ジャスティス 韓国 ドラマ キャスト。 韓国ドラマ「ジャスティス」あらすじ&キャスト紹介

韓国・中国・台湾ドラマ ジャスティス-検法男女- | BS11(イレブン)

ジャスティス 韓国 ドラマ キャスト

こんにちわ。 韓国ドラマにどハマりしてしまいました。 周囲には韓国ドラマにハマって、これまでも色々とおすすめされてきましたが、いまいち観る気が起きず、ほとんど観たことがありませんでした。 (冬ソナですら観たことありません。。 ) 少し時間ができたので、 おすすめされていた「梨泰院クラス」を なんとなく観たら、これが面白い! 3日ぐらいで一気に観てしまいました! そこから韓国ドラマの沼にハマりこみ、いまでは平日夜、土日はほとんど韓国ドラマを見ています。 今回ご紹介するのは、「D-DAY」です。 私が観た韓国ドラマの11作品目になります。 選んだ基準は、大好きなチョン・ソミンさんが出ているということで観始めましたが、これがめちゃくちゃ面白くて、1話目から一気に感情を持っていかれました。 All Rights Reserved. 放送開始日 2015年9月18日 演出 チャン・ヨンウ 脚本 ファン・ウンギョン ドラマのタイトルになっている「D-DAY」とは、戦略上重要な攻撃や作戦開始日時を表す際に用いられたアメリカの軍事用語です。 2009年にアジア発のディオール・お務モデルに抜擢されます。 2008年に「彼らが生きる世界」に出演し、以降多くのドラマに出演し活躍の場を広げています。 2014年に「ピノキオ」に出演し、SBS演技大賞・ニュースター賞を受賞しています。 本作では、天才外科医としてどんなことがあっても命を助ける医者を演じています。 第18回大韓民国文化演芸大賞・タレント女性新人賞を受賞。 」「空から降る一億の星」など多くの人気ドラマに出演しています。 韓国芸術総合学校に首席で入学したことも明らかになり、話題となりました。 本作では、釜山から未来病院に患者を移送している先で災害に見舞われ、ヘソンと一緒に多くの患者を救う整形外科レジデントを演じています。 だけど、ここは、違いますもんね。 「放課後の屋上」でスクリーンデビューをしました。 広告起用も多く幅広い活躍をされています。 2019-2020年に大ヒットしている「愛の不時着」にも「リ・ムヒョク」役で出演しています。 本作では、未来病院一般外科病棟の副教授でロボット手術での癌治療が有名な医者を演じています。 患者が死ねば不運だったと言い、生かせばヒーロー気取りか? 患者で賭博でもしようっていうのか。 その後も多くのドラマ、映画、MVに出演しています。 本作では、とても優秀な救急室専門看護師を演じています。 予告動画 見どころ 「我が家に住む男」「ピノキオ」で人気上昇中のキム・ヨングァンが人間味あふれる若き天才外科医を熱演しています。 韓国初となるパニック・メディカルドラマとして多くの反響と話題を呼んだ一作です。 個人的には「チョン・ソミン」に注目して欲しいです。 あらすじ 天才外科医「イ・ヘソン」は未来病院に勤める医師です。 正義感に溢れ、患者を助けるためならなんでもする行動が、病院と院長から厄介者扱いされ設備も施設も整っていない系列病院に移動させられてしまいます。 ある日、救急室専門看護師「パク・ジナ」と食事をしていたところシンクホール(地面の陥没)が起こります。 その場に居合わせた釜山からソウルの未来病院に患者を移送していた、釜山の整形外科レジデント「チョン・トルミ」とシンクホールに巻き込まれた患者の命を救います。 重症患者を未来病院に受け入れをお願いしますが、未来病院一般外科病棟の副教授「ハン・ウジン」に断られてしまいます。 「イ・ヘソン」は 患者を救うため、設備も整っていない自身の移動先の病院に患者を移送し手術を行います。 手術も無事に成功し、翌朝「チョン・トルミ」は釜山に帰ろうとしますが、そんな中ソウルを大地震が襲います。 大地震によって建物の崩壊やシンクホール、地割れなど多くの被害が起こったソウルで、「イ・ヘソン」「チョン・トルミ」は患者を救おうと必死に救助しますが・・・。 各話エピソード 出典: 第1話 癌専門の未来病院の厄介者で、患者を助けるためなら手段を選ばない外科医のイ・ヘソン。 対して、ロボット手術を得意としリスクのある手術はしない冷徹外科医、ハン・ウジン。 2人はことあるごとに対立していた。 62分 第2話 クレーンの転覆事故に巻き込まれたヘソンと看護師のパク・ジナ。 チョン・トルミもヘソンと共に負傷者の治療にあたり、救急患者を未来病院に搬送するが、生存確率が低いことを理由にウジンに受け入れを拒否される。 61分 第3話 マグニチュード6. 5の大地震が襲い、一瞬にして修羅場と化したソウル。 多くの負傷者が病院に押し寄せる中、ヘソンは生存確率の低い患者を諦め、助かる可能性の高い患者を優先的に治療するという苦渋の決断を下す。 62分 第4話 倒壊した漢江未来病院で目を覚ますヘソン。 下敷きになっている患者を助け出そうとするが、建物が轟音とともに崩れ落ちていく。 ヘソンは助けられずに死んでいく人々を目の当たりにし、大きな衝撃を受けた。 62分 第5話 非常態勢に突入した未来病院は、電力の確保と医薬品の受給を調整するため、トリアーゼを通して患者の選別を始める。 都心部で余震による建物の崩壊が続く中、イルソプはミンチョルを救出して未来病院へ向かう。 61分 第6話 未来病院の電力が立て続けに底をつく中、ミンチョルの血小板の数値が異常を示し、ヘソンは急いで血液を探すがウジンに後れを取った。 ミンチョルと保険福祉長官のどちらに血小板を与えるべきかで2人は対立する。 63分 第7話 意識のない状態で搬送されたヘソンを治療するトルミ。 災難続きの中、2人は互いに支え合う。 一方、ヨングァン消防署の隊員たちは未来病院を臨時拠点とするよう指示されるが、パク・ゴンがこれを拒んだ。 63分 第8話 燃料を載せたタンクローリーが遅れるというジャヒョクの言葉に絶望するジュラン。 電力は半日分しか残っていない中、ミンチョルの容態は悪化。 電気が途切れた危険な状況下でヘソンは手術に取り掛かるが…。 62分 第9話 ミンチョルをほかの病院へ移送するために到着したヘリをパク・ゴンとウジンが奪い、保険福祉部長官を移送させる。 最後の飛行機が発つと聞いたヘソンは、ミンチョルをその飛行機に乗せるべくトルミと空港へ向かう。 64分 第10話 ヘソンは道で身動きが取れなくなっていたタンクローリーと医療物資を搬入することに成功。 しかし、この一件が病院を閉鎖しようとしていたパク・ゴンの怒りを買うこととなり、ヘソンは解雇されることに。 59分 第11話 ヘソンはプールに埋まっていたパク・ゴンの義兄・ヨンタクとその息子・ジウォンを発見するが、余震が起きてジウォンが重傷を負ってしまう。 応急処置が必要な状況だが、ヘソンはトラウマによりメスを握れない。 57分 第12話 ジウォンの死で苦しむヘソンがPTSDを抱えていることを知ったパク・ゴンは、姉のユンスクを煽ってヘソンの医師資格を剥奪しようとする。 一方、イルソプはヘソンに娘の手術を願うが、ヘソンはこれを拒否した。 62分 第13話 トルミと共に病院に戻ってきたヘソン。 DMATの責任者となったウジンはイルソプと引き続き対立する。 一方、余震による山崩れが発生し、ジウォンの遺品を取りに自宅に戻っていたヨンタクが事故現場で発見される。 62分 第14話 緊急搬送されたヨンタクの姿を見て驚くパク・ゴンは、ウジンにヨンタクの手術をわざと失敗するよう求める。 一方、イルソプの娘・ソヨンの病状が悪化していくため、ジュランとヘソンは緊急手術を行うことにした。 62分 第15話 パク・ゴンはPTSDを理由にヘソンの医師免許停止へと動く。 一方、母が事故に遭ったとの知らせを聞いた精神科医のソユルは、母親の面倒を見ることができなかったという罪悪感に捕らわれてしまう。 62分 第16話 ソウルは地震による浸水で全てのネットワークが麻痺。 ジャヒョクはヨングァン消防署に汝矣島の共同溝での水中作業を要請する。 イルソプは危険な作業に同僚たちを行かせることはできないと拒否するが…。 62分 第17話 失明の危機にあるウジン。 パク・ゴンがそれに気付いたことを知ったウジンは病院を去ろうとする。 一方、国家破産の危機から逃れるため、ジャヒョクはイルソプに命にも危険を及ぼす水中作業を依頼する。 60分 第18話 父の手術をしようとしないヘソンに寂しさを感じたトルミは彼に背を向け、ヘソンもまた心を痛める。 国家破産の危機を防ぐためイルソプが共同溝へ向かう中、ジャヒョクはイルソプが死ぬかもしれないとの報告を受ける。 61分 第19話 ウソンの犠牲によって全ての電力や通信が復旧された。 ヘソンは弟の選択を尊重し、弟を偲ぶ。 一方、病院が正常化されて課長たちが戻ってくると、パク・ゴンは再びヘソンの医師免許を剥奪しようとする。 62分 第20話 ヘソンとトルミは、互いに信頼を深めながら特別な感情を持ち始めていたが、幸せな時間も束の間、トルミの父親を転院させる救急車が到着。 しかしヘソンは、釜山に発つトルミの見送りに現れず…。 63分 感想 韓国の首都ソウルにM6. 5(だったかな)の大地震が発生し、多くの負傷者の命を救う医者の奮闘を描いたドラマです。 医療ドラマというだけでもドラマとしては外れなしと思いますが、それに災害ものが加わったことで、ハラハラ要素が追加され、最後まですごく楽しめました。 医者として凄い腕を持つ外科医ヘソンですが、病院の院長の目の敵にされており、病院を追放されてしまいます。 さらに病院内では政治的策略により院長がやりたい放題で、終始イライラさせられます。 消防隊のレスキュー要素も描かれており、全20話と長いドラマでしたが飽きることなく最後まで楽しめました。 ヘソンとトルミの恋の行方もどうなるのか、、と思っていましたがあまり恋愛要素は多くなく、人として、医者としての成長と、人命救助、医者とは何か・・?といったことが描かれています。 日本でも災害医療もののドラマはありますが、 それらの病院が一丸となって危機に立ち向かうというより、厄介者扱いされているヘソンがエリート医者たちよりも大活躍する、いわゆるヒーローものですかね。 しかし、その緊急時の医療行為が結果は良くても無謀ともとられ、厄介者払いしたい院長に利用されてしまいます。 救急として患者を受け入れたくない院長派閥、多くの命を救いたいヘソン達との対立も描かれた、恋愛、友情、パニック、成長ありのまるで映画のようなエンターテイメントドラマでした。 地震に対する災害対策や、耐震基準、病院サイドがどこまで責任を持つのかなど、韓国が抱える社会問題に一石を投じるような作品でした。 患者サイドも医者に感謝する人もいれば、医者や病院に責任を押し付ける人も多く、お国柄なのかな、と考えさせられました。 間違いなく面白いので、次何を観ようかな?と悩んでいる人は是非ご覧ください。 私はこのドラマを見るために「U-NEXT」に加入しました。 地震災害、医療、テーマが重いだけに恐怖とか悲しみとか感情が破壊されそうになる。 — はるた harutaming11 大きい声じゃ言えないけど… D-DAY 視聴完了 泣いてしまった。 院長がいわゆる悪役ですが、病院を守るという思いに対しては一部ある意味正しいのかも、、、と思わされてしまいます。 (人として野望に溢れすぎ、どうなんだろう?というのもありますが・・) 他の韓国ドラマと同様、1話1話続きが気になり、とても面白い作品です!.

次の

ジャスティス-検法男女-

ジャスティス 韓国 ドラマ キャスト

2020. 復讐のため悪魔のような男と手を組んだ堕落した弁護士イ・テギョン(チェ・ジニョク)と家族のために自身が悪となった男、ソン・ウヨン(ソン・ヒョンジュ)が、女優連続失踪事件をめぐって立ち向かいながら、2人の男の暗い欲望と韓国VVIPのベールに包まれていた真相を暴くソーシャルスリラー 5年前、司法試験の合格発表を控えていたテギョン。 しかしそんな時、弟のテジュが無念の死を遂げる。 加害者達に復讐しようとするテギョンの前にソン会長が現れ、代わりに残虐な復讐を引き受けるので、自分の弁護士になってほしいと提案してくる。 悪魔のようなソン会長との取引をはじめたテギョンは、その時から質の悪い事件を弁護し始める。 そんなある日、元恋人で検事のヨナが現れ、弟の死の真相が徐々に明らかになり…!? 出典: キャスト チェ・ジニョク イ・テギョン役 34歳 弁護士 鋭い論理と賢い達弁で業界トップの勝訴率を有する人物。 ソン・ヒョンジュ ソン・ウヨン役(53歳)中堅建設会社の会長。 復讐のため悪魔のような男 ナナ AFTERSCHOOL ソ・ヨナ役(30歳)ソウル中央地方検察庁刑事3部の検事 イ・テギョンノ元恋人 パク・ソンフン、タク・スホ役(33歳)大企業の副会長 イ・ハクジュ マ・ドンヒョク役(31歳)江南警察署殺人刑事。 イ・ホジェ :ソドンソク役(62歳) -ヨナの父であり、元検事総長。 キム・ジヒョン: 役(45歳) -ソウル中央地検刑事部長検事。 オ・マンソク : 役(50歳) -ソウル中央地検次長検事。 チョ・ダルファン ナム・ウォンギ役(42歳) -イ・テギョンの法律事務所オフィス事務長。 チ・ヘウォン チャン・ヨンミ役(24歳)チャンエンター 新人女優 高校の時から女優を夢見る 役(27歳) — チャンエンター 新人女優 整形、過酷なダイエットで芸能界入り ヤン・ヒョンミン チャン・チス役(39歳) チャンエンターオーナー キム・ミンソク : 役(27歳) -チャンエンタート所属のマネージャー。 イ・テジュ役 テギョンの弟 死亡当時22歳 明るく元気な青年。 ソン・ウヨン会長の息子 28歳 会長が自分の命より大切にしている息子 チャン・インソプ チェ課長役 (34歳) -ソンオヨン会長の腹心であり、忠実な部下。 イ・ソファン: 役(45歳) — ヨナ検査室捜査係長。 ヨナ検査室書記 23歳 シム・ソンヒ メタノール事件の被害者 21歳 シム・ソンヒの兄 25歳 イ・デヨン カン刑事役(59歳)(特別出演) -江南警察署殺人刑事。 ホ・ドンウォン ヤン・チョルギ役(39歳) 前科7犯、ごろつき。 交通事故でテギョンの弟を死亡させた張本人 29歳 ド・フン役 現職国税庁長 55歳 次期国土部長官に数えられる人物。 シン・イルフン役(58歳) 韓国でも影響力の強い報道機関の一新報の社長 検察総長(58歳)ヨナが勤務しているソウル地検の検事総長にヨナの父である同席とは懇意同期の間であり、敵対関係。 9%のスター弁護士に!明かされる事件の真実に迫るソーシャルスリラー! 犯罪スリラードラマが好きな方は楽しめる作品になるのではないでしょうか。 このドラマの原作はウェブ小説。 小説をドラマ化した作品は、登場する人物の心理的な変化などの描き方から、ストーリーの構成面では興味深い展開が描かれることが多いです。 このドラマも緊張感あるハラハラする展開と、逆転が続く展開が続きます。 主人公を演じるチェ・ジニョク、ソン・ヒョンジュとナナの熱演と、何度か訪れるクライマックスまで、登場する俳優や女優の演技がとても上手で、ドラマのスタートから最終話まで息をのむ展開。 ドラマの最も大きな流れとなる事件は、無名の若手女優たちの失踪。 女優が殺害された過去の殺人事件と失踪した女優の事件に関連性があることを確信し、真実を追求する真っすぐな検事役をナナが演じています。 正義とは程遠い弁護士イ・テギョン(チェ・ジニョク)が、隠された事件の真実に近づく過程や彼の心理の変化などが面白く、正義のために葛藤する姿が個人的には最も印象深いドラマでした。 善か悪かを明確に区分するドラマとは少し近い、「正義(ジャスティス)」の意味を考える内容となっています。 第1話から予想外の展開が続き面白いと思いましたが、正直、最終話を観終わった後の感想は、ちょっと後味の悪いドラマ。。。 これまで権力やお金持ちが悪の象徴として描き、法律を悪用するドラマは多く描かれてきましたが、このドラマはどこかスッキリしない。 エンディングも予想とは違い、良心を捨て間違った選択をした主人公やソン・ヒョンジュが演じるソン・ウヨン会長の最後・・・、原題のジャスティスの意味が何かを考えてしまいました。 女性たちの失踪、サイコパスな財閥2世、政財界のコネクションなどの刺激的な要素が多く、各話展開ははやく、オチも逆転もすべて揃っています。 一度観始めたドラマは必ず最後までみるべきだと信じ、ドラマは必ず最終話まで観るようにしていますが、正直、珍しく最後まで観たのを後悔したドラマでした。 面白いか面白くないかを質問されると、面白いと答えるしかないドラマ。。。 お金持ちや権力を持つ特定のクラスを悪の象徴にする多くのドラマを観てきましたが、第15話頃からは気持ちが重くなる。 緊張感ばかりを刺激し過ぎた気がしました。 でも、ドラマの完成度や出演する俳優や女優の演技力、演出などなど、詳細な部分まで配慮した作品でした。 「キルイット(Kill It)」で主演を演じたナナが演じる検事の姿は素敵なので、ナナが気になる方にはお薦めします。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

【ジャスティスー検法男女‐(原題:検法男女)】(全32話)韓国ドラマ

ジャスティス 韓国 ドラマ キャスト

ドラマタイトル ジャスティス~検法男女~ 原題 검범남녀 放送年 2018 最高視聴率 9. 少し天然な新米検事と、気難しいベテラン法医官が、ぶつかり合いながらもさまざまな事件を解決していく、 メディカルサスペンスドラマです。 このドラマにラブ要素は一切なし! ひたすら事件を解き明かしていくという内容ですが、1話1時間オーバーが当たり前の韓国ドラマには珍しく、平均約40~45分でストーリーが展開。 あっという間に見終わってしまい、立て続けに次の回を見てしまうという中毒性も兼ね備えています。 どんな内容なのか、早速ご紹介します。 ペク・ボム役:チョン・ジェヨン 国立科学捜査研究院の法医官で元医者。 さまざまな知識がある腕の良い解剖医だが、仕事に対する厳しさから助手に恐れられている。 恋人を事故で亡くした過去を持つ。 ウン・ソル役:チョン・ユミ 地検に配属されたばかりの新米検事。 情にもろく失敗も多いが、優れた記憶力には仲間も一目を置く。 ボムとは配属初日からトラブルを起こすが、徐々に信頼関係を築いていく。 カン・ヒョン役:パク・ウンソク ソルの法大時代の先輩で、同じ地検の先輩検事。 兄で、医師であったヨンを亡くした。 その原因がボムにあると考え、以来ボムを憎み続けている。 チャ・スホ役:イ・イギョン ソルとともに行動する刑事。 ステラ・ファン役:ステファニー・リー 国立科学捜査研究院毒薬専門の博士。 ト・ジハン役:オ・マンソク ヒョンの後任検事。 『ジャスティス~検法男女~』あらすじ紹介 15話 ヒョンは、ボムの友人だった実兄のヨンの死が、ボムによるものだと疑って止まないまま生きてきていた。 そして、ボムの恋人だったソヒと、お腹の中にいた小さな命までもを奪ったと、ずっとボムを恨んでいた。 ヒョンは、ジョンミンの死もボムの犯行だと決め付け、他の仲間の説得にすら耳を貸さずにいた。 そんな中、ジョンミンの周辺を調べていたスホ。 チャン・テジュという仮釈放中に行方不明となった男のことを知る。 その男は、安楽死に使う薬物を盗み出していたことが判明。 やがてジョンミンの遺体を解剖した別の医師から、ジョンミンが薬物投与により意識を失った結果、頭部打撲を起こし死亡したという鑑定書が届く。 この鑑定結果に、再解剖の必要性を唱えるボムだったが、ジョンミンの遺体は既に火葬されており…。 20話 今まさに保険金が支払われようとする中、デチョルたちの前に現れたソル。 ヨングの死亡原因は、自転車と衝突したことで起こった外因性の急性心筋梗塞であり、加入していた保険の内容から保険金は下りないことを告げると、肩を落とす家族たち。 しかし実は、自分が認知症であると気づいていたヨングは、子供たちに迷惑をかけまいと、自ら相続の手続きをしていた。 家族たちは、知られざる父親の想いに涙を流すのだった。 山中で拘束されたままの女性の遺体が見つかった。 その女性は、身元が分からないように指紋が剥ぎ取られ、体中の血液が全て抜かれてしまっていた。 ヒョンの後任であるト・ジハン検事と、一緒に事件を担当する事になったソル。 やがてこの殺人事件の犯人が、30年前に起きた未解決の連続殺人事件で、現在も逃亡中の犯人と同一人物ではないかという疑いが出てくる。 24話(最終話) マンサンの事件について再度資料を読み直していたものの、マンサンの父親からの圧力で捜査から外されてしまったソル。 ボムは、ハン弁護士の腕についたやけどの跡が気になっていた。 このやけどは死亡前日にコーヒーをかけられたものによることが分かっていたが、検査の結果、コーヒーからある化学毒物が検出される。 この毒物が死因と特定され、ハン弁護士を襲った犯人も逮捕されることに。 マンサンは父親に助けを求めるものの、突き放されてしまい…。 U-NEXTは 31日間無料トライアルを実施しているので、この機会にぜひ韓国ドラマをお楽しみください。

次の