生 チョコ の 作り方。 とろける様な生チョコの作り方

驚きのしっとり食感!高級生食パンの作り方

生 チョコ の 作り方

*チョコレートは細かく刻んでおく。 *バターは1cm角に切っておく。 細かく刻んだチョコレートとバターをボウルに入れ、 湯煎にかけてヘラで混ぜながら溶かす。 (後で温めた生クリーム+はちみつを加えるので完全に溶かす 必要はありません。 多少チョコレートの塊があっても大丈夫です) 2. 小鍋に生クリームとはちみつを入れて火にかけ、木ベラで 混ぜてはちみつを完全に溶かし、 沸騰直前まで温める。 1がほぼ溶けたら、2を加えてなめらかになりつやが 出てきたらラム酒を加え混ぜる。 3を用意しておいた型に流し入れ、表面を平らにならして 冷蔵庫で1時間程冷やし固める。 4を取り出して、温めた包丁で切り分け、表面にココアや 粉砂糖を茶漉しでふりかけて仕上げる。 (全体にココアをまぶして仕上げてもOK) (包丁は水道から出るお湯で温めて、水分をキッチン ペーパーでよくふき取ってから使ってください。

次の

とろける様な生チョコの作り方

生 チョコ の 作り方

まずはチョコレートと生クリームを1対1で合わせることから始めます。 チョコ200gなら生クリームも200gです。 これでも十分柔らかいと思います。 1 バットにラップをシワがなるべく出来ないように敷く。 チョコレートは5~6ミリに刻み、あとで生クリームが入るくらいの小さめのボウルに入れます。 3 30秒おいてから空気を入れすぎないように静かに、しかし手早く混ぜます。 【冷蔵庫のニオイが移るといけないので表面が固まったらラップで覆う】 5 表面の 4 で敷いたラップを取りココアを敷いたまな板にバットごとひっくり返す。 1 で敷いたラップを取り、ナイフで石畳のようにカットしてココアをまぶす。 作ってみて、もっととろける様にしたいときは水分を増やします。 生クリームを増やしたり、お酒を加えます。 柔らかすぎる場合は生クリームを減らして下さい。 お酒は好みのものでかまいません。 ブランデーやラム酒が一般的ですが、日本酒でもOKです。 個人的に私はマンダリンナポレオンを入れるのが好きです。 3 で生クリームが混ざってから加えます。 コーヒー風味なら生クリームにインスタントコーヒーを加えてもよいです。 紅茶風味なら、紅茶の葉を生クリームで煮出すと良いです。 キャラメル風味は、柔らかめのキャラメルを先に作り、 2 で合わせるときに加えます。 バターを加えて風味を出すことも出来ます。 3 で生クリームが混ざってから加えます。 些細なことですが溶かしバターより常温のバターを加えた方が風味豊かです。 生クリームは動物性をおすすめします。 48%~42%のもので良いと思います。 チョコレートはクーベルチュールでスイートやセミスイートが良いです。 ホワイトチョコレートやミルクチョコレートも作れますが、柔らかくなると思うので生クリームの量を加減して下さい。 おやつ用の板チョコは香料が強く入っているので製菓には向いていません。 口溶けの良さで大事なのは、作るときに分離させてはいけません。 膜が張らないように軽く混ぜながら生クリームを鍋で温める。 2 でチョコレートに加える生クリームは70~78度で!これ以上温度が高いとチョコレートが分離してしまい舌触りがざらつきます!沸かした生クリームの温度が下がるまで待ちます。 逆に温度が低すぎるとチョコレートが溶けません。 水分が多いと柔らかいぶんカットするのが困難です。 家庭ではバットではなく小さな器に流してスプーンで召し上がっても良いと思います。 できあがったものは香りが飛ばないように密閉容器に入れるかラップをして冷蔵庫で5日間保存できます。 冷蔵庫から出して10分おいてから頂きます。 A ベストアンサー すいません。 パソコンの調子悪くて・・・回答が遅れました。 計量したのが1;1ならば柔らか過ぎではないです。 1;1の割合が基本ですからその固さが普通です。 表面を固くしたいなら、中の方も固くなってしまいますよ。 全体が柔らかいのは均一に仕上がっているからなんです。 これを表面だけ均一にしないで作るのは出来ないんじゃないかな? 表面だけとは言いませんが、配合を 生クリーム 150cc チョコレート 200cc にすれば固く出来ますが・・・表面と中の柔らかさは変わらないです。 もし外側をカリッとさせたいのなら 1:1の配合のガナッシュを作り、テンパリングしたチョコをコーティングすれば外はカリッとして中はトロッ?口溶けの良いガナッシュなので。 求めているのとはかなり違いますが表面を固く?できます。 Q こどもと一緒にバレンタインチョコを作ろうとしたのですが、チョコを溶かすところで3度も失敗してしまいました。 ネットで調べたレシピでチョコレート140グラムと生クリーム25CCを湯せんで溶かす(電子レンジでも可)とあったので、 最初は耐熱容器にチョコのみを入れて、200Wで様子を見ながら溶かしてうまく解けたので、 入れ忘れてしまった生クリーム(少し温めたもの)を加えて混ぜたところ、あっという間に硬くもったりとしてしまいました。 二度目はチョコと生クリームも忘れず耐熱容器に入れ、同じくレンジで様子を見ながら溶かし、 取り出して混ぜたところまた同じように失敗。 3度目はレシピ通りに沸かしたお湯を張ったところに材料を入れた容器を浮かべ、 溶けたところで混ぜたらまた失敗しました。 どうしたらうまく出来るのでしょうか? ちなみに参考にしたレシピはこちらです。 htm アドバイスよろしくお願いします。 Q バレンタインに手作りチョコを作ろうと思い今日練習してみました。 html お菓子を手作りで作ったのは初めてでしたがとっても簡単につくる事ができました。 ただ、2時間冷蔵庫で冷やしても型でくりぬいた時綺麗に型取る事ができませんでした。 (レシピでは型取りするとは書いてありませんが型を取った方がかわいいかなと思い型を取ってみました。 ) 生チョコなのでいくら冷やしても限界はあると思うのですが・・>< 綺麗に型取れるくらいな固さにする方法はありますでしょうか? またあたり前だと思うのですが、チョコの味がすごくてかなりこってり味でした。 できればもう少し軽やかなチョコ味にしたいのですが何かいい方法はありますでしょうか? 初心者で申し訳ありません。 アドバイス頂けると幸いです。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー お菓子は年に10回つくる程度の素人ですが、 とりあえず思いついたことを挙げてみますね。 もっと詳しい方のアドバイスがあったらそれに従ってください。 半日~1日寝かしても全然柔らかいようなら、分量の問題です。 チョコの分量を増やす、生クリームなどを減らすなど調整してみて下さい。 包丁で切る時は、包丁を熱するときれいに切れます。 型も熱する(または温める)といいかもしれません。 (ヤケドしないように気をつけてくださいね!) 型はハートくらい単純な形なら工夫次第で作れると思います。 あまり複雑な形のものは避けた方がいいです。 型をとったとき多少いびつになっても、 粉をふればけっこうアラは隠れてくれると思います。 お菓子は年に10回つくる程度の素人ですが、 とりあえず思いついたことを挙げてみますね。 もっと詳しい方のアドバイスがあったらそれに従ってください。 A ベストアンサー これ完全に分離してます。 このまま冷やしても分離したままです。 むりっとした食感の悪いチョコと、豚の角煮を冷やしたときに浮くラードのような食感の白いカカオバターに分かれたままです。 今日14日に渡したいのなら、今!すぐ!リカバリーしないとどうしようもないです。 分離する原因はいくつかありますが、 ・チョコの温度管理がうまくいかなかった ・水分が入った のどちらかのことが多いです。 チョコレートを加熱する際、直火にかけた、加熱にムラができる方法でムラができているまま生クリームを投入した、など あるいはボウルや器具に水滴がついていたのに気づかなかった、レシピの指定よりも乳脂肪率の低い生クリームを使った、などです。 生クリームを多く入れただけでは単なるガナッシュチョコクリームになるだけ、つまり固まりはしませんが、それはそれで美味しいチョコレートクリームになるだけなので…。 分離はどちらかというと、生クリームが少ないときに起きやすいです。 画像を見てもかなり色がチョコ色のままなので、生クリームが足りなかったのでは?そこに、この寒い時期だから、チョコに生クリームの熱が伝わり切る前に混ぜはじめて分離が起きたのかなと思いました。 リカバリー方法は、分離してしまったチョコレートの脂肪球をもう一度均一に混ぜ合わせることです。 かなりの手間と時間と根気がいりますので、材料のチョコレートが余っているのなら作り直したほうが早いかも…。 分離する原因とリカバリー方法、くわしくはロッテ、ガーナのサイトにあります。 lotte. 温度管理が大事なので、お部屋が寒かったら温めたほうがいいです。 がんばってください! これ完全に分離してます。 このまま冷やしても分離したままです。 むりっとした食感の悪いチョコと、豚の角煮を冷やしたときに浮くラードのような食感の白いカカオバターに分かれたままです。 今日14日に渡したいのなら、今!すぐ!リカバリーしないとどうしようもないです。 分離する原因はいくつかありますが、 ・チョコの温度管理がうまくいかなかった ・水分が入った のどちらかのことが多いです。 チョコレートを加熱する際、直火にかけた、加熱にムラができる方法でムラができているまま生クリームを投入... Q 今から「ホワイト生チョコ」を作ろうと思いますが、ホワイトの生チョコを作るのは初めてです!そこで質問ですが、今までは毎年「生チョコ」を作っていましたが、全く同じレシピ(ホワイトチョコや生クリームの分量ガ同じ)でOKでしょうか?もしかして、ホワイトチョコは元々クリーミーなため、生クリームの分量を少なくしなければいけない、とかあるのでしょうか?今、ふと不思議に思って、作るのを止めました・・・。 できればロイズのホワイト生チョコのように仕上げたいのですが、レシピがないので、普通の生チョコのレシピを代用したいと思っています。 ちなみに、私が持っている本のレシピには ・ビタースイートチョコ 300グラム ・無塩バター 15グラム ・生クリーム 200CC と書いてあります。 このレシピの中の、「ビタースイートチョコ」を「ホワイトチョコ」に変えるだけでOKなのでしょうか? どなたか、ホワイト生チョコを作ったことのあるかた、ご回答いただきたいです。 よろしくお願いします!!! A ベストアンサー こんにちは。 ブランデーとラム酒は似たような感じですが、一口にブランデーとかラム酒といっても いろんな銘柄があり、価格もピンからきりまで、、、高いものはやはり香がよいですね。 個人的にはブランデーのほうが、ビターには合う気がします。 ラム酒は香がやや甘いですけれど、無難といえば無難です。 慣れていないなら生クリームの少ないほうが扱いやすいでしょう。 ただ、ダークチョコレートであれば、生クリームを多くした配合は、リッチな風合いになりおいしいものです。 (やわらかくておいしいものは、難易度が高いです。

次の

生チョコ作りのコツ

生 チョコ の 作り方

*チョコレートは細かく刻んでおく。 *バターは1cm角に切っておく。 細かく刻んだチョコレートとバターをボウルに入れ、 湯煎にかけてヘラで混ぜながら溶かす。 (後で温めた生クリーム+はちみつを加えるので完全に溶かす 必要はありません。 多少チョコレートの塊があっても大丈夫です) 2. 小鍋に生クリームとはちみつを入れて火にかけ、木ベラで 混ぜてはちみつを完全に溶かし、 沸騰直前まで温める。 1がほぼ溶けたら、2を加えてなめらかになりつやが 出てきたらラム酒を加え混ぜる。 3を用意しておいた型に流し入れ、表面を平らにならして 冷蔵庫で1時間程冷やし固める。 4を取り出して、温めた包丁で切り分け、表面にココアや 粉砂糖を茶漉しでふりかけて仕上げる。 (全体にココアをまぶして仕上げてもOK) (包丁は水道から出るお湯で温めて、水分をキッチン ペーパーでよくふき取ってから使ってください。

次の