新宿 の ありふれ た 夜。 シアターΧ(カイ)|佐々木譲の世界 夜と弾丸『新宿のありふれた夜』『笑う警官』『荒木町ラプソディ』|東京両国の演劇芸術を中心とした劇場

『新宿のありふれた夜』『笑う警官』『荒木町ラプソディ』

新宿 の ありふれ た 夜

グループ虎+現代制作舎 『新宿のありふれた夜』『笑う警官』『荒木町ラプソディ』 2012年 11月 6日 火 〜 16日 金 愛しのセンチメンタル・シティ 佐々木譲 もっぱら都会の陰のエリアを舞台に書いてきた。 つまり華やかで消費と蕩尽が礼讃される表通りではなくて、裏通りを。 場末を。 例えば新宿歌舞伎町のはずれ、四谷荒木町、札幌狸小路・・・・・・。 時代においてけぼりをくらったようなひとびとが、ひっそりと、それでも誠実に生きている街。 孤独と断念とを抱えたひとびとが、静かに寄り添って呼吸している場所。 タフで健康な男女ではなく、繊細で傷つきやすいひとびとが、伏目がちにたたずんでいる空間。 犯罪が起こり、法治の制度が動き出すときにも、都会のそんな場所では、表通りとは少しだけちがった物語が生み出される。 正義や論理ではなくて、情けやいたわりや共感こそがキーワードとなる、濡れた感傷の物語。 わたしのそれらの作品群の中から三本、高橋征男がお芝居にしてくれた。 すでにどれも初演時(あるいは再演時にも)大好評を博した作品ばかり。 観客として、改めて新鮮な気持ちで楽しみたい。 3本ご覧になると更にお得です。 [チケット取扱] 現代制作舎 問い合わせ 現代制作舎 TEL:03-3482-3383 FAX:03-3482-3387 Eメール:m08050499789 ezweb. jp 協力 角川書店 角川春樹事務所 文藝春秋.

次の

新宿のありふれた夜オフィシャルサイト

新宿 の ありふれ た 夜

3本ご覧になると更にお得です。 タイムテーブル 説明 愛しのセンチメンタル・シティ 佐々木譲 もっぱら都会の陰のエリアを舞台に書いてきた。 つまり華やかで消費と蕩尽が礼讃される表通りではなくて、裏通りを。 場末を。 例えば新宿歌舞伎町のはずれ、四谷荒木町、札幌狸小路・・・・・・。 時代においてけぼりをくらったようなひとびとが、ひっそりと、それでも誠実に生きている街。 孤独と断念とを抱えたひとびとが、静かに寄り添って呼吸している場所。 タフで健康な男女ではなく、繊細で傷つきやすいひとびとが、伏目がちにたたずんでいる空間。 犯罪が起こり、法治の制度が動き出すときにも、都会のそんな場所では、表通りとは少しだけちがった物語が生み出される。 正義や論理ではなくて、情けやいたわりや共感こそがキーワードとなる、濡れた感傷の物語。 わたしのそれらの作品群の中から三本、高橋征男がお芝居にしてくれた。 すでにどれも初演時(あるいは再演時にも)大好評を博した作品ばかり。 観客として、改めて新鮮な気持ちで楽しみたい。 その他注意事項 スタッフ 『荒木町ラプソディ』 作 : 佐々木譲 脚本・構成・演出 : 高橋征男 美術 : 小池れい 照明 : 沖野隆一 音響 : 小原木克郎 振付 : 世理 衣装 : 広野洋子 ヘアメイク : 益実 チラシデザイン : 高橋美那子 舞台監督 : 島洋三郎 コーディネーター : 高見沢公子 豊田紀雄 制作 : グループ虎+現代制作舎 キャスト 寿大聡 吉澤謙 風間舞子 白井真木 世理 小金井宣夫 根本和史 鶴忠博梶雅人 古川がん 大槻修治 川久保秀一 森岡弘一郎 小河原真稲 林真之介 仙波祐介 藤村一成 田村将志 斉藤陸 佐藤秀一 杉本茜 真一涼 桑原なお 小幡美佳 林美月 林千津子 久保木彩 『新宿のありふれた夜』 作 : 佐々木譲 脚本 : 高橋征男 今井とおる 三芳和幸 構成・演出 : 高橋征男 美術 : 小池れい 照明 : 沖野隆一 音響 : 小原木克郎 振付 : 世理 衣装 : 広野洋子 ヘアメイク : 益実 チラシデザイン : 高橋美那子 舞台監督 : 島洋三郎 コーディネーター : 高見沢公子 豊田紀雄 制作 : グループ虎+現代制作舎 キャスト 草薙仁 絵理子 樋口泰子 香川耕二 三月達也 古谷大和 福森加織 中野若葉 石井ひとみ 川久保秀一 森岡弘一郎 鶴忠博 根本和史 林真之介 小金井宣夫 仙波祐介 藤村一成 田村将志 斉藤陸 佐藤秀一 真一涼 杉本茜 桑原なお 小幡美佳 林美月 林千津子 久保木彩 『笑う警官』 作 : 佐々木譲 脚本・構成・演出 : 高橋征男 美術 : 小池れい 照明 : 沖野隆一 音響 : 小原木克郎 振付 : 世理 衣装 : 広野洋子 ヘアメイク : 益実 チラシデザイン : 高橋美那子 舞台監督 : 島洋三郎 コーディネーター : 高見沢公子 豊田紀雄 制作 : グループ虎+現代制作舎 キャスト 近童弐吉 夕貴まお 長通克佳 藤田三三三 天乃舞衣子 上田ゆう子 斧原ゆう子 大槻修治 石井ひとみ 古川がん 香川耕二 川久保秀一 森岡弘一郎 仙波祐介 藤村一成 田村将志 斉藤陸 杉本茜 真一涼 桑原なお 小幡美佳 林美月 林千津子 久保木彩.

次の

新宿のありふれた夜オフィシャルサイト

新宿 の ありふれ た 夜

ありふれた夜?。 とんでもない。 こんなにスリルを感じてワクワクしたのに。 ベトナム戦争を軸として回っていた私の昭和史と佐々木さんとはあまり変わらないようだ。 警察も893も煙に撒いての逃走劇。 いつも政府が正 ありふれた夜?。 とんでもない。 こんなにスリルを感じてワクワクしたのに。 ベトナム戦争を軸として回っていた私の昭和史と佐々木さんとはあまり変わらないようだ。 警察も893も煙に撒いての逃走劇。 いつも政府が正しいとは限らない。 自分の頭で考え行動を起こして自己責任を持つ。 かっこいいんですが・・なかなか難しい。 もう一人の女の子のように殺されるのが当たり前の世の中になってきている。 平成のこれから、外国からのお客様も、仕事で来られる方も益々増えるだろう。 日本人としてどう対処するか・・若い方に委ねられている。 『新宿のありふれた夜』... いやいや、そうそうこんな話はないでしょう。 新宿で十年間任された酒場を畳む最後の夜、マスターの郷田は一人の異国の難民女性を匿った。 彼女はやくざに追われそして警察にも駆け込むこ 『新宿のありふれた夜』... いやいや、そうそうこんな話はないでしょう。 新宿で十年間任された酒場を畳む最後の夜、マスターの郷田は一人の異国の難民女性を匿った。 彼女はやくざに追われそして警察にも駆け込むことができない。 そんな彼女を歌舞伎町から逃走させるの為に手を尽くしていく。 とても「ありふれた夜」どころかドラマチックでハードボイルドでスリリングな熱い夜だった。 でももしかしたらこんな話はありふれたように日常的にもあるのかな…? なんかエエ話、というかエエ終わり方。 新宿が舞台で、ヤーさん、警察、不法滞在の外国人が出てきて…の作品でドンパチやらバイオレンス系描写メインではない方向へストーリーを持っていけるんや〜と感心した。 メイン なんかエエ話、というかエエ終わり方。 新宿が舞台で、ヤーさん、警察、不法滞在の外国人が出てきて…の作品でドンパチやらバイオレンス系描写メインではない方向へストーリーを持っていけるんや〜と感心した。 メインキャラは雇われバー店主の克彦とインドシナ難民のメイリン。 この克彦がめっちゃ強いヒーローでないのがありきたりの新宿ハードボイルトにならずに済んだ要因かも?メイリンの真っ直ぐで芯が強いキャラ設定がキラリと光る。 終盤、メイリンを追うヤーさん、警官とのニアミス場面ではドキドキ、スリリングな感じも味わえて…。

次の