ヒメ モンステラ 育て 方。 モンステラの育て方|ヤサシイエンゲイ

モンステラの育て方。

ヒメ モンステラ 育て 方

モンステラの剪定とは?どんな意味がある? そもそも、植物を育てていく中でなぜ剪定が必要なのかご存知ですか?すぐに「形を整えるため」という理由は思いつくかもしれませんが、ほかにも「病害虫を予防するため」「植物の生長を促すため」「数を増やすため」など、様々な理由から剪定は必要です。 モンステラのような観葉植物を育てている場合は、多くがこの中の「形を整えるため」に剪定が行われます。 冒頭でもご紹介したように、室内はスペースが限られているので不可欠な作業といえます。 形を整え、場合によっては購入したときのように葉の数を少なく短く切り落として、元の状態にまで戻すことから「切り戻し剪定」などとも呼ばれます。 モンステラの剪定の時期やタイミングは? モンステラの切り戻し剪定をするタイミングは、何を基準に見極めればよいのでしょうか。 剪定が必要なサインはいくつかあります。 たとえば、「茎や葉っぱが大きくなりすぎて見栄えが悪い」「変な方向に葉っぱが生えている」「最近鉢がよく倒れるようになった」などが挙げられます。 このように、基本的には「見た目が気になった」ときが剪定のサインとなります。 ただ、剪定にも適した時期があり、生長が盛んな春〜夏がふさわしいので、毎年4〜7月に大きさを整えましょう。 モンステラの剪定に必要な道具は?• 剪定バサミ• 軍手か園芸用手袋 用意する道具はそれほど多くありません。 剪定するためのハサミやナイフ、手を汚さないための手袋です。 モンステラの剪定の手順まとめ!切り方や切る場所は? モンステラの剪定はとってもシンプル。 気になる茎や葉っぱを生えぎわから切り落としていくだけです。 以下に手順としてご紹介していますが、全てを手順通りに行うのではなく、2. の必要なものをかいつまんで行うようにしましょう。 完成形のイメージをかためる(切り落とす場所を決める)• 高くなりすぎないように上に伸びた茎を切る• 枯れている茎を生えぎわから切り落とす• 勢いよく外や内側にのびる茎を切る• 絡み合っている茎があれば、どちらかを生えぎわから切る モンステラの剪定で気根を切っても大丈夫? モンステラを長く育てていると、茎の途中からヒモのようなものが垂れてくることがあります。 これは「気根(きこん)」と呼ばれる根の一種です。 自然界のモンステラはこの気根が地面につくまで伸びて、体全体のバランスをとっています。 屋内で育てるなら、それほど大きく育てるわけではないので、見栄えを気にする人は切っても構いませんよ。 モンステラの剪定の注意点! モンステラに限らず、植物を剪定をする上でいくつか気をつける点があります。 またモンステラの剪定ならではの注意点もあります。 ここでは、どんなことに気をつければよいのかご紹介します。 一度にたくさん切らない 大きくなりすぎたからといって、一気に茎や葉っぱを切りすぎるのはやめましょう。 目に見える部分はすっきりしますが、土の中の根は長く生長しています。 根とのバランスが悪くなり枯れる原因につながります。 不潔なハサミを使わない 剪定に使うハサミは清潔でなければなりません。 汚れているものだと切った断面から菌が侵入して枯れる原因になります。 過去に一度使ったハサミであれば除菌や消毒をしてから使いましょう。 樹液に触らない モンステラの葉っぱや茎を切ると切り口から樹液がでてきます。 肌の弱い人がこれに触れると荒れてしまうので、直接触らないよう注意しましょう。 また、赤ちゃんやペットが口に入れないよう作業する場所にも気をつけてくださいね。

次の

モンステラの剪定の仕方!時期や手順、切り方や切る場所は?

ヒメ モンステラ 育て 方

モンステラの植え替えはどうして必要? そもそも「植え替え」はモンステラに限らず、ほとんどの植物に必要な作業です。 その理由は「環境のリセット」にあります。 長年同じ鉢で植物を育てていると、根の生長で鉢内は窮屈な状態に、加えて、土の粒も粉々になってヘドロ上になり、水はけが悪くなります。 一回り大きな鉢に植え替えをすることで、根の生長するスペースが生まれ、呼吸もしやすくなります。 土も新鮮なものにかわって、植物が育ちやすい環境が整うわけです。 モンステラの植え替えの目安は?どこで見極める? では、何が植え替えをするサインなのでしょうか?1つの目印に「根づまり」があります。 「根づまり」とは根がつまった状態のことで、これを見極めることで植え替えのタイミングが分かります。 具体的には次のような状態になったら植え替えが必要だと判断してください。 鉢の底穴から根が出ている• 土の乾燥が早くなった/水の染み込みが遅くなった• 葉っぱの色が悪い(黄色い)/水やりをしてもしおれる/根元の葉が枯れてきた• 鉢植えがよく倒れる/鉢とモンステラの大きさのバランスが悪い モンステラの植え替え時期はいつ? モンステラの植え替えは、1番生長する時期に行います。 つまり、生育期の春〜夏が植え替えに適しています。 その理由は、植え替えが植物にとって負担のかかる作業だからです。 植え替えは、植物が慣れ親しんだ環境を変えるため、土から引き抜き、場合によっては根を切ることもあります。 こうした負担がかかっても、生育期であればすぐに回復してくれるわけです。 もしこの期間に作業ができない場合は、次の年までできるだけ待つようにしてください。 生育期の期間中であればいつでもよく、晴れた温かい日の午前中を選んで作業しましょう。 モンステラの植え替えに必要なグッズは?土は何を使う?• モンステラ• いまよりも一回り大きな鉢• 観葉植物用の培養土• 鉢底ネット• 鉢底石か軽石• 割りばし• 支柱(背丈が1m以上に生長する場合)• 麻ひも• ゴム手袋か軍手• 小型のシャベル・スコップ• ビニールシートか新聞紙 上記のグッズをそろえて植え替えを行います。 土は市販の観葉植物用の培養土でかまいません。 背丈が低ければ支柱、麻ひもは不要です。 サイズが大きければ2人で作業するとスムーズに進みますよ。 モンステラの植え替えの方法は?• 水やりを控えて土を乾燥させる• 作業する場所にビニールシートを敷く• 新しい鉢の底穴に鉢底ネット、鉢底石を順に敷く• 鉢からモンステラを引き抜き、根についた土を手でやさしく揉んで落とす• 黒ずんでいる腐った根を剪定バサミで切る• 鉢の中心に置き、縁から下4cmのところまで土を入れて固定する• 支柱を立てて、麻ひもでモンステラと結ぶ• 土の表面を割りばしでつつき、根の隙間まで土をなじませる• 鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをする モンステラをいまと同じ鉢に植え替えられる? 植え替えをするときに「いまの鉢をそのまま使って育てたい」と思う人も多いのではないでしょうか。 その場合は、「根」と「葉っぱ」のバランスをとることが大切です。 植え替え手順の6. こうすることで根が吸収する水分の量と、葉が蒸発させる水分の量とのバランスがとれます。 もし、根と葉っぱのバランスが取れていないと、うまく水が循環せず、根腐れなどを起こして枯れる可能性があります。 モンステラを植え替えたあとの管理方法は? モンステラを植え替えた後は、すぐにもとの管理方法で管理してよいわけではありません。 負担がかかった根に、できるだけ刺激を与えないために、直射日光のあたらない「明るい日陰」で管理します。 土が乾いたら都度水やりをします。 肥料は特に必要ありませんよ。 根が土にしっかり定着すれば、茎が伸びたり、新しい芽を出したりしてくれます。 モンステラの植え替えをやってみよう モンステラの植え替えが必要なのは、それまでの育て方がよく、うまく育てられた証でもあります。 この調子で、植え替えにも挑戦してみましょう。 手間がかかる分、より愛着も湧いてくるものです。 モンステラの生長をぜひ見届けてあげてください。

次の

観葉植物・モンステラ/楽しい育て方の基礎知識

ヒメ モンステラ 育て 方

ヒメモンステラとは、サトイモ科・モンステラ属に分類される植物のうち、小型なものの総称です。 代表品種は「アンダーソニー」で、ほかにも「デリシオサ・コンパクタ」などいくつか品種があり、葉っぱの切れ込みの入り方など見た目はさまざまです。 寒さや暑さ、湿気や日陰といった極端な環境に強く、病害虫にもかかりづらいことから、人気の観葉植物になっています。 ヒメモンステラ 姫モンステラ を育てる準備!何が必要?• 鉢に植えられたヒメモンステラ• ジョウロ、霧吹き• 液体タイプの肥料• 剪定バサミ ヒメモンステラは、陶器などの鉢に植えられた状態で売られていることがほとんどです。 買ったらすぐに飾って楽しんでくださいね。 育てている途中で、さまざまな手入れが必要になるので、上記のグッズをあらかじめ用意しておくと便利ですよ。 ヒメモンステラ 姫モンステラ の育て方!肥料の与え方は? 肥料の与え方 じわじわ効き目が出てくる緩効性の化成肥料の中でも、固形のものを与えます。 5~10月の発育が活発な時期に、2ヶ月に1回の頻度で与えるとよく生長します。 ただ、どんどん大きくなってしまうので、コンパクトに育てたいときは肥料を控えめにしてください。 ヒメモンステラ 姫モンステラ は病気にかかる?原因は? ヒメモンステラは乾燥に強い一方で、空気が乾燥しすぎると病気や害虫の被害を受けることがあります。 たとえばカイガラムシが挙げられます。 カイガラムシとは、茎や葉っぱをかじって汁を吸い、植物を弱らせる虫です。 大量に発生したときは、薬剤を散布して駆除してください。 葉っぱの裏を中心に葉水をしたり、濡れたタオルで葉っぱを拭いたりすると予防できますよ。 葉っぱに積もったホコリも取り除けて一石二鳥です。 ヒメモンステラは茎や葉の生長にともない、鉢の中の根もぐんぐんと伸びていきます。 結果的に、鉢が根でいっぱいになってしまい、呼吸できずに腐って枯れてしまうことがあります。 そのため、一回り大きな鉢に植え替える必要があります。 時期はヒメモンステラの生長が盛んな5~9月がおすすめです。 晴れた日の午前中を選んで、グッズを用意して以下の手順で作業を行いましょう。 植え替えに必要なグッズ• いまよりも一回り大きな鉢• ピンセット• 観葉植物用の培養土• 鉢底ネット• 鉢底石か軽石• 割りばし• 支柱(背丈が1m以上に生長する場合)• 麻ひも• ゴム手袋か軍手• 小型のシャベル・スコップ• ビニールシートか新聞紙 植え替えの手順• 水やりを控えて土を乾燥させる• 作業する場所にビニールシートを敷く• 新しい鉢の底穴に鉢底ネット、鉢底石を順に敷く• 鉢からヒメモンステラを抜き、根についた土を手でやさしく揉んで落とす• 黒ずんでいる腐った根を剪定バサミで切る• 鉢の中心に植物を置き、縁から下4cmのところまで土を入れる• 支柱を立てて、麻ひもで植物と結ぶ• 土の表面を割りばしでつつき、根の隙間まで土をなじませる• 鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをする ヒメモンステラ 姫モンステラ は剪定が必要? ヒメモンステラ 姫モンステラ の増やし方!挿し木ってどんな方法? ヒメモンステラを育て続けていると、「数を増やして色々なところに飾りたい!」と考え始める人も多いのではないでしょうか。 その場合は「挿し木」という方法で数を増やせます。 挿し木とは、切り取った茎などを別で用意した土に挿して苗にまで育てる繁殖方法です。 切った断面から根が生えて土に定着するんですよ。 挿し木に必要なグッズ• コップかボウル• 挿し木用の土• 3号鉢• 割りばし• 発根促進剤 挿し木の手順• 枝を先端から10cm前後に切る• 切り口がとがるようにV字に切って、吸水面を増やす• 先端の葉っぱを2〜3枚残し、ほかを全て取り除く• 葉っぱが大きければ半分に切る• 水を入れたコップに切り口を数時間つける• 植え替えと同じく、鉢に鉢底ネット、軽石を入れ、挿し木用の土を入れる• 土に割りばしか指で穴をあけ、枝を挿す• たっぷりと水やりをする ヒメモンステラの育て方を知って、剪定して綺麗に飾ろう.

次の