揚げ 大根 煮物。 【保存版】大根の人気レシピ25選|一位は!?煮物からサラダ、大根だけ、豚肉、大量消費も!どれも簡単!

大根とさつま揚げの人気レシピ!煮物や炒め料理でお弁当用に作り置きも!

揚げ 大根 煮物

ちょっと邪道?揚げても美味しい大根! 3月になりました。 いつもなら、春が近づくこの時期はウキウキしていますが、今年はなんだかそういう気分にはなれません。 今日は、2月中に投稿できなかった冬野菜の大根料理です。 今シーズンは、冬野菜の価格が安定していて、白菜や大根をたくさん食べられた気がします。 さて、そんな冬野菜の大根ですが、煮物はもちろん、サラダにしたり、大根おろしにしたりと万能に使えますね。 中でも、じっくり煮込んで味が浸みた大根はとっても美味しいですよね。 スポンサーリンク ランキングに参加しています。 揚げる前に、ひと手間 作り方ですが、大根を適当な大きさにカットして、揚げればよいのですが、 ひと手間加えます。 柔らかくなるまで下茹でします。 別の料理で下茹でしていた大根に竜田揚げ用の大根を、ついでに入れて下茹でしました。 一応、形崩れ防止に面取りしてます。 揚げる前に、もうひと手間 更に、もうひと手間加えます。 大根が浸かる程度の量でOKです。 ジップロックを使って、冷蔵庫で2時間ほど染み込ませました。 揚げます 片栗粉を付けて、さっと揚げます。 これだけです。 出来上がり 熱いうちに食べましょう! これは欲張らず、 食べ切れる量で揚げる方が良いです。 熱々のまま食べましょう。 まとめ 大根の旬は11月から2月頃なので、もう少し早いタイミングで投稿するべきだったのですが・・・大根はまだまだ食べる機会が多そうなので紹介してみました。 スポンサーリンク ランキングに参加しています。 dettotranoi.

次の

大根とさつま揚げの人気レシピ!煮物や炒め料理でお弁当用に作り置きも!

揚げ 大根 煮物

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

きょうの料理ビギナーズ だしパックで大根とさつま揚げの煮物

揚げ 大根 煮物

【材料】• さつま揚げ…8枚• 水…800cc• 顆粒鰹だし…大さじ1• みりん…大さじ3• 醤油…大さじ4• おろし生姜…大さじ1• サラダオイル…大さじ1 【手順】• さつま揚げは半分に切ってざるに入れ、熱湯を回しかけて油抜きをします。 大根は皮を剥いて半月切りにします。 フライパンにサラダ油を熱し、大根を炒めます。 大根の全体に油が回ったらさつま揚げを加えて混ぜながら炒めます。 水、かつおだし、みりんを混ぜ合わせてから加え、大根とさつま揚げを浸します。 濡らしたキッチンペーパーで落とし蓋をして15分煮込みます。 醤油と生姜を加え、再度落とし蓋をして煮込みます。 煮汁が少なくなったら火を止め、器に盛り付けて完成です。 【材料】• ちくわ…2本• こんにゃく…200g• さつま揚げ…4枚• 魚河岸上げ…4個• 卵…4個• 水…1L• 白だし…70cc• オイスターソース…大さじ1• カラシ…お好みで 【手順】• 卵は15分ほど茹でて固ゆでの茹でた卵にします。 大根の皮を剥いて4等分にし、十字に切り込みを入れます。 ちくわを半分に切ります。 こんにゃくは十字に切り込みを入れて三角形に切り、ぬるま湯で洗います。 フライパンに大根、ちくわ、こんにゃく、さつま揚げ、魚河岸揚げを入れます。 水、白だし、オイスターソース、塩を加えて煮込みます。 卵が煮あがったら殻を剥いて鍋に入れます。 1時間ほど煮込んだら、火を止めて1時間ほど休ませます。 器に盛って出汁を入れ、お好みでからしを添えて完成です。 【材料】• 人参…1本• さつま揚げ…1パック• 万能ねぎ…適量• 鷹の爪…1本• ごま油…大さじ2• 酒…大さじ1 【手順】• 大根、人参、さつま揚げは細切りにしておきます。 鷹の爪はみじん切りにしておきます。 フライパンにごま油をひいて鷹の爪を炒めます。 人参、大根を入れて炒め、火が通ったらさつま揚げを入れて炒めます。 砂糖、醤油、みりん、酒を入れて炒めます。 煮汁がなくなるまで5~6分ほどじっくりと炒めます。 水分がなくなったら皿に盛り付け、万能ねぎをかけて完成です。

次の