スーパー ノヴァ ドラゴン。 【ドラゴンボール】スーパーノヴァの強さ考察、バーダックを倒した禍々しき凶弾!

遊戯王カード考察:≪スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン≫スカーレッドノヴァの正統進化!星野貴紀さんがオリジナルの召喚口上も!

スーパー ノヴァ ドラゴン

2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、 または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードをする。 待望のジャック新規!レベル12 闇属性ドラゴン族です。 チューナー3体を要求するという今までにない素材指定。 帰還タイミングが次の自分エンドフェイズと若干遅いため、発動タイミングによってはフィールドを長い間空けることになってしまうかも。 どう使うか チューナー3体+というかなり重めの素材指定なため、出すタイミングはかなり限られそう。 今までのジャックデッキもといリゾネーターデッキでは、単純に高打点を求める際に 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》を出すといった展開が多かったです。 上昇値は同じなため、高打点破壊耐性持ちを出したいのであれば、比較的簡単に出せるスカーレッドノヴァの方を優先するかなといった感じです。 従来のリゾネーターデッキでは出すのに相当な工程が必要になりますので、このカードを出すだけであれば、他のギミックを取り入れるのが良いでしょう。 ジャンク・スピーダーで出そう! 各所で売り切れてます…… 《ジャンク・スピーダー》 を使うことで《スカーレッド・・ドラゴン》を簡単に出すことができます。 ジャンク・スピーダーでロードシンクロンとレベル2、レベル3シンクロンをすればそのまま 《スカーレッド・・ドラゴン》につなげることができます。 (ロードシンクロンがレベル2となるため) が。 ロードシンクロンとかいう素引きしてもどうにもならないカードをわざわざ入れるのはいかかがなものかと思うので、個人的には下記のルートを推したいです。 ジャンクスピーダー成立 ジェットシンクロン、サテライトシンクロン、ジャンクシンクロンを• ジャンクスピーダー+で《スターダスト・チャージ・ウォリアー》をシンクロ 1ドロー• 《スターダスト・チャージ・ウォリアー》でなくとも、従来のリゾネで採用されやすかった《 獣神ヴァルカン》などでも良さげですね。 ジェットを蘇生せずとも《シンクローン・リゾネーター》でカバーすることも可能です。 《サイバース・シンクロン》を採用し、自身の効果もあわせて2+2+3+5でトリプルチューニングし、シンクロするのもありですが、こちらも素引きすると弱い点は変わらず…。 ただ、墓地除外で破壊から一度守ることができるため一長一短ですね。 実際シンクロンデッキの方が相性が良い 現状のリゾネーターデッキは、 基本的にチューナー要素はリゾネーターおよび《サイキック・リフレクター》などのレベル8シンクロ製造ギミックが入っているのがほとんどでシンクロンの採用はあまり見られません。 《レッド・リゾネーター》をはじめ、ジャックがARC-Vに登場したことで優秀なリゾネーターがOCG化され、またそちらに寄せた方がジャックっぽさを強調できるというのも一因であると思います。 (それ以前の7期、8期ごろは《ジャンク・シンクロン》などは普通に採用されてはいましたが…) 加えて、 《ジャンク・スピーダー》は厄介なことに素材指定をもつため、ジャンクスピーダーのギミックを内包するにはかなりメインデッキをいじらないといけないです。 ジャンクシンクロンはリゾネーターデッキのレッドリゾネーターやレッドスプリンターと召喚権を食い合うため、現状はあまり噛み合いが良いカテゴリとは言えない気もします。 (シンクローンがシンクロンリゾネーターであれば、もう少し話は変わってきたのでしょうが…) ジャンク・シンクロンVSサイバース・ガジェット 現状リゾネデッキで釣り上げモンスターを採用するのであれば、 《サイバース・ガジェット》の方がよく、(レッド・リゾネーター、シンクローンと相性が良くンを生成できることから誘発にもある程度強いため)、少し使いにくいとはいえ、ジャックのカードである《 レッド・スプリンター》もあるため、わざわざジャンクシンクロンを採用するまでもないというのが正直なところでした。 しかし、 《ジャンク・》というカードが登場したため、この考えは少し改める必要がありそうです。 ジャンクの登場により、 +チューナーの2枚で《スカーレッド・・ドラゴン》をまで持っていけます。 個人的には… 一応現状のリゾネデッキにはある程度満足していて、《スカーレッド・・ドラゴン》単騎よりもベリアルアビスを作りやすくすることにデッキリソースを割きたい気持ちがあるため、おそらく 採用はしても専用ギミックは入れないんじゃないかなーと思ってます。 現状でもサイキックリフレクターを含めた緊テレギミックを採用していたり、手札誘発(特に幽鬼うさぎ)とがあるデッキであることから、デッキスロットがかなりきついのです……。 逆に言ってしまえば、 専用ギミックを有したフリー用シンクロンデッキを組んでみても良いのでは?と感じました。 というかおそらく作ります。 だってかっこいいもん。 素レモンの明日はどっちだ 最後に自分語りを。 おまもり要素と言っても過言ではないですが、いまだに採用し続けている元祖《レッド・デーモンズ・ドラゴン》。 新マスタールールになり、さらに効果を使う機会がさらにへり、かつアビスうさぎギミックを壊しかねないという、役にたつ場面の方が少ないカードではありますが、結局レベル8は踏み台にすることが多いので、一枚指してあるカードです。 やっぱりジャックと言ったらこのカードなので、ぬきたくはなかったのですが、新規がきて、それに伴い他の相性の良いカードを入れようとなったら流石に抜けてしまう気がしますね……。 さいごに ライバル新規がたくさん来てかなりデッキに変化がありそうで楽しみです。 特に銀河なんかかなり強くなるんじゃないでしょうか? 銀河新規、 ギャシーアイズ・・ドラゴンについてはまた後日記事をあげさせていただこうと思うのでお楽しみに! デッキも組んでいるので、いつかデッキの記事もあげたいですね。 こんな展開例があるよ!とかありましたら、コメントくださると嬉しいです。

次の

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンカード情報・考察

スーパー ノヴァ ドラゴン

dandeです。 今回は、【海皇】を採用した【TG】デッキの紹介です。 《スカーレッド・・ドラゴン》や《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》を出していきます。 《TGスクリュー・サーペント》が【海】であり、サーチ対象になっている点がポイントです。 《TGトライデント・ランチャー》で《TGスクリュー・サーペント》+《TGタンク・ラーヴァ》+《TGタンク・ラーヴァ》を並べることで、《スカーレッド・・ドラゴン》まで行き着きます。 同じ必要札で、《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》にも分岐できます。 【TG】展開の終着点として、遊星かジャックのどちらかを選ぶ流れになっていて、感慨深いですね。 もうひとつのポイントは、 《ホップ・イヤー飛行隊》。 記事にも書いたように、相手ターンに自身をSSできる 《TG》と相性が良いです。 このカードを手札からする。 2 :フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「TG 」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。 《ホップ・イヤー飛行隊》+《TG》の2体で、 《TGスター・ガーディアン》をし、《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》や《スカーレッド・・ドラゴン》のアククロに繋げましょう。 解説は以上です。 ではでは。 dandee.

次の

その壮絶な力で敵を穿て!!

スーパー ノヴァ ドラゴン

2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 パスワード:99585850• 1 の効果は、シンクロ素材の関係上攻撃力は5500まで上がる上、 2 の効果破壊耐性により場持ちがいいと思います。 3 の効果はこのカードも除外する必要があるものの、モンスター効果や攻撃に反応して相手側全てのカードを除外出来る、優秀な効果だと思います。 3 の効果で除外しても自己帰還効果を持っているものの、次の自分のエンドフェイズと遅めな点には、注意が必要だと思います。 シンクロ素材が重いですが「レッド・デーモン」デッキなら、「クリムゾン・リゾーネター」とレベル4を並べ「レッド・ライジング・ドラゴン」を出し、その効果で! 「クリムゾン・リゾーネター」を蘇生し、「クリムゾン・リゾーネター」の効果で「リゾーネター」チューナーを2体リクルートすれば出せるため、問題はないと思います。 元々の攻撃力も闇属性・ドラゴン族・シンクロの中では最も高いため、切り札の一つと言えると思います。 王を迎えるは三賢人。 紅き星は滅びず、ただ愚者を滅するのみ!荒ぶる魂よ天地開闢の時を刻め!シンクロ召喚!スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン!という召喚口上がジャックの声優である星野さんによって付けられた。 それはそうとしてダブルチューニングならぬトリプルチューニングが必要な為、非常に重い。 初期の評価が低いのはその辺が関係しているのだが、わずか1ヶ月でクリムゾン・リゾネーターとレベル4非チューナーだけでこのカードまで繋がるようになってしまった。 レッド・ライジング・ドラゴンでクリムゾンを釣り上げて、クリムゾンの効果でリゾネーター2体を特殊召喚することが可能。 コール・リゾネーターという便利なサーチも存在している為、手札に揃えるのは容易。 シンクロ召喚した時点で5500打点というライトニングも真っ青の打点を備えている上に、モンスター効果の発動に応じて逃げることが可能。 その際に相手フィールドのカードを全て除外するというとんでもないオマケが付与される。 ただし戻って来るのが次の自分エンドフェイズな上に、効果破壊耐性はあるものの魔法・罠に耐性が皆無なのがキツイところ。 ダブルを超越したトリプルチューニングで誕生する超新星。 墓地のチューナーの数に応じて攻撃力を上げる効果、効果で破壊されない耐性、相手の効果・攻撃時に自身と相手のカードをすべて除外し次の自分エンド時に帰還する効果を持っている。 まずはチューナー3体とSモンスターでレベル12を作るという召喚条件がかなり無理筋。 ジャックデッキではレッド・デーモンズにレベル4分の3体のチューナーか、アビスにレベル1チューナー3体で出すことになるが、流石にチューナー3体を並べるのはかなり骨が折れる。 既知の通り実は裏道があり、ジャンク・スピーダーを使うことでレベル7分のシンクロンとレベル5のスピーダーで召喚でき、遊星のほうがうまく使えるという悲しい事実がある。 場に出せば最低5500は期待できる高火力と、耐性とついでで場を蹂躙していく自己除外効果で高い生存力と制圧力を両立する。 魔法罠のバウンス・除外にこそ弱いがモンスターで突破するのは困難。 出れば素晴らしい活躍を期待できるが、スピーダールート以外でまともに出せるかがかなり怪しい。 超重量級と言える。 スカノヴァの進化系、初の ? チューナー3体指定のシンクロである。 スカノヴァの破壊耐性と打点アップはそのまま引き継ぎつつ相手モンスターの攻撃か効果に反応して相手のフィールド全除外という豪快なことをやってのける、素材指定上最低5500打点でありそれでいて破壊耐性を持っているこのカードを攻撃もモンスター効果の発動も介さずに突破するのは至難の業なので制圧力は高い、地味に蘇生制限と同名単1制限はないので2体目を出せればさらに制圧力は増す。 ただ、破壊を介さない魔法罠には一切の無力である点と素材指定が重い点が難点、素材指定に関しては必ずしもレモン関係は必要ないので既にあげられているジャンクスピーダーでクリアできるがあちらの効果の性質上ほぼこのカード単体で棒立ちになってしまうので魔法罠に無力なのは少し頼りない、なので自然な流れで出してほかのモンスターと並べたいがそれにしては素材が重い。 豪快かつ優秀な効果でロマンはあるが最大限に生かしたいなら専用構築が必要なカードという印象は受ける、ただその専用構築をする値打ちはあると思う。 超新星として帰ってきたスカノヴァ。 チューナー3体に加えSモンスターも要求されると非常に重い。 各所でも書かれている通り、ジャンクスピーダーを主力とするシンクロンが一番無理なく楽に出せるデッキか。 スカノヴァ同様の強化効果と耐性。 更に効果に反応して相手カードを全体除外を行える。 ただ自身も一定期間除外する必要があり、戻ってくるまでも遅く攻めに転じづらめ。 適当な発動は許されないでしょう。 破壊耐性のお陰である程度は様子見しやすい。 後続の展開も考えたいですが、この重さなのでその余裕があるかどうかも・・・。 使うなら特化構築が望ましいかと。 ダブルチューンに特化したジャックデッキでキツいのは残念ですが、チューナーの展開が得意なデッキなら新たな切り札として充分活躍が見込めるかと。 流星TGなんてなかった。 追記:新規のクリムゾンリゾネの登場により、展開ルートが大きく広がってジャックデッキでの運用も楽になった。 点追加しておきます。

次の