また逢う日まで 歌詞。 尾崎紀世彦 また逢う日まで LYRICS

名曲『また逢う日まで』は、尾崎紀世彦のために書かれた曲ではなかった

また逢う日まで 歌詞

尾崎紀世彦、71年の大ヒット作「また逢う日まで」。 100万枚近いセールスを記録しその年の日本レコード大賞と日本歌謡大賞を同時受賞した傑作中の傑作です。 歌は時代を越えて愛され続けて今日までたくさんのアーティストがこの曲をカヴァーしています。 男女ふたりの寡黙な別れの姿を描いたが共感を呼びました。 そのを支える豪華なサウンド・プロダクション。 筒美京平による分かりやすいメロディの力強さ。 そして何よりも豪快な尾崎紀世彦による日本人離れした声量での歌唱の素晴らしさ。 すべてのエレメントが一体となり人々の心を鷲掴みにします。 別れる理由を話し合わない若い男女の姿に当時の人々は潔さを感じたのでしょう。 僅か2分55秒の歌。 壮大な曲調にもかかわらずの分量は驚くほど少ないです。 それでも僅かな言葉が人々の心を捉えて離さなかったのですから阿久悠の天才ぶりに舌を巻きます。 この曲の背景を鑑みながら歌詞に残された謎を紐解いてゆきましょう。 「また逢う日まで」の誕生前夜 「また逢う日まで」が完成するまでこの曲は茨の道を歩んでいました。 原曲は三洋電機のとして筒美京平が書き下ろしたものです。 その曲に「アンパンマン」の作者・やなせたかしが歌詞を書き槇みちるという歌手が歌いました。 しかしスポンサーの方針でボツになります。 ここでキーパーソンが登場します。 筒美京平のを管理していた日音に所属していた村上司です。 後にJASRACの理事に就任するほどの大人物になる方ですので覚えておいてください。 村上司はこの曲のメロディの力強さに取り憑かれるような魅力を感じたようです。 としてはボツになりましたがどうしてもこの曲を世に送り出したいと執念を燃やします。 彼は阿久悠に作詞を依頼し「白いサンゴ礁」のヒット曲があるズー・ニー・ヴーに歌わせるのです。 70年に発表された「ひとりの悲しみ」という曲。 しかし「安保闘争に敗北した青年の気持ち」に寄り添うという阿久悠の歌詞が受けませんでした。 結局ヒットには至りません。 しかし村上司は執念を捨てきれないのです。 筒美京平が生んだメロディへの絶大なる信頼が彼に発破をかけます。 なんと天才・阿久悠に歌詞の書き直しをお願いするのです。 村上司は後にJASRACの理事になる大人物ですが当時はまだ日音の社員に過ぎません。 おそろしい胆力と肝の座りようです。 再三のお願いに当初は書き直しを渋っていた阿久悠も折れます。 そして書き上げたのが「また逢う日まで」の歌詞です。 「また逢う日まで」については阿久悠と筒美京平、そして尾崎紀世彦ばかりに視線がいきます。 しかしこの村上司という日音の社員の奮闘努力なくしてはこの曲は陽の目を見ることがなかったのです。 知っておきたいスーパー・サラリーマンの影。 前置きが長くなりましたがこの前哨戦の推移を知らないと「また逢う日まで」の歌詞の謎も解けないです。 それでは「また逢う日まで」の実際の歌詞に目を移しましょう。 別れの理由を話し合わないふたり。 詰り合いになってしまうことが如何にふたりの人生の美学に反するかを表現しているのでしょう。 男女が別れを決心する際にその主要因はあってもすべての理由がそこにある訳ではないです。 副次的な理由や様々な行き違いが生じた結果で仕方なく別れを決めるというのが本来の姿でしょう。 別れの理由をひとつに絞るのは幻を視ているのと同じです。 お互いが通った文脈をよく読むと仔細な理由がもっと様々に立ち現れるのが現実。 あのことが赦せないからなどと別れ際に相手を詰るのはみっともないことです。 「昭和の美学」かもしれません。 もしくは昭和でもこうした潔い別れは少数だったかもしれない。 いついかなる時代にも別れるときは「また逢う日まで」と言い残し去ってゆくのが潔いはず。 現実は中々そうもいきませんが傷つけあって別れることの醜悪さは意識しておきたいものです。 次の話は「また逢う日まで」 最後に心が通う.

次の

またあう日までさようなら〜歌詞

また逢う日まで 歌詞

尾崎紀世彦『また逢う日まで』 1971年、尾崎紀世彦さんが歌って大ヒット、この年のレコード大賞を受賞した『また逢う日まで』。 尾崎さんはこの曲でトップシンガーの仲間入りを果たし、作詞の阿久悠さん、作曲の筒美京平さんにとっても、ヒットメーカーとしての地位を確立する代表作になりました。 ところが……この曲はもともと、尾崎さんのために書き下ろされた作品ではなかったのです。 当時、エアコンのCMソングを依頼された筒美さん。 候補曲として何曲か書き上げたなかの1つが、この曲だったのです。 イントロとサビが印象的なのは、CM用に書かれたからでした。 『アンパンマン』の生みの親で、作詞家でもあるマンガ家のやなせたかしさんが詞を付けて完成しましたが、スポンサーの意向が変わり、この曲はお蔵入りとなってしまいました。 「せっかくいい曲なのに、もったいないな……」と考えたのが、この曲を管理していた音楽出版社・日音のプロデューサー・村上司さんでした。 日本の音楽出版ビジネスの先駆けでもある村上さんは、当時、レコード会社の枠を超えて活躍するフリーの作詞家・作曲家たちと付き合いがあり、筒美さんが書いたCM曲を阿久さんに渡しました。 「阿久さん、この曲に新しい詞を付けて、世に出してやってくれませんか?」 こうして筒美さんが書いたCMソングは、阿久さんの手によってまったく違うポピュラーソングに再生。 完成したのがこの曲です。 ズー・ニー・ヴー『ひとりの悲しみ』 1970年、ズー・ニー・ヴーというグループによってリリースされた『ひとりの悲しみ』。 村上さんも阿久さんも筒美さんもヒットを期待していましたが、なぜかセールスは伸びず、またしてもこの曲は埋もれてしまったのです。 それでも「絶対にこの曲は当たるはずだ」という確信があった村上さんは、諦めませんでした。 再び世に出す機会を窺っていた、ちょうどそのころ……村上さんがプロデュースを手掛けていた歌手が、尾崎紀世彦さんでした。 尾崎さんはハワイアンやカントリーバンドを経て、1967年、3人組コーラスグループ「ザ・ワンダース」を結成。 村上さんがプロデュースを担当していましたが、なかなかヒット曲に恵まれませんでした。 特に尾崎さんの歌唱力を高く評価していた村上さんは、ソロシンガー転向を勧め、他の2人は裏方に回ることを提案。 1970年、尾崎さんは『別れの夜明け』という曲でソロデビューします。 ワンダースのメンバーの1人がディレクターに転向して、尾崎さんをバックアップ。 ところが……デビュー直後、尾崎さんはタクシー乗車中に、衝突事故に巻き込まれて入院。 プロモーションがほとんどできなかったことも災いして、デビュー曲はヒットしませんでした。 「あんなに実力のある歌手が売れないのは絶対おかしい」と悔しがった村上さん。 第2弾として閃いたのが、筒美さんが書いたあの曲を再生することでした。 実は尾崎さんも、ズー・ニー・ヴーの『ひとりの悲しみ』を聴いて気に入り、「この曲を俺に歌わせてくれないかな」と思っていたのです。 村上さんは阿久さんへ、尾崎さん向けに詞を書き直してほしいと依頼。 最初は渋った阿久さんですが、村上さんの熱意に折れ、「わかった! 尾崎君にふさわしい詞に書き直すよ」と承諾してくれました。 出来上がった新しい歌詞は、別れを決意した男女が2人で表札の名前を消し、それぞれ新しい道に進むという、これまでの歌謡曲になかった価値観の詞でした。 レコーディングには、ワンダースの元メンバー2人もコーラスで参加。 尾崎さんと一緒にサビを歌っているのは、苦楽を共にした仲間です。 こうして生まれた『また逢う日まで』は大ヒット。 「3度目の正直」でこの曲が売れたのは、村上プロデューサーの「いい曲、いい歌手を埋もれさせてはいけない」という、熱い思いがあったのです。 FM93AM1242ニッポン放送 土曜 8:00-10:50.

次の

平井大 また逢う日まで 歌詞

また逢う日まで 歌詞

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。 今週は月曜日から、カヴァー曲特集をお送りしてきました。 今日ご紹介するのは、ズー・ニー・ヴーによる「ひとりの悲しみ」。 尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」と同じく、作曲は筒美恭平さん、作詞は阿久悠さんです。 そう、阿久悠さんは、同じ曲に、歌詞を二度書いているんです。 少々ややこしいのですが、最初にこの曲に詞をつけたのは、やなせたかしさん。 CMソングの候補曲でしたが、採用されませんでした。 そこで、今度は阿久悠さんが歌詞をつけ、ズー・ニー・ヴーがリリース。 それがこの「ひとりの悲しみ」です。 その後、尾崎紀世彦さんのプロデューサーが、「どうしてもこの曲を尾崎さんに歌わせたい」と、阿久悠さんに歌詞の書きかえを頼みます。 最初は応じなかった阿久さんですが、プロデューサーの熱意に負け、男女の別れのひとコマを歌詞にしました。 そして、前作とはまったく違うドラマを描いたこの曲は、尾崎紀世彦さんののびやかな声を相まって、日本レコード大賞を受賞するほどの大ヒット曲になったのです。 情景が浮かぶような阿久悠さんの歌詞。 歌うアーティストが違うと、頭に浮かんでくる情景も、また違って見えてくるような気がします。 名曲というのは、こうして歌いつがれてゆくんですね。 スターダスト・レビューの美しいハーモニーも、是非お聴きください。 それでは、「また逢う日まで!」ではなく、来週の月曜日にお会いしましょう! ラジオは、AM954kHz、FM90. 5MHz。 パソコンやスマートフォンでは「」でもお聴きいただけます。

次の