる場合には自己判断はしないでください。 生理だと思って薬を服用したら、実は妊娠していたということもありえます。 「出血=生理」というわけではありません。 いつもより期間が短いなどの違和感があるときや、基礎体温に変化が見られないときには、生理予定日から1週間後に妊娠検査薬で調べてみることをおすすめします。 その際、陽性反応があれば妊娠しているので、早めに婦人科を受診しましょう。 また、妊娠初期の不正出血だった場合は、その原因によっては流産の危険性もあります。 できるだけ早めの行動を心がけてくださいね。

次の