ぜんいつ しもの。 善逸(ぜんいつ)の声優情報!鬼滅の刃(アニメ)以外の出演タイトル紹介

下野紘 (しものひろ)とは【ピクシブ百科事典】

ぜんいつ しもの

V 「〔- ズ "V. - に: は F PL 777. 5 T3 v. ん Taksgi, Koji Shferehon tsikei PLEASE DO NOT REMOVE CARDS OR SLIPS FROM THIS POCKET UNIVERSITY OF TORONTO LIBRARY 1128118 Q. されば 本書 を 洒落 木 巾に 納める の は 多少 躊躇され たので あるが、 其 構想に 至って は 全く 變格的 洒落 本であって、 此 種に 屬 する も のに 風來 山人の 「Hf; 霾風 語」 田螺 金魚の 「多 荷 論」 などが あり、 本の 體 裁と 云 ひ 立派に 洒落 本 として 認められて 居 るので あるから、 玆 に採錄 したので ある。 r 大 通俗」 は 火 通と 俗物の 義で、 現代語の 大なる 通俗の 意味で はない。 作者 忐水燕 十 は、 通稱鈴 木庄之 助、 裉津淸 水 町に 住む。 御家人であった らしい。 一 天明 三 年 、 黄表紙に 「噓多 雁 取 帳」 夭 明 三年 を發 表した 以後• 全く 文壇から 影 を ひそめて しまつ た. 作者 茶に し 金魚 は ffl 蝶 金魚と: n 一人で、 之 も 前の 流行語から 茶に する、 鹿 ちゃけ い に す る 意で 茶に しと 洒落れ たの で あ る. 唯 其. T 容は 各自 稻 荷が 共 名稱に 依って 洒落の めす 所に、 作者の 興味の 中心が 存す る。 の 類で ある。 當 時江戶 中の 稻 荷の 信仰が 流行し 黄表紙に も 伊庭 可 笑 作の 「扨 化 狐 通人」 安永 九 年 が あり 同じく 稻荷 を當て 込んで 居る。 、王 人 公の 名 を 茶. 解題 多 佳 餘宇辭 六 不埒 散 人 作 安永 九お 刊 書名 は 高 楊枝の 萬柒 ぶりであって、 俗諺の 一 武士 は 喰 はね ど 高揚 枝」 を 採った ので ある J 作 者 不埒 散 人 は 匿名で あるから 斷 一一 一一:: は 出来ぬ が、 或は 戀川春 町で はない かと 思 はれる ので ある。 彼の 狂 猇を酒 上 不埒と 稱す るから、 夫 を 探った ので はない かと考 へる、 彼 は 身分柄 を顧盧 した い かんつ V- せっけ ふ のか•• 」 偖同氣 相 求む る庄 六と 品 川 行きと 決 しても、 着て 行く 着物が 無い、 地. 相棒の 庄六 も 旦那 寺で 金 を 借りて 來、 同様な 貧 的 松と 同伴して 出かける 痛快 さ。 然 かも 雪が 降って 來て、 居 緩け とで も 云 ひ 出されて は錢 もな し、 大雪に 借 着 をよ ごして はなら す、 三人 表面で は 太平 樂 を 並べても、 心中 絶え や 不安に 襲 はれて 居る 滑稽. 漸く 松が 相 方里の 人れ 智慧で、 向 ふの 茶屋 が 馴染で ある やうに 見せかけ、 遊 女の 一 件で 腹 立てた やうに 惡態 をつ き、 「こんな 湯 液 場へ 初め て來 た」 「玉ぞ ろ ひ、 惡ぞろ ひだ」 などと てれ 隱しを iK ひつ、 出て 行く 姿、 むざんに も 笑止し い 描寫 である d a! 者が 遊里で むづ かしい 漢語 を 用ゐて 冷遇され る 構想 は 洒落 本に は 珍しくない、 京傳作 「繁 々千 話」 寬政 二 年 の 馬 骨、 犬悅 之 等は學 者ぶ る 半可通で あるが、 やかましい 漢語 を 用る る 點は 同じで ある の 如き も 同じ 例で ある。 しかし 本 篇に現 はれる 貧 幸 先生 は、 「閨怨 の 曲と いふ 場 だよ」 「さす か 夷狄の 地 だ」 などと やかましい 口癖 は 出す ものの、 「爱で 高慢 を 出しち ゃァね つから はえない」 と 云 ふ 位、 よく 遊 S の 機微に は 通じて 居る 可愛げ の ある 男で ある。 金 さへ あ れば 相應に 面白く 遊べ さう に 書いて ある。 四 人の 通 入の 俳名 は 各 其 語る 遊里に 因んだ もので、 深 川 は 船 臥、 新 宿 は 馬 遊、 品 川 は 隣 波、 吉 原は郭 子と 云 ふ 類で ある 篇 中に 作者 自身 を 現 はすの は歸 橋の 作に は 珍しくない、 一 龍 虎 問答」 安永 八 年 に は S 橋と して 出て 居る し、 「愚人 贅漢 居繽 借金」 G 八 明 三年 に は歸撟 として 出て 居る。 本篇 でも 秋し の は 可な り權 高い 女性と して 描かれて 居る 所 を a ると、 一 體 に 無愛想な 遊女だった と兑ぇ る、 隣 波が 之に 振られ、 幽 靈に扮 して 遊女 買 ひに 赴く 趣向 は. 貪の 卷」 刊年 未詳 に 採って ある。 春 町 作の 黄表紙 「無益 委記」 安 永 八 年 にも 一. あれが 大木 屋の鼻 大き かの」 と 洒落れ て 居る し、 「玉 菊燈 籠辨」 にも 「引ッ ばり 解題 遊婦 里會談 二 五 解題 金 沈 遊女 和 二 六 や. なお ほぎ 見 世の 哉 扇と は、 おほし そうで 氣の 毒」 などと よく 引き合 ひに 出されて 居る ので ある。 馬 遊の 話 は 新 宿の 遊女の 枕 さがしで あるが 、「こる つ 品 川なら 猫 だが、 この 土地 じ や ァ馬か 知 らぬ」 と 云って 居る 所 を 見れば、 當時、 品 川の 遊里で 怪 猫の 噂が あつたと 見える。 「想 山 著 IS 奇 集 嘉永 三年 に 品 川の 遊女が 客の 寢息を 窺って、 燈油 をな める 說 話が 出て 居る。 兎角 少し 格の 落ちる 店で は、 こんな 事實が 絶えなかった ので あらう。 しかし 馬 遊が 枕 さがしの 上;! I を はねて 花生けに 隱 してあった 金 を盜み 去った の は、 「膝 栗毛」 の 彌次喜 多 か、 「滑稽 和合 人」 の 茶 g 吉 矢場 七 等の 行爲 である。 主人 歸橋が 「そんなに ほめた 事で もね へ」 と 一 蹴し 去った のは當 然 である。 干; 作 一 南門 a」 C 寛 政 十 1 1 年 等が 同 系統の 書で ある。 無 署名 作 安永 年間 刊 書名 は 何か藥 方の 書に もお つたので はない かと 考へ るが、 未だ 發見 しない、 金 枕は卷 末に 記 して ある 枕 を 泰山の 安き に 置く 意、 遊女 相談 は 遊女の 參考 書、 手引の 意。 序に あろ 如く、 萬 事 藥劑 調合 法の 書に 擬 して、 遊女の 心得 を說 いた もので、 作者の 名 も 記して なく、 刊年も 無い が 內容に 依って 安永 年刊の 部に 入れた ので ある。 My を 朝 込から は、 長者に ならざる とい ふ 事な し。 然れ 共是に 大事 は毒斷 あ. 〇 美食 搔亂親 物 を 不斷內 〇 镜を乘 物 全盛 娘に 琴 歌が るた 云々 と ある" 本書 も轔 想に 於て か、 る ものの 系統 を ひいて 居る ので ある。 禁物の 屮に、 假名の 符牒め きし ものが 誓いて あるの は、 果して 意味が あるの か 未詳で ある。 遊女の 間の 符牒 は旣に 「金々 先生 榮花 夢」 に 見え、 或は 唐音と 名 づけた 挾み 一 百 葉 も あり 現存す る もので は 落語に 殘 つて 居る 「キン チヤ キン ジゥ ロウ」 云々 と 云 ふの が ある、 然 かし 本 書の もの は 果して 之 等と 同じ 實 用の もの か 疑 はしい。 或 古老の 說に俗 謠の囉 し! I として 用 ゐ た ものが 存在す るとの 事で ある。 「江 戶 叢書」 卷,, 、に 納められた 「江戶 風俗 惣 まく. 隱語專 I: の 研究家の 敎示を 得たい と考 へ る 次第で ある リ 本文 屮 「浮氣 本 田 銀き せるな ど は 座敷 も 面白く いきに 洒落な どい ひのめし、 ちょくら にの せられ、 なじみ も 深くならば、 も ふせんの 下;. か、 る點で 0:: 年代 は 略 推測し 得る と 思 ふ。 あのき 原本 00 あ 無 署名 作 安永 年間 刊 狐 は 人に 化する 時 藻 を 頭に かぶる と 云 ふ 俗說に 依った 書名で ある。 作者 は 署名して ない が、 書中の 人物に 金 錦 先生が 現 はれる 點 から 見て、 朋誠堂 喜 三 一 一の 匿名の 作 か 之に 摸した 人の 作で 刊年も 安永 四 年 前後 かと 推定され る。 內容は 金 錦 先生、 新 S 左、 樂み 好き、 誹 人、 石部金吉、 女郞最 負、 春 江 等 一堂に 相 集って 遊 里の 曙 話に 耽り、 やがて 一 同 打 連れて 出かける と 云 ふ 筋で ある 其 害き 方が 古い 「役者 評判記」 などの 趣を兒 せて 居る、 洒落 本 中に も 遊里の 噂 話 をす る ものに は、 旣に 本卷に 「遊婦 里 會談」 が 衲 めて あるが、 恐らく 本書の 方が 早い ので あらう と 想像され る。 狐の 藻 HO するとい ふ 通り、 すべて 郭に 世事の 修行 場に て 遊びし 人 は 遊びし 程の 働 もいで き、 武士 町 人に 至る 迄. つとめ 先き に 依って は此 所の 出會 にて 主人の 用 向 もととの へ、 何に かぎらす むづ かしき 亊、 故な く濟 めば 忠を たち 功 も 立商寶 筋の ぢせ よいと もな れば遺 ひし 金 も 損に はなら す と ある は、 遊里に 對 する 當 時の 常識で あつたの だ、 否 今日に 於ても 政治 上、 商賣 上の 相談が 料 现屋 待合に 於て 行 はれる の は、 之と!: !じ考 へ なので あらう。 卑しき あり、 その 時人 愦を知 つ て 今 女郎と なれば とて 忘べ き笞 もな し、 いかに 務め の 身 じ やとて さ. 9 とて は むご ひ 云 やうな, 5、 云 その 人 こそ あさはか なれ、 萬 事 杖と も 柱と もす る 人に はつら ひ 勤め の 其 中に いち ゑを脫 ぎても あぐる ぞ かし と 云って 居る の は、 遊女に 同情 ある 言で、 所謂 眞の 通人の 常識な ので ある 鑌 いて、 みそか 女郎の 誠と 玉子の 四角 あれば 晦日に 月が 出る との 雜談、 りっぱに 口に は大言 の はけ ども、 心に 惚れられ たと 思 へば こそ 來人 多し と 道破して 居る の は 可な, 5 鋭い 語と 見られる。 本書 は 前述の 如く 「評判記」 に模 した もので、 最負、 見切 者に は、 金 錦 先生、 樂み 好き、 女郎 最負 等が 居り、 惡 口に は 石部金吉が 居る、 頭取 役に は 春 江が 居る、 此春江 は 突如と して 現 はれ 本書で 奈何なる 地位 を ほむる 人 かわから ぬが、 或は 「常世 爱 かしこ」 安永 K 年 の 作者 御 無事 庵 春 江と 何等かの 關係 あり、 隨 つて 本書の 作者で はない かと S はれる 疑 ひが あるが、 何等の 傍設 が 無く 斷定が 下せない。 縱五寸 三分 分 論 原本 撗 三寸 草、 ばったこう ろぎ、 きりぎりす を 鳴かせる 法 も 知って 居 やす と嚇 して 居る の は 公許され ぬ 岡場所 だから、 とり 拂ひ 地に して 見せる と 云 ふ 意で、 源 六が 御 家 人らしい 身分で ある 亊が わかる j 北ハ 口吻 全く 「 粹町 甲閨」 中に 現 はるる 淀 車と M じで ある" 要するに 本篇は 簡潔に してよ く 土地の 特徵、 遊客の 各種が 描き 分けて あるし 然 かも 珍しい 岡 場所 を 題材に したな ど、 蜀 山の 代表的 作品と 稱し 得る、 各 短篇の 劈頭と 結末に 流暢な 謠曲句 調 の 用 るて あるの も此 作者の 常套手段で あるが、 垢ぬ けがして 居る。 蛊大 通 多 44 まお 閑 言 樂 山人 作 安. 大 通を氣 取る 者 多かった 時代、. 之に 反感 を もつ 人の 攻 解題 大通多 名 於路志 一一 一九 解題 火 通 多 名 於路志 M0 擊の 洒落 本が 多-、 出た が、 之 も 共 一 つで ある" 刊年は 明記して ない が 本文 屮に 叫. 朝鮮の 弘慶子 は藥資 りで 「半日 閑話」 に 次の 如く;: 儿ぇ てお る。 、 朝 i! 藥が木 蛾 か、 紫 子 力. 之に 據 ると 際物 は陳 套を排 すると 前提し 前書の 年代の 方が 確實の やうで ある。 蹢證 はない が、 雲 樂 山人 作の 「無 陀 物語」 の 書名 も 內容 にも 何となく 本書の 作者と 似通. 齒 では 詩 を 作る と 云へば、 日本で は 歌 を 作る と 問答す る 所な ぞも 全く 一 白樂 天」 から 脫化 して 居る。 ー篇の 梗概 は、 意 氣の國 より 出た る 通 丁と 云 ふ 通人、 色里に も 遊び 倦き て 唐土へ 渡らう と 決 心した 時、 向島で 唐人 陳芬漢 に 逢 ひ、 唐に 行く 事 を もめられ、 大 通の 講 釋を聽 くと 云 ふ 筋で あ. 人が 付た 通の 字で なければ、 交りな しの 通と は 云 はぬ と斷 じた 所な ど、 平凡で は あるが 常時の 自稱大 通に は 痛棒であった 事と 察せられる。 全篇 輕く 洒落の めして あるが、 内容に は 可な り a! 劎な 作お の 不滿が ほの 見える ので ある。 天竺 老人 作 安永 年 I! 本 篇 S 題に は 「太平 樂卷物 阿 千代 之傳」 と ある 如く 當時 有名であった 船まん t うお 千代の 氣焰 を あげる 第 を 描いた ものである。 作者 天竺 老人 は卽 一 世 天竺 老人 1 一世 は 森 羅亭萬 象 平 賀源內 である。 同人の 傳記は 本 大系 第二 卷 所載 「里の 苧環 評」 の 項に 入れて あるから 參照 あり 度い。 然 かも M 來 山人の 滑稽本に 凝脂の 乘 つたの は 安永 七 年 以前であった から、 本篇 もや はり 共 頃で あらう と 推定され る。 本 篇は後 「風來 六-マ 部 集」 に 編入され た。 ぼち やくの 阿 千代と 呼ばれた の は、 言 ふまで もな く 豐 滿な 肉體 美の 所有者で あつたから である、 之に 極々 な 意篛を つける 人 が ある が 此江戶 語の 眞義を 解せ ぬ からで あ る リ お 千代が 有名で あつたので 遂に はお 千代 舟の 名稱 まで 出來る やうに なった。 明 和 一 一年の 川柳 點 に 「お 千代 舟 沖まで こぐ は 馴染な, 9」 後に 至り 紙 張子の 苫 舟に 人形 を 立た せた の を 腰に つけ、 お 千代 舟と 稱 した 乞食まで 現 はるる に 至った ので ある。 要するに 世に 用ゐ られ. f- して 不 平滿々 たる 作者が、 一 糨 の 階級意識 のために 揚げた 放 語な ので ある。 損 者 三 友」 と ある 夫 を もお つたので• 驛舍は 新 宿 を さす、 刊年は 明記して 無い から 不明で あるが、 書中に 「金 龍 山の 織 殴な どと いふ 洒落が ござ いました らう」 と 云ふ對 話が ある、 之 は朱樂 館主 人 作 「大抵 御覽. 又 「矢 口の 作 は 平 木辨內 とやら の: rcf たと 巾ます が、 とんだ 智惠者 さう で 御 ざり ますね」 と あるの は、 明に 平賀源 內を さすので ある、 彼が 獄に 故あって 入れられ たの は. 之に は 一 I と 角 書が 附 して ある. 皆 書雕 のさ かしら であらう が、 刊年は s 記して 無い。 M の 株 を 有し、 煙草屋 を 營んだ 、 寬政 元年 七月 七日 殁、 年 六 卜 四。 本書 屮に 「稻野 や 林右衞 iZ はこつ ちに るる かの」 と あるの は、 稻毛屋 金 右 衞門卽 作者 自身 を さして 居. 5、 こっちに, q るか は、 新 宿 住居なる 事 を 云って 居る ので ある。 本書の 前に 新 宿を题 村と せる ものに 朱樂 館主 人 作 「寶花 新驛」 安永 六 年 が ある、 本書 は 明に 之を脫 化して 用ゐて 居る ので ある. 解題 驛舍 一一 一友 四 七 解題 變通輕 井 茶話 四 八 山 乎の 馬鹿 人 作 安永 ャ 刊 變通 は, 江戸の 叫钪 岡場所なら ぬ 土地の 通 を 述べ て 居る から 變 てこな 通の 義、 輕井 茶話 は輕井 澤 のもぢ りで ある。 內 題に は- rgs 道中 粹語 錄」 と ある、 道中 雙 六の もお. 9 である、 道中 雙六 は 柳 亭秫彥 の 「還 魂 紙 料 一 に淨 十; 雙 六が 最古く 地獄 極樂を 歩く やうに なって 居る、 之より 轉じ て出來 たもので あらう と 云って 居る 說が 信ぜられる. 本書の: 冉 版本 は r 寶花 新驛」 の 序文 一 r, 同 揷繪ー 丁 を 原板 二 丁 を 除いて 挿入して ある。 共 ため 原本の 序に ある 「山手の 馬鹿 人な り」 の 原文 も姨捨 山人 書及蜀 山の 扇に 巴の 落欵も 除か れ、 「朱樂 館主 人 誌」 が揷 入され、 一見 朱樂 管. 江 作の 如く 見える が、 全く 前述の 如き 始末な の である. - 本 巷に 揭 載せる 口 綺を參 照 さられたい 刊: 牛 は 明記して ないし 未詳で あるが、 安永 は ド るまい と批定 される。 作者 山手の 馬鹿 人 は r 粹町 甲閨」 の 項に 云へ る 如く 大田蜀 山で ある。 収 村され て 居る、 例へば 「喰 ひぬ いて 來 ようと 信 濃國 を 立ち」 「. ぉ彌 五左衛門と 馴染の 遊女 W 每 との ロ說も 可な り• 日 水で は 李 于鳞で 通って 來て 居る、 漢舉 初歩の 者に でも 常識と なって 居る、 夫 を里于 隣と 訓んだ ので. に 洒落に もなら ぬ、 常 字 は 故意に 變へ たもので あ らうが、 于を 干と 讀ん だので は 作お の無識 さが 察せられ るので ある。 刊年も 不明で あるが、 原本が 安永 六 年の 解題 通 志 選 五一 解題 通 志 選 五 二 刊行で あるから、 假に 安永 年間と して 玆に 採錄 したので ある。 本 齊 は r 當世穴 知 鳥」 安永 六 年 の 一 部 を 改作し 大部分 を 原板の ま、 で 襲用した ものである、 恐らく 共 出 板 元、 祌田 鍛冶 町 二 丁目 池 M 屋傳 兵衞 から 板木 を 求めた 一 書肆が、 新版の 洒落 本に a せか けんとした 窮策で あらう 3 殊更に 嚴 しい 見返し を附 し、 序文、 作者 名 を變更 し、 更に 本 文まで 改刪を 施して るので ある" 今 其 本文に 就いて 云へば、 「穴 知 鳥」 の 十 丁目から 卅ー 丁目 迄 を 採. 5、 一 丁 E から 九 丁 E まで を 改作した 文で 糙ぎ 合せて ある。 今卷; g を對稱 せし むれば、 次の 通りで ある,. o あら ざれば、 黄金の 肌 を さぐる 事 あたわす 云々。 歸 a- 一 美景; 樽前勸 k 解是 春風」 を 引用して 居る のに、 後者 が ー恧 詩選」 中 儲 光義の 「大道 直 如髮、 春 日佳氣 多」 の 一 句 を 採った の は、 「通 志 選」 の 書名に 意義 あらし めんと したので あらう が、 夫き, 9 で 一 向榮 えない G- である。 同一 の 筋 を 綴って 少し づ 、 異な つ てお る 简所を 引用して 見よう。 結末 は 原本 三十 一 丁目の 裏 五 行 目で 切り、 原本 卅九 丁目 表の 最後の 句を改 W して 添加して ある、 卽 「通 志 選」 は卅 一 丁で 終 つて 居る に拘ら や、 原本 「穴 知 鳥」 は 卅九丁 迄 あるので ある。 雛と 鄙と 訓音相 通 じ 鄙 を 更に S! と轉 じたの だ、 M 語 は 諷刺の 語の 篛。 庵の 壁に 一 首の 和歌 を 貼りつ けて 置いた と 云 ふ。 大悟 和尙の 狂詩の 中に 「土 平 土 平 混 m 勢」 と ある は、 明 和 頃から 來た土 平 飴の 事で あ. ' a! 作 者 は 序文に 依れば 淺革の 行 過と なって 居る が、 勿論 烏 有の 人物で、 序文 を 書いた、 臍 村の 通人 忍 堂の あるじ、 蓬蕴が 作お であると 認定され る。 o はしない かと 想像す るが、 依然 確實 ではない。 「葛 西太郞 とい ふ 故に こい を賣 ますと いわれて 洛水 へら や 口、 なるほど こい をと る 故 孫四郞 とも 巾ます、 しかしこう いふむ さし やな 噺は 外へ は 御沙汰 なし」 と ある 葛 西 太郞は 向島 牛 島弘福 寺に 近くあった 川魚 料理屋. 「今 專 世に 時 行め く, 5」 と ある は旣 に本卷 「唤分 論」 に 於て 說ぃ た。 王と なり、 或は 藤 兵 衞则淸 と 云 ふ 北面の 侍最明 法師 と な b て 不一 一山 を 詠めて 名 をの こし、 ひげの 利 久は吉 原に て 茶 をた て 謙 信と 韓信、 六 孫 王と 陸 仰、 ん閤と 太公望 西 行と 锻明寺 時顿、 利 休と 鬚の 意 休の 混同、 奈何に も, 江戶っ 子の 菩び さうな ゾ ン セ ンス である。 5 で, 時代 は遙に 七十 餘年も 隔てて 居る が、 何時も 變らぬ の は、 江戶 人の 輕 快な 無駄と 云 はざる を 得ない。 本書の 內容は 遊女に 對 する 心得であって 「金 枕 遊女 相談」 の 項に 云へ る 如く 此 種の 作品 は尠 く 珍しい ので ある。 ,たから 本書の 始めに も、 按す るに 今迄、 勸通懲 野 之 書、 數多 有りと いへ とも、 娼婦の 心得 を 書た る は 餘り不 レ見故 今 爱に 記す、 素 娼婦に 異兑 する は、 諸容 自ら 其 意 を 悟れとの 誨な るか と 自讃し 注意して 居る ので ある。 之 は 「金 枕 遊女 相談」 も 同様の 趣旨と 考 へられる 本文 中に むかしより 全盛の 娼婦 も 金 持の 大盡に 馴染 は、 もしゃ ゑり もとにつ く歟 といや しめられん と 忍 ふに や、 多く は爲 になる 客に 不勉 する あり とはいみ じく も 道破した 遊女の 弱點 である、 金 故 束縛され て 居る と 絶えす 遯 迫を感 する 遊女 達 の心裨 をよ く z ルて 居る 語で あらう。 まする もの は、 金 を 出して 買 う 客に は、 ど ふいた して 知れる もので は ござりません と說 いて 居る。 奈何に して 遊女の 本心 を 知らう か、 夫が あらゆる 遊客 を 通じての 眞劎な 悶えで あつたに 遠 ひない。 本書 は先づ 最初に 遊女の 心得 を 述べ、 最後に 客妓雜 話の 項 を 置き、 遊女と 客との 關 係を說 い て 居る 體裁 がよく、 纏って 居る。 E 房と 稱 したので ある。 俳優 を 親方と 云 ふ は 彼から だと 稱 せられる。 同じく 十八 大 通の 一 人。 文 魚が 晚年 零落した 事 は、 山 束 京 山の 「蜘蛛の 糸 巷」 に 出て 居る が、 何年 頃で あ るか 明記して な い から、 斷; 一一 r は出來 ない。 何にも 知らぬ 田舍 武士に 通人に なり 度く ば 先 づ封祿 を 捨てる 氣 でか、 れと敎 へ、 若 息子に は 「馬鹿 をい、 なさん な、 おやじが やかまし くば 勘 當受 けたが ゑ、、 やぼら しゐ この 道に はまつ て ffi: 當をこ はがって たまる もの か」 などと けし かけて 居る の は、 確に 作者の 諷刺と 考 へ られ る。 解題 公大 無 多 言 六 七 解題 se 女 意. 許りで ある。 契 情 買 虎 之卷」 安. 農民が か 、る 態度 をと るの も E 沼 時代の 下役の 執政 振りに 依った ので あらう。 侪 進んで, 江戸の 繁昌 記と なって 居る、 日本 橋の 魚 市、 新 川の 酒藏、 上野 飛鳥 山の 花と 轉 じて 居る。 木 文に 「らかん じに 蝶 堂た かく」 と あるの は、 本 所 五つ 目に 在る! K 恩 山 五百大 阿羅漢 fi 寺の 蠑螺 党 を さす、 安永 九 年の 再建で あるから、 際物の 尖端 をき つた 所で ある。 通の 講釋 をす る 態度で はなく、 流行 物の 一 とし 取扱って おる ので ある。 ; とうら、,、 とい 解題 通 仁 枕 言葉 七三 解題 迎;: 枕 言葉 七 四 と、 3 らいさんな 洒落 本 黄表紙の 作者 唐來三 和は此 拳の 十と 三の 數 をと つたので ある。 生花が 流行した 事 を 描 いたの は 際物の 穿ちで あらう、 偖 彼等 息子 株が 嗒 して 居る 遊女お なんの 話、 男 藝者佐 名 太夫の 話、 荥 太夫が 座敷 兌臺を 貰った 話 等 皆 事 實談と 思 はれる、 新聞 雜 誌の 無い 時代に、 か る 花柳 界、 演 藝 界の ゴシップ は 喜ばれた に逮 ひない も、 か、 る 事の 見 閗が廣 く 新し いのは 通人の 一 咨 格と して 作者の 得意と する 所であった らう o 偖轉 じて 舞薹は 山 本の 座 舗と なる が、 四 開が 故意に 居ない 男藝 者の 名 を あげる の も、 深 川 通 ならでは 出来ぬ 所で ある、 四 開 はおた よに 眞劎 の戀 をして 居る、 夫が 久保 井と 云 ふ 客に 出て 居 る 事に 付き 嫉妬と 焦慮 を 感じ、 切れる か 切らす か 最後の 手段に 出 でんと 決心す る 所、 平常 茶ば か. 5 言って 居る 通人の 態度から 一 轉 して、 人 問ら しい 若者の 心に なり 切って 居る ので ある。 r コ レ仙 丁、 深 川拜兒 とい ふ ほん を 持へ よふと おも ふ」 と あるの は、 「富賀 川 拜見」 天明 一 一年 を 同 作者が 發 表した 其 腹案 を宣傳 して 居る ので ある。 き,: 南お 「升 尾の 普請 能く 出來 た」 と ある は、 深川洲 崎に あった 升屋. 木 書 序に 此頃 世上 一 統の札 ES じ 千 五 kn 枚 三 匁で 余 百 雨と は、 海老で 鯛と か 帶で松 魚 を 食った かと 巾. 5 の 闇で 餘り 大規 校の 物で はない。 が 最後の 常 りで• 解題に やん Q 事 だ 七 七. 干: 補助と なる 儘 たれ も な ろく はい と を な にん. , や ひるめしく かへ ころ b にあら や と 高ぶ. o 伴 頭 任せの 投 やりさん ほ う 夜 遊 びが こうじ て 戟鉢 坊主 が 中飯 喰 ひに 歸る頃 目 をき しょく ふるく て. つめい ふ. ;' いし. B の 穴と やら を 知る もの を粹 とやら 通と やらと 言る がその 野 夫 は 身 を 持お ふせ 粹は身 を がんぜん かくの ことく よ ぶ した か. U もつ. U な さや 仁つ と よろい i こレ さきばらい ほ-ひし む 3 や すとの 問 はから 一 がいの 論 成 刀 は 鞘 を 出. ざる を以 尊む 鎧 は祌輿 先拂に 法師 武者 を 見て 初て 鎧た かさ B. U て ひ かくの ごとく かざ や-ひ けんじゅつし でんじゅく でん ほうげん へ いじ る 飾 立 を 知る 如 此 なる あいた 今 は 鎧の 飾り 様 を 劎術師 の傳授 ロ傳と 成る むかし 保 元 平 治より いくさ キーよ もリ に.. 'ひちりき ふき. u て かく その 3 へ し. U ん 隨 て 禮は小 笠 原と 窮屈が り 樂は千 部の 笙祷篥 を 吹 立る を 樂と覺 へ 其 上 を 一 段 や n らげて 紫檀 ほそ さほし. U か. 仁 から む さ、 よ- f を ご かく ことく. つ れら 寶 とす 胸算用で 犬が いなこと を やい 流しに す 世の 人の 奢り も 如, 斯 我等 を はじめ 分限に 應 じて 此 様に 別 莊杯を 建 たと 思 〔るる か 大の不 了簡 先 家 を 建る にも どこ ぞ の 物數奇 な 家 のこ わし を 買 それ ャ い V- ちぞタ さく レ よど• U からす ヮ. U ころ かけ かすか ことば ことし して 後 集に 遣 ひ 仕舞て 衣く の 夜 明 方 あほ ふ 烏の 啼渡 る 頃 影 も幽な 言葉の ゑん を と り て 今年 も かなら す はんこん か V いろ. i んら 5 せ さ おわ こさ f し が 親指の せりふ や、 盃盤 狼藉して 一 一人と もに 入 子 枕の 組合せ も贰 人り 漕 出す 白川夜船 莊子か 小 大 通俗 一騎 夜行 九 大 通俗 一騎 夜行 10 て 3 40, f ふて あと ラら i つ ii そ4 レ ほったん 蝶の 夢なら て 鳥 山 翁 か 筆の 跡 恨 を 世に 傅 ふる を この 草稿の 發 端と は な し ぬ にん がい よる こし と 3 人界に 因る 見越 入道 ほと ふ. U w. 7 むらさ すがた るに 初に ゆるき 出た る ハ大直 子 格子に 紫の 丸ぐ け を 前て 結び 一 座 を 白眼し 其 光, 5 あたかも 姿見の か. f きょ 犖不覉 か 面白 ミが 厚し と號 して 放蕩の 友 は 誠の 朋友に あらや 舉 者ハ舉 者の やうな がよ しと 飽魚 いちぐらく さきこと を しら や li ん. 1- おて かく ながい 兼 平で はない が 娘 こ 、 ろに 思 ふ は 箒 木 か 目立す は 建た きくら い なる ベ し斯茶 やに 長居 をす る ともがら を. も の ほこ ひ よく. e あきな むすめなん ぬの 地藏 娘が もちつ と 太る と 閻浮擅 金より うつくし いと 世話に もなら ぬよ まひ 事 夫 を 商 ふ 娘 何 はな け やつ ぜ 5 はい なさけ V ら それ ぞこ い つ 鼻毛な 奴と 思 C ざらん や 人に なぶらる、 を商賣 として 情 を賣ら やして 人 をたら す 夫に は, した i. ひふ Is ? 1. V な. が -Ml なく 3 た やつ にし かわ ふづ 力. A その. ' つ かち リゃ. ? てくせし き よて 3 も 同し 挽 夢幻 泡 影 の 消る 所?: 電光 石火の 如しと は 有が たき 事なる ベ きを 空即是色 も 五 十餘帖 の じょ ミ ゃぶゾ を.... お じて 水に 避 火よ, 9 生ぜし 土 は 木に 其 疾氣を 奪 ハる夫 ゆ へ に 三百. U つ r- レ 夜更る まて 幻の 光る を こそ 誠に 墓の 火と も 名 付く ベ きか その 下品に 至て は內で 持ら へ ると ゆた. t そ. んじゃ ミ な s き なすび-つ W 'たな 3 けこと ハ. き し 3 い き や- f がい こし ァ 、 ラ閻浮 戀し渠 畧の夕 を 待 夏の 蟬の 春秋 を 知らぬ も 人間 有爲の 業界 ぞか しとて 出た る は 腰よ した な しろこ そで 5 れい ふたり そら を そろ こわ とき ほと はたの くねん ほそ トソ 下の 無き 白 小袖 幽靈 ならめ と貳 人の 者は筌 恐し く 怖 ひ 時の 佛顿ミ そ を かし けれ 件の 女 細く ゑ 大 通 俗 一 K 夜行 二三 大 通俗 一騎 夜行 二 四 こる! ヮれ f し. U れ やなき し ti. かミ ん にやさし き聲 にて こめん なんしと 言ながら 我 を さなき 時よ- 9 聞 はつりた るに 枝垂柳の 下に 髮 み. f こ V てい ちょくと-つ し 玉の 笄 を 置土產 にして 使の 方士は あん けら こん けらと 言 身で 玄宗 皇帝に 勅答な しけり 我 ;• しんし けん と ミ なすい へん ミづ VJr よい. VI ころ 裾 つぎは 千秫 色で 醒 よふが 早 ひと. , - うわ- そ• だん すいれん セ. 7 ば さい レょ いそ-.. 片付る とも 姑の 少ひ所 杯 と 己が 方から: g に T 孝 を セん ころ かた やくそく こし- 3 と を- へ んか させる さんだん 先頃 堅く 約束 は 仕た が あっち は 小舅が 多 ふこざる と變替 へ をな すうちに 仲. i すミ T け しっき たちつ H- し から. ソも ん あらためく かんべん づっ 3 めけ ともあれ 〔若 公 の 御法度の 宗門が 有 ふかと 言專を 改 に來る 勘辨を 知ら や 又 頭痛の する ひゃくまんべん ヮ かいもの よこ はち ま A-il - たち. " いて. 7 せん も ちか ほ あか こ• ころも ふたつつ ほさせ-. なんの こったへ。 を いらに 借す めへ-, "レ へ。 夜盜の 上前。 コ レ權 八よ しゃれ。 つが もね へ。 此酒 やか 此 競の。 吉水是 又の。 ぉ宗 旨 の 高 ffi 日 ねんな がご さったら 格 训念佛 無 問 禪天飚 草履 隱じゃ ァ 有め いし J 居 ごかね いちかへ か し つ はた を- くろぼく いけ はね し あん な C こつ へと つち ゃァ。 市 谷の 河岸 端に 有る 大キ ナ黑 石が。 曾 我の ぎょろう 時ぶ ねが 前へ。 へいった 贫乏祌 かと ほう もね へ狂霄 の 様 だが 伊達が 關 し こハ こ と てつ ほ. じる が 五 人 どり を 仕た やうな もんだ そ。 に 仕て 喰た if! だ ぞ是兑 ろ こちらの 腕に 堀て 有が 女の 首 こちらの 方 は 七 字 御名 號脊中 を 見ろ 七 本 そと わ しゃれこ 3 ベ いつと-つさん れいし をけ へ よく 卒都婆に 天 だぞ つねにう ぬらが 一刀 三禮 仕た とって 御開 張 ハ ならね へ克 おが ミゃァ がれと ど 5 さ ちい もと やつら き つれ ゆ はんと V て V ほ i かつ ほ 霄 うち. と 詠に しさら し を 勿 鉢な くも 頰冠 大 通俗 1 騎 夜行 三 九 大 通俗 一騎 夜行 M 二 かミ ミづ? ぎんなん な まよけな -T な はち この もの ま ど 3 こん ほん になし 髮 は水髮 にかた。 いてう。 おど W つ S3. f さいしょ てら きくす い の 御宇 南都の. fc 豆腐で 酒 を 喰 ひつ まる 所が 揚ゃ のけん ひきと 成る こいつら が: W: 中に 彫りし:. 靈 の 如く 天 ほんに ね あゆい ろ と. ,' キーよ わ,. 9ぇ 語れ ども 是 より 近き 世に 有 化 』 刀 ど. ノぶ あ i くだ ぜ. リ ち ひ, と- J はせ. 9 と 言 所に て 逢 ひしと 5! II ノ. 6 け し たく だ さいと.. ? ふし おげ り. : a も 有 ものと 短 か 夜と 言へ ど 病 ひの 床の 起臥に まじり く と 夜の W る を 大 通俗 一騎 夜行 五三 大 通俗 一騎 夜 ;n 五六 ミ ちヮぴ い たち はな そで か むか ま かって 與 五. f つつ V- い- ti 八 枚 九 枚 トかぞ へ 終りて 我碎し 皿の 數 都合 九 枚と 言ながら また 元 へ くり 返し 九 枚 八 枚 七 枚 ハ枚• あ と よ しょて ャ. 9 しが 夜 も 明 力 に セ. 振レ 劎 て 承 平の 將門亡 フ哀レ 某 其 時 生れ 合な ば 杯 か 彼に 負ん やと 廣ー 一一 一口 吐て 申け る n 大般若 五 かれ ほうこん な らく をち い さ. 41 んゃ 減 爲樂の 鍾の音 もす ミ渡. r, u. , てな も や V f ん. ;! レ. 0- : , f 枚の 數合 たりと 某 力 暇 乞 をせ しハを さら バさ らバ と-一一 一 II もやつ は, C 肌の 緣ぞ かしと 言れ て 一座 めん かん こと ハリ むらさ さ レきぶ よて. ,' か く や. ,' ど,, 'し. 7 じ の 面く 感心し けり 斷 ゃ此 法印ハ 紫 式ァが 五十 余帖 を箐キ にし 源氏 供養の 導師な れバ 宇治 十 帖の皿 を 破りし に 安居院の 法 印に 成佛 させし C 道玴 なること なりけ り 愛 を以 女の 罪の 深き 亊 を考 へて 愼ミ給 ふべ しと 件の 本の 中へ 消失け り 大 通俗 一騎 夜行 五 九 火迎俗 一騎 夜行 六 大 通俗 一 騎 夜行 卷之五 志 水 燕 十 述 ひ- -? - ん. , -; ねん ふ き. 1 の 大キナ 羝へ文 粹花廓 杯と 烏 石 風 を眞 似た 手で 書 ひて 張付ケ 正; g の 床の間に 邋キ花 生ケに S19tj やい ぶん さび ミっ き. ゆ-にん. 7 ,つ,、 わ.. もリ やした 力ら をく- -ゅ ご- f キー. i る 町と 聞 ひたる.. : d 尸の 花. 3 七 一一 一 後 篇 ,ー ;袋 言 化物の 罷出 仁る 雪の 道 安永 九 年 子の 春 東都 書林 五 册 近 刻 お" 卜 寸 花 堂 大 通俗 一 騎 夜行 七 七 七 多 と て わ すい 好 荷 論 序 にい ふ大 n な お 茶 が 茶. そ れ も レ 又 げ あ. ら て お で る に- ゝ ま あ 茶 多 も n 儿 わ におせ り• 人 あがれ n 茶れ 給 へ や 、のち KV6 さ ? き や. 7 茶毀經 け. 茶 も でも あら t く ひき bb 1 お 』ビ. 客 , 人 を 茶。 茶く み 異邦の ii にむ かし れ も )(- なる を や い へ n 茶 わ を 茶ら ぶって つ 茶で。 茶づ 羽 も。 ひなし と 茶ら 人 を バ. 力 す 遊ぶ も う る と 茶 を 山• く さ そ 茶 レ ら す 一一 一一 n u た へ に 答 , 茶 せ い 松• 茶で 茶に にの ミこんだ• 眞の雅 書のお れ ならん 安永 九 子のと し がむ ねへ この 一く わん• し あらぬ 茶の 穴 を• り あてた あなり のい な. くる 羽 ごろ もの こんたん おやに かわって しん ミの 御い けん. あめ をし やぶって さとる ど ふら, ふるに 八 ッの譯 もてる に 十九の ひじの 事 多 荷 論 多 荷 諭 四 多 荷 論 だいく おや か よし 原 も• けさ 松原 やか ど 松に• 朱欒 せんぞ ゅづり はの• 親の 家と くも 打 いれし• おせ わ あめと 身 を やつし• はるく きたる 此 くるわ• ひっこき まぜし 梅 柳• 見とれて 手う つ 宇治の 茶 斗• なん f しま ゐ たけ ぼよ し 原な れバ とて• いかで 祇 おん 島 原に• およぶべき やと 思しに• さる にても たれ あら ふ• 紙 おん-一 名高き 白 じんお せわ• その外な わて• 山吹 はつね 初む かし• きせんお りた かな ど いふ• 酢 や 酒し ほで も いかぬ やつら を• 茶 にして 遊し われな れバ, 此 よし 原 やなん 人 そ• たと へ ふると も投 ると も• 七十 八 條の手 ごと をつ くし• かれら を 茶に してく れんす と• あ ぬ h- キ やく めう りすが た を 股す て S-• 上がた ふうの 客 じたて• する が やが, も. とに いたり• わしゃ 上 かたの た そ ものなる が• 誰 遊して たもらぬ かに, あるじのお, rt とりあ へや, これ C おやす いこと ながら• 松 AO の. MIC そうじまい• その上 茶屋の なら ひに て• おなじ ミ ならねば お 客 C いたさ や• ほ 力 をお た たて のミ なさ, 9 いせ• おいと しさ まと あいさつす• 此 へんと ふに 行 くれて• :ハ 丁の 內を 堅よ こに• i ャ やしろ や ひじ まごつく うちに 早 ひけ 四 ッ• と ある 社の はいでん おしあけ• 一夜 を こ、 に 肱 まくら• まどろま ん とせし お. o から• あまたの 狐火と りる を とびこへ• 内 じんさして はしり 入る• 狐に の. りくる. SV- や. 色 まっくろく 黑 じたて n. 九郞 助い なりと しられたり• とい ふ も 高で うし• 高の はこ もんの 上下た めつ け• 高 をく び ッ つ. 5 て 高 ざに すわる n• 高い なりと ぞミ へ にけ る• 次 〔 にこ. あい 茶 力 へ しの あ 、, 着の 上に• あい ミる 茶のう わぎ を 着し• あいじまの 上下に て• さも あいらし くす c り ける• 茶 うの 上下 茶づ かの 大小• いっちば つ ざ 〔茶の 木の おくがた• 女ながら もい け ふざけた• ろく もん にい やすとお 六い なり• 皆い ろ さとの つうい なり• おさへ つ さいつ こん 九 こん• ていしゅ 九郞叻 一 ざに むかって• さて 此 ころお せわ 風• いづれ もお 引な さった な• わたくし も 又 多 荷 ii 六 ハ くっさめ• 高さ 一 丈ば かりなる。 きょうだいに かけお いて• いやれ もこれ n なになる ぞに• 首 たれて• 三ッ でも しれる あの かヾミ を• しかつべ らしく なぞが けし• 心广 いまた しら 露の• しばらく 時 を うつしけ る• f 3 らお もて おせ お茶で もの ほんた ひなり• 乂 〔けいせい 袠. 大 つうの 一 心 三 その 玄 その 妙 こ 、につく せり• ざしき をた つ てお くにい る• ひげな でながら 茶 木い なり• 吾が あんじ をい わ ふなら• か V- みに むかって うすけし やう• 或 〔爪べ に 口べ にや• せいたいな、 ど M. しん なし• かぎ わ をぬ ぐい ゑり そろへ• ぱ 也• かのこけ めら ハたヾ ちに こる ゆへ• はて n 身 を 打 家 そこな もて fc- ふ• そこ を 茶に して 遊ぶなら• 持 たと て はまり もせ や• ふられた とて はら もた、 や• 只 茶し つか りう そ 半分• そふ じて か.. 千 べん 万化 きわまらす• 大 つういた れバ これ をう つし• や ほに 〔や ほのき, ゝ 八 二 八 111 只け いせい はこつ ちし だい• かね 〔しゅもくの あたり がらの• おしへの なぞと しら やして• 茶の 木 どの、 御 平ぜぃ• こっちが 茶な れバ あっち ハな を 茶、 たと へ うらべ n 茶な りと も• それで 茶の 木 c うらに あり• た, ゝぉ 、やうに 滅を高 く• 此の 高い なりが いふと おり• 高く とまって 遊が 大 つう 〔あいき やう〕 そう 古 问く うぬからで ると みの ごとく• 夜ごとに うつす 客の かげ• こよいの 客に うつり 氣の• 諸 客の 悟 こ 、 にあ. うらの 地 かねの あか V- ね かれら : e f , じ や ろ 力 性の や ほに 力た どる• こ 、 に 茶の きの もやう をい なす C• 女郎 C せう とく やぼに して• 又 各 がか ヾ みのい への- ふた ある 內 n かヾ みあらん と• あさはか• けいせいの ミか 世の 人 も• 少し ハ 實も あらん かと• 只 力ら はこの 世の なか を• そふ 茶 を そしった もので も ごさらぬ• か, おい わかき いつは;; はい 茶く 茶く わん おん• 一 一十 けんの 茶の 香に n• 老も若 も はなげ を ひたし• 一 杯く 又 一 杯• ぢ、 も 手 を だしし やぶる あめ• 大 とのた とへ くさ• 實 にの ませる 茶て さへ も• " のハ r 力り であ 茶で も あがれ C• あんまり 人 を 茶に した 一一 一一 かく 茶に されても おせ わと いわ, o よと• X ; に メ 世に せわす きとい われる やつの• せわに もなら ぬお かづり の• ぁ からせ わやく やつ や• となりの 娘 n ほふが あかい を• 娘き、 つけ 大 におせ わ• お茶で も あが 八 六 おや れ かいつ とふに• 力、 る 茶な 事る ふなせ ハ- 伊せ の 親玉 忝 も• あめの ミ やに 命じて ?:• あめう. 5 めら をな やませよ• 風の ミ やに 令して 〔• おせ ゎ風ぞ はやらせら ると• 聞より 茶 斗 身に こた へ• お ぼ へや ぞっと さむけた ち• くっさめ 一 ッ なすお とに• 祌 〔かきけす 如な り• 茶け いっく B3 らく に ほん らら、 やう• 力の 樂; 大力 日本の ちゑ を- はからん としてき たりし を• すミ よし 顯れ狭 をよ お、 か 〈されした めし も あり• われ あめう りと 身 を やつす も• たん 切ならぬ ちゃ 、ら の. 引の めしたう へ 茶に せんと• 化し ゆへ にくる わの しゅごじん• か、 るた くせんな しつる か• た ヾし义 けいせい 實な きもの ゆ、 ほうらつ を• 改めよ と あるお しへ なる か• 何にもせ ょ畏 しの• おりから 艷く 女の 聲 にて• 一 飄飮。 在,, 陋巷 一。 不, 堪, 其 憂,。 能し く。 サテ 次 を 遣ろう か。 ィャけ ふ 〔。 あと を 遺らずに。 此講釋 をし き この L やう がんし ひん パぅ ぐ て 聞かせ ませう。 此ーッ 章 〔。 顏 子の 貧乏 を 苦になされ ず。 お た のし 、こなされた を。 聖人のお 譽 遊した 處じ や。 ト いふて。 ft 乏を樂 しむと いふで ハ 無 ひ。 貧乏 〔びん ぼ う。 樂 はたの しミ。 貧乏が たのし ミの。 邪魔 させね バ そ れ たい i 七 ブひ ミそゴ け ほど が 樂 しミ。 鲷の味 i" 渍が。 まぐろの 味 喈 漬。 その 程く に樂 しんで 门儿 れバ。 たる 事 をし ると いふ もの。 爱に むだ• - これ i. 是兑 たまえ。 ちんぷんかん C きつる 嫌 だ• 云て 聞か そふ。 論語と いふ 書物に• ィャ こういつ ちゃ ァ 馬の- 耳 に 風た• 碎 てい へバ こふ, た 〔• おのし や• ぉゐ ら?:• ァ レア ノ てんとう なが• モウい くら もが ひても• 錢5: もたせ 九 四 た 5 ぬ• 持つ 時に や ァ;. K 近から• いや だとい つても• 有" がた ひ• 夜の 刚た よふに 氣 がさへ たよ- モ シ H ! C くもん い のん 舉 文と いふ もの 〔• いきまに こしら へた もんだ ね-, 壹ッ はい 飲で• ちっとから 口にし やした 〔庄〕 あに ィ• コリャ ァ いくらが つる だ 〔長〕 二 合さ 〔ffi〕 モウ 五ン合 持って来う 〔長〕 この 口 を かへ 〔庄〕 マ ァま て 飲ンで• ii〕 コリャ 7 のめない• もうち つと ゑ ゝ- の を 持って こう, サァ 先生 な• なん ぞ肴 C ねへ か 〔先〕 娩 かつ ほの あたまが 壹ッ• 〔庄〕 そ ゐ つ せんば にしゃう か• 〔先〕 しゃう にも 眞 木が なし だ 〔庄〕 コ リャ义 あんまり だ• コゥ いふ ひんこう も• また 無 ひもんだ イツ ソ ごふ はら, た。 コ リ ャ こんな もの か 無 ひ 〔庄〕 ソリャ 一. ' ど ふで も• おいらと 逮 つて• 木綿 ものなら 引 キゃも W 來るが• ム ン -ー ャ• コ ゥ しゃし やう, 地主の いせ 屋 n• お ま へ の あ 子 じ や ァ ないか へ• どうぞお i6 へ かりや ハ 出 ちえ ふで il h もぢ ぬし 来な ひか 〔先〕 こ. Q つ-;: 智惠だ• しかし 屋 しきからの• a i 多 佳 餘宇辭 六 多 iiSi 餘 宇. ちょっと いって くれろ 〔庄〕 お まへ おりよ ヲ折 助に する のか 〔先〕 そ うせに ゃァ U はじまらない, 〔庄〕 大 のへん とこた が,. はじめて 壹ッ 木き めて 兑 たが• m ハ無ひ はやくい けよ 〔長〕 それでも 今の 人が 酒の 錢を 〔先〕 酒 を もって 來 やと ゑ、 よ• か へ れく 〔長〕 女郞 かい だね• 〔先〕 地ぬ しの 若 ひものに• かなら やい ふなよ• 〔長〕 口 ふさぎに• よん どころ なき 御 無心• 出入 やしきより 俄に かう しゃくの 義申 まるり• やむ 事 を 得 や 〔手代〕 ィャ もう• おやす ゐ御 何ン時 によら や• おさしつ かへ のせつ 〔 〔先〕 近 ころ• ィ ャ 拙者 も舊躐 甚 の 不仕ま ねんれい と S つと こ V ろ やす ゑん リょ い• よって 年 tii- も• 今もって 勤め ませぬ• 御 心 易 さの ま、 〔手代〕 ィャ モウ 御 遠慮なく• お-せ ざ や. 左様なら 御い とま 〔先〕 千万• なほ よくいき やした の 〔先〕 此 ひやう しから 口が 直ろう• 〔庄〕 お まへ ソ レ さんばら びんた• どお い あぶら へに でも 結って あぎ やう 〔先〕 そんなら たばねて くりや• ソレ油• 八 文 九 八 九九 が 胡麻の あぶら かってと ぼした 〔庄〕 テ モひ どひ もんだ ね, 扨 生 SR の髮 すきだ• モ シ 3 冬华も 开 もじ 付に• シケ とい ふ 題に• 鍵 を ほどきと n よくした ねュ 〔先〕 かわり 錢とハ 能 4 案じた 〔庄〕 サ ァ きんく もんだ 〔先〕. 是も 新しく ゑ、 のさ• きゃんと この 述に 舉. i"-. - か ァ落 つかぬ• 〔庄〕 ュ 、きつる かんしゃく だ• 當か 有り だ• マ ァ もっと あゆび ない• いさら ご臺へ 行く と• くと いて 贰百 かりる 氣だ 〔先〕 そり ゃァ あんまり だ• まだ 年禮 にも 行く ま いし• 寺の 錢で 女郎 買と n 〔iH〕 論語よ ミの 論語 しらすと やら ァ ぬしの こった• 坊主が もって もって 居ても• 女郎 を 買 ふ錢だ• 贰百を かりてく るから• お まへ 行て• 石檎の 天道 ぼしに• 〔先〕. ト ウダ 姉- かわる 事 もね へ か 〔女〕 久しくお 见 へ なさん ね へ 子 〔先〕 にぎ やか 歟 どうた• 〔女〕 十五 n 前 C どうで も 淋し ひの さ 〔先〕 女郎お も ふけいき だから• 松のう ほし. 宿へ もどり だ• めしやし ないか 〔先〕 お. o ょヲバ• むごく ひんこうに 見 立た な• 乘れ n 江戶 から• 乘 つて 来ら ァ• 見へ ぼうにば かり 乘る 客に• ソ シ テ 朝から 來 るか• ナ 一一 サぉ まへ• 先生さん• 3 茶の 錢を 置て くりや 〔庄〕 おめへ 茶の 錢も 持って 來 ねへ か に 人 〔庄〕 ,- 、壹文 も 無 ひ• 大錢覺 本 半の 所へ 小 錢で贰 ff: と C 勤 遣る 時に 形, I 00 わる ほ 3 い セ. f が惡ひ• 二本棒に して 行く と• 大キ にかつ こうが ゑ、 に• 愛へ 來 るに とこへ 行く もんだ• 手め へ舂に 成って くめん か ゑ、 な 〔庄〕 ゑ、 事 n ちっとも 無 ひ• あんまり. たからく さ ft ォ こんや ヱつ がい れ拔に 今夜 初 買よ• それに 聞 t くりや• ぬし や 新道の• じしゃ さんよ• なんと どう だ• こうま がくしゃ つきあい -ま す- -ー つれ ん だろう が• 〔松〕 ソリャ 7 とんだ 述:; ,: な 〔庄〕 モ シ 先生 ともだち さん• コ リ ャ 7 わつ ちが 友 逢で ござへ す• 名 は 松と 云 ひやす• 近付に なって 遣りなん せ 〔先〕 じ やう ふだん 湯屋し ゃァ 見かける 〔松〕 アイ 心 やすくして くんなん せ 〔庄〕 ィャ 松ぼう 手前 爱 つとめ 4" に らに 近付 ハ 無へ か 〔松〕 勤ても たらない か• がん 首 錢が壹 文ない• 赛に 成て ふま とい ふ もの ァ乎 前より ャ ひどい よ• 〔庄〕 まぜ 手 まへ もい き 過る もんだ• 勤の たらない じ や 無 ひ• 二人前の 勤 を• 此小錢 を 取 か へ た ひから• 〔松〕 ち へ の 無 ひもんだ• なり ヲ 能くして や ろう• 下ケ錢 とい ふ 面 じ ゃァ係 手前 n さへ ない 〔庄〕 ナ ン デ モ 先生 様ン, おめへの 氣に むいた 所へ 上. おしまいな さんせ. お ひ U 〔先〕 マ ァ 下に 居ない か 〔松〕 やたいぼねお - 、が 〔庄〕 玉ァ くそ だ 〔先〕 今 ン夜も 物 m だから 〔若〕 ァ 、 ぉ恶 ふご ざり ます• も あな た• お 腿の もの 〔先〕 それ 1 〔松〕 " レ小 ぞぅ爱 へ來ぅ 〔子 共〕 何ンて あり ィ ス 〔松〕 ァゃ もち 衆が 冇 るか 〔子〕 ござり ィす 〔 〔松〕 いくたり 有る 〔子〕 ふたり ご. 〔庄〕 此酒 c おら ものめ ない• い ふ 〔松〕 ,701 あふくの 中に こ, なさん の 〔庄〕 物知りの 口の 仕う ち を ロロロロロ 閒て やろう ひつ 〔縫〕 お ま へ あちらへ 口なん し 〔先〕 わつ ちかね 勝手 さ 〔縫〕 H 、 モウ 勝手が わる ふ有ィ 多 佳 餘宇辭 一 五 多 佧 餘宇辭 一 六 すよ• ひ U ぱ Hi 乂け モ シ あがりい し 〔先〕 X 、 しんぞう くさ ひ 多 葉 こだ• 二く だな 〔縫〕 くひり なんすな• わつ ち だとい つて 〔先〕 閉口く 〔縫〕 お i6 へ 先生さん とい ふが 名 かへ 〔先〕 アイ 名 さ 〔縫〕 よう 人 をて うしなん す• ァ ノ 先生と やらい ふ. 名ハ, ァダ名 アミる やうな, もん じゃァ ねへ か, -, ほんの 名 C 何ンと 云ィ すへ• 〔先〕. やつば, o 先生 さ 〔縫〕 おきなん せ 馬鹿ら しい 〔里〕 モ シ ねなん した かへ 〔松〕 ナ -ー寐 る もんだ• てめ へ つ 大 めし 喰ら ひだ そふ だ• 〔sn なせ• なんで そふ 云 ねんす 〔松〕 あちらの 女郞衆 〔• さっきから 來て• むつ 事の 最 中 だ 野郞 か安ィ とお もって• 八 i 'まて 引キ やった か• 但し n ァ ノ 子より• めしの 五六ば る も, せ く やしょく レ うに• 知って 居 ねんす か• すべた 客に• 取 あた, e- なんした 時?:• さぞい や だろ ラね 〔里〕 ど ふかしり ィせ ねへ• たは やかろう 〔庄〕 2 、 そ ゥ兩 方で• いきち よん を云ィ のめさ ァ• からびん ぞ ろから• チ ッ ト起て• ソ リ ャァ おれ をよ くい ふの か• わるくい ふの か 〔鏠〕 ヲャ すかない• キ やくしゅ 一一 一一" ばつ か, リ云ィ ねんす• おのしれ ない 〔ffi〕 ぬいさん• あらが 客 衆 s とほう も 無ィ• - ゾ 一な ホン 一一な ァ• あした また• へんじば かりせ やと: 來ゃナ• 目の よる 所へ 玉が よると• たらけ な てんきが• 雪になる と 〔• ホ ン 一一 あきれ 力 禮に來 る 仕 だ 〔松〕 あんまりで• おかしくな つたよ• 宵に 先生な の• 茶 ふっかけ なぞと いふ やつが よ つぼと なお かし ミで 有った が• 今ン夜 また• 雪と 出て 來る 場な ど 〔• コゥ いふ ひやう しも 允 ひ もんだ• ひらん ぐ わい• 屁の 中う ちとい ふ 世ず だ• 〔先〕 天 ヮれを くるしむ るの だ• 〔鏠〕 S! 此まに 引ッ. さかれ , ねいめ C ど ふしゃ ァ かるの だ• ナンダお もしろ おかしく• コケか 追 目 を 迫 ふやう に• モ ゥ七ッ だ• 卺チ度• ョ ウイ しめてに ならし やん しょ 〔庄〕 おもしろく 無 ひ• しゃれるな ィ 〔先〕 コ レ庄 ぼう• 手め へ たち でも 無い• 夜が ふけた• おとなし くも 無• 〔芘〕 いかにお めへ 達が• おさへ だとい つて• たつ た ひとり 出 ものに• しばって た、 かれた• おれ ヲ. 見 ころしに lm すの かへ• せづ こます と 聞なん し• 立 引 も 横 引 も• しらん 子で も ござへ し ね M, おりが わるけ. 〔縫〕 お まへ もしん ぼうよ わ ひ• 何ン Q こったな• 〔庄〕 ム 、それよ• しんぼうが 間ィて• 子ども ハ モ ゥミん な 寐ん したわな, 〔庄〕 廻し かた 呼んで くんね, -• ナ ンダ 呼バれ ない• おそ ひとい つてよ 〔求〕 っゐぞ つれし S- めへ ねへの う• コ レぉ まへ も• 初會 だに よ• をかパ しょ あきれへ すに, - 〔庄〕 ソ ノ述が 有る から• なを さわく のだェ 引• 四 里 四方の 岡 場坷を• 十七の こ oy レまで こ OS ま , としから 此年迄• !! "1:5 ば S 〔松〕 庄 ぼう ゑ、 くら ひに 寐 ないか• 手前に 女郎 揚られ たび、. お れも 先生さん も• 〔松〕 まだ あんまり 年 ひ• ヨウ 咹 をい ふもん だ• 〔先〕 マァ ちっとね て, 氣を 休ミゃ• 時に 雪 〔どう だ• 〔松〕 モ シ ァ ノ舟 まぐろ n ま、 だが• 居 やく ま りと 云 ふ の だ, 1 、 てへ へへ si だん 〔松〕 ぬぎ やとで も 出さ ァ- それ もこれ もァ ノ やろうが,、 太平 をぶ ちあげた から 相談が• マ ァ おれが 女郞を• 壹ッ當 つ てミ やう 〔松〕 わつ ち も壹ッ 遣ッて 見やう• 〔先〕. ト ゥ歸ら れる もんだ• 大雪よ• そこで 手 前に• 壹 ッ そうだんが あら ァ• ,一 、. 能くね る 女郞だ• ねむた,、 ッてな りィ しね M• ねかして おくん なんせ• 、ゴゥ 〔松〕 "レ くちつ と 起ね へ• ゆめ r トけ もな そうたんた• コレ目 を さまして くんな• 〔里〕 フゥ おもしろい 梦を 見て 居た もの を• トウ モ咄 し惡ぃ• ナ-ー こふ だ 〔• この 雪で 三人ながら 歸られ ね 2 とい ふやつ よ 〔里〕 そんなら 居なん せな 〔松〕 サァ その 居績 のれい む むしん ウか い.. の つ. f こくが• 三人ながら 無 だから• どふぞ 無心た が• 若者に 通く つして• ぉゐ らが雜 もつ をた のん で• くめんと いふ やつ• おがむ 働 て くれない か S ソリャ ァ へんだ ね• ソン ナ事 ?;• 出來ィ せね へ• 笠 ももた ねラ」 じきた• 初會 から 質 を 置て• 居 繽 しなんした 所が• おもしろく. と うらく もんだ とやら いって• そこ をと る 女 郞衆も• マァ けさ ァ とうしても• 歸 りなん すがよ かろうと• わつ ちゃ 7 おも ひ やすよ 〔松〕 、むだ ァ いふ 女郞だ• 歸り てへ• 首 ッた けだが• 爱 のうち を 出る• 〔里〕 サ しち T その 所 わつ ちがい ふやう にしなん せ• 〔松〕 どうす る 〔単;〕 此 下の 向 ふが わにね• うへ 田屋 とい ふ• 茶屋が 有る から• そこの かミ さん へ わつ ちが• 遣る から• お ま へ の なじ ミの 茶屋の つらに• 爱 をば 云 ヅ て• 傘 はき 物で• 若ィ 衆に おくられて• 行なん して• なじ ミの つらに• 立に して• この 雪に— られる もんか, ァ 、 一夜 やっと あかした• 惡ぞ ろいだ 〔松〕 ァ ノ向 ふの 上 m 屋 まで• 傘と 下駄 かして くれろ• うならね バなら す 玉 菊 こ こんせいろ V はなしの. , d からし た キ. o たり 我 正德五 乙 未 七月 此世を 去 リ てより 今 ン安 永. お茶で も あがれと 無 多 言 を。 咄 た!:: 酒嘔。 とる て 方角 生醉 の。 ねから 分ち も 無 智惠の 底 を 震って 有った け 書 つらねた るふと 印。 ぢ だんだ 踏ても いかぬ 事。 よしに 品 川 釣合ず。 寳 船に 葛 西 船。 くさい 物 身 しらずに。 遠慮 會 釋 もなら 圑扇 ほね 折 損した 其 果〔。 紙屑籠に 埋て。 喰 ふやく わずに 浪人の。 小うた ひ ならぬ こぢ つけ か 若ゃ當 ろと 推量で。 百兩 富の 第一 番。 取た ひやろ と舞納 ひとり 騷 ぐと ホ i 、敬 序ス 根抦異 軒之傳 1 根柄異 軒之傳 をに ふく ひかへ 鬼 外 福 〔內 へと さらい 込。 一夜 明く れハ氣 ものび くと。 养を迎 し 松 かざり。 !: 合力 街. iij ります 铜 K: なら 徇. かしこお めに, 一. 是 さへ いた、 きま すれば 最早 御 傳授申 まし やう- へ ン. 其 仕 懸。 てに はこ まかに あけて かそへ かたし。 手が さハ り 足が あたり 夫 が ゑに しの 端と なる。 是等ハ 一休 上出来に て 相 ぼれ の大ぎ まり。 又ハ 金の 光の なす 所傳授 へちま も 入らす して。 自然と やら かす 仕 打 也。 ロ傳に 曰く 窈窕タ ル娘を 見て 手に入ん と 欲る 時 〔。 必先 衣紋 姿 を 作り。 あじに いろ 目 をして。 愔ー はいう ぬ惚 をな す。 而 后き やつ 蒙 合 r すん ばぶ らくと 跡に 引下り き やつが 內へ歸 る 迄 付ケて 行。 落 付 所 をと つくりと 見 屈。 親の 名 迄 を 聞 出し。 そこで 一 思案。 工夫しても 付ケ 込手懸 一 向な くん バ。 用 もない のに 其 門前 を 度 S 通り。 家来 杯 を あやなし。 近付に 成って 鼻藥を かい。 委細の 事 を 呑 込セ。 娘の 親 杯 か 堀の 內か 新田 叉 C 目黑。 何れへ 成と も 遊山が てら 行裒を 前日に 聞 出し。 我 も 同し く 出立て。 あとに なり 先にな. o する 內。 Fil 道述 になる。 所で 而 白く 色く 咄を しかけ 放蕩 者と 见 へぬ 様に。 そしてい 力に も 柔和に 見セ かけ。 ぐっと 下から いんぎんに 何 かお ふり 合 をむ しゃう に 云。 氣 に入樣 に輙譎 L。 先から も是 ハ 近 比 忝し 其內 ぉ尋 巾で 御 厘ろ ふ。 お IT の 節 一一 は へ もと。 愛 相に いふ 所 を 3 すぐに 付 込 M し。 義理に か、 つて 引れ も セゃ何 日と 直に 約束 極る。 彌 急度詞 をつ がへ。 其 日に ならば。 一 一度 も 三度 も 湯に 這 入氣根 かぎり 情 力 ぎり。 忍 ふ i に麟 "上、 - まも 御 勝手次第。 あの 恰好。 衣服の ェ風。 腰の物の 掊。 はな 紙袋" 4st ど "らん ぞ 3 さわ 紙お。 きセ る。 たは こ 入。 足袋 草り。 其 外 種く のさる 引 通 具 C 一 際 目立 思 ひ 付。 夫 を 仕 立る 余な くば。 損料で かりる とも。 友達の 皮 をき てな りと もお 差 阖申迄 もな く。 御 如 在 C よも 有 まじ。 いきち よんに 彼內へ 通り。 余り いやらしく 氣 色取"。 ま おく あいさつ た 扇子ば ちく 却て 惡し。 少も億 セす打 さばけ。 挨拶に 間ぬ けなく。 笑 交" に 面白く。 脇から す -A I 聞ても さへ た 樣に。 たと へば しらぬ 事 にても。 亭主 カ暂バ いやと いわや 夫ハ よかろ ふと 力なん とか 言。 習ながら も 間 を。 扨ァ ノ かさり 物 は。 敏見 世三ッ 日のう ちごされ どゲ宵 見いで ハ。 このけ しきが こざらぬ。 また 今宵 七ッ 過から。 積ものと いふて。 しかしき やつ も 通人。 大方 新道の れいこくに。 待って 居る で ござろう。 〔辨〕 ァ ノ定七 ご ふく や こ. -ろ やす とやら 申 男ハ。 屋敷の 婚禮用 を。 わしが 世話で。 言 ィ付ケ させました。 まへ どから 飮 友達。 當世 n 僧俗と も、」 抹香く さ ひ V はかりで ハゅ かぬ。 慮外ながら 御異兄 〔辨〕 有が た ひ 御し めし。 お お お? 〔好〕 目 出た ふ 今年 も か C らゃ來 ました と S へ P コレ ハ,。 好 さ i6。 相 か 〔らゃ ありがた ふご ざり ます。 お 連 さ あそ パ さき 、 ,• せんこく まお 上がり 遊し ませ: 定さ まも 先 ほどから。 おはぐれ 申て 先刻から。 1 五 1 E I まちに まって おりました。 サァ くま づ 二階へ。 ィャ 心ば か. 〔女房〕 有が た ふご ざり ます。 に 7. 〔好〕 ィャ モラら み n もつ さ に し V ちが てら じ S ゐん だんよ V ミち と を とも。 定州 など、 違って。 今の 寺へ 入院して から。 旦用 はしげ し。 道 n 遠し。 つるい な 9 たさ i6c。 〔好〕 最前から。 お 引 八;: せ 巾 さ ふと ぞんじた が。 途中の 事 ゆへ。 コ リ ャ わしが 法 類 也。 にく ゑん だいふん じん おしや. つ この あいた ふ• 一 ッ 鉢 分身の 和尙。 此問當 地へ 初出つ あたまの まるひ。 下りで ござる。 ちょっと。 〔好〕 智辨 主。 おさしなさい。 〔定〕 ハ テ埼も 無 ひ。 是まで C 右の せりふ。 是 から 〔辨 さま ソ ゥ出 なされて は。 モ ゥ とんと はじまり ませぬ。 〔長〕 サァ おひと つ。 1 お】 長 八 どん 綱 さま c 只今つ 瀧藏な ンハも そっとせ ねバ。 跡が きか れ ぬと 〔長〕 ソリャ ァ へんた の 〔定〕 よしく 綱な ンさ へまめ なら 能 ひぞ。 〔好〕 デ きさま。 久し ふハ 遊バれ まい。 〔定〕 是ハ またい かに わたしが 店 ものし やて、。 今夜 ハ お まへ さま を 干瓢に して。 見 世の 首尾 ハ 〔好〕 それで 安堵く。 口 n 憎 ひが 面 n 美し ひぞ 〔綱〕 おきや ァが れ。 富吉 と 申ます。 おた のん 申 やす。 〔長〕 サァ ぉ盃を 〔辨〕 壹ッ 上ケゃ しゃう。 ヲ ト、、 、 〔定〕 是くど ふで ござります。 〔好〕 道く も說 ひた 談義。 何ンと 聞か れた。 色 酒 c のまね バ すまぬ。 ァ、 埒も無 ひ。 〔辨〕 デモ 私 n 無調法。 〔好〕 ム 、味方 見ぐ るし ひ: 〔定〕 サァ御 吸 I もの。 〔好〕 コ と. 魚で は 無 ひかよ。 〔長〕 まつ 茸で ござります。 〔好〕 コゥ 老眼で n。 ィャ此 瀧 あと かほよ おつむ. f- fcs "滅が 跡つ ど ふす る。 顔見せの 夜の 追 かけ 迎ひ。 〔長〕 ホ ン 一一 ど ふす る ノウ。 おはつ どん。 瀧 さ んの跡 n。 〔はつ〕 今 父 聞に やり ィ した。 モシ, - 三味 せんの 常藏 さまが 今 見 世へ。 〔好〕 來て 居る か 呼く-。 〔はつ〕 常藏 さん。 好な ンが お出なん せと。 〔常 鈸〕 ャ レぉ 久し や 好 さま C 5 げん なつ ? 御機嫌よ ふ 〔好〕 夏 あ ふた ま、 じ や。 壹ッ さし ましよ。 〔常〕 定 さまお めづ らしう 〔定〕 久し ふ うけ 給ハ ひき yfc あと 承 らぬ。 お 彈語リ を 〔長〕 瀧 さまの 跡 をう けました。 〔好〕 ゾ レ御 ほうび 〔長〕 有が た ふご ざ ります。 -ト ウダ 瀧ぼう。 〔瀧 藏〕 是 〔またお 久しぶ. かほ さナ 〔定〕 きつ ゐ くそ もったいつ 〔瀧〕 顔見せ だけ さ。 〔定〕 ム、 酒く さ ひそつ ちへ よれ。 〔綱〕 好 さ まわしが 所の 下リ さん。 呼んで くだんせ。 〔好〕 マ ァ よしに もいた しゃしよ。 〔綱〕 ム 、久し ひ こねつ- しわ 身 だ。 ゆづる 子 も 有 まひに。 大 こくが ひり 出した 子 鼠 を。 する ぶん I 五 四 1 W 五 Jji よさ ワカし• J んぐ 御所 持 さ。 ちと 禁句で ごさり ます ぞへ。 〔綱〕 めに, るく C おれが 呼に やる ぞ 坊主。 〔長〕 御 ふたり さまのお 迎ひ。 〔好〕 ひどい c く。 つめ m いかに かほみ せで も。 三人と もに 詰 じ やそれ をき く 事 か。 〔長〕 あやまりました。 〔瀧〕 好 さ まァ. '夜が 更 てすきに なったら。 かざり 物ミ せに 御 出なん せ や。 〔好〕 あきれても のがい われぬ。 〔長〕 汐時も 丁 どよ し 町。 〔好〕 こいつ ま で はん あそ こ- でが 同し 榇に。 〔定〕 是 n ヮ たくし もお ねが ひ。 おかげて 私 も 出番 このかたの はれ 遊び。 〔好〕 扨く 是ハ。 むご ひ 目に 逢 ふ 事 かな。 ヮし n とも 有れ 智辨和 尙 n。 はしめ ての 若衆 遊び。 〔定〕 ハ ァテ あなた 〔や は. お遊び。 お 逢 方 も 下 9 さ まの 事な れバ。 まだいと けなき ホンぐ の 色 子。 〔綱〕 Qf〕 そんなら わしら c 鬼 色 子と いふの か へ 引" 〔定〕 あんまり 遠 ひ n 有る まひ わへ。 〔長〕 ィ ョ丸屋 〔好〕 ァ 、附 合と やら 〔せつない も んじ や。 我 おもしろの 人 かしまし やじ や。 そのい 、わけつ-。 , 〔好〕 そんなら どこへ 行く。 やぐら か 裾つ ぎ か。 中 贰朱も 今 n 無そう だ 〔長〕 是 c またき つい 目ぜ、 り 〔好〕 せめて 小 花 たけを かす とて• ゆく fc- き しゃ. つめん る氣だ 〔定〕 き やうと ひもん じ や 〔好〕 迚も 行なら。 ちっとも はやく 〔定〕 四ッ 明の 正面へ。 義理 詰に 逢 ふて 此 しだら。 形ば か. 常藏 もお 伽に 殘 すつ 太夫 呼んで 能 かろ ふやう に。 常ぼう おた のミ申 〔常〕 かし こまりました。 ハに な。 〔女房 3 さやうなら 御 よふ。 おは 5 ほ S 〔き ヲ ィ たのん ます。 八 や 川吉を こしら へろ 【ゆ S アイ ごめんな さんせ。 おいお::" ん 〔淸〕 モ シ (.。 あぶな ふご ざへ す" 〔定〕 せう ちく。 もュ 、ころな きげん 〔綱〕 きゃく だけの よし さむ ミじ や。 -ト レ わしが 手 を 引て やろ。 W が f の;; 〔瀧〕 ァ 、また 川 n 寒 ひな ァ 〔淸〕 八よ 兩 ほうの 戶 c よく 立ッ たか 〔八〕 立 やした 〔定〕 - トレ その だんご。 はヾ かりながら。 〔長〕 わたしが いたし やす。 〔定〕 、それ あ ふな ひ。 蠟 そくが ころんだ。 〔長〕 ヲ ッ ト どこい なつ ヲ ッ ト よしな つ ころん て c すまぬ。 はおり かぶ だ。 〔定〕 能くい ふもん だの。 〔長〕 何 さ 涌く が 如し さ: 〔好〕 明りの 悪ひ蠟 そく だつ 〔女 ほう〕 ハ ィ御 きげんよ ふ。 〔定〕 人 かたのお 望の 所へ- 土橋の 稻川屋 へ。 〔淸〕 モウ 乘 切で ござり やすつ 〔瀧〕 猪 牙と 違って ごお そ ひ 事 じ や。 〔長〕 デモき っゐ せつこみ 气 〔定〕 今少しく。 1 鬭ゃ I ヲ , ィ 息子さん C とほう もな く 寒ひノ ゥ 〔好〕 サ ァ,, 、上がれつ り、 〔好〕 ァ イタく o 〔定〕 ど ふなされ ま 太夫 S• 5 r. 〔好〕 道に 木の 根が ffi ッ有。 〔i6 つ〕 さぞお 装かった で。 ござ ィ しつろ 〔好〕 ャ レく ふる ひあがった ぞ。 〔まつ〕 綱さん きつる もんだ ね-。 〔綱〕 まわ, り あしく 〔瀧〕 ミた くし も 御 同前。 ぽぉ?ま!. : は,? 〔まき〕 綱さん 夕ァっ きつる ほしよ ふだの。 〔くら〕 云 合て むご ひしゃう さ。 〔好〕 とんだ 事ッた 〔定〕 ふた. ? ながら 身 をう ちなん しょ ぞへ。 〔まつ〕 モ ゥ今 おいでなん す。 〔好〕 ィ ヤコ レア ノ長. 廻し n 〔定〕 まつ もと や 〔淸〕 かしこまりました。 〔きょ〕 おき ミさ おって さま 只今。 〔奵〕 四ッ 明の 只今 C 氣が v-千 ち パ 無ィ す。 〔まつ〕 そんな 事お つ せんすな。 お 子ぶ り n 受 合さ。 〔くら〕 おき ミ さんが 來ち ゃァ よ。 〔まき〕 何 かま ふもん だ ノウ。 綱さん。 〔綱〕 しれし 事 さ。 〔好〕 京く だり のおつ かと やら ?: ど ふだ。 〔まつ〕 - 、子 さ。 能く 出なん す。 U し 〔き ミ〕 〔つて〕 どなた も 能 ふ 剁 出なん し 芳 深交 話 一え 芳 深交 話 1 o た。 〔き ミ〕 綱さん 此間 C 〔綱〕 御 慮外 申 やした。 〔き ミ〕 おた が ひさ 〔まつ〕 サァぉ 壹ッ としゃく ; D 〔好〕 まづ 先生から 〔定〕 まづぉ まへから。 しからば 年 役。 ァ 、氣 のどく やお ふた, 9 な 力ら。 きゃく ら V,? べんけい おれに さ、 る、 ハ さぞ つらから ふ。 色 子 ふたりに。 色男 壹 人と いふ 客 づら へ。 老耄 した 辨慶と いふき やくがら。 服 をね ぶって さして やろう。 〔綱〕 きつ ゐ あやまり やう さ。 〔つて〕 あなた へ 上ケ, - しょ。 〔き ミ〕 お前 あげ-しょ。 〔長〕 ちょっと 〔き ミ〕 ァ レサ わつ ちゃ ァ。 たべ "しね M もの を。 〔好〕 久しい もんだ おあい 〔まつ〕 おきよ どんお てうし 〔長〕 かわりめ を も ふお 壹ッ 〔好〕 2 、何ン のこった。 酒ば つか り, ひ ゐ きをす らァ。 〔き ミ〕 綱 さまお まへ n よ 〔綱〕 その はなし ハ やっとお ながし。 〔好〕 月が 切た か 〔まき〕 こっち も譯が 有る のさ 〔き ミ〕 有リ そうな もん さ 〔好〕 か c りめ を 御ろう じろ 〔まつ〕 マ ァ是 をお 吸なん して 〔好〕 松 本屋が 淋し ひ。 こゐっ を豐ッ 〔淸〕 わつ ちゃ ァ。 ねっから たべ H しね 〔定〕 おふくろが 若 ひから か 〔淸〕 うさ ァ ねへの さ 〔まつ〕 ム 、お まへ 呑なん だのう。 〔淸〕 よそくし い 〔まつ〕 アイぬ しゃ ァ のまぬ か n り あびなん す。

次の

Full text of Zengaku

ぜんいつ しもの

youtube. foredooming. foredooming. youtube. youtube. youtube. 【キャラクター】一覧 竈門 炭治郎 かまど たんじろう CV:花江夏樹 竈門 禰豆子 かまど ねずこ CV:鬼頭明里 我妻 善逸 あがつま ぜんいつ CV:下野紘 嘴平 伊之助 はしびら いのすけ CV:松岡禎丞 栗花落 カナヲ つゆり かなお CV:上田麗奈 不死川 玄弥 しなずがわ げんや CV:岡本信彦 冨岡 義勇 とみおか ぎゆう CV:櫻井孝宏 水柱 水の呼吸 煉獄 杏寿郎 れんごく きょうじゅろう CV:日野聡 炎柱 炎の呼吸 宇髄 天元 うずい てんげん CV:小西克幸 音柱 音の呼吸 時透 無一郎 ときとう むいちろう CV:河西健吾 霞柱 霞の呼吸 胡蝶 しのぶ こちょう しのぶ CV:早見沙織 蟲柱 虫柱 蟲の呼吸 虫の呼吸 伊黒 小芭内 いぐろ おばない CV:鈴村健一 蛇柱 蛇の呼吸 甘霞寺 蜜璃 かんろじ みつり CV:花澤香菜 恋柱 恋の呼吸 悲鳴嶼 行冥 ひめじま ぎょうめい CV:杉田智和 岩柱 岩の呼吸 不死川 実弥 しなずが わさねみ CV:関智一 風柱 風の呼吸 鬼舞辻 無惨 きぶつじ むざん CV:関俊彦 産屋敷 耀哉 うぶやしき... tsutomu kubokura. tom gmail. com Administrator Anime Movies.

次の

Full text of Zengaku

ぜんいつ しもの

「炭治郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから……」 3巻25話 …善逸。 なんだお前。 」 「一つのことを極めろ」 4巻34話 「でもさぁ できなかったことできるようになるの嬉しいよね 炭治郎は俺をずっと励ましてくれたよ いいお兄ちゃんだねぇ禰豆子ちゃん」 6巻51話 「どんな強そうな人だって苦しいことや悲しいことがあるんだよな だけどず————っと蹲ってたって仕方ないから 傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる」 8巻67話 「獪岳 鬼になったお前を 俺はもう兄弟子とは思わない」 17巻143話 「俺がカスならアンタはクズだ 壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」 17巻144話 「どんな時もアンタからは不満の音がしてた 心の中の幸せを入れる箱に穴が開いてるんだ どんどん幸せが零れていく その穴に早く気づいて塞がなきゃ 満たされることはない」 17巻145話 「俺はもうすぐ死ぬ!! 次の仕事でだ!! 俺はなもの凄く弱いんだぜ 舐めるなよ」 3巻20話 【 】 炭治郎足とアバラ治ってなかったんかワレェ!! ただ、炭治郎が善逸に言いかけた言葉が気になる お前は…駄目だ!!という半端無いダメ出しみたいになってて草 鼓の鬼、強そうだけど炭治郎には目もくれないのは何故? — カンタリス@愛犬ベルちゃん cantharis00 「何折ってんだよ 骨折るんじゃないよ骨 折れてる炭治郎じゃ俺を守りきれないぜ ししし死んでしまうぞ」 「ヒャッ どうすんだ どうすんだ 死ぬよこれ 死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ ヒィ——————ッ」 「骨折してるなんて酷い あんまりだぞ 死んだよ俺!! 九分九厘死んだ」 3巻21話 「合図合図合図合図をしてくれよ 話しかけるなら 急にこないでくれよ 心臓が口からまろび出る所だった」 「もしそうなっていたらまさしくお前は人殺しだったぞ!! わかるか!? 」 3巻22話 「お前のような奴は粛清だよ即粛清!! 」 3巻27話 「夢であってくれたなら 俺頑張るから 起きた時禰豆子ちゃんの膝枕だったりしたらもうすごい頑張る」 「畑を耕します 一反でも二反でも耕して見せる!! 」 4巻32話 「でもさァ 俺だって精一杯頑張ってるよ!! なのに最期 髪ずる抜けで化け物になんの!? 嘘でしょ!? 嘘すぎじゃない!? 名言がいくつも生まれた。 — まめさん kuroimame3 「俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ」 6巻49話 「見返してやるあの男…!! アタイ絶対吉原一の花魁になる!! 」 9巻72話 「どうしたの禰豆子ちゃん喋ってるじゃない! 俺のため? 俺のためかな? 俺のために頑張ったんだね! とても嬉しいよ俺たちついに結婚かな!? 」 15巻128話 「月明かりの下の禰豆子ちゃんも素敵だったけど太陽の下の禰豆子ちゃんもたまらなく素敵だよ素晴らしいよ! 結婚したら毎日寿司とうなぎ食べさせてあげるから安心して嫁いでおいで!! 」 15巻128話 「あ…あったけぇ!! 岩ってこんなにあったけぇんだ…!! お袋の腕の中に抱かれているようだ……」 16巻134話 「バカかお前はコンニチハ頭大丈夫デスカ!! 」 16巻134話 善逸の名言・迷言まとめ 善逸の名言・迷言をまとめてみましたが、やはり迷言の方が多かったですね。 本当はもっとセリフがあったのですが、今回は厳選ということで印象に強く残るものを中心にまとめていきました! アニメは6巻ぐらいの部分しか放送されていないので、それ以降のセリフにまた声が吹き込まれるのはとても楽しみですね 笑.

次の