マラッカ 海峡。 中国、マラッカ海峡で厳戒 自国船通航 最高レベルに引き上げ

『マラッカに行ってみた1 マラッカ海峡に落ちる夕日をボーっと眺めてみる オッサンネコの一人旅』マラッカ(マレーシア)の旅行記・ブログ by morisukeさん【フォートラベル】

マラッカ 海峡

マラッカ海峡 YahooMap 狭く、浅瀬もあって航行に危険が伴うが、インド洋と南シナ海を結ぶ主要なルートであるので、古来海上交通の要衝であった。 インドと中国を結ぶもこの海峡を通った。 この海峡に面した側の都市がマラッカで、15世紀にイスラーム教のが成立、ポルトガルの進出まで、この地域の海上貿易を支配した。 ポルトガル、オランダ、イギリスの進出 マラッカは1511年にのインド総督によって征服され、さらに1641年からはオランダの支配を受けた。 次にイギリスが進出し、にはが現地のジョホール王に海峡の出入り口にあたるに商館を建設することを認めさせ、さらに24年には正式にイギリス領となった。 1824年にはでマレー半島はイギリス、スマトラはオランダに勢力分割で合意、さらにイギリスは1826年に海峡に面する、、の三港をとした。 マラッカ海峡は、昔から海賊の多いことでも知られ、現在でもときどき海賊が出没する。 文明の十字路 引用 古代マラヤ人にとって、マラッカ海峡一帯はどのようなものであったか。 ここは、東の中国と西のインドをつなぐの重要な交通路だった。 しかも有史以来、大陸から太平洋方面へと南下する移住の道でもあった。 マラッカ海峡は、大地と海の奇妙な配分が生んだ地球上でも稀にみる東西南北の十字路である。 しかしその地元には、残念ながら、大文明は生まれなかった。 東か西の文字による他人の記録だけが、マラッカ古代史に手掛かりを与えてくれる。 漢字による中国史書、サンスクリット、パーリ語などインド系言語による説話、アラビア文字によるペルシア、アラブ系の史料、そしてヨーロッパ語による記録などである。 土地の人間は、その暮らしの古い痕跡をほとんど残さなかった。 <鶴見良行『マラッカ物語』1981 時事通信社 p. 26> マラッカ海峡の人々 引用 マラッカ海峡が東西南北の十字路であるという性格は、有史以前から今日まで変わっていない。 ここに居を定めた住民は、この条件に適応して生きてきた。 海洋生産体系から独自の交易社会が生まれ、定着農耕社会との葛藤・包摂が歴史を進めるダイナミズムとなった。 交易商人は、古くから外部市場の動向に敏感である。 自前の輸出物産をさほど持たないこの地域でも、香料以外に比しナマコやミナンカバウ(スマトラ北西部)のコーヒーのように、新しい商品を開発し、独自に東と西へ売る動きがある。 ・・・ <同書 p. 364> マラッカ海峡の植民地化 引用 農民、漁民、商人は、この土地でも、暮らしをよくするためには工夫をこらし、精をこめて働いた。 かれらの側に、歴史発展の上で弱点らしきものがあったとすれば、主として地政学的な仕組みのゆえに土地に根づいた大国家を築けなかったことだろう。 しかし、十六世紀に渡来した西洋列強は、住民の精励や工夫をも圧倒するほどの力を持っていた。 資本と科学技術である。 単なる港、商館にすぎなかった植民地が、やがて内部へと伸びていった。 資本主義市場に直結した、まったく新しい産業社会が形成されていった。 中国貿易に従事するイギリス商館は、同時に、スズ鉱、ゴム園の持主となった。 定着農耕と海洋交易という二つの生産体系に、新しい産業形態が、外部の力で無理やりに創出された。 プランテーション形式で運営される植民地産業である。 植民地主義は、住民からの収奪によって、ますます住民との差を大きくした。 富めるものはいよいよ富み、貧しきものはさらに貧しくなった。 <同書 p. 364> 現在のマラッカ海峡 引用 今日、マラッカ海峡は、日本のための資源エネルギー海峡、軍事大国の航路となった。 だから米軍が日本自衛隊をも巻きこんで、マラッカ住民に何の断りもなく、海峡を想定した軍事演習を実施し、日米財界人が一体となって、わがもの顔に水爆利用の運河計画をたてたりする。 ・・・「マラッカ海峡は日本の生命線である」経済同友会の指導者が1969年にこう叫んだのとまったく逆の意味で、私もそう考える。 日本がこのまま経済成長路線を進めば、ということは日本人が日々の安楽を求めて仕事に精を出せば、マラッカ海峡の政治経済的は負荷はますます増え、その矛盾はいつか爆発するに違いない。 <同書 p. 当時、タンカーの大型化、便数の増加などに対応するため、日本の財界からマラッカ海峡に替わるインド洋・南シナ海をむすぶルートの開発が急務とされ、その一つとしてマレー半島の最も狭い地峡であるクラ地方に運河を建設する計画が持ち上がった。 その工期の短縮には水爆の利用が検討されたのである。 <その経緯、問題点に対は、鶴見良行の前掲書序章、おおび同『東南アジアを知る』1995 岩波新書 p. 54-80 に詳しく述べられている。

次の

マラッカ・シンガポール海峡の安全航行支援

マラッカ 海峡

かつては積荷を狙った海賊事件が目立ったが、この数年は身代金を目的とした誘拐事件も多発している。 海賊はマラッカ海峡に横たわる国境という壁を巧妙に使い犯行を行っている。 海賊対策も国境を越えた国際協力関係の構築と実行が必要となる。 「韋駄天」事件 2005年3月14日、マラッカ海峡で日本船社の所有するタグボート「韋駄天(498トン)」が海賊に襲撃され、日本人の船長と機関長、フィリピン人の三等機関士が誘拐される事件が起こった。 事件が起きたのは、マラッカ海峡北西部、ペナン島沖のマレーシア海域で、「韋駄天」は、インドネシアのバタム島沖からミャンマーへ向け石油掘削機材を積んだ船を曳航している途中であった。 韋駄天の乗組員の証言によると、海賊は漁船で近づき、銃撃した後、船に乗り込み、手近にある金品と海図、船籍証明書を奪い、三人の船員を人質にとりインドネシア方向へ逃げて行った。 海賊グループはおよそ10人、すべての海賊がライフル銃やロケット・ランチャーなどで重武装していて犯行に要した時間はわずか10分ほどで、組織化され訓練を受けた海賊グループであることが推察される。 マラッカ海峡においては、この数年、身代金を目的とした海賊による誘拐事件が多発し、2004年には、報告されているだけでも36人の船員が誘拐され、身代金の要求がされている。 マラッカ海峡における海賊事件で思い起こされるのは、1999年10月に起こったアロンドラ・レインボー号事件である。 アロンドラ号は、インドネシア・スマトラ島中部のクアラタンジュン港から12億円相当のアルミニウム・インゴットを積み日本へ向かう途中、マラッカ海峡で海賊に襲われ、積荷と船を奪われ、日本人の船長・機関長を含む17人の乗員は、救命筏に乗せられ海上に放置された。 乗員は、10日におよぶ漂流の後、タイの漁民に救出され九死に一生を得た。 アロンドラ号は、船体の色を塗り替え、船名も変え航行していたが、インド洋を西に向け航行中にインド・コーストガードによって発見され、船を操船していた海賊グループとともに拿捕された。 積荷は、半分が船内に残っていたが、半分が消え、後日、中国経由でフィリピンに売却されたことが判明している。 IMO発行のShips Routeing 第8版(2003)を元に海洋政策研究財団が作成 アロンドラ・レインボー号事件と国際協力体制 アロンドラ・レインボー号事件の発生は、海賊対策における国際協力体制の構築の契機となった。 2000年4月、東京において海賊対策国際会議が開かれ、アジアの国々は、それぞれの国において海賊警備を行うとともに、各国の海上警備機関が情報連携を行い、国際協力体制を整えてゆくことが確認された。 以後、年に一度、アジアの国の持ちまわりで海賊対策専門家会合が開かれている。 2004年には、海上テロ対策を含み「アジア海上警備機関長官級会合」が東京で開かれ、アジアの国が一体となって海上犯罪に対処することが確認された。 日本財団では一連の会議の開催に要する費用などの支援を行っている。 海賊に関する情報を集約しているIMB(国際商業会議所・国際海事局)が発表している海賊事件の発生件数は、2000年が過去最高の469件、2004年は325件と減少傾向にある。 海賊対策における国際協力が進み、各国の海上警備機関が積極的に海賊の取り締まりに動いた成果であると考えられる。 また、海賊危険海域では船会社側が24時間体制で見張りを立てるなどの自衛策を講じており、日本の大型商船が海賊に襲われる事件は、減少傾向にある。 マラッカ海峡における海賊の変化 しかしながら、マラッカ海峡における海賊事件の発生件数は、2002年16件、2003年28件、2004年37件と増加し、犯行の形態も凶悪化している。 2004年報告されたマラッカ海峡内での海賊はすべて銃器で武装しており、また、船を襲い船員を人質に取り身代金を要求する事件が多発している。 マラッカ海峡における海賊は、各国が取り組む海賊対策に対応し犯行形体を変化させている。 2000年前後には、前述のアロンドラ号事件のような国際海賊シンジケートによる高価な積荷を狙った犯行がおこなわれていた。 しかし、国際海賊シンジケートは、アジア各国の海賊対策の強化により姿を消して行った。 その後は、沿岸部に暮らす人々がスピードボートなどを使い、沖行く船に忍び込み金品を奪い逃げるような事件が起こっていた。 これらの事件は、海辺の村落に暮らす人々が村ぐるみで犯行を行っていたことからロビンフット海賊と呼ばれた。 そして、近年増加しているのが、重武装化し、統率の取れた行動をとるテロリスト海賊と呼ばれるグループである。 2001年6月、インドネシアの反政府武装組織「アチェ自由運動」のスポークスマンが、マラッカ海峡を航行する船舶はアチェ自由運動の許可を受けなければならないと宣言し、通航する船舶を武装襲撃したことから、武装化した海賊をテロリスト海賊と呼ぶようになった。 テロリスト海賊の狙いは、高価な積荷ではなく、船員を人質に取り身代金要求をすることにある。 そのため、大型船よりもスピードの遅い小型のタンカーや漁船、タグボートなどを狙い襲撃している。 海賊対策に望まれること マラッカ海峡にはびこる現代の海賊は、海峡に横たわる国境という壁を巧妙に使い犯行を行っている。 仮に一国の警備当局に追跡されても他国の領海内に侵入すれば追尾されることはない。 国境を越えた海賊対策を行うためには、国際協力関係の構築が必要であるが、何度か開催された国際会議により、既に机上の協力関係は構築されている。 あとは、国際協力に実行を伴うことが必要なのである。 具体的にはマラッカ海峡沿岸国による共同海賊警戒の実施や国連海上警察のような多国籍の海上警備機関の設置なども考える必要があろう。 また、国境にとらわれないで海峡内を走り回れる民間機関(NGO)による海賊警備船の航行も考えられる。 海峡の最大の利用国である日本は、人的協力、物質的協力の両面から沿岸国を支援し、実効性ある海賊対策を推進してゆくべきであろう。 また、船舶関係者はアジアの海には海賊がいるという認識を持ち、自衛の措置を忘れてはならない。 (了).

次の

中国、マラッカ海峡で厳戒 自国船通航 最高レベルに引き上げ

マラッカ 海峡

海峡植民地 Negeri-Negeri Selat Straits Settlements 1826年 - 1946年 (国旗) (国章) 1922年のマレー半島。 赤色が海峡植民地 、、、 、 1820年 - 1930年 1936年 - 1952年 総督 1826年 - 1830年 Robert Fullerton 1934年 - 1946年 Shenton Thomas 変遷 成立 消滅 海峡ドル - 1939 , 1939 - この記事はの一部です。 に、東西交通の要衝に面している、、よりなる植民地として形成された。 からとが、にが編入された。 なお、マレー語に忠実に記すとすれば、「ピナン」「ムラカ」などと地名を表記すべきであろうが、以下はイギリス支配下の行政区としての海峡植民地についての記述であるので、英語の発音に準じて地名を記す。 沿革 [ ] 前史 [ ] イギリスは、にので起きたを契機として、東インド諸島から全面的に撤退を余儀なくされ、経営に専念するが、後半以降、とのが隆盛し、また初めのの結果、東インドを支配していたの勢力が後退したので、再びに進出するようになった。 その橋頭堡となったのがである。 ペナン植民地 [ ] の ()は、西海岸の ()のと条約を結び、領としてを獲得した。 とを結ぶ中継港、マラッカ海峡地域の産品の集積基地、ベンガル湾以東の海域における海軍基地が必要とされたために、は同島を確保することになった。 クダ王国はのやなどのマレー人勢力から国を守るために、強力な後ろ盾を必要としていた。 ペナン島は、プリンス・オブ・ウェールズ島と命名され、が建設された。 また、には、クダ王国よりペナン島対岸の土地が獲得され、ウェルズリー州(Province Wellesley)と命名された。 ただし、前後までは、の中継港としてはもまた候補にあがっており、ペナン植民地の地位が確固としたものとなったのは、に英領インドの第4番目の管区(Presidency)とされてからである。 以降、ペナン島にはイギリス人の知事が派遣され、総督の管轄下に置かれた。 管区の地位は、に成立した海峡植民地に引き継がれることになる。 ペナンは、フランシス・ライトが自由貿易港と宣言したため、周辺海域より商人を多くあつめ、急速な発展を遂げた。 、自由貿易港の指定を解除したために一時衰退したが、海峡植民地成立によって再び自由貿易港となった。 ただその経済的繁栄は次第にに奪われていった(後述)。 マラッカ植民地 [ ] マラッカ海峡を臨むマラッカの町は、以来、の支配下にあったが、の余波を受けてオランダ本国がの勢力下に入ると、イギリスはにマラッカをはじめとするの各地を占領した。 終結後の、イギリスは同地をオランダに返還したが、その後、の英蘭協約によって、イギリスは西海岸にあった英領ベンクーレン植民地と引き換えにオランダからマラッカを獲得した。 それまでイギリスとオランダの植民地がマレー半島とスマトラの各地に混在していたが、この協定で両国の植民地の境界がおおまかにひかれた(今日のとの国境線はこれに由来する)。 シンガポール植民地 [ ] は、この島の地政学的重要性に目を付けた東インド会社員によって、にから割譲された。 以後、イギリスはこのシンガポールを自由貿易港に指定して東南アジア貿易の拠点とした。 シンガポール港は、中国をはじめとする各地との貿易が急増したことで、次第に経済的に台頭した。 中国で起きた後の、とシンガポールを結ぶ定期航路も開設された。 欧州との関係ではに開通したが遠洋航路の所要時間を短縮した。 海峡植民地の成立 [ ] 、はこれら3植民地を統合して海峡植民地とし、のベンガル総督府の管轄下でに海峡植民地知事が駐在した。 行政府となったペナンの人口はには125,000人(ウェルズリーを含む)を数え、海峡植民地中首位であった。 ただし、19世紀のシンガポールの経済的成長はめざましく、1832年以降はシンガポールが行政府となる。 しかし、シンガポールの経済的発展とはうらはらに、東インド会社にとって海峡植民地はあまり利益をあげない「お荷物」であることが明らかになっていった。 の成立以来、海峡植民地は自由港だったために関税収入が見込めなかったうえ、当初期待された香料取引による利益も、香料自体の価格の暴落によって、期待できないものとなったからである。 1805年にペナンが英領インドの4番目の管区に指定されて以来、海峡植民地はそれを受け継いでいたが、にはとうとうその地位が剥奪され、レジデンシーに降格されてしまった。 なお、降格後も行政の長の職名は「知事(Governor)」とされる慣行が続いたが、英領インドの行政官の秩序の中では、ほぼ閑職扱いであった。 他方で阿片戦争以来、海峡地域には中国からの移民が流入し労働力を提供したが、そのが治安上の問題となることもあった。 それにもかかわらず、インド政府側は海峡植民地の治安や公共政策への出費に積極的でなかったため、シンガポールを中心に活動していた海峡商人たちの間で不満が高まる要因になった。 英領マラヤの成立 [ ] 在住イギリス商人たちは海峡植民地のへの従属に反対し、インドからの分離と議会の設立を訴えた。 その要請に応えるとともに、海峡植民地の財政がの成立によってバランスが取れるようになったため、、海峡植民地はイギリス植民地省の管轄に移された。 東インド会社の所管を離れても海峡植民地の名前はそのまま使われ、から直接派遣される新知事はシンガポールに駐在した。 マレー諸国に対する、インド時代の海峡植民地の基本的姿勢は、「非介入政策」と呼ばれる。 財政的に「お荷物」の海峡植民地の重荷をさらに増やさぬよう、なるべく消極的に運営されるべき植民地とみなされたのである。 この姿勢に転機が訪れたのは、の知事アンドルー・クラークの着任によってである。 ペラの内紛を調停するという名目のもとに結ばれたの ()以来、イギリス勢力は積極的にマレー半島に介入していくようになる(「積極介入政策」)。 マレー半島西海岸の諸国に産出するの利権を確保するという、実質的な利害関心もこの動きの背後にあったとされる。 19世紀末には、ペラ、スランゴール、ヌグリ・スンビラン及び後背地パハンのマレー系スルタン国に次第に介入していった。 これらの4ヵ国は、に ()とされ、統監がに置かれた。 ここにおいて、イギリスの直轄領域である海峡植民地と、間接統治をうける保護国からなるが成立した。 また、クランタン、トレンガヌ、ジョホールなどの東海岸のスルタン国は、に入ってからイギリスの保護下に置かれることになった。 解体 [ ] 海峡植民地は、1870年代より英領マラヤの中核としての役割を果たし続けたが、中にによる占領をうけた後、戦後の英領マラヤ再編に伴ってに解体した。 の成立とともに、ペナンとマラッカは同連邦に吸収され、シンガポールは独立のクラウン・コロニー 英国王直轄地 となった。 ココス島とクリスマス島は、1946年にシンガポールの管轄下とされたが、それぞれ1955年と1957年にオーストラリアに移された。 ラブアン島は、( - )の一部となり、後にマレーシアの一部(現)となった。 参考文献 [ ]• 『ラッフルズ伝』、<東洋文庫>、1968年• 『マラッカ物語』、、1981年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 1931年、によりカナダと他のイギリス自治領は自らの政府を持つ。 (も参照) 1934年に自治政府を自ら放棄し、1949年にカナダに編入されるまで事実上のイギリス自治領。

次の