つらのかわがあつい 同義語。 Home

「面の皮が厚い:つらのかわがあつい」(面が入る熟語)読み

つらのかわがあつい 同義語

つらくる《動詞》 上の方にあるものにくくりつけて、垂れ下げる。 吊り下げる。 「営業中・の・ 札・を・ つらくる。 」「腰・に・ 手拭い・を・ つらくっ・て・ 歩く。 「玉葱・を・ 竿・に・ つらさげる。 厚かましい。 「つらのかわがあつー・て・ 恥ずかしー・と・ 思わ・ん・ 人・や。 」 つらら【氷柱】《名詞》 水の滴が氷って、垂れ下がったもの。 「つらら・なんか・ めったに・ でけ・へん。 」 つられる【釣られる】《動詞》 相手に引き込まれる。 「つられ・て・ 映画・を・ 見・に・ 行っ・た。 」「つられ・て・ 泣く。 「日曜日・に・ つり・に・ 行っ・た。 「千円札・を・ 出し・て・ つり・を・ もらう。 」 つりあい【釣り合い】《名詞》 どちらにも偏っていないこと。 「つりあい・が・ とれ・る・よーに・ 桶・を・ になう。 」 つりあう【釣り合う】《動詞》 つりあいがとれている。 「右・と・ 左・の・ 重さ・が・ つりおー・とる。 」 つりがき【釣書】《名詞》 縁談のために、本人の略歴などを書いたもの。 「写真・と・ つりがき・を・ 預かっ・てき・まし・てん。 」 つりがね【釣り鐘】《名詞》 寺の堂などに吊してある大きな鐘。 「つりがね・を・ つく。 」 つりかわ【吊革】《名詞》 電車・バスなどで、乗客がつかまるために吊してあるもの。 「ひょろけ・て・ つりかわ・に・ つかまっ・た。 「面白ー・て・ 話・に・ つりこまれ・てしも・た。 」 つりざお【釣り竿】《名詞》 魚を釣るために使う竿。 「つりざお・を・ 持っ・て・ 池・へ・ 行く。 」 つりせん【釣り銭】《名詞》 支払った額が多いとき、多い分だけ返してもらうお金。 「つりせん・に・ 小銭・が・ 要る。 」 つりばし【吊り橋】《名詞》 両岸から張り渡した綱に吊してある橋。 「つりばし・が・ 揺れ・て・ 恐い。 」 つりばり【釣り針】《名詞》 魚を釣るのに使う、先の曲がった針。 「魚・の・ 口・に・ つりばり・が・ つい・とる。 」 つりばし【吊り干し】《名詞》 大根などを切って、寒い中に吊って干したもの。 「つりぼし・に・ し・たら・ ひしぼっ・ても・た。 」 つる【鶴】《名詞》 水辺にいる、大きな渡り鳥。 「つる・は・ 長生き・を・ する。 」 つる【蔓】《名詞》 植物の茎などが長く伸びて、木に巻き付いたり、地面を這ったりするもの。 「朝顔・の・ つる・が・ 日に日に・ 延び・てき・た。 「鯛・を・ つる。 「うまい・ もの・で・ つったら・ 人・が・ ぎょーさん・ 集まっ・た。 「軒・に・ 風鈴・を・ つる。 「棚・を・ つる。 」 つる《動詞》 筋肉が引っ張られて縮む。 「足・が・ つっ・た。 既製の衣服。 「安物・の・ つるし・を・ 買 こ ー・て・ 着・とる・ねん。 「赤い・ つるし・を・ 食べる。

次の

虫がいいの虫ってなに?語源に秘密が隠されてました!

つらのかわがあつい 同義語

「面の皮が厚い」の意味とは? 「面の皮が厚い」の意味• 「面の皮が厚い」の語源や由来• 「面の皮が厚い」の使い方• 「面の皮が厚い」を使った例文• 「面の皮が厚い」の類語や類義の表現 「面の皮が厚い」の意味とは? 「面の皮が厚い」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 「面の皮が厚い」は 「つらのかわがあつい」と読みますので、 「めんのかわ」などと読み間違えてしまわないように注意しましょう。 誰かに 「面の皮が厚い」と言われたり、誰かが誰かに対して 「面の皮が厚い」と言っているのを聞いた時に、意味が分からないと、適切な反応をする事ができません。 苦笑いをしてその場をやり過ごした経験がある人もいるかもしれません。 そこで 「面の皮が厚い」という言葉の意味や使い方を紹介します。 次に誰かに 「面の皮が厚い」と言われた時に、きちんと反論する事ができるように、また誰かが 「面の皮が厚い」と噂されている時に、本当かどうか考える事ができるようになるために、 「面の皮が厚い」という言葉の意味を覚えておきましょう。 「面の皮が厚い」の語源や由来 「面の皮が厚い」という言葉には、語源や由来があるのでしょうか。 「面の皮が厚い」という言葉は、中国の古い詩集のひとつ 「詩経」が由来となっています。 この詩集の中に 「巧言くわうの如く、顔の厚きや」という文章が登場します。 この言葉には 「外面を良く見せ、内面の恥を隠す」という意味があります。 後日、日本に 「厚顔」という言葉が伝わり、 「内面の恥、醜さ」を表す言葉として使われるようになります。 また 「面の皮」とは 「顔の皮」という意味を持つ言葉です。 「顔色」という言葉があるように、人の心の状態は、頬の赤さや汗、しわの寄り具合などで、外見からも察する事ができます。 しかし顔の皮膚が厚い人は、心の動揺が顔に現れず、内面をはかり知る事ができません。 このような様々な要素から、現在使われている 「面の皮が厚い」という言葉が生まれたとされています。

次の

自己破壊を招くおしゃべり屋 動物は喋ることはできませんが口は災いの元と言いますしその方が良いと思いま

つらのかわがあつい 同義語

1 「不憫」は、自分より年下や立場が下の者に対してのみ用いる。 「可哀相」も本来同様の使い方をするものであるが、近ごろは年上にも用いる。 2 「痛痛しい」「痛ましい」は、その人自身についてでなく、その姿やおかれた状況などについていうが、他の語よりも心を痛める程度は強い。 3 「哀れ」「痛ましい」は、外見から見た様子にも心情をおしはかってもいうが、「痛痛しい」は、外見についてだけいう。 4 「哀れ」「気の毒」には、相手をやや軽蔑 けいべつ する意が含まれる場合がある。 「こんなことも分からないとは哀れ 気の毒 な男だ」 5 「気の毒」は、「雨の中を運んでいただいて気の毒でしたね」のように、他人に迷惑や厄介をかけてすまなく思うこともいう。 6 「不憫」は、やや古風な文章語。 「不愍」とも書く。 7 「可哀相」は、「可愛想」とも書く。 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 運に恵まれない; 不運を運命づけられた、不運を伴う、または不運に終わる の意• 気のどく• 後悔に値するさま の意• 気のどく• 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 何かをした、あるいはしなかったことについて後悔、悲しみ、あるいは喪失感を感じること、あるいは表すさま の意• 申しわけ無い• 口おしい• 済まなそう• 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 人の苦しみへの深い理解と同情 の意• 思遣り• 思い遣• 人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち の意• 惻隠の情• 哀みん• 哀れを誘うもの• 哀びん• 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 非常に劣った品質または状態の の意• すぼらしい• 侘びしい• 憫然たる• 佗しい• 見窄らしい• 情ない• 愍然たる• 情無い 人の苦しみへの深い理解と同情 の意• 思遣り• 思い遣• 軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意• 気のどく• 傷傷しい• 傷々しい• 情ない• 情無い 非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意• 惨たる• 侘びしい• 気のどく• 憫然たる• 佗しい• 愍然たる• 非常に悲しい; 特に、悲しみ、死、または破滅などに関わる の意• 深い悲しみ、または苦悩をもたらす、あるいはそれらを特徴とするさま の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の