桜 ミク 2020。 桜ミク 来年も弘前さくらまつり盛り上げ by 陸奥新報

【大歓喜】桜ミクが弘前さくらまつり2019~2020の公式応援キャラクターに!【随時更新】

桜 ミク 2020

桜ミクが弘前さくらまつりとコラボするのは 今年2020年が最後でしたが、 新型コロナウイルスの拡大防止により 100回目のさくらまつりは中止。 世界中から200万人以上集まる、 弘前市民の誇りである弘前城の桜。 私もその様子を見て、 絶対ウイルスを蔓延させてはいけないと 心に決めました。 さくらまつりのポスターは、 このように感染拡大防止の啓発ポスターになってます。 昨年、このコラボ企画が始まった時は、 果たして、これでわざわざ人が弘前まで来るだろうか?と 疑っていましたが、 フタを開けてみると 正に全国から実に多くの初音ミクファンの方々が 弘前の桜を見に集まってくださいました。 お店でもすごくマナーが良くて、 初音ミクって何?と言っていたスタッフも、 桜ミクのファンになるくらい、好印象でした。 コスプレの方と一緒に写真を撮ったことも、いい思い出です。 そして、今年、自粛で弘前に来られない方々に、 このキャンペーンに参加してもらうにはどうしたらいいかと考え、 ネット通販にグッズをつけることを提案し、許可がおりました。 店舗と同じように、1会計で600円以上お買い上げにつき1本、 クリッププレートボールペンを差し上げます。 対象商品としては、地元弘前の企業の商品を中心として選びました。 少しでも、コロナで苦しむ地元企業の支援になればと思いました。 その他、健康食品なども追加していく予定です。 このホームページの「オンラインストア」、もしくは Yahoo! ショッピングの当店のストアから。 よろしくお願いいたします! (Yahooでは対象商品が決まっていますが、このサイトでは全ての商品が対象です。 どちらも1会計につきクリッププレートボールペン1本となっております。 事前にご連絡いただければ種類はご相談に応じます。

次の

桜ミク 来年も弘前さくらまつり盛り上げ by 陸奥新報

桜 ミク 2020

[広告] 桜ミクが弘前さくらまつりの公式応援キャラクターとして就任したのは昨年から。 2020年までとしているが、来年以降の予定は現在未定。 今年は新型コロナウイルスの影響でさくらまつりが中止となり、計画していた桜ミクの関連イベントは中止や変更。 当初は今年のさくらまつりを盛り上げるため、会場や市内主要施設で流す予定だった同曲を使い、来年につなげられるようなオンラインでの企画とした。 「101回目の桜」は、弘前のダンス&ボーカルユニット「RINGO MUSUME(りんご娘)」がリリースした18枚目のシングル曲。 作曲を担当した多田慎也さんは、AKB48や嵐などの楽曲に携わった経験があり、現在は弘前在住。 作詞はりんご娘のプロデューサー・樋川新一さんとの共作で、弘前公園の桜を管理する樹木医の元を訪ね、「桜のように強く生きたいという死生観」をテーマにした。 初音ミク公式チャンネルから同日11時にリリースし、樋川さんの発案で英語訳の歌詞も表記。 24時間で5万以上の再生回数と1万以上のいいねが付いたほか、寄せられたコメントは1000件以上。 その多くが海外からのコメントで、アメリカ、ドイツ、メキシコといった複数の国から「家から出られない私たちのために彼女が春の歌を歌ってくれた」「日本語は話せないがこの曲は美しい」(編集部訳)といった反応だった(5月8日11時現在)。 多田さんは「海外の方からのメッセージの多さに驚いた。 動画を通じて弘前の桜の魅力が世界中に届いたらうれしい。 オリジナルの『101回目の桜』を大切に歌い続けているりんご娘にも改めて感謝したい」と話す。 5月下旬には同曲を使い、今年の桜を撮影した写真や動画、イラストを加えたアフターリポート動画を公開する予定。

次の

弘前の桜をテーマに初音ミク「101回目の桜」公開 海外コメント多数

桜 ミク 2020

[広告] 桜ミクが弘前さくらまつりの公式応援キャラクターとして就任したのは昨年から。 2020年までとしているが、来年以降の予定は現在未定。 今年は新型コロナウイルスの影響でさくらまつりが中止となり、計画していた桜ミクの関連イベントは中止や変更。 当初は今年のさくらまつりを盛り上げるため、会場や市内主要施設で流す予定だった同曲を使い、来年につなげられるようなオンラインでの企画とした。 「101回目の桜」は、弘前のダンス&ボーカルユニット「RINGO MUSUME(りんご娘)」がリリースした18枚目のシングル曲。 作曲を担当した多田慎也さんは、AKB48や嵐などの楽曲に携わった経験があり、現在は弘前在住。 作詞はりんご娘のプロデューサー・樋川新一さんとの共作で、弘前公園の桜を管理する樹木医の元を訪ね、「桜のように強く生きたいという死生観」をテーマにした。 初音ミク公式チャンネルから同日11時にリリースし、樋川さんの発案で英語訳の歌詞も表記。 24時間で5万以上の再生回数と1万以上のいいねが付いたほか、寄せられたコメントは1000件以上。 その多くが海外からのコメントで、アメリカ、ドイツ、メキシコといった複数の国から「家から出られない私たちのために彼女が春の歌を歌ってくれた」「日本語は話せないがこの曲は美しい」(編集部訳)といった反応だった(5月8日11時現在)。 多田さんは「海外の方からのメッセージの多さに驚いた。 動画を通じて弘前の桜の魅力が世界中に届いたらうれしい。 オリジナルの『101回目の桜』を大切に歌い続けているりんご娘にも改めて感謝したい」と話す。 5月下旬には同曲を使い、今年の桜を撮影した写真や動画、イラストを加えたアフターリポート動画を公開する予定。

次の